サイト内検索
 
書籍に関連した資料!
 
大化け注目株リスト
 
大化け株の発掘!
 
プロフィール

投資作家 朝香友博

Author:投資作家 朝香友博
産業・成長企業アナリスト

 
株ブログ・ランキング
にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
 
スポンサード リンク
 
カテゴリ
ZEB (1)
 
ブログ村の新着記事など
   
リンク
 
ヤフーカテゴリ・リンク
当ブログはヤフーカテゴリ登録サイト! Yahoo! JAPAN
 
急上昇の検索ワード
 
RSSリンクの表示
 
メールお問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

 
最新コメント
 
月別アーカイブ
 
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 9933

紹介文:<内容>

☆『相場観とポジション』
今週の相場は買いか?売りか?
国内外の140の指標により
ポジションを決定

※原則週末に更新ですが、
相場の変動が激しい場合には、
短期デイリーベースで
相場観とポジションの更新及び
フォローを想定しています

☆注目銘柄リスト
注目ポイントと独自の割安指標を掲載。
中長期成長株を基本に、
短期狙いのテクニカルや市況関連株
を選定。
(3カ月に一度は最低更新)

※その他、随時コメントを掲載
※相場の状況により、注目銘柄の
更新が無い月がある場合もございます
ので予めご了承ください
※有料購読の詳細説明
http://obakekabu.net/blog-category-61.html

☆朝香友博の1%の人とだけ
シェアしたい話(NEW)

なかなか無料記事では
全面的に公開して書けない話を
有料記事にてアップしていきます。

☆大化け株の予備軍
(好チャート株の復活企画)
短中長期テクニカルすべてで上昇基調、
かつ中長期で売り上げを伸ばしている企業の
チャートだけで注目銘柄をラインナップします。
(随時)


◎毎月の購読がお得です

<週毎>
相場観とポジション:2,484円
⇒月に4回で9,936円

<(最低でも)3カ月四半期毎>
注目銘柄リスト:19,800円
⇒1か月あたりで6,600円

なお、入れ替えがそれなりに発生、
あるいは新規注目が増えた時には、
臨時号を発行することがあります。
ただし、その際にも月次読者のみなさまの
9933円よりも高い値段で発行いたします。

<月次コスト比較>
単品購読の場合
9,936+6,600=16,536円
月次購読の場合
9,933円(40%OFF)

なお、相場や企業業績の変化に応じて、
「注目ポイント」や「好チャート株」、
「臨時の注目株リスト」を適宜有料記事にて配信し、

有料読者だけの
こぼれ話などもありますので、
月次購読が更にお得になります!

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

出光興産は石炭販売の強化に乗り出す

にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ
にほんブログ村


出光興産は、新興国の需要も見込み、石炭販売の強化に乗り出す。
2012年度に国内外の販売量を09年度比で44%増の800万トンに引き上げる。

出光興産は12年度に国内向けの販売量を
09年度比33%増の700万トンに引き上げる計画。

石炭の二酸化炭素(CO2)排出量は原油より3割、天然ガスより7割多いとされ、環境負荷が大きい。
このため、
出光は千葉県袖ケ浦市にある石炭燃焼技術の研究所で
個々の石炭の性質にあわせて蓄積してきた最適な燃焼法など燃焼効率を高めるノウハウを、
原料供給と組み合わせて提供して需要を掘り起こす。

海外需要の開拓にも力を入れる。
海外販売は12年度に100万トンと09年度比で3・7倍に引き上げる。
自社鉱山ではオーストラリアのエンシャム鉱山で増産に入り、
11年度には地中の坑道からの生産も始める。
ボガフライ鉱山でも大規模開発に着手する。
12年度の石炭生産量を1100万トンと09年度比で13%増やし、
国内外に石炭を安定供給できる基盤を整える。

親会社のJXホールディングスは、
事業で生まれる現金収支を有望な資源投資に振り向ける方針で、
石炭鉱山のさらなる権益取得も検討する。

川崎汽船×石炭

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村⇒「大化け株投資」のすすめに応援クリックお願いします!



<成長テーマ>

さっきのインド粗鋼生産量5倍のニュース
に関連して。

そういえば、川崎汽船がインド鉄鋼大手JSWグループ向けに、
2014年までに豪州などからの石炭運搬船を現在の6隻に8隻を加えて、
14隻にするとのニュース(3月2日日経)があり、
インドの粗鋼生産5倍は、確実に川崎汽船に恩恵を与えそうだ。

さらに、それに連動して、豪州で炭鉱を自社操業している、
三井松島産業にも恩恵がありそうだ。