サイト内検索
 
書籍に関連した資料!
 
大化け注目株リスト
 
大化け株の発掘!
 
プロフィール

産業・成長企業アナリスト 朝香友博

Author:産業・成長企業アナリスト 朝香友博
産業・成長企業アナリスト

 
株ブログ・ランキング
にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
 
スポンサード リンク
 
カテゴリ
ZEB (1)
 
ブログ村の新着記事など
   
リンク
 
ヤフーカテゴリ・リンク
当ブログはヤフーカテゴリ登録サイト! Yahoo! JAPAN
 
急上昇の検索ワード
 
RSSリンクの表示
 
メールお問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

 
最新コメント
 
月別アーカイブ
 
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 9933

紹介文:<内容>

☆『相場観とポジション』
今週の相場は買いか?売りか?
国内外の140の指標により
ポジションを決定

※原則週末に更新ですが、
相場の変動が激しい場合には、
短期デイリーベースで
相場観とポジションの更新及び
フォローを想定しています

☆注目銘柄リスト
注目ポイントと独自の割安指標を掲載。
中長期成長株を基本に、
短期狙いのテクニカルや市況関連株
を選定。
(3カ月に一度は最低更新)

※その他、随時コメントを掲載
※相場の状況により、注目銘柄の
更新が無い月がある場合もございます
ので予めご了承ください
※有料購読の詳細説明
http://obakekabu.net/blog-category-61.html

☆朝香友博の1%の人とだけ
シェアしたい話(NEW)

なかなか無料記事では
全面的に公開して書けない話を
有料記事にてアップしていきます。

☆大化け株の予備軍
(好チャート株の復活企画)
短中長期テクニカルすべてで上昇基調、
かつ中長期で売り上げを伸ばしている企業の
チャートだけで注目銘柄をラインナップします。
(随時)


◎毎月の購読がお得です

<週毎>
相場観とポジション:2,484円
⇒月に4回で9,936円

<(最低でも)3カ月四半期毎>
注目銘柄リスト:19,800円
⇒1か月あたりで6,600円

なお、入れ替えがそれなりに発生、
あるいは新規注目が増えた時には、
臨時号を発行することがあります。
ただし、その際にも月次読者のみなさまの
9933円よりも高い値段で発行いたします。

<月次コスト比較>
単品購読の場合
9,936+6,600=16,536円
月次購読の場合
9,933円(40%OFF)

なお、相場や企業業績の変化に応じて、
「注目ポイント」や「好チャート株」、
「臨時の注目株リスト」を適宜有料記事にて配信し、

有料読者だけの
こぼれ話などもありますので、
月次購読が更にお得になります!

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

通常時は株高・好景気を望むものの、本当のチャンスは株安・不景気にある


たまに社会に株安、不景気が起きないと、
社会勢力のガラガラポンが起きにくくなり、
イノベーターにとってのチャンスが減少する。

経済学や経済史の教科書を引き合いに出すまでもなく、
近現代だろうと江戸時代だろうと、
好景気と不景気は循環する。

ロボットではなく、
人間が役所で法律の素案を作り、議会でそれを成立させ、
その人の統治社会で人間が会社などを通じて経済活動をする以上、
この循環は変わらないだろう。

であれば、
われわれはこれを先取りしてレバレッジとして、
循環を活用する。

こういう視点を持った者たちは、
景気の遅行指標である「求人倍率」や「失業率」
が過去最高にいい時に、
リスク資産を売り始めるし、
今のこの円高でヨダレがでるもんですよ。

今、
日本のアジアでの相対的な産業国際競争力は
急速に減速を始めている。

しかし、
競争力あるアジア企業のいくつかは、
こういう「循環を合理的に意識しない」で突っ走ってきたから
資金繰りに困り始めているところが出てきた。

英のEU離脱後の不安で金融マネーが委縮すればするほど、
リスクの高いとみられる新興国のベンチャーほど、
日々風あたりが強くなってきている。

これが最高に輝かしい景色に見えないだろうか。

アジアのごちそうを傘下に収められるビッグチャンスが近づいている時に、
為替はありがたいことに円高に向かってくれている。
まるで盆と正月とがいっぺんに来てくれたようだ。

アベノミクス前の1ドル70円台までつけた円高の折、
私はこのブログで
「この状況を喜ぼう。無理してでもアジアの有望株・企業を買え」
とメッセージを発したことがあるが、
そのころに買収や投資に動いた日系企業のパイは大きく膨らんでいる。

近年のアジア観光客の購買力を見てわかるように、
彼らも相当なお金持ちになった。
(ちなみに、一人当たりのGDPが日本の何十パーセントも
高いシンガポールはもとより、
バンコクの某バーでマスター友人の
T通商勤務のタイ人キャリアウーマンの友人である
きれいな女性がいった言葉。
「いまは日本人の駐在サラリーマンよりもちょっとした(富裕層の)
タイ人の方がお金を持っていると思うわ」
という現実)

日本の経営者の中には、
もっと早くにアジアに投資していればよかったという
後悔の声も今回の旅で耳にしている。

しかし、
内部留保で使い道に困っている日本企業のみなさん、
もっとアジアを買いたい中小企業のおやじに貸し渋っている銀行のみなさん、

この強くなり始めた円をアジアでばらまかないで、
どうやってこの国を強くするんだよ。
お金はあるんだから。

今年の私がずっと視察に行ってられるのも、
配当金などがあるおかげで、

もしまた1ドル90円などの時代に戻るなら、
これを国全体の総意でやればいい。

若くて根性があって死にもの狂いでのし上がる気持ちをもった
カンボジア人やミャンマー人やラオス人などに
リスクを取って投資をする。

そして、
数年後にはそのリスクの恩恵として、
日本国民はお金と時間を手にする。

そのお金でロボットへの社会投資を政府に求め、
日本国民はさらに時間とゆとりを手にして、

残業よ、さようなら
戦後よ、さようなら

と、
本当の意味での
豊かな日本社会を創れるのではないだろうか。

しかし、
目先のちょっとした薬を求める老人や、
安易に無料の幼稚園などを唱えている親
(健康のための努力してますか?
無料の教育を求める前に、自分が子供に熱心に教えてますか?)
などを見ていると、

景気循環、
お金の流れを景気の流れと逆行させること、
お金のための人生でなく、自分や社会のためのお金であること、

などを
理解している1部の日本人の富が、
また拡大することは目に見えている。

そして、
こういった行動をとらない人々が、
拡大した格差を時の安倍総理のような政権のせいにする。

人や社会や政権のせいになんてしてないで、
いまあなたのATMに入った少額でいいから、
逆風が吹いた時に投資しようよ。

そして、
まだ少額なら
失業者があふれる好機まで待ってほしい。

そこからあなたは、
あなた自身の決断と力で、
あなたの人生をどうにでも導ける人になるから。

コマツの3年「臥薪嘗胆」

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

さすが、孫正義!


今日の日経に孫さんの一言が載っています。
「競争相手の投資家センチメントが曇ってきている。
投資の大いなるチャンス到来だ」

だから、
孫さんは日本で2番の億万長者なんですよ。

不況や景気停滞が世の中に生じ、
その時に事業や投資を増大させなければ1代目の勢力が財閥化することはない。

表で際立っては言えないのだけれど、
余裕があり世の定理のわかるものだけが、
本音で世の変調を喜ぶことができる。

変調は
本当に価値のあるものだけを世の遺す文明の進化を生んでいく。

これが現実であり、
このフルイがなければ孤高の戦いで真面目に努力するものも報われにくく、
私も雲行きの怪しいセンチメントを最大限に活かしたい。



結局は相対価値の高いものを安値で仕入れて、時間を「待つ」ことができるものが勝つ


20ドル台でたっぷり買った
WTI原油が目標利回りに達しましたね。

われわれの生活は原油由来の製品に囲まれていて、
悲観の嵐ではショートでも儲かったと思いますが、
やはり需要の底堅いものの短期的な総悲観に買い向かった時が最も良い買い時となりました。
原油無しで今のところ生きることなど不可能なイネビタブル品ですからね。

上値に関しては、
今度は個別銘柄の企業と違って、
原油そのものがイノベーションでも付加価値の上がるものではないですから、
少しづつの堅実な処置が手堅いと個人的には思います。

10ドル台もありえるというレポートが出ている時には
「いつ」報われるかなどわかりませんでしたが、
原油由来の製品を毎日毎時間使って生きているわけですから、

一般メディアでピーピーぱーぱー騒いだ後に
更に値が落ちた時に拾う量をもっと増やして、
あとは時間を味方にして放置しておけば報われる。

これは原油に限らず、
暴落時の優良株とておなじこと。

最近の私はAIも結局は人間と同期してニューロ型が発達していき、
極限的にアンドロイドが人間になると思っているので、
この市場のシンプルなサイクルは永久のものになるかもしれないと安心感を感じ始めました。
(感情を持った彼らがドンパチを始めたら、厄介ですが・・・)

そして、最近の私は人生は200年最低続くという前提で人生を見始めました。
ケンブリッジの先生の寿命1000年まではいかないとしても、
200~300年ライフでは株すごろくをもう何サイクルか、
その回数を増やせそうで、投資はゆったりといきたいとも感じています。
なおさら本物の暴落で買い向かいたいとも思いますね。
その後は、待って、待って、待って、待つ。
結局それが最強のパフォーマンスを上げてくれる。

短中期投資もやっていますが、
これはポーカーゲームのようなもので、
あくまで楽しんでいるだけ。

投資は
価値あるものが自分の目で適正価格を下回るか過熱が収まり適正の範囲内と判断した時に買って
その範囲外に移った時に少しづつ売っていけばいいのではないでしょうか。

ご参考まで。

投資の巨人は皆が怯えるときにキャッシュを動かす


今日の日経ヴェリタス46面にバフェットの記事が。

16日に開示された保有株式によれば、
昨年春の45ドルから15ドルに株価の急落した石油・天然ガスパイプライン大手、
米キンダー株を約450億円。

さらには石油精製のフィリップス66を5000億円投資した後、
さらに買い増していることがあきらかになった。

ここから読み解けるのは、
バフェットが今後10年はまだまだ石油依存が米国で続き、
今の金額なら支払う価格よりも将来得る金額が大きくなるという価値を手にしたと判断したと言える。

資産を大きく伸ばすものは、誰かがキャッシュに困って慌てふためいたときにキャッシュを動かす。
これは過去の歴史から延々と続く原則であり、
そうでなければ年末の化学メーカーの買収劇も成功裏には終わらなかったという実感もあるし、
この原則は真似ていきたい。

しかしながら、
株式市場においては、
バフェットは前回相場でも2007年から逆張りを始めていて、
私がいうのも厚かましいが、いつもちょっと早いんだよね。

彼からすると5000億円はバークシャーの生死に関わるような金額じゃないからできる。
しかし、私のような弱小投資家は、
まだまだ経済指標がマイナスで景気敏感企業の決算が赤字で、
世の中総悲観のようなときに逆場ばりの買いを入れて資産を増やす必要がある。

もっとも、バフェットの場合は動かす資金が大きすぎて、
逆風の序盤から買っていかないと希望の量を保有できないと思いますので、
お金がありすぎるというのも悩みの種なのでしょうが、
はやく投資の巨人になりたいものです。

それにしても先週の日経だったか、
こういう局面になると投資信託のお金は逃げて、
昨年の株高の時に最も流入してくるグラフが掲載されていましたが、
この一般のマネーの愚の骨頂はなんとかならないものだろうか。

「不景気で買って、低迷期で買い増して、好景気で売る」

こんな小学生でもわかる簡単なやり方をどうしてできないんだろう。

こんな偉そうにいってますが、
ITバブルで投資が2倍になってその後9割減を経験した痛い失敗をしたこともあるので、
昨年の夏に買った人は勉強代だと割り切って、投資の巨人の後についていける鍛錬をしていてください。

☆不景気を客観的に判断するための8つの基準を明確に紹介
合理的な逆張りで「安く買って高く売る」朝香式・投資3原則




住友金属鉱山 非常にシャープな切り口の緒方専務のインタビューから景気を読む

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

やるな、住友金属鉱山。株価を経営に使う知恵と森・カルロススリムに学んだM&Aの知恵

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

日経平均は一段安。これをワクワクしてみている投資家になってほしい

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

【今日は日経平均1000円高いくといいですね】前引け前に16600円台回復し、高値で引けた日経平均


最近、
前場に日経平均が上昇し、
後場に下落という流れが続いていますから、

メディアに出ているアナリストたちも、
この下げ相場の前場で「これが反転サインになりそう」と言って、
ここまで散々下げてきたわけですが、

今日は
「前場で上げて後場に失望というのがありますから、
注意は必要だとも思いますが」
とさすがに慎重コメント

こういうコメントを聞いていると、
1000円高で引けたりしてと思ったりしてしまいます。

株は総悲観の底値でみんなが投げ売りしてるときに買う時や
アベノミクス開始時のような順張りでみんなで買いましょうって時には、
コメントが好感されるのですが、

株の暴落局面で少数派コメントになると、
コメントへの反感が怖いが、
株のルールである「安く買って、高く売る」
の安く買うの好機をくれるわけですから、
下がれ下がれと願う事もまた一理ありかと思います。

株という市場の競技場では、
最後は少数しか勝たないで
富が上位で加速する資本主義という仕組みに生きてるんだから、
それは私のせいではない。

前回の相場時には、
そんな外野の声にも嫌気が指したので、
長期売りサインの初期点灯で
今よりアクセスあるブログをさっさとやめてしまったが、

今回はP指数という無機質な相棒がいるので、
相場の底まで歩んでみる過程を
綴っていきたいとは思っています。

後世、
読み物としてはおもしろくなるような展開に
できるよう頑張りたい。

ちなみに、
私の予測は諸々の説明から
中長期の暗い暗い下落トレンド入りとの判断ですが、

予測なんてものは重要でなく、
相場が動いた1秒後の
相場のありのままを測ってどう対処するかだけが重要。

先日も日経平均上昇に転じるサインのチェック点なども
お伝えした通り、
日経平均2万円が起こりうることだってしっかり視野に入れてますよ。

今はまだ2つの武器の長期売りサインと
公開していない米国金利売りサインの点灯などで、
下落優位と見ていますが、
できれば、
そりゃ上昇フィナーレだと強く認識した局面(投資原則売りサイン点灯)
でまだまだ売りたいですよ。

ここまでテンバガーも続いてくれて、
そこそこの美人投票で美人とダンスをしてきたが、
日経平均が22000円とか23000円とか30000円とかになってくれれば、
最後のダンスをミス・ワールドと情熱的に踊り切った気分で終われるだろう。

ただ、
上がっても売り下がっても「2016年は売りの年」
と有料でも無料記事でもこれだけは明確に言ってきましたから、
今年は「どこでいかに売っていくか」、
これを見定め続けることに尽きると思っています。

今はその大局観(大局観は主観ではなく、様々な指標の分析値)に従って、
踊りたくない相手ともダンスをしているわけです。
踊り続けていれば、
その先の先の先の先でドストライクの美人が現れると信じているから。

それにしても、
こういう難しい相場になると、
断面的にしか相場を見れない方の質問が大変なので、
そういった方は不景気に買って十分利が乗っている株を売るか、
長期上昇後に買った方はさっさと損切って、
次の不景気のどん底買いを待っていれば、
次の上昇相場でそんな損あっさり取り戻しますから!
もっとも、この前提として長期投資ですから、
それまで生きていればという話だと思いますが、シビアに見れば。

さて、そうではなくて、
あくまでこの難局を挑もうという人は
豊臣秀吉の二枚舌外交のような思考・行動のできる方
でなければなりません。

昨日、底値で日経平均を少し拾い、
今日も寄付きから動いていますので、
今日は「いけいけ、ゴーゴー、日経平均!」と応援している訳です。

といっても、キャッシュポジションを崩してまで
リスクも取っていませんが。
真意はすべてを読んでいる読者の方のみぞ知る。

株という資本主義の典型的な世界に生きている方で、
無料の情報だけを見て判断している方というのは、
よっぽど公開記事の裏まで読み切れる切れ者か
その矛盾に気付かない方かなのだろう。
(私が投資を始めた頃を考え、
学生さんに考慮して公開記事もあげていきたいと思いますよ。
時間はあると思いますから更新後早く読んでくださいね。
下落トレンドは好感されないので、
公開後にクローズしていってますから)

今日は1000円高まで突き抜けないかなあ、
日経平均。

我々は稼ぐために市場にいる。
そして、
もっと先にある暴落相場で大人買いする資金を増殖させ、
日本の未来を創ってほしい会社を応援する。

ただ、それだけだ。

イスラム国の原油施設襲撃>原油上昇>リスク・オン


おはようございます。
朝香友博です。

今朝はECBドラギ総裁の3月追加緩和示唆で安心感が広がり、
おまけにイスラム国のファンドマネージャー?の好機をとらえる
タイミングでの原油施設襲撃で、原油高リスクオンの展開となっています。

原油がこれ以上安くなると、彼らも花園が枯れるのでしょう。
これからは外国人ではなく、バシバシ原油施設を襲撃してくるかもしれません。
襲撃させている施設を保有している方々には災難で心境をお察しいたしますが、
このときばかりはアラブの国の指導者の心境も複雑なものがあると思います。

いつの時代も、現金がショートすると、
人間模様は泥沼化します。
私の友人はよくご存じだと思いますが、
うちの曽祖父時代の金銭の泥沼劇を考えても、
好況のうちにキャッシュを持ち、
不景気で勇気をもってそれを投入することを繰り返せなければ、
いつか大きな悲劇が起きる。

私はそんな大きな悲劇の元、
祖父がそのリカバリーだけに人生をささげたのを見てきたので、
徹底的に株式市場もM&A市場も銀行金利も採掘現場も足を運んで
川上から勝負するようになったと思っています。

少し話がそれてしまいましたが、
イスラム国の襲撃をそんな気持ちで見ていましたが、
ムード一変となるか。