プロフィール

朝香友博

Author:朝香友博
成長企業アナリスト/投資家

 
大化け注目株リスト
 
大化け株の発掘!
 
「10倍株で勝つ」の関連資料!
 
サイト内検索
 
◎お問い合わせ先
 
スポンサード リンク
 
カテゴリ
ZEB (1)
   
リンク
 
RSSリンクの表示
 
最新コメント
 
月別アーカイブ
 
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 9933

紹介文:<内容>

☆『相場観とポジション』
相場のリスクオン・オフや
景気サイクルでの位置づけなどを、
長期、中長期、短中期、短期の視点から
国内外の200以上の金利や株価水準や
経済指標等により分析した記事



原則として
週次更新ですが、
相場の変動が激しい場合には、
短期デイリーベースで
相場観とポジションの更新
もしくはそれに準ずるフォローを
想定しています


なおその場合には、
相場観に付随して
短期相場情勢の「相場概況」や
軽い一言やつぶやきフォローなど、
簡潔にお届けする記事も
並行していくことがあります


当ブログでは、
中期は~3年、中長期は~5(-7)年、
長期は~10年、超長期は~20年、
短中期は~3年、短期は~1年の設定。

これは企業の中期経営計画が
概ね3年後を指す標準的な設定であり、
それと歩調を共にする
至極当然の設定であります。

中長期投資で最も大事な
時間を味方につけるという観点と
不況で買って好況序盤で買い増し、
好況絶頂で売り始めるという
運用サイクルの面からも、
重要な設定だと考えております。

よって、
デイトレ趣向の方や、
超短期トレードでは重要な
買値からたった8%マイナスで損切等の
スタンスの方にとっては
当ブログが馴染めないコンテンツと推察し、
別の参考資料やコンテンツを
お探しになることをお勧めいたします。


☆注目銘柄リスト
中長期成長株を基本に選定した企業の
注目ポイントと独自の割安度指標を掲載。
(不定期ですが原則1カ月に1度は更新予定)


※相場の状況により注目銘柄の更新が
無い月もございますが、
その場合には翌月等に更新した際に、
更新の無かった該当月の購読権利で
その内容をお読みできるような
対応をさせて頂きます。
(具体的には翌月や翌々月の更新時に、該当月の最終日の日付で更新時の記事をアップさせて頂くことで補填をさせていただきます)


☆その他
・チャート解説
・リスクオン・オフの実況解説
・国際見本市や世界での視察のこぼれ話
など、

なかなか無料記事では
全面的に公開して書けない話も
有料記事にてアップしていきます。


◎毎月の購読がお得です
単独記事をすべて別々に購読した場合は、
該当月でばらつきがありますが、
15,000~25,000円程度の価格ボリューム
となることが多く、

<月次購読の場合>
9,933円
とお得になっております。

なお、
通年での
継続読者特典・電撃企画(※)
なども近年行っております。

※どの特別企画も
単体記事を重ねて
購読頂けましたら、
後からでも閲覧自体は
「いつでも、どなたでも可能」
でありますが、
(月刊マガブロもしくは個別の月次該当記事を追ってすべて購入することで、不特定多数のすべての方が購入できる形式の特典であり、非公開・会員限定のようなものではありません)


ご継続いただいた方に
よりメリットが生じるような
企画も行っております。



<留意事項>
※当サイトは不特定多数の方への投資情報提供を目的するメディアであり、個別あるいは相対での投資助言に該当するようなメール等での投資判断に関する個別回答などは一切できませんので予めご了承下さい。また、販売する情報は、投資の勧誘を目的としたものではありません。その情報は利益をもたらすことを保証あるいは示唆するものではありません。株式投資は利益をもたらすこともあれば、逆に、大きな損失をもたらす可能性があります

※当マガブロ(電子雑誌・メディア)の販売はFC2社により行われており、FC2マガブロというブログ媒体で著名な公のサービスを利用して、どなたでも、随時の(継続もしくは単発記事による任意の)利用が可能です。なお、当マガブロは株価・経済・景気の分析手法を公開している著者書籍の袋とじのような延長線上の最新版として更新されており、その手法や内容の大筋などは当マガブロのサンプルという意味合いも兼ねて過去の書籍ですべての方がご参照いただけます
(参照:https://amzn.to/2zbIK6E)

※読者の個人情報や決済に関わるすべての情報はFC2社のみ保有しており、マガブロ発行者である当方は読者の一切の個人情報を保有しておりません。その他の参照:過去作成の有料購読詳細説明(http://obakekabu.net/blog-category-61.html)、FC2マガブロのお問い合わせ(https://form1ssl.fc2.com/form/?id=549552)、当ブログへのお問い合わせ(https://t-asaka.info/contact)


以上、
ご検討のほど
よろしくお願いいたします。

(2020年6月一部改訂・加筆)

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

世界は可能性に満ちている。「海外留学 6年連続減」への危惧

2010年の日本人の海外留学者数が前年比3.1%下回ったという。

完全に社会トレンドに沿っておらず、
もっと危機感を持つべきだと思います。

昨晩、ある大手化学メーカーの元社長と、
ある大学の学科長と
ディナーを共にしました。

その席で、タイムリーにこの話題が持ち上がり、
元社長も大学の関係者も、
若者が内向き志向で、海外に出たがらないと嘆いておられた。

文科省はハードルの低い3か月程度の留学から
支援を始めており、同志社大は英語合宿も準備し、
留学先の単位を積極的に認定している。
北大は留学を義務付けた。

私はこのような流れの加速化・拡大化を早急に望みたい。

来週もまた別の大学の学科長と面談の機会があるが、
その学科では、学業と関連する産業企業との共同研究や
共同討論会を単位として積極的に認定している。

もう数年前から行っているので、
世の中の商品企画にも反映されて目にするようになった。

私は、
大学生と企業との交わりを積極的に増やすボランティアに力を入れており、
今度は積極的に大学生をアジアに連れ出す機会を増やしている。

この日本を根本構造から見直すには、
世界の躍動を感じて
外から日本を見つめなおし、自立して考えられる「個」の育成をしたい。

内向き志向なんていう言葉が蔓延している暇は、
もうこの日本には残されていない。

日本が輝きと希望に満ちた国になるよう、私の挑戦も続く。


マイスターエンジニアリングの変革

東証2部上場で、産業機械メンテナンスを手がける
マイスターエンジニアリング(ME)が、
大田区の賃貸工場に入居する。
(2013年1月26日 日経新聞朝刊35面)

周辺の町工場への部品発注など地元振興に期待が広がっており、

ME側も割安な賃料にて入居できるので、
固定費を下げられると思われる。

また、これに伴い、モノづくり部門の売上高を現在の10億から
2017年3月期には40億円と4倍に引き上げる計画だ。

周辺企業との技術連携による新たな研究開発にも力を入れる模様で、
サービス企業から製造業への参入を後押ししそうだ。

円高に適応してしまった日本人

「日本経済にとってどちらが望ましいかを聞くと、
「円安」支持が53%を占め、11%だった「円高」の5倍近くに達した。」

一方で、
「個人として円安と円高のどちらが望ましいかを尋ねると「円安」が34%で、
「円高」の24%を上回った。
ただ「どちらともいえない・わからない」との回答も4割を超え、
安倍政権が脱円高・デフレを最優先課題に掲げているにもかかわらず、
必ずしも円安を望む人が大勢ではないことが分かった。」
(2013年1月21日 日経朝刊)

円安になれば、
電気代、ガス代、食費代に大きく跳ね返りますからね。
個人的には、そうはいっても大企業や国際的に稼ぐ中小企業から
成長軌道に乗って欲しく、円安は歓迎。

しかし、国民個人の生活もあるので、
急な円安でなく、緩やかな円安が望ましいと思います。


鉄鋼、円安で輸出拡大、昨年10月比で国際価格2割上昇

「為替の円安や鋼材の国際価格の上昇を受けて、
鉄鋼各社が輸出拡大に動き始めた。

電炉大手の東京製鉄は2月にも、
昨年夏から見合わせていた熱延鋼板の輸出を再開する。
高炉各社も輸出価格を引き上げ始めた。

安値攻勢をかけていた中国鉄鋼各社が一転、
値上げに転じたため。
今後鉄鋼メーカーの業績の下支え要因になる可能性がある。」
(日経2013年1月21日朝刊引用)

昨年の秋まで1年間徹底的に空売りしてきた鉄鋼株ですが、
この動きが継続し、売られた反動で有望市場・銘柄群になるか、
価格や産業動向に留意しておきたい。



アスリード・アドバイザリーのM&A助言による国内企業後押しに期待

株式会社アスリード・アドバイザリー

本日の日経ヴェリタス56面に、
社長の門田泰人氏(38)の記事が掲載されています。

いわゆる外資系ならではの社内営業や収益性一辺倒のモデルに
疑問を感じ、2012年6月に
UBS時代の同僚5名で起業された新興投資銀行です。

その経営理念には、

「厳しさを増すグローバル競争の中で
日本企業力が力強く「明日」を"リード"していくためのお役に立ちたい」

とあり、

日本経済復活の一翼を担っていただけるのではないでしょうか。
たいへん共感させて頂き、期待を持ちました。
日本にもまだまだ多くの素晴らしい志士がいらっしゃいますね。




昭和女子大学

暗い話で今日を終わりたくなかったので、ちょっと微笑ましいお話を。

昭和女子大学は、
女性の品格の著者である坂東学長に代わって、改革続々とである。
来年からグローバルビジネス学部も新設され、
足を運ぶたびに新しい事が起きている。

学長とはちょっとしたご縁からお付き合いをさせて頂いているが、
帰国してうれしい知らせを頂いた。

私の紹介したビジネスと昭和女子大の学生との
コラボした商品がようやく来週世に出るようである。
そして、さらに春には別のメーカーからもフレッシュな新商品もでるようである。

私は学生にほんのヒトカケラの機会を提供した。
それが先生曰く、学生にとっての最高の社会経験になっているそうである。
モノにしたのは学生さんの熱意と力のたまものだ。

前例のない事に挑戦した事から学ぶことは、
きっと相当に大きかったはずである。

未来を担う学生さんの一助となれたようで幸いである。

ちなみに、大学の招致で今週私はこちらにて、
当プロジェクトチームの人生座談会を行う事になっている。
中国や米国などでの体験、そしてそのなぜ、今の活動や未来の夢など
大きな話をしてほしいと言われていますが、
商品化の行動力ある彼女たちからこちらが学んできたいと思います。