サイト内検索
 
書籍に関連した資料!
 
大化け注目株リスト
 
大化け株の発掘!
 
プロフィール

朝香友博

Author:朝香友博
産業・成長企業アナリスト

 
株ブログ・ランキング
にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
 
スポンサード リンク
 
カテゴリ
ZEB (1)
 
ブログ村の新着記事など
   
リンク
 
ヤフーカテゴリ・リンク
当ブログはヤフーカテゴリ登録サイト! Yahoo! JAPAN
 
急上昇の検索ワード
 
RSSリンクの表示
 
メールお問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

 
最新コメント
 
月別アーカイブ
 
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 9933

紹介文:<内容>

☆『相場観とポジション』
今週の相場は買いか?売りか?
国内外の140の指標により
ポジションを決定

※原則週末に更新ですが、
相場の変動が激しい場合には、
短期デイリーベースで
相場観とポジションの更新及び
フォローを想定しています

☆注目銘柄リスト
注目ポイントと独自の割安指標を掲載。
中長期成長株を基本に、
短期狙いのテクニカルや市況関連株
を選定。
(3カ月に一度は最低更新)

※その他、随時コメントを掲載
※相場の状況により、注目銘柄の
更新が無い月がある場合もございます
ので予めご了承ください
※有料購読の詳細説明
http://obakekabu.net/blog-category-61.html

☆朝香友博の1%の人とだけ
シェアしたい話(NEW)

なかなか無料記事では
全面的に公開して書けない話を
有料記事にてアップしていきます。

☆大化け株の予備軍
(好チャート株の復活企画)
短中長期テクニカルすべてで上昇基調、
かつ中長期で売り上げを伸ばしている企業の
チャートだけで注目銘柄をラインナップします。
(随時)


◎毎月の購読がお得です

<週毎>
相場観とポジション:2,484円
⇒月に4回で9,936円

<(最低でも)3カ月四半期毎>
注目銘柄リスト:19,800円
⇒1か月あたりで6,600円

なお、入れ替えがそれなりに発生、
あるいは新規注目が増えた時には、
臨時号を発行することがあります。
ただし、その際にも月次読者のみなさまの
9933円よりも高い値段で発行いたします。

<月次コスト比較>
単品購読の場合
9,936+6,600=16,536円
月次購読の場合
9,933円(40%OFF)

なお、相場や企業業績の変化に応じて、
「注目ポイント」や「好チャート株」、
「臨時の注目株リスト」を適宜有料記事にて配信し、

有料読者だけの
こぼれ話などもありますので、
月次購読が更にお得になります!

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

相場観とポジション

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

相場観とポジション

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

騰落レシオ68.1

6月14日以来の騰落レシオ70割れ。

どうせなら、
もう一段の下げが来て、
騰落レシオ50台で割安感が強く鮮明になるといいのですが。

関連記事

日経平均は前日比でマイナスに

日経平均は前日比でマイナスになりました。
難しい相場ですね。

投資に関しては、
キャッシュポジションを大きくしたまま、
動かさない方が賢明だと改めて感じております。

ますます投資家の市場かい離が進みそうです。

しかし、

かい離が進めば進むほど、
烏合の衆がいなくなり、
金の卵を掴みやすくなっているはずです。

買いか売りのアドバンテージが出るまでは、
じれったい展開が続きそうですね。
関連記事

本日ストップ高のアクロディア

実は昨日注目したいと思って迷ってました。
決算は赤字続きでしたが、チャートが噴きそうだったので。

やはり、出来高は材料に先行しますね。

現在、相場に強いトレンドがないので、
こういう時は短期トレードに限ります。

以前は短期トレード注目も出していたのですが、
短期の材料銘柄は乱高下が激しく、
売るポイントも非常に大切になります。

当方でも25日で2倍などの銘柄に対して、
急騰で一部や大半は売りくらいの動きを載せる事はありますが、
短期ではそれが本当に正しいかどうかより難しいところがあります。

当サイトがメディアで投資顧問ではないので、
ピンポイントで売って下さいとの指摘もしておらず、
現在は中長期の注目銘柄リストの掲載をしています。

中長期であれば、
過熱時の売り上がり、
トレンド崩壊による大半の売り、
中長期節目割れによる撤退など、

比較的に売るタイミングは個々人でゆったりと考えられ、
投資に対してしっかり構える事ができるためです。

しかし、ボックス相場が続くようなら、

余計なコメント等は控えて、
入りの部分のチャートの短期注目という部分だけでも
リリースしていこうかとも思案中です。

今日は中国株が持ち直すといいですね。
では。

関連記事

相場観とポジション

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

過去最大の伸び!米S&P住宅価格指数

4月の米S&Pケースシラー住宅価格指数の伸びが過去最大に。
6月の消費者信頼感指数は2008年1月以来の高水準に。

米のファンダメンタルさえ好調であれば、

長期金利3%程度までは、
良い金利の上昇として、
マーケットでも金利高株安は収束してくるだろう。

そして、

為替はドル高の結果として円安となり、
いよいよアベノミクス相場最後の上昇局面が到来する
シナリオに向けて進んでいって欲しいと思います。



関連記事

米国の経済指標次第?歴史は繰り返すか

上海株の暴落が度々ニュースで流れている。

これを見ているどれだけの投資家が
2004年~2007年の事を思い出しているでしょうか。

2004年のFRBの利上げ局面では、
利上げ開始前の数ヶ月間は将来的な利上げ転換への懸念から
長期金利が急上昇し、米国株は踊り場局面を迎えました。
(なんだか今の状況に大雑把には似ていますね。)

しかし、
実際に2004年6月より利上げが開始されると、
金融政策の先行きに対する不透明感が解消され、
米国株は上昇トレンドに再度復活しました。

そして、上海株は2004年からの2年間低迷相場となり、
そして、2006年半ばから1年半の急騰相場へと向かいました。

前回の相場では、
2006年に撤退した日本株、インド株の資金のほとんどを
私は上海に振り向けておりました。

私は昨日今日のニュースを見ていて、
歴史が繰り返せばおもしろい、
そう思って見ていました。

ご参照まで。
関連記事

本日は13000円を割り込みましたが、

東京は夕日が気持ちいいですね。
朝は大雨でしたのに。

なんだか最近の相場のようですね。

今日は13000円を割り込みましたが、
中長期的には12000円を割らなければ、
相場は底堅いと思っています。

5月20日にポジション落として、
そこからどんどん売りの割合増やしてきたかと思います。
今は余裕を持って相場を見ていられると思います。

年中、動かせればそれが一番いいですが、
今はデイトレしていなければ、厳しいですよ。

割安株がどんどん増えているのは間違いありませんが、
株価はファンダメンタルに先行して動く事が多いと私は思っているので、
P指数がどっちかにブレルまで待ちましょうよ。

焦らない焦らない。
欲張らない欲張らない。

あれだけ大化け株を年末から掴んでいるのですから。
大暴落前から売りに転じているのですから。

12000-13000円のこの攻防、
もう少し待ちましょう。



大化け株や割安成長株を探す為のにほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ


大化け株や割安成長株を探す為のにほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

バナークリック後は、
ランキングサイトにて色々な投資家ブログの情報を閲覧できます。

ちなみに、
このバナーをクリック頂けると、私のブログの応援にもなります。
記事が参考になった方の<応援クリック>を頂けたらうれしいです!

関連記事

10月10日以来のネガティブ材料

今朝は10月10日以来のネガティブ材料について、
相場観で触れました。

それ以前に、米中の下げの中、
日本株の独歩高とは行きませんでした。

先般の大暴落前にポジションを軽くして、
下げ相場では売りを買い戻していきました。

そして、騰落レシオが割安になってからは、
ずっと様子見しています。

様子見、つまんないですよね。
でも、休むも相場とはよく言ったものです。

毎日、しっかり相場はウォッチしていますので、
次の動きを楽しみにして下さい。

関連記事