サイト内検索
 
書籍に関連した資料!
 
大化け注目株リスト
 
大化け株の発掘!
 
プロフィール

朝香友博

Author:朝香友博
産業・成長企業アナリスト

 
株ブログ・ランキング
にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
 
スポンサード リンク
 
カテゴリ
ZEB (1)
 
ブログ村の新着記事など
   
リンク
 
ヤフーカテゴリ・リンク
当ブログはヤフーカテゴリ登録サイト! Yahoo! JAPAN
 
急上昇の検索ワード
 
RSSリンクの表示
 
メールお問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

 
最新コメント
 
月別アーカイブ
 
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 9933

紹介文:<内容>

☆『相場観とポジション』
今週の相場は買いか?売りか?
国内外の140の指標により
ポジションを決定

※原則週末に更新ですが、
相場の変動が激しい場合には、
短期デイリーベースで
相場観とポジションの更新及び
フォローを想定しています

☆注目銘柄リスト
注目ポイントと独自の割安指標を掲載。
中長期成長株を基本に、
短期狙いのテクニカルや市況関連株
を選定。
(3カ月に一度は最低更新)

※その他、随時コメントを掲載
※相場の状況により、注目銘柄の
更新が無い月がある場合もございます
ので予めご了承ください
※有料購読の詳細説明
http://obakekabu.net/blog-category-61.html

☆朝香友博の1%の人とだけ
シェアしたい話(NEW)

なかなか無料記事では
全面的に公開して書けない話を
有料記事にてアップしていきます。

☆大化け株の予備軍
(好チャート株の復活企画)
短中長期テクニカルすべてで上昇基調、
かつ中長期で売り上げを伸ばしている企業の
チャートだけで注目銘柄をラインナップします。
(随時)


◎毎月の購読がお得です

<週毎>
相場観とポジション:2,484円
⇒月に4回で9,936円

<(最低でも)3カ月四半期毎>
注目銘柄リスト:19,800円
⇒1か月あたりで6,600円

なお、入れ替えがそれなりに発生、
あるいは新規注目が増えた時には、
臨時号を発行することがあります。
ただし、その際にも月次読者のみなさまの
9933円よりも高い値段で発行いたします。

<月次コスト比較>
単品購読の場合
9,936+6,600=16,536円
月次購読の場合
9,933円(40%OFF)

なお、相場や企業業績の変化に応じて、
「注目ポイント」や「好チャート株」、
「臨時の注目株リスト」を適宜有料記事にて配信し、

有料読者だけの
こぼれ話などもありますので、
月次購読が更にお得になります!

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

10倍株公開達成の記念広告「いま仕込んでおくべき10倍株教えます!」フォロー1(2月バレンタイン読者限定特典のお知らせ)

おはようございます。
朝香友博です。



昨年の1月終わりにリリース致しました
こちらの袋とじ3選の1つ(本誌50ページ:コード**30)の銘柄が、
おかげさまで10倍株・テンバガーを達成することができたことを記念して、
今朝1月25日の日本経済新聞5面に広告がございます。

キャプチャ 

最大で、
書店に並んだ直後に買った方は23倍株、
ブログを長く読んで頂いていた方は28倍株、

おわりがきに書きましたように、
「みなさまの小さな挑戦に大きな果実」
をもたらしたことを願ってやみません。

しかしながら、
なんとなくの投資で
ただ単に本を参考に買っただけでは、
これはまだギャンブルの域に過ぎず、
次の10倍株に固執して、
市場で言う’イナゴ投機家’のような、
最後は大負けして痛手を負う可能性があります。

拙著の中で、
ここまで10倍株を発掘した英知を結集し、
今度はみなさんに10倍株を掴んで頂くことを目標として、
「ガチで10倍を狙うための新刊」と紹介しましたが、

最後に勝つ投資家、長年市場に残れる投資家
でいるためには、

大事なことは注目株では無くて、
「投資の心構え、考え方、投資法」
であることはいうまでもありません。

本書の3章・4章並びに袋とじの62ページで10銘柄から3選に絞り込んだ方法論を
しっかり学んでいただき、
株で小さなお金を大樹に変えるための
大事な考え方、投資法こそ習得して頂きたいのが私の本意です。

昨日、出版社さん経由で、
「10倍株のお陰で株で初めて数百万円儲かったので御礼をお伝えしたくて」
とのうれしいお声を頂戴し、
大変こちらも心からうれしく思っております。

一方で、
その大事なお金を10倍株に固執するがあまり、
結局、
これまで負けて来られたギャンブル的な賭け方、
なんとなくの投資では、
おそらくせっかく掴んだ10倍株の果実は泡と消えかねません。

なんとなーく、の投資だけは避けてください。

また、
他の書籍に詳細は譲りますが、


長期的には
株の最大の買い時は
「金融危機、日米欧の主要な景気市況がマイナス、倒産・失業者の急増」
の時で主要国中央銀行が金融緩和を断行する時であります。

逆に、
株の最大の売り時は
「金融熱狂、日米欧の主要な景気市況がうん年或は何十年ぶりの好調、倒産・失業者が激減」
の時で主要国中央銀行が金融引き締めの時であります。

実は、
この8行だけ死守すれば、
個別株の個々の戦いは別にして、
トータルで株に負けるなんていうのは、
正直信じられないんです・・・自分的には。

株の最大の買い時に買ってれば、
ダーツかビンゴで銘柄を決めたって、
倒産してなければ何でも儲かってるでしょ?
って言いたい。本音では。

これ、
売買に興奮とかワクワクを求めず、
長期投資の目的に徹すれば、
いかに多数の投資家が短期でしか物事をみてないか・・・

投資で勝つには投資判断が最も大事だが、
動いたのちはそれを超長期的に待つことが投資活動の9割を占めるという
忍耐力も必要だし、
その忍耐を許容できる自分の知識力・精神力も必要なわけです。

そして、
誰がどう考えても、
長期的に相場を2局で考えるならば、

現在は
「株の売り時」
のほうですね。

しかし、
これが難しいもので、
株の最大の売り時となる天井圏では、
実体経済の景気指標が抜群にいいので、
これを支えに、
「最後の爆上げ・急騰」が株式市場に訪れます。

この本を17年1月に緊急で出したのは、
第1章に根拠を書いたように、
その最後の上昇相場を効率的に狙いに行くという、
意図が明確にありました。

そして、
今はその過程の真っただ中です。

この本の第一章で示した個別銘柄の分析よりも大事にしている
全体市場の相場観も、
おかげさまで大方想定のシナリオで進み、
日経平均23000~30000円の上昇レンジに現在株価はございます。

ただ、
新聞広告原稿は私が全く関与していないので、
出版社さんには申し訳ないですが、

あれを書いたのは17年の元旦で、
今は18年の1月25日なので、
予想よりも市場の数値に素直に「即応」「反応」して動くタイプの投資家としては、
日経平均3万円を狙うには、
17年の上昇がやや物足りなかったなあと思っています。

個人的にはまだ日経平均3万円は願いつつ、
淡々と景気市況や資源価格や金利を見ながら、
ポジションを維持してはおりますが・・・。

また、
あくまでも個別銘柄を厳選するのは、
投資というビジネスの効率を上げるだけでなく、
「素晴らしい会社のビジネスの後押しで、この社会の一助になる投資がしたい」
という気持ちが強い。

どの会社であれば、
国力の危ぶまれるこの国の未来で勝ち残る成長企業として、
われわれに希望を与える存在、活力になっていくのか。

そういう気持ちで、
日本、世界を飛び回って、
その会社の価値を判断して大化け株を探しているだけで、

お金を増やすだけなら、
不景気に財務のそれなりに悪くない景気敏感株を買うだけのシンプル投資でいいじゃない!
と、
思わなくもありません。

ですので、
まずはしっかり投資の姿勢、考え、方法を習得ください。

そして、
自分の目で見極めて、ご自身の大事なお金の嫁ぎ先を決めてください。

仮想通貨で儲かった人などは、
ボタンでポンポン注目されておられるかもしれませんが、
一度一度の注文をご自身あるいはご子息の就職先、結婚相手、嫁ぎ先など、
人生の大事な局面だと思って、
それでも納得できるのかをよく考えて投資に臨んでください。
(もっとも、1株だけ買ってみて値段変動で自分心理にどう影響するかを感じてみるという、
冷静な頭脳を持った合理的な実験までは止めはしません。実践も大事ですので)

その上で、
本書を書いた17年元旦とは全体相場の状況も変わっていれば、
個別銘柄の状況も企業の事業は日々営まれているわけで、
個別株の状況も変わっています。



85ページの銘柄(コード:6*80第2章)は、
本を出した早々の2月で申し訳なかったのですが
その事業のユーザーからのネット上での不満の声、
そしてその声を自分の周りも含めて実体験としてシェア出来たので、
早々にブログで10選でなく9選になった旨をご報告しており、
その後は注目しておりません。

89ページの銘柄(コード:**95第2章)は、
事業理念の志に胸を打たれたので入れましたが、
161ページにある撤退売りのサインが昨年8月に点灯してしまい、
心中まではしない判断をされた方は、
-25%の損失となってしまいたいへん心苦しく思っております。

※トータルで大勝ちする考え方は
著書「【テンバガー】10倍株で勝つ」をご参照ください

また、
50ページの銘柄(コード:**30。特選3選の最初)は、
あまりに急騰した時価総額、
ぎりぎり許容内とはいえ割高となったバリュエーション、
チャート過熱の合理的な判断から、
その「大きな果実の余力」を「別の大きな可能性・小さな果実に廻す」
ことの合理性分析もブログに書いたところです。

※バリュエーションが相対的に割高になって161ページの⑩の判断ですが、
会社の成長性が持続し、法則に抵触しないかつ複数単元の方に限り
利確⑤はまだ訪れていないことも併せてフォローいたします。

なお、
他の掲載銘柄は割安、もしくはまだ割高ではないものも多く、
今回の広告を記念して、
読者の方に限り、
2月のバレンタインプレゼントとして、
最新の割安度と朝香目線の更新版をアップさせて頂きます。

下記にアップしましたら、
リンクを貼りますので、2月のバレンタインデイにご参照下さい。
男なんでホワイトデイにしようと思いましたが、
ちょっと遠すぎるかと。
バレンタインデーならまだ読んでない人も半月読んで頂く時間がありますからね。
(これは、同じく2月予定のブログ年間読者特典とは別のものです)

(ここに後日、本の掲載銘柄の最新割安度フォローのURLリンクを掲載予定)

※書籍内のページとページ内の数字を使ってパスワードを作ります(*)ので、
広告本の読者の方の付録特典としてアップさせていただきます。

朝香友博PR事務局の担当Yです。
Kindle版を加味し、ページではない形を検討させて頂きます。
朝香の原稿を勝手に直せませんので、注記いたしました。

10倍株が実現したことを素直に喜びつつ、
人生100年時代に向けて、
この本がみなさまの投資に
本質的に役立つものになることを願っております。

※※余談

ムニューシン財務長官のドル安容認のような発言で、
日経平均続落です。

でも、
考え方によっては、
広告の日が熱されていた日本市場の冷却日になるとは、
ラッキーだと思います。

少し様子を見ますが、
株は買い値より高く売らないと利が乗りませんからね。

※以上は、情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。
株には価格の変動があるため、利益を生むことも損失を生むことも
両面が起こりうることが想定されます。
これらの情報によって生じたいかなる損害・障害等についても、
当方は一切の責任を負いかねます。
くれぐれも最終的な投資のご判断は必ず投資家ご自身にてお願い致します。

【祝】20倍株(まだ見込み)!ダブルテンバガー、20倍超にまで大化け株となった「北の達人」に感謝

おはようございます。
朝香です。

この高値圏で
北の達人の株式分割によるモメンタムの更なる向上で、
またまた本日も株価が寄り付きません。

そして、
気配値で2800円を超え、
寄付きで20~27倍株となる見込みのブログの読者はもちろん、
「いま仕込んでおくべき10倍株3選」にて同社株に注目いただいた方も、
今朝は20倍株というダブルテンバガーを
手にしていただくことになりそうです。

これから同社株の最新割安度の更新を
再度いれておきたいと思います。

20倍株、おめでとう!
(と、先に言っておきます。まだ正確には見込み)

しかも、
1年内でしたね・・・

これに投資行動をおかしくすることなく、
基本は5年程度は見据えた成長性と株価水準を鑑みて行動する
「賢明なる投資家」であり続けて頂けることを切に願っております。

祝!ほぼテンバガー【北の達人】日足終値で最高値更新。親日アジア株1位ペッパーのテンバガーに続け!

20171205北の達人

今日は、
日足終値ベースで北の達人が最高値を更新しました。

すでに先月の22日に、
昨年末、年始の定期読者かつ長期そのままホルダーの読者の方は、
テンバガー達成となりましたが、

2月上旬に、

書籍10選で注目して投資された方も、
10カ月で10倍株直前ですね。

今年は、
この書籍の3週間ほど前に出した


こちらの1位銘柄ペッパーでは、
すでに10倍株を達成しており、
2017年は素晴らしい一年を締めくくれそうです。


【祝】これまでで最も嬉しいテンバガー(10倍株)に!ペッパーフードサービスの軌跡

ペッパー1

こんばんは。
朝香です。



今年の1月の末に出した
書籍の注目1位株がテンバガーになりました。
ペッパー2 


上記のように、
東京の大型書店で最初に手にした方、
地方で数日後にしか手に入らなかった方、

はたまた第3章のほぼすべてを
ペッパーFSの分析に割いた中で、
米国での成功がテンバガーの幕開けとのコメントを読まれ、
会社のNY店開店リリースで動かれた方は、

書籍発売から約8カ月で
10倍株の果実を獲得!という
結果になったかと思います。



客観1位銘柄の大化け定性要素を確認するため、
ペッパー3 





5月の初旬には、
2月に開店したいきなりステーキNY第1号店を視察した内容を、
以下のようなレポしました。
ペッパー4 
この後株価はグングン加速していきました。

で、
このレポートの前に
チャートで株価の加速しそうな10選
になるほどいいチャートだったことも綴りました。

※17年3月2日のチャート分析
ペッパー5 ペッパー6

株価はその後65日線のキャッチアップを待って、
その後の急騰になっていきました。 


また、
需給だけでなく、
以下のように私独自の割安度で
(PERに置き換えるなら10をかけて頂けると最初がPER5倍に値するという感じ)
割安水準を維持できた事は、
過去のテンバガー同様に、
非常に大きなファクターでした。


ペッパー7

さらに※印の部分、
株価の上昇に伴い、
割安度が0.66から1.31になりました。

その後、
株価は上昇しましたが、
決算後に割安度が増したことについて、
過去の多くのテンバガーと同じ現象であり、
以下のようにフォローしました。
(「大化け注目株・最新割安度一覧(170715時点)~過去の10倍株同様、株価を上げながら決算で割高感を解消する成長株は要チェック~」より)

 ペッパー8 http://obakekabu.net/blog-entry-5162.html

今年の年初に、
全体相場が楽観論と判断したうえで、
あと2~3のテンバガーが欲しいと述べておりました。

8カ月弱はテンバガーとしては
極めて速いペースでしたが、

1月下旬~2月初旬にかけて仕掛けた読者の方が、
最初のor久しぶりの10倍株を手にされておられたら、
或いは
まだほぼ10倍株や数倍株の上昇を勝ち得た方も含めて、
少しでも読者の投資に貢献できておりましたら、
これほど嬉しいことはございません。

併せて、

自分目線での事業有望性の判断、
チャートの見方、
割安度の定点観測など、

長期投資のヒントに
少しでもなっておりましたら幸いです。

祝!

※ペッパーFSが収録された書籍
 


※その後追加注目株をリリースした書籍



※なお、ブログでも書籍でもチャート位置、割安分析は主観を入れることなく客観的な分析のみをリリースし、ビジネスモデル等の定性部分のみに関しては主観を入れており、株価への言及は意図なく合理性の中で分析しております。また、株式投資へのリスクへの言及も注目銘柄の割安度の度につけており、株価は上昇だけを想定できるものでない喚起も行っております

【半年後の状態】銘柄リストの割安度順から選んだ「中長期チャート注目銘柄」10選~インデックス投資よりも、ぜひ自分目線でアクティブ投資を~


およそ半年前に、
普段リリースしている注目株割安度の割安な順にチャートを見ていき、
チャートの強い10選というものを作りました。

※該当記事より引用
2月末に更新した
約150注目銘柄の割安チェック表の
割安な順からチェックし、
チャートで注目銘柄10選をセレクトしました。
現在、
従来から注目してきた多くの銘柄が
上場来高値、近年来最高値、年初来高値となってきています。
そういう銘柄は割安度をチェックして、
継続保有して上値について行くだけでいいと思いますが、
このセレクトは急騰感の少ないものを中心にピックアップしました。

この期間の
日経平均・日経ジャスダック平均・マザーズの
パフォーマンスを総合した平均は
およそプラス5.88%でした。

日経平均201703-08 日経ジャスダック平均201703-08 マザーズ201703-08 

それに対して、
同期間の中長期チャート注目銘柄10選は、
およそプラス90.53%(1.9倍+α)で、

全体相場は本当に冴えませんでしたが、
10選への均一投資で、
ほぼ資産倍増の結果を生んでくれました。

チャート記事で
取り上げた銘柄は割安順に
こんな10銘柄でした。

201703-08 201703-08 2 201703-08 3 201703-08 4 20170308 5 
201703-08 6 201703-08 7 201703-08 8 201703-08 9 201703-08 10 
特に強いチャートの中では最も割安だった銘柄は、
その企業の強さに度々言及してきましたが、
最も急騰してくれ、

今のところ今年の東証1部で最も上昇した銘柄となり、
この10選より前の最初の注目時点から
テンバガーが射程圏内となってきました。

まずは自分目線で納得のいく企業を選び、
割高でないことを確認し、
チャートの勢いがあるものを買っていく。

今後も基本的には同スタンスで進んでまいります。

一方で
チャートの弱い銘柄に関しては、
その会社の経営者やビジネスモデルが魅力の場合は、
その銘柄が沈没しても心中覚悟で行ける時だけにするのが
賢明でしょう。

過去の23倍株、
アドウェイズなどが私の中ではその事例ですし、
AI時代を見据えて半導体の躍進をブログでも早々に謳う中で、
まだ注目点が早すぎ、
エルピーダは本当に紙くずになったのも痛い事例の1つ。

ですので、
まずは初心者の方はチャートの強いものを狙っていくことを
個人的にはおすすめしています。
(見方は過去の自著などご参照ください)

1日の雇用統計・ISM製造業景況感指数が良く、
米金利高・円安という流れが来れば、
次の10選を作ろうかなあと思います。

全体が暴落すれば、
良い企業も素晴らしい企業も何でもかんでも中長期的には投げ売られますので、
まずは森があって木があるという部分も大事に相場と対峙して参ります。

簡単な総括まで。

2015年8月25日の暴落の真っただ中に

こういう時には
狂って迷わず自分の志銘柄を思いっきり拾う好機!

と述べたことがありましたが、
当時のイチオシ注目銘柄が5倍株に。

5倍まで来れば、
ここから2倍になればテンバガー・・・
ということになる。

時は金なり。


ついに10つ目のテンバガー・10倍株!トランプ様様、そして日本の将来のためにも、アジアの主軸を中国からインドにする手助けを日本はすべきだ!

10つ目のテンバガー・10倍株

志銘柄と呼んでいたベクトル。
IPO時128円(修正後株価)が、
本日めでたくテンバガーとなりました。

「日本の社会には広告以上に、広報が必要だ」

その想いを体現してくれる会社として、
順調にビジネスを拡大してくれました。
(途中、一度銀座のとある件で完全退却するか悩みましたが)

今や私の古くからの友人が社長を務める
エボラブルアジアに出資をして
稼ぐような会社にまで成長し、
今後もまだまだ成長を続けるでしょう。

ときに、
今や相場は上昇機運。

でも、不景気相場は金利の上昇後にしか来ないのだから、
今の米株高・金利高・円安・日本株高を歓迎したい。
今年のメインシナリオはくるったけど、
昨年夏あたりまでのイメージに戻っただけと考える。
すべてはイエレンFRB議長のチキンハートが
まさかの2回目利上げなしに起因してますから、
そこは想定外でした。

目下、
トランポノミクスで最後のキャッシュ増を実現させて頂き、
その後の「下がる時は急速」の起きた時の大事な資金に回したい。

勝つためには上善如水。
前著に書いたように、
氷にも水にも水蒸気にもなるというのが信念。
この相場局面をうまく活用したい。

日本を富ます、すなわち成長の伸びしろがある会社を買い、
日本の成熟化・衰退を加速させる、すなわち成長の伸びしろのない会社を売る。

私にとっての株の売買は、
この想いが強い。

そして、
この株高は
それをスムーズに展開させてくれるいい機会になる。
(もちろん、本音で欲しているのは2そく3モンの暴落による好機)

10倍大化け株の
結果を振り返るのはあっという間ですが、
上場してからは4年と8カ月も経っています。

目安の景気サイクル平均5年程度なので、
いい結果だったと言っていいでしょう。

2003年、
私が上海に留学した同時タイミングで一緒に出てきたユニクロや無印を
「やるじゃん!」と思って早13年。

それ以来、
わたしの投資における自分目線は
「中国で稼ごうとしているか」
「モバイルで世の中を変えようとしているか」
が大きな目線だったような気がします。

ベクトルだって、
未上場の時から
「中国展開がスゴイ早い!この西江社長はタダものでない」
と思ってきました。

しかし、
今度はこの主軸をインドに置くべき時代が到来し、
(すでに10年ほど前にの米国版ブルームバーグで
中国でなくインドにお金を投じるのが
日本には必要だと無名投資家時代に取り上げられましたので、
後追いではない。いよいよリアルに市場の時価総額に跳ね返る時代が、
到来していくという意味)
それに合わせて日本の未来をしょってもらう会社を選び抜く、
すなわち私の長期チームメートのチーム編成の時が到来している。

また10年、20年先を見据えて、
単細胞の頭で見つけた単純な切り口を、
間違いがなければ1世代10年は信じて、
次に進んでいきたいと思う。

この点、
本にしてみなさまのところにお届けできたらと思います。

今後も精進し、
企業とともに自分も成長しないと。
ベクトルの今後の繁栄を心から願っております。


【こちらも史上最高値】志銘柄、中長期の上昇トレンド加速!

20160715志銘柄上昇加速 

一昨年12月のIPO以来、
志銘柄として注目している9***が、

昨年8月25日の暴落時に、
「こういう時にこそ成長に自信のある銘柄や会社を応援したい会社を買う」
と述べてから、3倍株となりました。

どこで仕込んだとしても、
上昇含み益が出る「中長期上昇トレンド」にあり、
現在最高値を更新中。

この会社の役員に元証券マンがいるせいか、
IRがなかなか上手ですが、
それは短中期的な話。

あくまでも長期的に
1コミュニティに多くのシェアリング自動運転電気自動車、
1家に人数分のサポートロボットがいる

「新社会」の
今とは違う未来の社会イメージを持って、

機械の食事は何なのか、
それを想定して
長期の成長を期待しています。

途中過熱した時には
利確あるいはつなぎ売りはあっても、
気長に行く予定です。

フォローまで。

株価は史上最高値更新中

今年の数少ない注目コメントを入れた6***
20160712史上最高値更新中 

本日も値をとばし、
グングン上昇しています。

株価は上場来最高値を突き抜け、
およそ3倍高。

月足が突き抜けた水準で終われば、
今後の株価は新水準入りしてくるかもしれませんね。

ただ、
欲張れば、
「今日のS高から売れば良かったものの・・・」と、

一瞬頭をよぎるかもしれませんが、
未来は明確かつ的確に期日を区切ってまで見えませんから、
仕方ないですね。

相変わらず売りは難しい。

それでも、
買いは3度に分けるなら、売りは9度に分けるくらい散らしたい。
それは守って行きたいと思います。

それにしても、
安倍総理の采配、
お見事。


こんな中でも今年の数少ない注目株は高値更新中

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?