プロフィール

朝香友博

Author:朝香友博
成長企業アナリスト/投資家

 
大化け注目株リスト
 
大化け株の発掘!
 
「10倍株で勝つ」の関連資料!
 
サイト内検索
 
◎お問い合わせ先
 
スポンサード リンク
 
カテゴリ
ZEB (1)
   
リンク
 
RSSリンクの表示
 
最新コメント
 
月別アーカイブ
 
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 9933

紹介文:<内容>

☆『相場観とポジション』
今週の相場は買いか?売りか?
国内外の140の指標により
ポジションを決定

※原則週末に更新ですが、
相場の変動が激しい場合には、
短期デイリーベースで
相場観とポジションの更新及び
フォローを想定しています

☆注目銘柄リスト
注目ポイントと
独自の割安指標を掲載。
中長期成長株を基本に選定。
(不定期ですが、1カ月に1度は最低更新)

※その他、随時コメントを掲載
※相場の状況により注目銘柄の更新が
無い月もございますが、
その場合には翌月等に更新した際に、
更新の無かった該当月の購読権利で
その内容をお読みできるような
対応をさせて頂きます。

※有料購読の詳細説明
http://obakekabu.net/blog-category-61.html

☆その他
・チャート解説
・リスクオン・オフの実況解説
・国際見本市や世界での視察のこぼれ話
など、

なかなか無料記事では
全面的に公開して書けない話も
有料記事にてアップしていきます。


◎毎月の購読がお得です
単独記事をすべて別々に購読した場合は、
該当付きでばらつきがございますが、
15,000~25,000円程度
の価格ボリュームとなることが多く、

<月次購読の場合>
9,933円
とお得になっております。

なお、
通年での継続読者特典や
電撃企画なども
近年行っております。

どの特別企画も
単体記事を重ねて
購読頂けましたら、
後からでも閲覧自体は可能
でもありますが、

ご継続いただいた方に
よりメリットが生じるような
運営を行っております。

以上、
ご検討のほど
よろしくお願いいたします。

(2020年1月末直近現状に即し改訂)

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

2011年の上昇下落上位10社

新興市場と非新興市場の
昨年の騰落ランキングベスト10を
まとめてみました。

昨年も新興市場が好調でした。
ご参照まで。

ちなみに、一昨年のランキング10位以内で、
今年も上位に顔を出したのは、
サンリオとクルーズだけで、
連続上位への入賞確率は10%と低い確率ですので、
今年の上位銘柄の下落リスクにご注意ください。


<東証大証1・2部 上位10社>
1位 4406 新日本理化  689%
2位 4798 エル・シー・ 350%
3位 1919 エス・バイ・ 262%
4位 2654 シンワオック 255%
5位 1916 日成ビルド  250%
6位 6932 遠藤照明   201%
7位 5721 エス・サイエ 200%
8位 1831 不動テトラ  180%
9位 5358 イソライト工 179%
10位 3632 グリー    156%

去年、下落ランキング10位以内の3銘柄が、
今年大きく上昇。
下落の大きかった銘柄の3割に投資妙味ありでした。

2010年
3位 4798 エル・シー  ▲71.42%
4位 1757 クレアホール ▲66.66%
4位 5721 エス・サイエ ▲66.66%


<新興市場 上位10社>
1位 2158 UBIC     2201%
2位 9898 サハダイヤ  625%
3位 1408 サムシング  615%
4位 4570 免疫生物研究 326%
5位 3082 きちり    286%
6位 3043 モジュレ   242%
7位 6256 ニューフレア 207%
8位 2160 ジーエヌアイ 206%
9位 2751 テンポスバス 197%
10位 9639 三協フロン  197%


<東証大証1・2部 下位10社>
1位 9501 東京電力   ▲90%
2位 2120 ネクスト   ▲69%
3位 3829 セルシス   ▲68%
4位 6336 石井表記   ▲68%
5位 6492 岡野バルブ  ▲64%
6位 9427 イー・アクセ ▲62%
7位 6665 エルピーダ  ▲62%
8位 6767 ミツミ電機  ▲61%
9位 6621 高岳製作所  ▲61%
10位 9107 川崎汽船   ▲61%

<新興市場 下位10社>
1位 3832 T&Cホール  ▲85%
2位 4744 メッツ    ▲82%
3位 6050 イー・ガーデ ▲81%
4位 3645 日本メディカ ▲78%
5位 3846 エイチアイ  ▲75%
6位 7708 ゲートウェイ ▲74%
7位 8738 ひまわり   ▲74%
8位 3823 アクロディア ▲73%
9位 6667 シコー    ▲72%
10位 3858 ユビキタス  ▲72%

やはり散々雑誌に登場していた、
イー・ガーディアン、エイチアイ、シコーなどは、
昨年散々たる結果となっている。

紙面に登場するアナリストや株式評論家には申し訳ないが、
彼らの言うとおりに売買していい事もあるだろうが、
リスクが高い事だけは間違いない。

<投資の神様は地道な学習を続ける者に幸を与える。>