サイト内検索
 
書籍に関連した資料!
 
大化け注目株リスト
 
大化け株の発掘!
 
プロフィール

産業・成長企業アナリスト 朝香友博

Author:産業・成長企業アナリスト 朝香友博
産業・成長企業アナリスト

 
株ブログ・ランキング
にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
 
スポンサード リンク
 
カテゴリ
ZEB (1)
 
ブログ村の新着記事など
   
リンク
 
ヤフーカテゴリ・リンク
当ブログはヤフーカテゴリ登録サイト! Yahoo! JAPAN
 
急上昇の検索ワード
 
RSSリンクの表示
 
メールお問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

 
最新コメント
 
月別アーカイブ
 
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 9933

紹介文:<内容>

☆『相場観とポジション』
今週の相場は買いか?売りか?
国内外の140の指標により
ポジションを決定

※原則週末に更新ですが、
相場の変動が激しい場合には、
短期デイリーベースで
相場観とポジションの更新及び
フォローを想定しています

☆注目銘柄リスト
注目ポイントと独自の割安指標を掲載。
中長期成長株を基本に、
短期狙いのテクニカルや市況関連株
を選定。
(3カ月に一度は最低更新)

※その他、随時コメントを掲載
※相場の状況により、注目銘柄の
更新が無い月がある場合もございます
ので予めご了承ください
※有料購読の詳細説明
http://obakekabu.net/blog-category-61.html

☆朝香友博の1%の人とだけ
シェアしたい話(NEW)

なかなか無料記事では
全面的に公開して書けない話を
有料記事にてアップしていきます。

☆大化け株の予備軍
(好チャート株の復活企画)
短中長期テクニカルすべてで上昇基調、
かつ中長期で売り上げを伸ばしている企業の
チャートだけで注目銘柄をラインナップします。
(随時)


◎毎月の購読がお得です

<週毎>
相場観とポジション:2,484円
⇒月に4回で9,936円

<(最低でも)3カ月四半期毎>
注目銘柄リスト:19,800円
⇒1か月あたりで6,600円

なお、入れ替えがそれなりに発生、
あるいは新規注目が増えた時には、
臨時号を発行することがあります。
ただし、その際にも月次読者のみなさまの
9933円よりも高い値段で発行いたします。

<月次コスト比較>
単品購読の場合
9,936+6,600=16,536円
月次購読の場合
9,933円(40%OFF)

なお、相場や企業業績の変化に応じて、
「注目ポイント」や「好チャート株」、
「臨時の注目株リスト」を適宜有料記事にて配信し、

有料読者だけの
こぼれ話などもありますので、
月次購読が更にお得になります!

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

家電市場変える「IoT」―技術新潮流、映す米見本市


世界最大の家電見本市「CES」に関連した
今日日経10面の記事です。
とてもわかりやすく重要な記事なので、ポイントをまとめておく。

・主役は高精細テレビや携帯端末から、
様々なモノや装置をつなぐ「IoT(インターネット・オブ・シングス)」と呼ばれる新技術へ

・開幕初日、米インテルCEOが、
基調講演で「Nixie(ニクシー)」という新製品を紹介すると、会場から大きな歓声が上がった。
腕に巻いたヒトデのような装置が宙に舞い上がったかと思うと、
空中で登壇者たちの写真を撮り、再び戻ってきたからだ。

これは、ドローン(無人飛行機)で、各先端に回転翼があり、
インテルが開発した超小型の半導体部品「エジソン」を使い、
米シリコンバレーのベンチャー企業が考え出したものだ。

※ドローンに搭載されていく先端技術をこれからも引き続き追っていきたい

・インテルがこうした技術に力を注ぐのは、
パソコンや携帯端末の次に来る新市場を開拓するのが目的で、
「今年はIoTやウエアラブルの大波がくる」と訴え、エジソンより小さいボタン大の部品「キュリー」も発表。

・見本市には世界から約3600社が出展したが、
今回はウエアラブルなどIoTの専門コーナーを設けたという。

・そこで存在感を示していたのがセイコーエプソンだ。
従来のプリンター製品などに代わり、眼鏡型ディスプレーや腕時計型端末などを展示。
碓井稔社長は「ウエアラブルの売上高はまだ数十億円だが、5年後には1000億円を目指す」という。

・IoT関連でさらに注目されたのが自動車や住宅の分野だ。
ドイツのアウディやダイムラーは最新の自動運転技術を公開。
アウディはシリコンバレーからラスベガスまで約900キロメートルを完走させ、
ダイムラーは自動で走る際に運転席が回転し、後部座席と向き合って座れるコンセプトカーを披露した。

・会場を訪れた独家電見本市「IFA」の主催責任者、
イエンズ・ハイテッカー氏も「メディアではサムスンよりダイムラーの扱いが大きかった」と語る。
(※産業のトレンドを発信する見本市主催者の責任者をしていた経験から、
本当に見本市というのは未来の潮流を読むのに役に立つので、米国・ドイツの見本市に足を運ぶことを
オススメしたい)

・携帯部門の体制を一新したソニーは今回、スマホの新製品発表を見送った。
平井一夫社長は「最新モデルを米通信会社に納めたばかりだから」と釈明するが、
携帯市場全体の息切れとも関係しているだろう。

・2020年の東京五輪を控え日本企業は4K・8Kの高精細テレビの開発に力が入る。
だが来場者の関心はむしろネット技術を駆使したスマートテレビの方にあったともいえる。

結局、ドローンにしても、ウェアラブルにしても、自動運転車にしても、
この「IoT」をいうキーワードを抜きに語れない。

そして、最後に出てきた、「来場者の関心」。
これと日本企業の開発が沿ってなければ、またガラパゴス製品の宝庫になってしまい、
日本の競争力を低下させていくことになるだろう。

今年はこのCESを見れなかったが、
私が今でもアドバイザーを務める米国の見本市主催者の
足を運んだシニアバイスプレジデントからは、
「燃料電池自動車」の存在感はなかったと聞いている。

見本市を読み解ければ、今期、来期、再来期の売れ筋が見えるので、
ぜひ活用してはいかがでしょうか。

ドローン、自動運転車活用へ法整備

今日の日経1面に
「ロボット活用へ法整備」
無人機で商業輸送、公道に自動運転車とある。

活用に向けては、
欧米で機運が広がりつつあり、

日本でも
電波法、航空法、道路交通法、道路法など維持保守関連法令、
消費者安全法などの整備が必要であることが書かれている。

霞が関の連携が求められ、
日本が苦手とするカタチであり、

実際、
霞が関ではつばぜり合いが相当激化していると私は感じており、
遅延なきように政府の主導力に期待するしかない。

4面を開くと、
「ドローン 覇権争奪」とあり、
米国、欧州、中国の事例が書いてあるが、
先日も書いた通り韓国も相当な勢いで米国にラブコールを送っている。

ちなみに、うまくいくかどうかは別にして、
私も米国のある機関のプロジェクトに出資を打診している。

ここには、
電池・バッテリー制御、OS、半導体、ドローンアプリ、電子部品、素材、
ネットワーク、衛星ビジネスの縮図が自動運転車同様入りそうで、
先端品に関してはアジア勢に負けられない。

9面に目を向けると、
準天頂衛星「みちびき」の記事があるが、
この開発を近年まで先導していた日本の開発研究者が、

春の産業見本市で、
JAXAと大きな企画をリリースする予定になっており、
この分野にも引き続き期待したい。

ちなみに、
今日はこのニュースでアイサンテクノロジーがストップ高のようですね。

ドローンで思い出しましたが


私がドローン事業でおもしろいと感じた米ベンチャーを見つけたのですが、

日本の企業から出資を受けているようで、
それが日本で話題になっている新興上場企業ということが先日ありました。

私はその企業を話題だけで
10年後低迷企業になっているだろうなと見ていましたが、

その企業、なかなかやるなと感じました。
見直しました。


今はバリュエーションが激高ですが、
今後の動向次第では投資先になるかもしれません。

今後ドローンを取り上げていく中で、
適切なタイミングが来れば、
言及したいと思います。

それにしても、それこそ10年前と違って、
シリコンバレーで日本企業の出資が大企業でなく中企業という事も増えてきました。

ミクロで見た時の日本の産業力は、
決して暗くないですね。

ドローンと富士重工、ヤマハ


ドローンに関連する協会があるようです。

日本産業用無人飛行機協会
http://www.juav.org/menu01/kaiin.html

なんと会長企業はスバルを展開する富士重工業、
会の大黒柱はヤマハ発動機のようです。

今後、このドローンのリサーチも加速させることにしました。

実は現在、米国ではドローンの産業見本市が立ちあがり盛り上がっているのですが、
彼らがアジアでの開催意向を持っており、
その中心を韓国にもっていかれそうなのです。

米国のとあるベンチャーキャピタルの知人が、
私に「今やらないとまた韓国にもってかれるぞ」と私に教えてくれたので、
超大至急このテーマの主軸を日本で形成できるように霞が関と経済界に
応援をお願いしたいと思います。

それでどこにパスを出そうかとリサーチをして見つけたのが上記の協会でした。
いきなりドローン関連銘柄になりそうですね。
あとはまだ少ない会員に日立や双葉電子工業などもあり、
今後の展開が楽しみですよ。