サイト内検索
 
書籍に関連した資料!
 
大化け注目株リスト
 
大化け株の発掘!
 
プロフィール

投資作家 朝香友博

Author:投資作家 朝香友博
産業・成長企業アナリスト

 
株ブログ・ランキング
にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
 
スポンサード リンク
 
カテゴリ
ZEB (1)
 
ブログ村の新着記事など
   
リンク
 
ヤフーカテゴリ・リンク
当ブログはヤフーカテゴリ登録サイト! Yahoo! JAPAN
 
急上昇の検索ワード
 
RSSリンクの表示
 
メールお問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

 
最新コメント
 
月別アーカイブ
 
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 9933

紹介文:<内容>

☆『相場観とポジション』
今週の相場は買いか?売りか?
国内外の140の指標により
ポジションを決定

※原則週末に更新ですが、
相場の変動が激しい場合には、
短期デイリーベースで
相場観とポジションの更新及び
フォローを想定しています

☆注目銘柄リスト
注目ポイントと独自の割安指標を掲載。
中長期成長株を基本に、
短期狙いのテクニカルや市況関連株
を選定。
(3カ月に一度は最低更新)

※その他、随時コメントを掲載
※相場の状況により、注目銘柄の
更新が無い月がある場合もございます
ので予めご了承ください
※有料購読の詳細説明
http://obakekabu.net/blog-category-61.html

☆朝香友博の1%の人とだけ
シェアしたい話(NEW)

なかなか無料記事では
全面的に公開して書けない話を
有料記事にてアップしていきます。

☆大化け株の予備軍
(好チャート株の復活企画)
短中長期テクニカルすべてで上昇基調、
かつ中長期で売り上げを伸ばしている企業の
チャートだけで注目銘柄をラインナップします。
(随時)


◎毎月の購読がお得です

<週毎>
相場観とポジション:2,484円
⇒月に4回で9,936円

<(最低でも)3カ月四半期毎>
注目銘柄リスト:19,800円
⇒1か月あたりで6,600円

なお、入れ替えがそれなりに発生、
あるいは新規注目が増えた時には、
臨時号を発行することがあります。
ただし、その際にも月次読者のみなさまの
9933円よりも高い値段で発行いたします。

<月次コスト比較>
単品購読の場合
9,936+6,600=16,536円
月次購読の場合
9,933円(40%OFF)

なお、相場や企業業績の変化に応じて、
「注目ポイント」や「好チャート株」、
「臨時の注目株リスト」を適宜有料記事にて配信し、

有料読者だけの
こぼれ話などもありますので、
月次購読が更にお得になります!

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

ネットで「いま仕込んでおくべき10倍株、教えます!」の買える購入先と日常生活は関連企業だらけ!?

こんにちは。
朝香です。

いまだにアマゾン、楽天での在庫なしが続いているようなので、
ネットで買える先をリンクしておきます。
(在庫数はわかりませんので同じ状態になったらご容赦ください)

続きを読む »

いかに景気の予想が無意味か


おはようございます。
朝香です。

米雇用統計、良くなかったですね。
FRBのメンバーですら、
おそらくこの結果は予想していなかったと思います。

予想して予想シナリオを持って、
相場の先行きのイメージを持つことは悪いことではありません。

しかし、実際に動くのは、
経済指標が発表された後でも十分勝てるのが
株の世界。

いつも言っていますが、
予想で相場をはるのではなく、
対応力を磨いて相場と対峙した方がいい結果を持続的に生むでしょう。

さて、
週末から娘のために東京に一時帰国しています。
まだコメントやメッセ等にご対応できておらず申し訳ございませんが、
またアジアの旅に戻るまでには対応させて頂きます。
しばしお待ちいただけますと幸いです。


またいつもの展開かあ


日経平均は上げ幅を縮小。
夜間に17000円をつけたことを考えると、
先行きを期待できない出来高。

あるがままを見ていきたいが、
いつまでこの上がって下げ、下がっては上げが続くことやら。

ただ、
この「のらりくらり」が長ければ長いほど、
次の上昇か下落は「ガツン」とくると思いますが。


記事は短期の人も長期の人も読んでいるのであなた目線で解釈ください。そして、私も自分目線を鍛えたい

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

明日4月1日は盆と正月がいっぺんに来るような経済指標の発表が相次ぐ


明日は、

日銀短観、
中国PMI、
米ISM製造業景況感指数、
米雇用統計、

と重要指標が一変に集中しています。

それに対して大切なのは、
予想であたふたするのではなく、
出た数字とそれに反応した市場の数値を客観化して対応すること。

どういう結果になったとしても、
各指標を楽しみに待ちましょう。

「消費大国」中国の試練


昨日の日経ヴェリタス1面の見出しです。
これを読んで思うのですが、
消費は勢いを少し取り戻して、鉄鋼などの重厚長大産業はゾンビ企業化との話がありますが、

日本だって、
戦後良かった炭鉱や鉄鋼が次々と斜陽産業になっていく中、
サービス業が台頭しバブル経済を迎えました。

私は予言者でもなんでもないので、
未来を見通すために、
過去の史実を重んじます。

2020-30年のイノベーションの舞台は、
シリコンバレーから中国、インドへと移ると思っているので、
(単純にシリコンバレーの知人たちが国に帰ってビジネスの舞台を移しているので、
そうなるかと。いつも僕の発想なんて超アナログで、3行以内で説明できる幼稚なものです)

長期的に、
かの2か国のネガティブ報道は個人的にはプラスになると考えております。

こないだ娘の卒園式で
あるお父さんが「明日から北京行きたくないなあ」
とおっしゃっていましたが、

これも現代の歴史を見ると、
大気汚染が社会問題化した後にはサービス業が栄える消費大国になるし、
その方向に国が向かっているサインだとなぜか前向きにとってしまう私もいます。

量から質にチェンジする2大国の社会メガトレンドは、
付加価値を高めた製品を売る日本企業にとっては、
莫大なチャンスをもたらすことでしょう。

日経ヴェリタスは1面の結びで、
「構造改革の痛みを和らげながら、中国は『消費大国』の仲間入りを果たせるのか」
とありましたが、

彼らにしてみたら、
「果たすよ」
「日本は自分の心配したらどうなんだ」
って笑うと思います。

ほんと日本って危機感薄いのかなって日々心配になります・・・

昨日の1次選考396銘柄+6銘柄の記事内に


※今後は、
1倍以下=激安
2.5倍以下=割安
~5倍未満=中立
5倍以上=割高というレンジにするかもしれません。
これはもう少し過去のサンプル数を検証して判断します


という文言を追記しました。
フォローまで。

投資と投機と適当なギャンブル(コメントのフォロー)

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

事業会社目線で関連事業ベンチャーへ投資


そういえば、今日の日経に
オムロンとリコーが共同ファンドを設立し、
有望VBへの投資で連携する話がありました。
(※VB=ベンチャービジネス。
日経本誌の記事でもVBのままでしたので、普段は日経紙面用語はそのまま掲載しております)

そもそもそういうのがニュースになる方がおかしいって。
なんで事業会社はその知見を活かした事業会社目線の投資をしないのか、
これまでもったいないと思っていた。

事業の領域目線で見れば、おのずと有望なものも見えてくる。
現に、私は見本市(専門の業界に特化した集い)で「この会場で何が有望ですか」と
業界のキーマンに聞くとだいたい当たる!

それを会社でやるべきですよ。
この動きは広がってほしいな。

幸せな投資家になる道&お知らせ

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?