サイト内検索
 
書籍に関連した資料!
 
大化け注目株リスト
 
大化け株の発掘!
 
プロフィール

産業・成長企業アナリスト 朝香友博

Author:産業・成長企業アナリスト 朝香友博
産業・成長企業アナリスト

 
株ブログ・ランキング
にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
 
スポンサード リンク
 
カテゴリ
ZEB (1)
 
ブログ村の新着記事など
   
リンク
 
ヤフーカテゴリ・リンク
当ブログはヤフーカテゴリ登録サイト! Yahoo! JAPAN
 
急上昇の検索ワード
 
RSSリンクの表示
 
メールお問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

 
最新コメント
 
月別アーカイブ
 
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 9933

紹介文:<内容>

☆『相場観とポジション』
今週の相場は買いか?売りか?
国内外の140の指標により
ポジションを決定

※原則週末に更新ですが、
相場の変動が激しい場合には、
短期デイリーベースで
相場観とポジションの更新及び
フォローを想定しています

☆注目銘柄リスト
注目ポイントと独自の割安指標を掲載。
中長期成長株を基本に、
短期狙いのテクニカルや市況関連株
を選定。
(3カ月に一度は最低更新)

※その他、随時コメントを掲載
※相場の状況により、注目銘柄の
更新が無い月がある場合もございます
ので予めご了承ください
※有料購読の詳細説明
http://obakekabu.net/blog-category-61.html

☆朝香友博の1%の人とだけ
シェアしたい話(NEW)

なかなか無料記事では
全面的に公開して書けない話を
有料記事にてアップしていきます。

☆大化け株の予備軍
(好チャート株の復活企画)
短中長期テクニカルすべてで上昇基調、
かつ中長期で売り上げを伸ばしている企業の
チャートだけで注目銘柄をラインナップします。
(随時)


◎毎月の購読がお得です

<週毎>
相場観とポジション:2,484円
⇒月に4回で9,936円

<(最低でも)3カ月四半期毎>
注目銘柄リスト:19,800円
⇒1か月あたりで6,600円

なお、入れ替えがそれなりに発生、
あるいは新規注目が増えた時には、
臨時号を発行することがあります。
ただし、その際にも月次読者のみなさまの
9933円よりも高い値段で発行いたします。

<月次コスト比較>
単品購読の場合
9,936+6,600=16,536円
月次購読の場合
9,933円(40%OFF)

なお、相場や企業業績の変化に応じて、
「注目ポイント」や「好チャート株」、
「臨時の注目株リスト」を適宜有料記事にて配信し、

有料読者だけの
こぼれ話などもありますので、
月次購読が更にお得になります!

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

相場観とポジション

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

NEW7銘柄を一気に追加!大化け注目株リストを更新。

大化け注目株リストにNEW7銘柄を追加
2銘柄は除外。

ここのところ入れ替えを行ってきたこともあり、
年初になかった銘柄が12銘柄に。

ご参照まで。

関連記事

大化け期待の最新注目銘柄リスト

大化け注目有望株20130630無料版

●コード 
各企業に割り振られた銘柄を特定する番号

●銘柄 
上場している企業の名称。
●属性
属性は4種類で設定しており、
すべて大化けゾーン域にあると見込まれる、あるいは注目時にはそのゾーンに位置した株です。
大化けゾーンとは、「底値が硬く、市場の織り込んでいない上昇域を持つと判断できる」
中長期投資の優位性がある事を意味しています。
・資産バリュー株=資産から見て割安だと判断できる銘柄
・成長株=成長のペースで急成長、高成長、安定成長と分類し、今後の成長性を期待できる銘柄
・景気敏感株=鉄鋼、非鉄、化学、海運、不動産、金融など景気のサイクルの影響を受ける銘柄
・需給先行株=テクニカルで注目。何らかの材料に先行し、需給面で相場が上昇しそうな銘柄
・復活大化け株=その名の如く、どん底から這い上がり業績も株価も復活期待の大化け候補株

●業種
33業種分類にて表記

●規模
極小=~30億 小 30億~100億 中小=100~200億 中=200億~1000億 大=1000億~
とオリジナルに定義しています

●保有
◎=決済なしで保有中 ○=利確後、買い増し △=利確実施も保有中 
▲=ほとんど利益確定もトレンド崩壊まで保有 ●=処分中 ×=未保有(決済済み)

●チャート
◎=仕込み時 ○=上昇トレンド □=上昇トレンドだが、過熱又は上値重い 
△=中立 ×=下落トレンド(売り決済中)

●割安度
成長割安度:成長性を重視した割安成長株(VGS)レシオによる評価。1倍以下は割安、2倍以上は割高。
資産割安度:貸借対照表と近年の営業利益から見た割安度。1倍以下は割安、2倍以上は割高。
総合割安度:(成長割安度×4+資産割安度)÷5の値で、1倍以下は割安、2倍以上は割高。

●売り時
①テクニカルで× あるいは 
②総合割安度2以上かつテクニカルが△・×

●シートの色
黄色は、総合割安度が1以下で割安な銘柄
薄い黄色は、総合割安度が中立な銘柄
赤は、総合割安度が割高な銘柄。
青は、ファンダメンタルよりもテクニカルを重視した銘柄で、急騰急落で即決済・撤退する事がございます。
紫は、景気循環や市場の歪みから株価の急伸を先読みして仕込んだ銘柄で、時間は何年も要するかもしれません

※以上は、情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。
これらの情報によって生じたいかなる障害についても、当方は一切の責任を負いかねます。
くれぐれも最終的な投資のご判断は必ず投資家ご自身にてお願い致します。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

東京オリンピック関連銘柄にアンテナを

いよいよ2020年のオリンピック開催都市がおよそ2か月で決まる。

トルコでデモが続き、翌年の3月に統一地方選もあることから、
エルドアン首相も強権姿勢を崩しておらず
東京招致への期待は高まる。

オリンピック関連銘柄の物色機運が
更に高まるとしたら、

7月にある
・IOC委員へ開催計画に関するプレゼンテーション(ローザンヌ)

9月7日にある
・第125次IOC総会(ブエノスアイレス、アルゼンチン)
2020年オリンピック・パラリンピック競技大会開催都市決定

のタイミングなどが狙いどころだ。

もちろん、
欧州の金融不安や更なるトルコの混迷のニュースの時も
いいだろう。


<施設新設・インフラ整備>
【1802】 大林組
【1801】 大成建設
【1803】 清水建設
【1812】 鹿島
【1860】 戸田建設
【1883】 前田道路
【1884】 日本道路
【5233】 太平洋セメント
【5232】 住友大阪セメント

<鉄道・観光>
【9020】 東日本旅客鉄道
【9009】 京成電鉄
【9006】 京浜急行電鉄
【9201】JAL
【9202】ANA
【9708】 (株)帝国ホテル
【9722】 藤田観光
【9603】 エイチ・アイ・エス
【9726】 KNT−CTホールディングス
【9373】 ニッコウトラベル
【9706】 日本空港ビルデング

<スポーツ関連銘柄>
・スポーツ用品
【7936】 アシックス
【8022】 ミズノ
【8114】 デサント
【7906】ヨネックス
【8111】ゴールドウィン

・スポーツ専門店
【3028】 アルペン
【8281】 ゼビオ
【7514】ヒマラヤ

・スポーツクラブ
【2165】メガロス
【2378】ルネサンス
【4801】セントラルスポーツ
【9766】コナミ

・スポート用品製造
【5162】朝日ラバー
【5121】藤倉ゴム工業
【5103】昭和ホールディングス

・スポーツ教室
【4705】クリップコーポレーション
【4668】明光ネットワークジャパン
【6074】ジェイエスエス

・その他
【3664】モブキャスト(スポーツゲーム)
【9625】セレスポ(イベント運営)
【2180】サニーサイドアップ(選手のPR)
【6075】フォトクリエイト(イベント撮影)

・2020年まで不動産関連株が堅調に推移する可能性も




大化け株や割安成長株を探す為のにほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ


大化け株や割安成長株を探す為のにほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

バナークリック後は、
ランキングサイトにて色々な投資家ブログの情報を閲覧できます。

ちなみに、
このバナーをクリック頂けると、私のブログの応援にもなります。
記事が参考になった方の<応援クリック>を頂けたらうれしいです!
関連記事

相場のポイントと材料

<相場のポイント>

○6月末の日本市場は今年3番目の上げ幅で終えた
○都議選の与党圧勝による政治安定への安心感
○日経平均株価、65日移動平均線を上回る
○続く海外投資家の日本買い
○日米欧中の中銀が市場をひとまず沈静化へ
○中国短期金利、ひとまず低下
○米ケースシラー住宅価格指数が過去最大級の伸び

×コマツ、ファナックなど中国関連銘柄や住友金属鉱山など素材関連銘柄の下落続く
×原油・非鉄市況は下落
×中国景気の減速懸念継続、中国株に根強い警戒感
×米国の投資家間でも拡がる中国懸念
→ゴールドマンサックスによる2017年GDP3.6%まで低下の可能性が指摘される
→「米サブプライムローン問題に似ている」米投資家ジョージ・ソロス
→「80年代の日本のバブルに酷似、住宅価値がGDP比300~400%。
89年の日本は約375%であった」米投資家ジム・チェイノス
×ブラジルやトルコなどで続くデモ
×東南アジアの5月新車販売、前年比1%減で前年割れは1年4か月ぶり
×ギリシャの政権が再び苦境に、キプロスの歳出削減、不実行懸念で警戒感じわり

<今週の材料>

7月1日(月)
・日銀短観
・5月鉄鋼輸出量
・中国PMI(中国物流購入連合会)
・5月ユーロ圏失業率
・米ISM製造業景況感指数

7月2日(火)
・米6月新車販売台数

7月3日(水)
・ADP全米雇用レポート
・米ISM非製造業景況感指数

7月4日(木)
・ドラギECB総裁の記者会見

7月5日(金)
・米6月の雇用統計(事前予想15.5万~16.5万 前月17万5000人)


大化け株や割安成長株を探す為のにほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ


大化け株や割安成長株を探す為のにほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

バナークリック後は、
ランキングサイトにて色々な投資家ブログの情報を閲覧できます。

ちなみに、
このバナーをクリック頂けると、私のブログの応援にもなります。
記事が参考になった方の<応援クリック>を頂けたらうれしいです!

関連記事

日本株が世界最大のリスクマネーの受け皿へ

バーナンキFRB議長が6月19日緩和縮小の方針を示した後
米国、ドイツ、中国が下落している中、
世界の主要市場の中で日本株は最も上昇している。


以前から再三指摘している通り、
米国のファンダメンタルズの良好化での金融緩和縮小は、
中長期的には日本株には追い風であろう。

特に、昨年の9月末と比較して、
国別でみた機関投資家の日本株保有高を見てみると、
1位の米国が9兆円と、

2位英国の2.9兆円、3位ノルウェーの1.2兆円
と比べて圧倒的に大きく、

米国機関投資家の売り動向が、
金融緩和縮小で相対的により魅力ある投資先となりうる日本株
にはまだ出にくいという環境になれば、

日本株の需給にとってさらに良いことである。

日本株が世界最大のリスクマネーの受け皿と
なることをさらに中期的に望みたい!


長期的には、日本の構造改革次第で、
日本が最も売られる市場となる波乱も常に隣り合わせな事も
忘れてはならない。



大化け株や割安成長株を探す為のにほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ


大化け株や割安成長株を探す為のにほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

バナークリック後は、
ランキングサイトにて色々な投資家ブログの情報を閲覧できます。

ちなみに、
このバナーをクリック頂けると、私のブログの応援にもなります。
記事が参考になった方の<応援クリック>を頂けたらうれしいです!

関連記事

ピーター・リンチの賢明なる一言

忍耐強いこと。
観察は必ず報われる。

関連記事

相場観とポジションフォロー

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

月末チャートをいい形で

終えた銘柄が多い印象を受けています。


関連記事

今日の上昇は

なんとかこのまま維持してもらいたいものですね。


関連記事