サイト内検索
 
書籍に関連した資料!
 
大化け注目株リスト
 
大化け株の発掘!
 
プロフィール

投資作家 朝香友博

Author:投資作家 朝香友博
産業・成長企業アナリスト

 
株ブログ・ランキング
にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
 
スポンサード リンク
 
カテゴリ
ZEB (1)
 
ブログ村の新着記事など
   
リンク
 
ヤフーカテゴリ・リンク
当ブログはヤフーカテゴリ登録サイト! Yahoo! JAPAN
 
急上昇の検索ワード
 
RSSリンクの表示
 
メールお問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

 
最新コメント
 
月別アーカイブ
 
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 9933

紹介文:<内容>

☆『相場観とポジション』
今週の相場は買いか?売りか?
国内外の140の指標により
ポジションを決定

※原則週末に更新ですが、
相場の変動が激しい場合には、
短期デイリーベースで
相場観とポジションの更新及び
フォローを想定しています

☆注目銘柄リスト
注目ポイントと独自の割安指標を掲載。
中長期成長株を基本に、
短期狙いのテクニカルや市況関連株
を選定。
(3カ月に一度は最低更新)

※その他、随時コメントを掲載
※相場の状況により、注目銘柄の
更新が無い月がある場合もございます
ので予めご了承ください
※有料購読の詳細説明
http://obakekabu.net/blog-category-61.html

☆朝香友博の1%の人とだけ
シェアしたい話(NEW)

なかなか無料記事では
全面的に公開して書けない話を
有料記事にてアップしていきます。

☆大化け株の予備軍
(好チャート株の復活企画)
短中長期テクニカルすべてで上昇基調、
かつ中長期で売り上げを伸ばしている企業の
チャートだけで注目銘柄をラインナップします。
(随時)


◎毎月の購読がお得です

<週毎>
相場観とポジション:2,484円
⇒月に4回で9,936円

<(最低でも)3カ月四半期毎>
注目銘柄リスト:19,800円
⇒1か月あたりで6,600円

なお、入れ替えがそれなりに発生、
あるいは新規注目が増えた時には、
臨時号を発行することがあります。
ただし、その際にも月次読者のみなさまの
9933円よりも高い値段で発行いたします。

<月次コスト比較>
単品購読の場合
9,936+6,600=16,536円
月次購読の場合
9,933円(40%OFF)

なお、相場や企業業績の変化に応じて、
「注目ポイント」や「好チャート株」、
「臨時の注目株リスト」を適宜有料記事にて配信し、

有料読者だけの
こぼれ話などもありますので、
月次購読が更にお得になります!

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

今日のポジション

今日のポジションは
そのままで。

私は中国、四川省成都から
国内線でさらに地方に向かいます。
今日からは現地で政府の要人に
会う予定です。

今週はフォローが厳しいですが、

今週もよい相場を!
関連記事

【暫定】相場観とポジション

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

【今年最悪】日経平均に先行するP指数は今年の最安値を更新。



P(ポジション)指数チャート推移

P指数

P指数の切り返しポイントと日経平均チャート推移(日足)
225連動

現在、P指数は8の位置にあります。
今年の最安値を更新しました。
今日、日本が祝日でなければ確実に今年最安値を更新した事でしょう。

我々は十分に売りポジションを膨らましているので、
参考までに公開しました。

ちなみに、1~7のP指数の切り返しのポイントと、
それに当てはまる日経225日足の該当ポイントに1~7を入れてみました。

だいたい直近底値で買戻し、直近高値で売りポジションに転じている事を
示しています。

そもそも、このポジション指数は、
例えば手元の1000万円をどのくらい買って、もしくは売って、
どのくらい余力枠を取っておけばいいのか
という資金管理を明確に教えてくれる指標がないので、
開発した指数です。

これさえわかれば、
後はP指数の強弱に合わせて、
個別銘柄は簡単(日経新聞での突発的なニュースでの急上昇・急落は除きますが)で、
下落トレンド銘柄をを売って、上昇トレンド銘柄を買えばよい。

ご参照まで。


関連記事

アジア、欧州、米国の全面安。世界恐慌へ、一歩一歩・・

1か月半前の予想した安値目安が近づいてきました。
金融機関が痛みそうな時は、引くが吉。

今月も先月から着々と利益を急伸させています。

ここ数日は空売り増しのスタンスを取っていましたので、
明日のNYがあるので何とも言えませんが、
世界株安、
ユーロ高、
ドル高、
商品市況の急落・・・・

週明けの東京市場が楽しみですね。
少しづつ利益を確定して行ってください。

ただ、私は残念なことに、明後日の朝から中国に渡ります。
レアメタルの関係でどうも圏外地域もあるようで、
いつもの上海・北京でなく、かなり内陸部までリサーチしに行きますので、
移動中に取引できない可能性がでてきました。

そこで、今日はかなりのポジションを解消して利益確定し、
キャッシュポジションを多くしています。

ですので、この急落の恩恵をすべては受けられず、
P指数の通りのポジションでない事が悔やまれます。
(売買比は推奨ポジションどおりですが)

ちなみに、
今回は中国内陸の採掘現場にも足を運ぶことにしたので、
会員の方には特に申し訳ないのですが、
来週の更新は原則ないと思います

今日は中国PMIも3か月連続で50を切り、
欧州のPMIは2年ぶりに50を割り、
シュタルクECB専務理事は「欧州経済通貨同盟は存続の危機」と指摘し、
米国では「著しい下方リスク」にあると言い、
連日の株価安で市場はパニックになりつつあります。

こんな時に日本を離れて大変申し訳ないのですが、
市場の混乱をよそ目に少しづつ買い戻していってください。
その割合を出せずにすみませんが、毎日5~10%づつでも構いませんので。

ただ、もし来週、
市場が大いなる絶望に包まれ、急落の幅が大きければ、
その時はガツンと買っていいタイミングになるかもしれません。

相場の有名な言葉に、
「相場は悲観の中に生まれ、懐疑の中で育ち、楽観の中で成熟し、幸福感の中で消えていく」

というテンプルトン氏の言葉がありますが、
これはちょっとおおざっぱすぎます。

日経新聞か日経ヴェリタスを紐解くと、
8月初旬の急落時に「悲観こそ買い」と載っています。

リーマン・ショックの時も「悲観は買い」が早すぎます。
この言葉を鵜呑みにすると、値ごろ感で買い出動し、
下落に耐えれず損切りする個人投資家が相当数いるようです。

正確に覚えておいてもらいたいのですが、

市場に「悲観」が生まれ、
それが「失望」に変わり、
手を打てないまま「絶望」し、
そして、投資家は最後に「諦める」


この絶望と諦めがあって初めて、
中長期の相場は底を打つ


これこそが、過去の急落時の真実だと思います。
今夜は市場が失望感に包まれているように感じます。
そして、急落後に絶望を感じ、金融機関の中堅がひとつふたつと潰れ、
絶望感が漂った時、
その時こそがチャンスであります。


私はその日を空売りしながら待っている。


では、中国の都市・地方のそれぞれで、
レアメタル・食品・不動産・ファンド関係者と直に景況感を探ってきます。


関連記事

外国証券寄付き前注文動向

250万株の売り越しで、ポジション戦略そのままでいきます。
関連記事

相場観とポジション

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

相場観とポジション

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

相場観とポジション

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

バルチック海運指数、中国銅地金の輸入拡大

バルチック海運指数が上昇している。
金曜日には5%近く下落しているが、それでも直近高値圏にある。
バルチック


この要因のひとつとして、中国が3か月連続で前月比プラスの買い付けを
行っていることが考えられる。

中国の8月の銅地金の輸入量は前月比11%増。
LME銅の割安感に目を付けた購入のようだ。

長期スパンの銅先物の価格は軟調なので、
この中国の買い付けが実需に裏付けされてくると、
銅の価格も上昇に転じるだろう。
銅5年


この先の銅価格に注目です。

関連記事

P指数の算出改善テスト中

今日は3連休の中日という事で、
朝から今までずっと相場の研究です。

そこで、いくつかの投資戦術のルール改修ポイントを見つけました。


?これまでの売買で、
25日移動平均線?13週移動平均線の間に株価がある後の
パフォーマンスが悪いことがある

?P指数がマイナス時においても選び抜いたバリュー株、グロース株
は日経平均よりもパフォーマンスが圧倒的に良い。
銘柄によっては、市場が-10%以上の下落をしていても、
しっかり上昇している。
これはサブプライムやリーマンショックなどの景気後退時にあっても、
上昇している銘柄もあり、当然と言えば当然ですが、
ダウントレンドの時こそ、
ファンダメンタル×テクニカルの両面プラス株のパフォーマンスが良い
ので、それを活かしたポートフォリオにしていく

これを今後は修正、反映した運用を行っていきたいと思います。
詳しくは・・・・

※単独記事販売もルール上設定(不特定多数の方の購入配信ルール)
しておりますので配信しておりますが、
この記事は有料会員の方へのお知らせですので、
単体でご購入されても理解できないかもしれませんので、
ご注意ください。

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?