サイト内検索
 
書籍に関連した資料!
 
大化け注目株リスト
 
大化け株の発掘!
 
プロフィール

投資作家 朝香友博

Author:投資作家 朝香友博
産業・成長企業アナリスト

 
株ブログ・ランキング
にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
 
スポンサード リンク
 
カテゴリ
ZEB (1)
 
ブログ村の新着記事など
   
リンク
 
ヤフーカテゴリ・リンク
当ブログはヤフーカテゴリ登録サイト! Yahoo! JAPAN
 
急上昇の検索ワード
 
RSSリンクの表示
 
メールお問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

 
最新コメント
 
月別アーカイブ
 
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 9933

紹介文:<内容>

☆『相場観とポジション』
今週の相場は買いか?売りか?
国内外の140の指標により
ポジションを決定

※原則週末に更新ですが、
相場の変動が激しい場合には、
短期デイリーベースで
相場観とポジションの更新及び
フォローを想定しています

☆注目銘柄リスト
注目ポイントと独自の割安指標を掲載。
中長期成長株を基本に、
短期狙いのテクニカルや市況関連株
を選定。
(3カ月に一度は最低更新)

※その他、随時コメントを掲載
※相場の状況により、注目銘柄の
更新が無い月がある場合もございます
ので予めご了承ください
※有料購読の詳細説明
http://obakekabu.net/blog-category-61.html

☆朝香友博の1%の人とだけ
シェアしたい話(NEW)

なかなか無料記事では
全面的に公開して書けない話を
有料記事にてアップしていきます。

☆大化け株の予備軍
(好チャート株の復活企画)
短中長期テクニカルすべてで上昇基調、
かつ中長期で売り上げを伸ばしている企業の
チャートだけで注目銘柄をラインナップします。
(随時)


◎毎月の購読がお得です

<週毎>
相場観とポジション:2,484円
⇒月に4回で9,936円

<(最低でも)3カ月四半期毎>
注目銘柄リスト:19,800円
⇒1か月あたりで6,600円

なお、入れ替えがそれなりに発生、
あるいは新規注目が増えた時には、
臨時号を発行することがあります。
ただし、その際にも月次読者のみなさまの
9933円よりも高い値段で発行いたします。

<月次コスト比較>
単品購読の場合
9,936+6,600=16,536円
月次購読の場合
9,933円(40%OFF)

なお、相場や企業業績の変化に応じて、
「注目ポイント」や「好チャート株」、
「臨時の注目株リスト」を適宜有料記事にて配信し、

有料読者だけの
こぼれ話などもありますので、
月次購読が更にお得になります!

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

相場観とポジション

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

さあ、嵐の秋相場へ!?

欧州、日本と違い、高値更新を続ける米国株。

1929年の米国市場も、欧州不安で欧州の相場は大きく下がっており、
堅調で世界の資金が集まっていた米国の突然の下落がきっかけとなりました。

ただ、当時と違うのは、
1929年は米国が利上げを続けていたが、
現在はQE1、QE2が実施され、金融緩和第3弾QE3の実施が期待されている
利下げ局面にある。

だから、当時と全く同じことは起こりえないと思う。

しかしながら、最大限の警戒を解く状況にもない。

私の懸念は、2大経済大国にある。

一つは中国。
それは1年前くらいのブログで、現在の状況を書き当てている。
実際、鉄鋼やレアメタルの採掘地にまで乗り込んだのですから、
それが1年の月日を経て実体経済になっているのは当然といえば当然ですが。

更なる不安は、在庫が増している状況で、
「減産」が非常に遅い事だ。
日本の素材メーカーの業績に悪影響を与えている。
中国の素材関連企業が減産できないのも、
地方政府や取り巻きの影響によるものかもしれない。
するべき経営をできない状況は、さらなる事態悪化を招く。
輸出先の欧州の状況も悪化を続けており、
中国経済の試練到来は世界経済の大きな痛手だ。

もう一つは米国。
「金融政策の限界だ・・・」の一言が、
堅調な米国市場にクラッシュをあたえる事を懸念している。
QE3、QE4と打ち出しても、金融政策は非常に有益だが限界がある。
FRBが時間稼ぎをしている間、政治が財政政策を打ち出さなければ、
景気は悪化するだろう。
財政の崖がもっと大きな問題になるのか、
大統領選の接戦が、世論を二分し、有益な財政政策を打てなくなるのか、
そういった状況が引き金となれば、米国市場の急落もありうる。
堅調な米国市場が急落すれば、
欧州、中国、日本はリーマン後の最安値をつけていくだろう。

しかし、その時こそ経営権や技術が欲しい会社の買い時である。
市場に上場した会社の株を経営に口をはさめるほど買い進めるのは、
時間がかかるか、場合によっては途中でオーナーのMBOにあったりする。

暴落こそ優良企業への投資チャンス。
暴落こそ不良企業への空売りチャンス。

超のつく暴落を期待したい。
関連記事

あと、

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

相場観とポジション

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

景気敏感株、さらに売られる

今日は様子見の予定でしたが、
前場が軟調でP指数に動きが。

ポジション、更新しておきます。
関連記事

株、銘柄選別で二極化鮮明

昨日の日経15面(マーケット総合2)に、掲載された見出しです。

要は景気敏感株は下げ続け、内需株は上昇しており、
値動きが二極化しているとの分析でした。

上昇下落の上位10銘柄(日経平均採用銘柄)の中で、
私が手掛けた一例として、

買い:京成電鉄
京成電鉄

空売り:神戸製鋼
神戸製鋼

売りは鉄鋼、化学、半導体関連に集中して行ってきました。
一方で、京成電鉄や味の素などのディフェンシブ銘柄や中小型株を買ってきました。

相場の状況に呼応し、
パフォーマンスを安定させるため、
売りも買いも行いますが、
この春夏は相当にいい相場でした。

次は秋相場です。


それを占ううえで、

同じく昨日の日経経済5面で、
「素材・部品 積もる在庫」
とのキーワードにも大きく投資脳が反応しました。

産業を日々見ている中で、
化学、機械、IT、自動車、アニメなど、
多くのビジネスと接点を持っている私は知っている。

相場の終わりは、じわじわと素材メーカーの経営悪化に始まり、
相場の開始は、じわじわと素材メーカーの減産打ち止めか増産転換に始まると。

米国市場の上昇株と下落株の分析をしている方も、
きっと私と同じことを考えているでしょう。

今後がみものです。
関連記事

相場観とポジション

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

日経平均のトレンドに合わせる相場術:たとえば今日!

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

相場観とポジション

今日は米国市場が小動きで、ロンドン市場も休場で、
為替にも大きな動きがなく、とりあえず様子見とします。

関連記事

株講義

株講義をリクエストいただきました会員様、
ご連絡をありがとうございます。

私がヒラメキで始めたものの、11月初旬までスケジュールがぎっしりで、
私の活動をマネジメントしている会社を困らせてしまっております。

9月10月で調整のつく日時を遅くとも明日までに調整してもらうように、
お願いしておりますので、しばしお待ちいただけますようお願い申し上げます。

関連記事