サイト内検索
 
書籍に関連した資料!
 
大化け注目株リスト
 
大化け株の発掘!
 
プロフィール

投資作家 朝香友博

Author:投資作家 朝香友博
産業・成長企業アナリスト

 
株ブログ・ランキング
にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
 
スポンサード リンク
 
カテゴリ
ZEB (1)
 
ブログ村の新着記事など
   
リンク
 
ヤフーカテゴリ・リンク
当ブログはヤフーカテゴリ登録サイト! Yahoo! JAPAN
 
急上昇の検索ワード
 
RSSリンクの表示
 
メールお問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

 
最新コメント
 
月別アーカイブ
 
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 9933

紹介文:<内容>

☆『相場観とポジション』
今週の相場は買いか?売りか?
国内外の140の指標により
ポジションを決定

※原則週末に更新ですが、
相場の変動が激しい場合には、
短期デイリーベースで
相場観とポジションの更新及び
フォローを想定しています

☆注目銘柄リスト
注目ポイントと独自の割安指標を掲載。
中長期成長株を基本に、
短期狙いのテクニカルや市況関連株
を選定。
(3カ月に一度は最低更新)

※その他、随時コメントを掲載
※相場の状況により、注目銘柄の
更新が無い月がある場合もございます
ので予めご了承ください
※有料購読の詳細説明
http://obakekabu.net/blog-category-61.html

☆朝香友博の1%の人とだけ
シェアしたい話(NEW)

なかなか無料記事では
全面的に公開して書けない話を
有料記事にてアップしていきます。

☆大化け株の予備軍
(好チャート株の復活企画)
短中長期テクニカルすべてで上昇基調、
かつ中長期で売り上げを伸ばしている企業の
チャートだけで注目銘柄をラインナップします。
(随時)


◎毎月の購読がお得です

<週毎>
相場観とポジション:2,484円
⇒月に4回で9,936円

<(最低でも)3カ月四半期毎>
注目銘柄リスト:19,800円
⇒1か月あたりで6,600円

なお、入れ替えがそれなりに発生、
あるいは新規注目が増えた時には、
臨時号を発行することがあります。
ただし、その際にも月次読者のみなさまの
9933円よりも高い値段で発行いたします。

<月次コスト比較>
単品購読の場合
9,936+6,600=16,536円
月次購読の場合
9,933円(40%OFF)

なお、相場や企業業績の変化に応じて、
「注目ポイント」や「好チャート株」、
「臨時の注目株リスト」を適宜有料記事にて配信し、

有料読者だけの
こぼれ話などもありますので、
月次購読が更にお得になります!

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

日銀展望レポートが初めてリスクに掲げた日本財政の危機

こんばんは。
皆さん、GWはいかがお過ごしですか?

今日は私は本当に久しぶりに家族全員で近所の公園で
遊んできました。

ここは各国の大使館が並び、
都心とは思えない自然と皇族の品格を感じる庭園が
心地よい大好きな場所です。

いつも何か国語もの言語が飛び交い、
欧米、アジア、中東と様々な国の親子が
今日も遊んでいました。
普段は、なかなか今日のような時間を取ってあげられないので、
これからの縮みゆく日本を生きる娘にとっては、
とてもいい環境だなと改めて感じました。

娘の砂場で遊ぶ姿を見ていて、幸せに浸っていた時に、
ふと我に返りました。
後ろを通った白人男性の電話声を聞いた時でした。

「日本国債がGWの間隙をついて、多少なりとも暴落はないか?」

距離もあって英語だったので、おそらくだが、
そのきっかけは、
27日の日銀金融政策決定会合による
日銀展望レポートだったのだろう。

そこに初めて、
「我が国の財政危機」
をリスク要因に掲げてあります。

あまりニュースになっていませんが、
これは大きなことです。

今日明日どうこうということはあり得ませんが、
しっかりと記憶しておきましょう。

我が家にとっては、
日本国債の暴落が万が一あれば、その日に巨万の富を得られるよう、
反骨心を持ってこれからも生きていきたいと思います。
そして、娘には自立心と自分の価値観をしっかり持って、
国に頼らず自分の力で人生を生きていけるように、
私と妻なりに環境を作って学ばせたいと思います。

今日はGWということで、
相場と関係ない記事を書きましたが、
「この国は少しずつ沈んでいる」ということを肝に銘じて、
今も明日も自分の人生は自分で切り開いていこうと思います。


それでは、明日から長期成長企業の投資研究に没頭したいと思います。
そんな時間と環境を作ってくれる妻と娘に感謝して。
関連記事

5月の鉱工業生産の印象が悪いようです

エコノミストの数人によると、
鉱工業生産指数の印象が悪いようだ。
私よりもコンセンサスが低く感じる。


重要な指数なので、
当然に日銀の委員も気にしているはず。

ある意味、ここまで市場で懸念されれば、
逆に金融政策のサプライズでれば、需給での株高も。

何とも読めないので、このまま10%キャッシュで、様子見。
関連記事

ポジションサイズの変更

先ほどの記事に連動して、
GW前という事もあり、
ポジションを10%落としました。

売買ポジションはキープですので、
買い割合はそのままです。
要はキャッシュポジションを作りました。

それでひとまず様子見。
関連記事

日銀金融政策決定会合の行方

先ほど発表された3月の鉱工業生産指数は
前月比1%上昇と市場予想の2.3%上昇に届かず。
前年比は1.2%増でありましたが、
昨年震災のあった事を考慮すると、
景気の強さは感じられない。

電子部品も1,2月と予想値良い状態が続いていたが、
3月は予想値より下振れした。

これをふまえると、私が委員なら緩和を大胆に、と思う。

しかし、一方で、
3月の消費者物価指数は前年比0.2%プラス、
実は先月も0.3%プラスで、
物価はデフレからインフレに着実にふれてきており、
実質的なインフレターゲットの1%には届いていないものの、
ごくわずかだが、物価指数のプラスを考えると、
あまり大胆な緩和はできないと、
私が委員なら一方で思うだろう。

そうすると、
市場予想の5兆円規模を上回るサプライズを出すことは厳しく、
日銀由来の株高夏の陣は厳しいかもしれない。

全く見当違いとなるかもしれませんので、
若干のご参照まで。

関連記事

相場観とポジション

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

相場観とポジション

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

FOMC

バーナンキFRB議長が直接QE3に含みを持たせ、
それを受けてNY市場は引けにかけて上昇しました。

ただ、インフレ抑制に成功しており、
当面金利をいじらないような感を持ちました。

いずれにしても、6月に終了するオペツイスト後が
どうなるのか、
市場は注目を続けるでしょう。

関連記事

コスモバイオ、23日で1.73倍へ

コスモバイオ、急騰につき売りました。
といってもいつものように、
25%残し、
今後も上昇するようなら10%残し、
最期はトレンドの崩壊までおつきあい。
関連記事

相場観とポジション

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

長期10倍高のスタート法則。新発見続々、ファンダメンタルも改めて興味深いと

こんばんは。

こんな時間まで今日はNYの市場チェックではなく、

ニトリ、ヤマダ電機、日本電産の過去22年間のファンダメンタルを
93の経営指標に分解して研究していたらこんな時間になりました。

この3週間、ずっとそんな事を続けているのですが、

見えてきたのは、

通常のファンダメンタルの教科書では、
上記のすべては買えなかっただろうなということ。

98年のヤマダ電機の売上高営業利益率は0.3%ですし、
その前後も1%程度。

しかし、外国人投資家はしっかりと仕込んでおり、
成長株は利益率重視という論調の教科書にも
疑念が。

フィッシャー先生も尊敬しておりますが、
ファンダメンタルで、
しかも過去22年間の株価上昇率トップ10企業の検証である以上、
その銘柄の状態をあるがままに受け入れなければなりません。

我が家の書庫にはおよそ500~1000冊程度の株書籍がありますが、
一般的なベタなファンダメンタル理論では説明されていない、
新発見をしています。


株主資本が良く高ROEが良い銘柄とか、
低PERが割安とか、
そういう一般論で書かれている本のありきたりな部分でなく、

やはり株世間で一般的でない部分に、
ニトリ、ヤマダ、日本電産の共通点が落ちていました。

これからその共通点が、
久光製薬にもタムロンにもシスメックスにもユニチャームにも
その他長期にわたって右肩上がりのチャート銘柄に共通するのかを
検証していきたいと思います。

今年は、テクニカルの新理論を構築しましたが、
さらにファンダメンタルの新理論を構築すべく、
このGWは別荘に籠ってひたすらこの検証を続けたいと思います。

そして、
テクニカル理論だけは申し訳ないですが誰にも明かすつもりはありませんが、
ファンダメンタル理論は、毎日淡々とポジションを参照頂いている方々に
ご案内したいと思っています。

まだ3銘柄の共通点だけなので、うまくいくかどうかわかりませんが、
景気循環の影響を相対的に受けにくい小売り・サービスでなく、
景気循環の影響を受け、赤字決算を出していた日本電産にも共通する

10倍高のスタート法則

の仮説が組めたことで、今後の検証を楽しみにしていてください。

深夜の長文をお読みいただいた方、ありがとうございます。
それでは、また明朝に!


関連記事