サイト内検索
 
書籍に関連した資料!
 
大化け注目株リスト
 
大化け株の発掘!
 
プロフィール

投資作家 朝香友博

Author:投資作家 朝香友博
産業・成長企業アナリスト

 
株ブログ・ランキング
にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
 
スポンサード リンク
 
カテゴリ
ZEB (1)
 
ブログ村の新着記事など
   
リンク
 
ヤフーカテゴリ・リンク
当ブログはヤフーカテゴリ登録サイト! Yahoo! JAPAN
 
急上昇の検索ワード
 
RSSリンクの表示
 
メールお問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

 
最新コメント
 
月別アーカイブ
 
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 9933

紹介文:<内容>

☆『相場観とポジション』
今週の相場は買いか?売りか?
国内外の140の指標により
ポジションを決定

※原則週末に更新ですが、
相場の変動が激しい場合には、
短期デイリーベースで
相場観とポジションの更新及び
フォローを想定しています

☆注目銘柄リスト
注目ポイントと独自の割安指標を掲載。
中長期成長株を基本に、
短期狙いのテクニカルや市況関連株
を選定。
(3カ月に一度は最低更新)

※その他、随時コメントを掲載
※相場の状況により、注目銘柄の
更新が無い月がある場合もございます
ので予めご了承ください
※有料購読の詳細説明
http://obakekabu.net/blog-category-61.html

☆朝香友博の1%の人とだけ
シェアしたい話(NEW)

なかなか無料記事では
全面的に公開して書けない話を
有料記事にてアップしていきます。

☆大化け株の予備軍
(好チャート株の復活企画)
短中長期テクニカルすべてで上昇基調、
かつ中長期で売り上げを伸ばしている企業の
チャートだけで注目銘柄をラインナップします。
(随時)


◎毎月の購読がお得です

<週毎>
相場観とポジション:2,484円
⇒月に4回で9,936円

<(最低でも)3カ月四半期毎>
注目銘柄リスト:19,800円
⇒1か月あたりで6,600円

なお、入れ替えがそれなりに発生、
あるいは新規注目が増えた時には、
臨時号を発行することがあります。
ただし、その際にも月次読者のみなさまの
9933円よりも高い値段で発行いたします。

<月次コスト比較>
単品購読の場合
9,936+6,600=16,536円
月次購読の場合
9,933円(40%OFF)

なお、相場や企業業績の変化に応じて、
「注目ポイント」や「好チャート株」、
「臨時の注目株リスト」を適宜有料記事にて配信し、

有料読者だけの
こぼれ話などもありますので、
月次購読が更にお得になります!

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

成長株の割安度を見抜く武器

過去の大化け株とそうでない株との検証から生まれた
成長株の割安度を見抜く指数として、
VGSレシオを開発しました。

スライド1

2以上(及び0以下=マイナス圏)は売り。
1以下は買い。

理論背景は、
企業の成長性に最も焦点を当て、企業の成長状況に応じて収益性を加味して算出。

スライド2
近年だけでなく、戦後のソニーで通用。
しかも2001年以降は一度も割安にならず、
ソニーの凋落に先行していた。

その他、下記の競合銘柄では、
コジマや大塚家具や京セラなど、
VGSレシオは割高となり、
はっきりと明暗が分かれた。


スライド3
スライド4
スライド5

トヨタのみ、買えなかったが、他ではすべて機能した。

スライド6

こちらも楽天のみ買えなかったが、他ではすべて機能した。

業種や規模など、
バランスよく、
銘柄検証の一例を示したつもりだが、

この指標を使うと、
一度も「損」を出していない事が最も大きな成果だ。


買えない銘柄があってもそこは仕方がないと諦め、
ファンダメンタルで利益確定をもできる事が非常に素晴らしい。


そして、ソニーに1956年に投資し、1988年に初めて売りサインが点灯した時、
4325倍もの利益確定をするまで銘柄を保有し続ける「根拠」となれる事も、
成長企業を保有するリスクに怯えず、半値になろうとも自信を持って買い増しできる根拠となろう。

実際に、株価が上がり続けたモノタロウ、瑞光などを自信を持って保有し続けたのも、
この指標のおかげである。

財務、会計、経営、証券投資、企業価値といった
株式投資に関連する書籍や論文を読み漁り、
世界で誰も提唱していないバリュエーションを開発しました。

バフェット、オニール、リンチなど、
往年の偉大なる投資家のすべてが「成長した企業」への投資で成功したことは間違いない。

しかし、

大抵のプロが成長株投資は偉大になる企業を見極める手段に乏しく、
諦めている成長株にこそ、
莫大な資産を稼ぐチャンスが眠っている。

そして、
ピーターリンチが買った銘柄が大化けするまで3~10年かかったように、
指標が割高にならない限りは、気長に持ち続けたいと思います。


いずれにしても、
●伸びている
●儲けている
●安くなっている
●強みがわかる
●これからも伸びる
銘柄を仕入れる。

その武器だけは手に出来た。

往年の名投資家に肩を並べる日を目指して、
成長株投資を続けてまいります。