サイト内検索
 
書籍に関連した資料!
 
大化け注目株リスト
 
大化け株の発掘!
 
プロフィール

産業・成長企業アナリスト 朝香友博

Author:産業・成長企業アナリスト 朝香友博
産業・成長企業アナリスト

 
株ブログ・ランキング
にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
 
スポンサード リンク
 
カテゴリ
ZEB (1)
 
ブログ村の新着記事など
   
リンク
 
ヤフーカテゴリ・リンク
当ブログはヤフーカテゴリ登録サイト! Yahoo! JAPAN
 
急上昇の検索ワード
 
RSSリンクの表示
 
メールお問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

 
最新コメント
 
月別アーカイブ
 
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 9933

紹介文:<内容>

☆『相場観とポジション』
今週の相場は買いか?売りか?
国内外の140の指標により
ポジションを決定

※原則週末に更新ですが、
相場の変動が激しい場合には、
短期デイリーベースで
相場観とポジションの更新及び
フォローを想定しています

☆注目銘柄リスト
注目ポイントと独自の割安指標を掲載。
中長期成長株を基本に、
短期狙いのテクニカルや市況関連株
を選定。
(3カ月に一度は最低更新)

※その他、随時コメントを掲載
※相場の状況により、注目銘柄の
更新が無い月がある場合もございます
ので予めご了承ください
※有料購読の詳細説明
http://obakekabu.net/blog-category-61.html

☆朝香友博の1%の人とだけ
シェアしたい話(NEW)

なかなか無料記事では
全面的に公開して書けない話を
有料記事にてアップしていきます。

☆大化け株の予備軍
(好チャート株の復活企画)
短中長期テクニカルすべてで上昇基調、
かつ中長期で売り上げを伸ばしている企業の
チャートだけで注目銘柄をラインナップします。
(随時)


◎毎月の購読がお得です

<週毎>
相場観とポジション:2,484円
⇒月に4回で9,936円

<(最低でも)3カ月四半期毎>
注目銘柄リスト:19,800円
⇒1か月あたりで6,600円

なお、入れ替えがそれなりに発生、
あるいは新規注目が増えた時には、
臨時号を発行することがあります。
ただし、その際にも月次読者のみなさまの
9933円よりも高い値段で発行いたします。

<月次コスト比較>
単品購読の場合
9,936+6,600=16,536円
月次購読の場合
9,933円(40%OFF)

なお、相場や企業業績の変化に応じて、
「注目ポイント」や「好チャート株」、
「臨時の注目株リスト」を適宜有料記事にて配信し、

有料読者だけの
こぼれ話などもありますので、
月次購読が更にお得になります!

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

緩いかキツイか、私の見ている日銀短観

[金融機関の貸出態度判断DI(全産業)](「緩い」-「厳しい」・%ポイント)

2014/12月2015/3月 12→3月
変化幅

大企業 26 27 + 1

中堅企業 22 23 + 1

中小企業 14 15 + 1

全規模合計 18 20 + 2

金融機関が雨が降りそうな時に傘を貸さなくなった時、
ではまだなさそうですね。

欲張らなければ、
銀行に傘が無くなってから撤退しても遅くないと思いますよ。

今日の下落、明日も下落、明後日も下落なら、
私は新年度からハッピーだ。

日銀が市中にジャブジャブのマネーを流す、
市中の銀行の蛇口はまだ緩い。

なら、いいんじゃないの。

この解説は、新刊で!

では。

一般の個人投資家は



書籍で示した通り、
欲張らないでますは2倍株で利食いしよう。

昨年の9月にバフェットがエクソンモービル株を全株4600億円分売却しましたが、
彼ほど投資はタイミングでうまくやっている人はいないと思う。

私だって社長に惚れている企業やイノベーションのいらない製品を持つ良好財務の会社は
永遠に保有したいと思いますよ。

しかし、投資もビジネスですから売らない限り、
永遠に利潤は出ないわけですよ。
(配当除く)

2倍株、
4回繰り返せば、
投資金16倍になりますから!

10倍株はあくまで過程で勝手にでてくるもの。
2倍株は狙って出てくるのもの。

10~100倍株は夢。
2倍株は目標。

そして、
目標は達成しなければならない。



金融危機以来の月間の下落幅

1月は1376円安と、
1月の下げ幅としては、
2008年の金融危機以来5年三か月ぶりの大きさになりました。

しっかりポジション指数をこれから計算したいと思います。

予想しても意味がないと思いますが、
指数や指標に基づいて動いておけば、

大ケガはしなくて済むので、
結果として市場に残り続け、
時おり大化け株を掴んで大勝ちします。

これを繰り返すのが、
相場に勝つ秘訣です。



海外投資家の売り越し、個人投資家の買い越し

2014年に入ってから
海外投資家は3681億円を売り越し、
個人投資家は7077億円を買い越している。

3週連続売り越している海外投資家も、
最初は買い越しでした。

P指数に基づき全体の動きを決めている私の判断は、
年初から売りで来ていました。

基本的に世界のファンダメンタルや需給も
指数に組み入れているので、
海外投資家の動きと重なる事が多いです。

やはり海外投資家の売りが続いている時には、
警戒しておいて間違いありませんね。


成長ビジネス-時代の先読み投資人生

今日の日経夕刊に堂々たる消費税来春8%首相決断という
見出しがあります。

少し下に目を向けて下さい。

タクシー配車、スマホを活用という記事があります。
そして、3兆円の試算に入っていない東京五輪効果として、
英企業のベンチャーが日本に乗り込んできます。

これは私が株主である企業の競合の到来を意味する。

今私は、運輸市場のIT化ビジネスにかなり力を入れています。
時代の先読みをしてきたわけです。

この分野は、これから伸びる市場です。
しかも、トラック、バス、タクシー、電車と
いった成熟産業のニューなわけですから、
大化けのにおいがプンプンしています。

私は時代を先読みして投資をするのが大好きです。
しかも、それを目で見て肌で感じる投資はもっと好きです。

続きを読む »

グングン上昇する成長株を見抜くポイント(修正)

おはようございます。
朝香友博です。

この3連休はいよいよ原稿の最終〆切です。

そんな時に、市場もいい具合に上げてきているので、
原稿のラストスパートと注目銘柄の発掘の
Wヘッダーで大忙しの3連休です。

ところで、以前VGSレシオを紹介した記事で、
グングン上昇して大化けする成長株のポイントを
以下のように紹介いたしました。

===============
●伸びている
●儲けている
●安くなっている
●強みがわかる
●これからも伸びる
銘柄を仕入れる。
===============

今回、書籍をまとめる事で、
私は1つの疑問と確信を持ちました。

10倍株を手にするのに、
意外と割安でなくてもいいということを
発見した。

そこで、
===============

●伸びている
●儲けそうだ
●強みがわかる
●これから伸びる
●高くなっていない

銘柄を仕入れる。
===============

に成長株のポイントを変更しておく。

アベノミクス株価上昇第2段法案に賛成の諸君の起立を求めます

賛成多数。

よって、本法案は可決しました。

※これは比喩表現であり、
実際にこのような法案はありませんので、ご注意ください。

==================================
<解説>

本日、日経平均は出来高を伴って、
なんとかプラスでひけました。

ローソク週足は、
上昇優位で終えました。
これは賛成多数を意味します。


そして、
市場のエネルギーである出来高は、
投票の規定数に達したかどうかを見極めるものです。

ケインズは株は美人投票だと言いました。

今週は出来高を伴って、
ローソク足が上向優勢の状態であり、

美人投票になぞらえた
「株価上昇第2段法案」は、
信任を得たとテクニカルでは言えるだろう。

そろそろ、加速スイッチを入れていくか。

8000回以上、悔しさ向き合った

ちょうど1週間位前の
イチロー選手の日米4000本安打達成会見で、
イチロー選手が述べた言葉です。

大化け株投資でも、
1勝2敗で十分な成果を残せます。

しかし、この2敗も悔しいんですよね。

でも、イチローさんの言うとおり、
これに向き合って前に進むことが大切です。

ストーリーとしての成長株

その投資企業には、
思わず人に話したくなる成長ストーリーはあるか?

成長株にとって、
多くの投資家が期待をし、
ワクワクする将来性がある事が非常に大事である。

近年、
私にとって、
ストーリーとしての成長株は「瑞光」であった。

忘れもしない。
2010年の師走。

私は、
ある企業の社長のケータイを何度もならし、
帝国ホテルに一目散に飛んでいき、

「すばらしい企業がありえない時価総額で上場している」
と熱弁をふるった。

あまりのバーゲンセールに、
会計監査を歩んで世界企業と肩を並べる経営トップになった友人に、
瑞光の有価証券報告書を見てほしかったのだ。

これは、
何かの間違いではないかと。

しかし、
彼の瑞光に対する評価も私と同じものだった。

さらに、一番素晴らしいと思えたのは、
瑞光のビジネスモデルに感じた将来性だった。

そこには、企業の飛躍するストーリー、
思わず彼に話したくなるストーリーが存在した。

===========================
10倍株の法則を執筆していて、
当時の状況が鮮明に思い出されたので、
ちょっと記録しておきたい。

ちなみに、
この辺の秘話を、
書籍の付録にしようかと検討中です。


P指数は今日のような暴落から身を守るためにある

無料版でも米国景気敏感株の需給レシオや朝の外資系証券買い越し縮小、
さらには、
日本の景気敏感株の下げ方が良くない、
度肝を冷やす下落があっても・・・・コメントを出すなどしておりました。

続きを読む »