プロフィール

朝香友博

Author:朝香友博
成長企業アナリスト/投資家

 
大化け注目株リスト
 
大化け株の発掘!
 
「10倍株で勝つ」の関連資料!
 
サイト内検索
 
◎お問い合わせ先
 
スポンサード リンク
 
カテゴリ
ZEB (1)
   
リンク
 
RSSリンクの表示
 
最新コメント
 
月別アーカイブ
 
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 9933

紹介文:<内容>

☆『相場観とポジション』
相場のリスクオン・オフや
景気サイクルでの位置づけなどを、
長期、中長期、短中期、短期の視点から
国内外の200以上の金利や株価水準や
経済指標等により分析した記事



原則として
週次更新ですが、
相場の変動が激しい場合には、
短期デイリーベースで
相場観とポジションの更新
もしくはそれに準ずるフォローを
想定しています


なおその場合には、
相場観に付随して
短期相場情勢の「相場概況」や
軽い一言やつぶやきフォローなど、
簡潔にお届けする記事も
並行していくことがあります


当ブログでは、
中期は~3年、中長期は~5(-7)年、
長期は~10年、超長期は~20年、
短中期は~3年、短期は~1年の設定。

これは企業の中期経営計画が
概ね3年後を指す標準的な設定であり、
それと歩調を共にする
至極当然の設定であります。

中長期投資で最も大事な
時間を味方につけるという観点と
不況で買って好況序盤で買い増し、
好況絶頂で売り始めるという
運用サイクルの面からも、
重要な設定だと考えております。

よって、
デイトレ趣向の方や、
超短期トレードでは重要な
買値からたった8%マイナスで損切等の
スタンスの方にとっては
当ブログが馴染めないコンテンツと推察し、
別の参考資料やコンテンツを
お探しになることをお勧めいたします。


☆注目銘柄リスト
中長期成長株を基本に選定した企業の
注目ポイントと独自の割安度指標を掲載。
(不定期ですが原則1カ月に1度は更新予定)


※相場の状況により注目銘柄の更新が
無い月もございますが、
その場合には翌月等に更新した際に、
更新の無かった該当月の購読権利で
その内容をお読みできるような
対応をさせて頂きます。
(具体的には翌月や翌々月の更新時に、該当月の最終日の日付で更新時の記事をアップさせて頂くことで補填をさせていただきます)


☆その他
・チャート解説
・リスクオン・オフの実況解説
・国際見本市や世界での視察のこぼれ話
など、

なかなか無料記事では
全面的に公開して書けない話も
有料記事にてアップしていきます。


◎毎月の購読がお得です
単独記事をすべて別々に購読した場合は、
該当月でばらつきがありますが、
15,000~25,000円程度の価格ボリューム
となることが多く、

<月次購読の場合>
9,933円
とお得になっております。

なお、
通年での
継続読者特典・電撃企画(※)
なども近年行っております。

※どの特別企画も
単体記事を重ねて
購読頂けましたら、
後からでも閲覧自体は
「いつでも、どなたでも可能」
でありますが、
(月刊マガブロもしくは個別の月次該当記事を追ってすべて購入することで、不特定多数のすべての方が購入できる形式の特典であり、非公開・会員限定のようなものではありません)


ご継続いただいた方に
よりメリットが生じるような
企画も行っております。



<留意事項>
※当サイトは不特定多数の方への投資情報提供を目的するメディアであり、個別あるいは相対での投資助言に該当するようなメール等での投資判断に関する個別回答などは一切できませんので予めご了承下さい。また、販売する情報は、投資の勧誘を目的としたものではありません。その情報は利益をもたらすことを保証あるいは示唆するものではありません。株式投資は利益をもたらすこともあれば、逆に、大きな損失をもたらす可能性があります

※当マガブロ(電子雑誌・メディア)の販売はFC2社により行われており、FC2マガブロというブログ媒体で著名な公のサービスを利用して、どなたでも、随時の(継続もしくは単発記事による任意の)利用が可能です。なお、当マガブロは株価・経済・景気の分析手法を公開している著者書籍の袋とじのような延長線上の最新版として更新されており、その手法や内容の大筋などは当マガブロのサンプルという意味合いも兼ねて過去の書籍ですべての方がご参照いただけます
(参照:https://amzn.to/2zbIK6E)

※読者の個人情報や決済に関わるすべての情報はFC2社のみ保有しており、マガブロ発行者である当方は読者の一切の個人情報を保有しておりません。その他の参照:過去作成の有料購読詳細説明(http://obakekabu.net/blog-category-61.html)、FC2マガブロのお問い合わせ(https://form1ssl.fc2.com/form/?id=549552)、当ブログへのお問い合わせ(https://t-asaka.info/contact)


以上、
ご検討のほど
よろしくお願いいたします。

(2020年6月一部改訂・加筆)

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

2012年の見通しと有望株(3)~10大期待テーマ~

2012年の10大期待テーマ
◇SNS
◇震災復興需要
◇資源・商品(原油、新エネルギー、未開拓資源)
◇スマートシティ(スマートホーム・スマートフォン・クラウド・電池・創エネ・省エネ)
◇新興国関連(機械・省力化・サービス産業の進出加速)
◇高齢者ビジネス(介護・医療)
◇低PBR&MBO
◇子育て・保育
◇キャラクター・アニメ
◇デフェンシブ(電鉄・ITインフラ・食品・化粧品・医薬品)

今日配布したものと一部変更しました。
兜町(アナリスト)が私の発言で知って今から調べるという
テーマなどは削除しました。
しかし、産業リサーチの結果、今年から市場が動くものなので、
早すぎるという事はないテーマです。
最近になってようやくちらほら登場し始めました。
これも会員向けのテーマ別注目銘柄一覧ですべてを公開します。

まだ紙面で見ていないテーマだからこそ、
先行者メリット(安全域)があり、
紙面で賑わって流行になったら売りなので、少しボカシましたが、
この10大テーマに注目している事だけは確かです。
そして、決して過熱している銘柄は狙ったらダメですよ。
あくまで上昇域に余裕があり、底値の堅い銘柄を狙う事です!

ご参照まで!

にほんブログ村 株ブログ 新興株へ

にほんブログ村 株ブログ 株 信用取引へ

にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2012年の見通しと有望株(2)~私の相場展望~

大勢と違う想定をすることで、相場観に幅と余裕が生まれます。
そして、
大切なことは、
シナリオを信じ込まず、
柔軟かつ即座に相場の動きに自分の運用資金の動きを合わせて、大損しない事です。

必ず運用銘柄の中から大化け株が出てきますから、
負けなければ勝ちます。

(相場展望の最後から抜粋)
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

2012年の見通しと有望株(1)~市場の予想骨子~

今日は若干名の超資産家の投資仲間に対して、
私の今年の相場観と注目銘柄を述べていた。

私にとってはこの会自体が、日本のユダヤ会!?だと思っており、
P指数の開発依頼を受けたのもこの会で最も資産も人脈も
有する投資仲間からの要望であった。
本当に投資を磨くきっかけを創ってくれている仲間に感謝しつつ、
これを基盤に必ずアジア最強ファンドを作る。
ちなみに、これから飲むことになっているので、時間の許す限りアップしたいと思います。

以下、その内容を1部公開します。
役に立つかはわかりませんが、ご参照まで。

===========================
いよいよ明日から新年の相場が始まります。
今さら言う必要もないかもしれませんが、

株は資本主義における許された経済戦争です。

勝てば官軍。
勝たねばならぬ。

市場の勝者は常に少数であり、
大勢が儲かる時期もあるが、
最後に大儲けできるのは、
少数派の勝者になった投資・投機家だ!


よって、まず大衆投資家・アナリストの動向から知っておこう。

●「市場関係者の株式予想~敵を知り、己を知れば、百戦危うからず~」


市場関係者の予想:2・3月に7500円~8000円、12月に10000円~11000円

今年の日本株は大幅反発し、高値予想の平均は10409円と2割強上昇する。
その背景として、
12年度は実質GDPが震災復興事業の本格化を受けて、
2%前後と先進国の中では高く、
企業業績の急回復が見込まれるうえ、
日経平均銘柄のPBR0.9倍、
配当利回り2%超など、
指標面からの割安感がある。

ちなみに、欧州債務問題は現状よりも改善すると回答したのが6割で、
悪化するは2割にとどまった。

確かにイタリアの大量な国債償還やユーロ安円高リスクなどで、
春先に安値をつけるだろうが、
その後は世界景気の循環的な回復と新興国を中心とする金融緩和で、
年後半に株価上昇局面に入るというシナリオだ。


これが大勢の予想である。

しかし、
今年も大勢は儲からなかった。
2011年6月の市場予測では、
トヨタ、日立、川崎汽船、大平洋金属などの今期営業益の
上振れ予想が相次ぎ、会社予想との開きが大きかった。
結局、的はずれに終わった。

投資信託では、運用成績が良かったベスト10には
豪ドルや高金利債券に関するファンドが並び、株式のファンドは見受けられない。
むしろ、運用成績が悪かったワースト10には、
2位の日本成長株ファンド(▲18.5%)や3位のさわかみファンド(▲18.4%)など、
アクティブ運用のファンドが見受けられ、
個別銘柄の運用では相当な苦戦が目立った。


大勢は大勢故に相場で負ける。
この予想を鵜呑みにする大衆投資家が損をして、
我々が大勝ちするための株式市場の予想はどういうものか。

今年、私が考えたストーリーはこれです。
(次項へ)