サイト内検索
 
書籍に関連した資料!
 
大化け注目株リスト
 
大化け株の発掘!
 
プロフィール

朝香友博

Author:朝香友博
産業・成長企業アナリスト

 
株ブログ・ランキング
にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
 
スポンサード リンク
 
カテゴリ
ZEB (1)
 
ブログ村の新着記事など
   
リンク
 
ヤフーカテゴリ・リンク
当ブログはヤフーカテゴリ登録サイト! Yahoo! JAPAN
 
急上昇の検索ワード
 
RSSリンクの表示
 
メールお問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

 
最新コメント
 
月別アーカイブ
 
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 9933

紹介文:<内容>

☆『相場観とポジション』
今週の相場は買いか?売りか?
国内外の140の指標により
ポジションを決定

※原則週末に更新ですが、
相場の変動が激しい場合には、
短期デイリーベースで
相場観とポジションの更新及び
フォローを想定しています

☆注目銘柄リスト
注目ポイントと独自の割安指標を掲載。
中長期成長株を基本に、
短期狙いのテクニカルや市況関連株
を選定。
(3カ月に一度は最低更新)

※その他、随時コメントを掲載
※相場の状況により、注目銘柄の
更新が無い月がある場合もございます
ので予めご了承ください
※有料購読の詳細説明
http://obakekabu.net/blog-category-61.html

☆朝香友博の1%の人とだけ
シェアしたい話(NEW)

なかなか無料記事では
全面的に公開して書けない話を
有料記事にてアップしていきます。

☆大化け株の予備軍
(好チャート株の復活企画)
短中長期テクニカルすべてで上昇基調、
かつ中長期で売り上げを伸ばしている企業の
チャートだけで注目銘柄をラインナップします。
(随時)


◎毎月の購読がお得です

<週毎>
相場観とポジション:2,484円
⇒月に4回で9,936円

<(最低でも)3カ月四半期毎>
注目銘柄リスト:19,800円
⇒1か月あたりで6,600円

なお、入れ替えがそれなりに発生、
あるいは新規注目が増えた時には、
臨時号を発行することがあります。
ただし、その際にも月次読者のみなさまの
9933円よりも高い値段で発行いたします。

<月次コスト比較>
単品購読の場合
9,936+6,600=16,536円
月次購読の場合
9,933円(40%OFF)

なお、相場や企業業績の変化に応じて、
「注目ポイント」や「好チャート株」、
「臨時の注目株リスト」を適宜有料記事にて配信し、

有料読者だけの
こぼれ話などもありますので、
月次購読が更にお得になります!

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

良くない質のダウ下落。日経は重要な重しに跳ね返され




日経週足0328


今朝のダウは下落。
内訳があまり良くない。

昨日、チャートを載せましたが、
このまま下落すると、
昨年の7月同様、このラインがどっしりと重しになるか。

まだ3月なので、4月末か5月初旬に抜けてくれば、
長期的な反転を期待できるのだが。


関連記事

イチローさん、5打数4安打の大活躍

余談ですが、
昨日のイチローさんは大活躍でしたね。

彼の向上心と安定感と強さを見ていると、

私も

上を向いて、コケテモ、立ち上がって頑張ろう

いつもそう感じさせてくれる。

今シーズンも周りが何と言おうとも自分の信念に従って頑張ってほしいですね。
関連記事

駐車場、不動産。株価の関連指標の温度感

今朝のモーニングサテライトを見ているのですが、
駐車場ビジネスは厳しそうですね。

展示会、パーキングジャパンの来場者(地主)は、
自転車貸しのスペースも作って穴埋めしているとのコメントがあった。

街を歩いてそれに気づいていれば、
震災前でも自転車関連株(あさひなど)の購入のヒントになったはずで、
街やニュースはやっぱり注意深く見た方がいい。

今、テレビで取り上げられた
フィルカンパニーの青空駐車場でなく、
上部にテナントと駐車場のコラボレーションのビジネス
が紹介されています。

ではテナント需要はどうか?

私は景気敏感セクターの温度感を図る為、
都内の中堅不動産管理会社とのネットワークを保有しているが、
オーナー企業の中では都内中心の某区最大の管理会社曰く、
法人需要は依然として厳しいようです。

商業向けの不動産指標は、どちらかというと株価の遅行指標ですが、
この金融相場の持続力を図るにはいい指標の一つです。
いつも気にしておりますが、今後も注視して見ていきたいと思います。
関連記事

攻防ライン

日経週足

日経平均は震災後の窓を埋めて来ましたが、
週末にかけて下がれば、10254円ラインがむしろ上値抵抗線として意識されそう。

週足で昨年の3月11日の終値を抜くかどうか、
注目下さい。
関連記事

朝の外国証券は240万株の買い越し観測

金額は売り越し。

材料視せず、
相場観通りに。
関連記事

相場観とポジション

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

MI指数?

投資顧問会社「AIJ投資顧問」の年金消失問題、
とても残念で悲しいニュース。

AIJの営業用資料によると、
MI指数は独自に開発した指数で、
「買われすぎや売られすぎといった相場の過熱感を測定するものだ」と説明されている。

こういうニュースがあると、投資顧問の開発した全ての指数まで
疑義を持たれてしまう懸念があります。

私もP指数というものを独自で開発しているだけ、
余計にそう感じています。

私のP指数は常に向上を目指し、
指標の影響度が年々変わるものでもあり、
それに合わせていい意味で修正を続けているつもりです。

現在は、下記の指数や市況から誰が計算しても
同じ計算が成り立つプログラムで指数は算出されています。

↑ WTI原油D
↑ WTI 原油 25日
↑ WTI 原油 GCDC
↓ LME銅T
↑ LME銅D
↓ LMEニッケルT
↑ LMEニッケルD
↓ LME亜鉛T
↑ LME亜鉛D
↑ CRB商品指数
↓ CRB商品指数 25日
↑ CRB商品指数 GCDC
↑ ドル円T
↓ ドル円D
↑ ユーロ円T
↑ ユーロ円D
↓ LIBORドル 6か月物
↑ 米10年国債利回り %
↑ OECD景気先行指数
↑ 金融政策(日米欧豪中印)
→ 世界経済警告指数(オリジナル)
↑ フィラデルフィア連銀景気指数
↓ 米ケースシラー住宅価格指数
↑ 米失業率 改善↑悪化↓
↑ 景気ウォッチャー調査
→ 製造工業生産予測指数 電子部品・デバイス工業予測修正率 
↓ 都心5区新築オフィス空室率 改善↑悪化↓

↑ CME日経先物10050×ダウ×ナスダック
↑ S&P500 需給ライン
↑ フィラデルフィア半導体株指数 20EMA
↑ アルコアD
↑ キャタピラーD
↑ VIX指数  上昇↓下落↑
↑ ダウ 50DMA
↑ ダウ 200D
↑ 外国人売買動向(3日間累計差引)
↑ 日経平均 65日向き
↑ 日経平均 65日上下
↑ 日経平均 130日向き
↑ 日経平均 130日上下
↑ 日経平均 25D乖離
↓ 200D乖離
↑ 一目均衡表
↓ 出来高ライン発生のローソク足
↓ 13W乖離
↑ Wあるポイントのローソク足強弱
↑ 一目均衡表(週足)
↑ Mあるポイントのローソク足強弱
↑ 国際石油開発帝石
↑ 石油資源開発
↑ 三菱商事
↑ 三井物産
↑ DOWA
↑ 三菱マテリアル
↑ 東京エレクトロン
↑ コマツ
↑ 日立建機
↑ ファナック
↑ 三菱UFJFG
↑ 空売り比率
↓ 新高値安値騰落レシオ (向き)
↑ 新高値安値騰落レシオ (トレンド)
↓ IV
↓ 騰落レシオ
→ H株 75D
→ 上海B株
→ 信用評価損益率
→ 600362 江西銅業
↑ 月間アノマリー

直近ですと、
上記の要素分析を軸に、
3月中旬から売りを増やし、
金曜日の1万割れと月曜日に買いをふやし
といった判断をしてきました。

今後も全うにやってまいりたいと思います。
 
関連記事

日経平均は今年の最高値を更新

今日はここまで上げるとは正直思っていませんでしたが、
ポジション調整中とはいえ、
金、月とP指数に従って取ったポジションが報われましたね。


関連記事

東証1部の高配当株で狙うなら

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

相場観とポジション

今朝のダウ、ナスダックは続伸。
金曜日の引けにかけてと月曜日のポジション取りが、
報われそう。
またもP指数に従って、しっかり利益を伸ばせそうです。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?