サイト内検索
 
書籍に関連した資料!
 
大化け注目株リスト
 
大化け株の発掘!
 
プロフィール

産業・成長企業アナリスト 朝香友博

Author:産業・成長企業アナリスト 朝香友博
産業・成長企業アナリスト

 
株ブログ・ランキング
にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
 
スポンサード リンク
 
カテゴリ
ZEB (1)
 
ブログ村の新着記事など
   
リンク
 
ヤフーカテゴリ・リンク
当ブログはヤフーカテゴリ登録サイト! Yahoo! JAPAN
 
急上昇の検索ワード
 
RSSリンクの表示
 
メールお問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

 
最新コメント
 
月別アーカイブ
 
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 9933

紹介文:<内容>

☆『相場観とポジション』
今週の相場は買いか?売りか?
国内外の140の指標により
ポジションを決定

※原則週末に更新ですが、
相場の変動が激しい場合には、
短期デイリーベースで
相場観とポジションの更新及び
フォローを想定しています

☆注目銘柄リスト
注目ポイントと独自の割安指標を掲載。
中長期成長株を基本に、
短期狙いのテクニカルや市況関連株
を選定。
(3カ月に一度は最低更新)

※その他、随時コメントを掲載
※相場の状況により、注目銘柄の
更新が無い月がある場合もございます
ので予めご了承ください
※有料購読の詳細説明
http://obakekabu.net/blog-category-61.html

☆朝香友博の1%の人とだけ
シェアしたい話(NEW)

なかなか無料記事では
全面的に公開して書けない話を
有料記事にてアップしていきます。

☆大化け株の予備軍
(好チャート株の復活企画)
短中長期テクニカルすべてで上昇基調、
かつ中長期で売り上げを伸ばしている企業の
チャートだけで注目銘柄をラインナップします。
(随時)


◎毎月の購読がお得です

<週毎>
相場観とポジション:2,484円
⇒月に4回で9,936円

<(最低でも)3カ月四半期毎>
注目銘柄リスト:19,800円
⇒1か月あたりで6,600円

なお、入れ替えがそれなりに発生、
あるいは新規注目が増えた時には、
臨時号を発行することがあります。
ただし、その際にも月次読者のみなさまの
9933円よりも高い値段で発行いたします。

<月次コスト比較>
単品購読の場合
9,936+6,600=16,536円
月次購読の場合
9,933円(40%OFF)

なお、相場や企業業績の変化に応じて、
「注目ポイント」や「好チャート株」、
「臨時の注目株リスト」を適宜有料記事にて配信し、

有料読者だけの
こぼれ話などもありますので、
月次購読が更にお得になります!

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

「株安・円高」方向が鮮明、を受けて。


金融機関、相場見通し相次ぎ修正。
今日の日経朝刊17面見出しです。

二つびっくりしたのは、
バークレイズ銀行が2016年末の為替見通しを1ドル=95円としたこと。
もうひとつは、
年末あれだけ強気だった大和証券が1万7780円と一気に見通しを下げたこと。
(野村は19000~22000円)

予想しないといけない人たちも大変ですね。

個人投資家の方々は、
集団で動く必要もないし、
予想してもしなくても自分のビジネスには関係ないので、

淡々と日々の市場を味方にできるよう、
観察して後出しじゃんけんで勝っていきましょう。

AIに組み込まれる統計を逆手に、 稼げるだけ稼ぎたい


そういえば、
フィンテック関連とかでさくらインターネットは
日経平均の続落の中、続伸し続けていました。

今日も上げて始まったので、
今日は少しだけ空売りしたいなあと思ったのですが、
残念ながら信用新規売り停止でした。
全体市況が暴落相場の中で急騰した銘柄は、
今度は市場全体の銘柄が上げると下げに転じる、
というのは高確率で起きる現象です。

投資やトレードというのはなんと地味な作業でしょう。
勝ち得るマネーの大きさに華はあれども、
そこに至る過程は「高確率な決断を積み重ねる」地味そのもの。

高確率な事を他人やAIよりも
半歩か0.1歩先に積み重ねれば大けがもなく、
結果としての儲けが投資家にもたらされる。

特に、AIのトレードが激しくなればなるほど、
統計に強ければ強いほど、その少し先をいって儲けられるだろう。
今日は著名投資家が市場から去ったとの報道があったが、
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-O0MO8D6K50Z701.html
私もAIが私の理想とする自動運転を実現しているころには、
AIの半歩や0.1歩先など行けなくなり、
このニュースのテーラー氏のように、トレードの世界からは去るかもしれない。
わけわからなくなれば去ることも賢明な判断だ。

それまでは、
AIに組み込まれる統計を逆手に、
稼げるだけ稼ぎたい。

私は長い金融の歴史を鑑み、
AIによる運用やアセットアロケーションのプログラムが
栄えれば栄えるほど、
初期段階ではそれを逆手にとるチャンスに満ちていると考えている。

8月の短期底値、
昨日の引け前の底値を拾えたのは、
AIたちの半歩先を判断したおかげだろう。

もっとも、テーラー氏のようにならないで済むよう、
歴史を徹底分析すること、
相場のジャイアンが歴史にないことをしでかすとしたら何が起こり得るかを
シャーロックホームズになって推理してその可能性を組み込むこと
(先日の歴史がまだ見ぬ騰落レシオ40出現の際のシナリオもその一環)、

そして、
成長と変化を続けることで、
投資はできれば生涯続けたいとは思いますが。

個人投資家が勝つための仕組み

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

個人投資家に魅力的な日本市場

日本の中小型株は、カバーしているアナリストが少なく、
価値と価格のギャップが生まれやすい。

故に、個人投資家は、
大いなる勝利をしやすいベースがあることを
覚えておきたい。


さあ、NISA(ニーサ)で中長期の大化け成長株投資をはじめよう

いよいよ日本版ISAが始まります。
日本での愛称が「NISA」(ニーサ)に決まりました!



日本証券業協会や全国銀行協会などで組織する「日本版ISA推進・連絡協議会」は30日、
2014年1月に始まる少額投資非課税制度(日本版ISA)の愛称を
「NISA(ニーサ)」に決めたと発表した。
4月から愛称を公募したところ約7000件の応募があったという。
日証協の前哲夫会長は同日の記者会見で、NISAの開始によって
「貯蓄から投資へという流れができるといい」と述べた。

少額投資非課税制度は年100万円までの株式や株式投資信託などから
生じる譲渡益や配当を5年間非課税とする制度。
個人投資家の裾野を広げ、日本経済の活性化につなげる狙いがある。

引用:日本経済新聞速報記事
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFL300G7_Q3A430C1000000/



とりあえず100万円という事なので、
恩恵を受ける投資家は限られそうだが、
投資家人口の拡大に期待したい。

現在はアベノミクスにより、
含み損がやっと消えた投資家や、
資産倍増したにわか投資家の方が増加中です。

そういう時だからこそ、
株や投資の勉強をさらに進めて頂いて、
この制度を活用頂きたいですね。

実際、
今年に10倍株(テンバガー)となったモノタロウ、瑞光などは、

株式市場が低迷していた際から、
成長株投資として、
その企業のビジネスに着目し、
坦々と仕込んで中長期投資して参りました。

もちろん、
株式市場が低迷する中、
モノタロウも瑞光も2倍3倍と大化けしていました。

そういったベースの中に、

皆さんもご存じのとおり、
政権交代、アベノミクス、黒田日銀の異次元金融緩和、急な円安
が発生し、

株価はみるみるうちに上がっていき、
そして、
10倍株であるテンバガーを勝ち取る事が出来ました。


誰がこの数か月での60年ぶりの上昇を予想できたでしょうか?

もちろん、私も年末年始には年内の日経平均15000円を
入念な歴代相場の検証から、
いち早く予想を打ち出しておりました。

しかし、
その前の昨年10月にアベノミクスで株急上昇など、
予想だにしてなかったのです。

ほとんどの方がプロも含めて、同じだと思います。

ただ、予想はどうあれ、
私を含む株式市場・成長企業の未来を信じて投資していた
投資家は最大限の恩恵を受けました。

確かに、
デフレで下落を続けている日本市場の株の長期保有には
懐疑的な見方はあります。

私も10年とは言いません。

しかし、
2003年に投資⇒2006年に売却
2010年に投資⇒2013年に売却

と、

「不景気が意識された年、
又は○○ショックの起きた翌年や翌々年に投資を始め、
個人投資家が雪崩れ込んで来た時に売る」
事を繰り返していれば、

今年は
まさにゴールデンイヤーとなっている事は
言うまでもありません。

私は景気サイクルを意識する投資家ですので、
バフェットやさわかみさんのように半永久に株を持てとは言いません。

むしろ、
グレアムのように保有平均2-3年程度を目標に、
大化け株をヒットさせながら、
資産倍増、そして倍増の倍増としてきております。

このNISA(ニーサ)を使って、
「これぞ」と思う中長期の成長注目企業の株を
ぜひ狙ってみてください。

個人投資家だからできる
好きな銘柄選び、気ままな保有期間の
恩恵を十分に活用し、

投資で給与を貰わなければならないプロを
主体とする市場に勝ってください!

そして、株式市場に中長期投資家(あくまで長期投資家でなく)が、
増える事を願ってやみません。


朝香友博@GW休暇中の南国より



テンバガーに大化け期待の「割安な有望銘柄・成長銘柄」を探すヒント
成長株投資に必要な3つの視点とは?
http://obakekabu.blog118.fc2.com/blog-entry-1908.html
(3種の神器でテンバガーを探せ!)

☆次の2倍・5倍・10倍株を!大化け期待の最新注目銘柄はこちら☆
http://obakekabu.blog118.fc2.com/blog-category-59.html



このGWに
銘柄や株式情報ブログで投資のヒントを探してみては、
いかがでしょうか?

にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ


にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ


バナークリック後は、
ランキングサイトにて色々な投資家ブログの情報を閲覧できます。

ちなみに、
実はこのバナーをクリック頂けると、私のブログの応援にもなります。
記事が参考になった方の<応援クリック>を頂けたらうれしいです!

では、残りのGWを満喫しましょう☆

株式市場の凄さと怖さ。アップル世界一位の時価総額から転落。

この日もアップルは下落し、時価総額で世界2位に転落。

この減少額は約2500億ドルと巨大で、

減少額=グーグルの時価総額

というスケールだ。

これが9月からの約5カ月で吹き飛んだ。

個人投資家としても、
・相場の過熱感
・雑誌等でのアップルの影特集
・世界・日本での周りの友人が意外とアイフォーン5に切り替えなかったこと

などの「目にしていた現実」
を冷静に考えれば、

産業を分析する環境になくても、
5の発売後に相場を降りる事は十分にできたと思われる。

アップルの下落を見込んだ空売りで、
相応の儲けが出ましたが、

なかなかアイフォーン5で売りは
個人投資家でなければ、
できなかったでしょう。

それにしても、
今週のアップル下落に、
市場全体が影響を受けなかった事は、

相場の地合いの強さを示しており、
更にはアップルが市場にとって「普通の会社」になってきた証ともいえよう。

テンバガーに大化け期待の「割安な有望銘柄・成長銘柄」を探すヒント
成長株投資に必要な3つの視点とは?
http://obakekabu.blog118.fc2.com/blog-entry-1908.html
(3種の神器でテンバガーを探せ!)

☆次の2倍・5倍・10倍株を!大化け期待の最新注目銘柄はこちら☆
http://obakekabu.blog118.fc2.com/blog-category-59.html

個人投資家の強み

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村⇒応援クリックお願いします!



●プロと違って「根拠のある企業の株価」が下がっていたら、延々と上がるのを待てばいい
●プロは預かった資金だから、責任を取らされるような買い方はできない。
●プロは売りたくなくても売らなければならない時がある

とにかく、個人投資家は、何の縛りもなく、自由に売買できるのです!!

さあ、中長期で資産を大化けさせる、大化け株投資を始めてみませんか?




テンバガーに大化け期待の「割安な有望銘柄・成長銘柄」を探すヒント
成長株投資に必要な3つの視点とは?
http://obakekabu.blog118.fc2.com/blog-entry-1908.html
(3種の神器でテンバガーを探せ!)

☆次の2倍・5倍・10倍株を!大化け期待の最新注目銘柄はこちら☆
http://obakekabu.blog118.fc2.com/blog-category-59.html



▽▽株長者への道も地道な勉強が欠かせません!▽▽
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
▲▲▲色々な中長期投資のブログをご参照下さい▲▲▲




人気ブログランキングへ

投資ブログランキング