サイト内検索
 
書籍に関連した資料!
 
大化け注目株リスト
 
大化け株の発掘!
 
プロフィール

投資作家 朝香友博

Author:投資作家 朝香友博
産業・成長企業アナリスト

 
株ブログ・ランキング
にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
 
スポンサード リンク
 
カテゴリ
ZEB (1)
 
ブログ村の新着記事など
   
リンク
 
ヤフーカテゴリ・リンク
当ブログはヤフーカテゴリ登録サイト! Yahoo! JAPAN
 
急上昇の検索ワード
 
RSSリンクの表示
 
メールお問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

 
最新コメント
 
月別アーカイブ
 
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 9933

紹介文:<内容>

☆『相場観とポジション』
今週の相場は買いか?売りか?
国内外の140の指標により
ポジションを決定

※原則週末に更新ですが、
相場の変動が激しい場合には、
短期デイリーベースで
相場観とポジションの更新及び
フォローを想定しています

☆注目銘柄リスト
注目ポイントと独自の割安指標を掲載。
中長期成長株を基本に、
短期狙いのテクニカルや市況関連株
を選定。
(3カ月に一度は最低更新)

※その他、随時コメントを掲載
※相場の状況により、注目銘柄の
更新が無い月がある場合もございます
ので予めご了承ください
※有料購読の詳細説明
http://obakekabu.net/blog-category-61.html

☆朝香友博の1%の人とだけ
シェアしたい話(NEW)

なかなか無料記事では
全面的に公開して書けない話を
有料記事にてアップしていきます。

☆大化け株の予備軍
(好チャート株の復活企画)
短中長期テクニカルすべてで上昇基調、
かつ中長期で売り上げを伸ばしている企業の
チャートだけで注目銘柄をラインナップします。
(随時)


◎毎月の購読がお得です

<週毎>
相場観とポジション:2,484円
⇒月に4回で9,936円

<(最低でも)3カ月四半期毎>
注目銘柄リスト:19,800円
⇒1か月あたりで6,600円

なお、入れ替えがそれなりに発生、
あるいは新規注目が増えた時には、
臨時号を発行することがあります。
ただし、その際にも月次読者のみなさまの
9933円よりも高い値段で発行いたします。

<月次コスト比較>
単品購読の場合
9,936+6,600=16,536円
月次購読の場合
9,933円(40%OFF)

なお、相場や企業業績の変化に応じて、
「注目ポイント」や「好チャート株」、
「臨時の注目株リスト」を適宜有料記事にて配信し、

有料読者だけの
こぼれ話などもありますので、
月次購読が更にお得になります!

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

相場観とポジション

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

無電柱化、参考サイト

会員向けのフォローコメントまで。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

最新の注目銘柄、更新しました。

先ほど最新注目銘柄を
更新しました。

今週もですが、
先週より少しづつ五輪関連銘柄を掲載しています。

ご参照まで。

明日のメキシコからのゲスト以降、
海外からの来客が続き、
5日土曜から来月はほとんど東京にいない予定なので、

昨日、今日と一気に250銘柄をチェックし、
本日五輪関連株を100にまで絞りました。

これからVGSレシオの測定をやるところです。

10倍上がる株の法則の原稿編集と、
それを使った実践五輪で10倍銘柄の特集の両方ともに、
すき間時間で頑張ります。

関連記事

大化け期待の最新注目銘柄リスト0929

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

電線20年までに地中化、都内、五輪にらみ

東京五輪に向けて、
国土交通省は2020年開催までに、
東京都内の空港や駅周辺など人が多く集まる地域の電柱をなくす検討に入った。

と本日の日経3面で報道がありました。

電線を地中化し、
渋谷や港など19区で国道や都道の「無電柱化率」を
今の80%から100%に引き上げるといい、

海外に比べ遅れている無電柱化を進め、防災の強化や景観の改善を図り、
訪日外国人客の増加を見据え、都市環境の整備を急ぐ模様。

電柱の撤去は、
東京23区のなかでも特に人の往来が活発な「重点区域」と位置付ける
19区の大部分で進め、約130キロメートルで
20年にかけて電線を地中に埋めていく。
訪日客が多く集まる羽田空港やターミナル駅周辺で優先的に進める方針だ。

このために必要な予算は、
単純計算で重点区域の総事業費は780億円規模になる。

ちょうど昨日と今日は五輪関連・連想銘柄をチェックしていたので、
こちらの関連2銘柄もピックアップしていました。

VGSレシオが割高だったので長期期待まではできませんが、
これから更新する注目銘柄リストで、
テクニカル株として紹介しています。

関連記事

五輪関連138銘柄の総点検

まだ、やってます。

実は昨晩から我が家に
スタッフが泊りがけできて行っているのですが、

当初の138銘柄から、
銘柄会議を行った結果、

連想が連想を呼んで、
チェック銘柄が250を超えてきました。

そして、
私は基本的に最初の138銘柄の有価証券報告書に
目を通したので、ちょっとバテテきたので、
ブレークダウンに記事を書いてみました。

ちなみに、
VGSレシオ計算前の、
最下位の低ポイント銘柄に、

有名株が並んでいます。

============
日本航空
電通
イヌイ倉庫
NIPPO
鹿島
JR東日本
東宝
大成建設
みずほFG
全日空

=============

個人的に全日空は親友がパイロットをやっているので、
好きですが、
注目銘柄としては、
私が絶対に手を出さないと言い切れる最下位層の銘柄です。

どれも関連銘柄として、出てきている銘柄ですね。

では、上位の銘柄はというと、
VGSレシオ前の仮ランキングでは、
なかなか興味深い銘柄が出てきており、

普通に
2014年の有望株
になりそうです。

いずれにしても発表は、緊急発売の紙面にて行う予定ですが、
注目銘柄のNEWとして、ちょっとづつ取り込んでいっています。

取り急ぎお知らせまで。
関連記事

個人投資家に魅力的な日本市場

日本の中小型株は、カバーしているアナリストが少なく、
価値と価格のギャップが生まれやすい。

故に、個人投資家は、
大いなる勝利をしやすいベースがあることを
覚えておきたい。


関連記事

アベノリンピクス、五輪関連銘柄138銘柄を総点検

現在、
スタッフ総出で五輪関連138銘柄の総点検を始めました。

大化け期待度のランキング形式でリリース予定です。
関連記事

国際会議の夜には魅力的効果がある。ビジットジャパンにアクセル全開!

日経朝刊39面に、「国際会議 相次ぎ誘致成功!」
と記事になっています。

ありがたいことです。

国際会議は、それに参加する海外からの来訪者、
あるいはそれをもてなす日本側がお金を使うので、
非常に経済効果が高い。

私に置き換えても、
海外からゲストが東京に来た時には、
4人程度の夜の会食で、10~20万、
その後の飲み代を入れても、
40~60万程度の消費を1晩で行っている。
ワインが極上のものになると、
この範囲でも収まらない事も。
もっとも、私はなるだけSAKEに触れて頂いておりますが。

やはりそれぞれの国のある分野で、
それなりの立場の人をおもてなしするには、
必要なことです。

10月は、
メキシコやアメリカなど5か国からそれぞれのゲストが
日本に来るので、
銀座や六本木の活性化にほんの少し貢献できればとも思います。

逆に、私が来月ラスベガスに行く際に受けるおもてなしは、
ショー、観光、ディナーのどれをとっても高額消費だ。

こういった会食やおもてなしが何層にも重なりあった
街や国・地域の景気が盛り上がらない訳がない。

その経済効果をアメリカ、
シンガポールの取り組みで実感し、
10年間このMICEに尽力してきた私にとっては、

国際会議や見本市の意義が
日経で頻繁に見かけるようになったのは、
よろこばしいことです。

米国、ドイツの首相が当たり前に議会で言及してきたこの意義を、
私の知る限り歴代総理で初めて予算委員会で言及した
「安倍晋三」という総理の名を私は一生忘れることはないでしょう。


色んな国籍の人々が、
ひとつの街に集い、
それぞれの立場で、
それぞれの夢や目標を語り合い、
そして、共同で事を起こす。

そんな時の交際費は不思議と高いと思えない。
国際会議の夜にはそんな魅力的な効果がある。

以前、安倍内閣に変わって潮目が変わり、
2018年の国際会議が中国から日本に移行した記事を書きましたが、
東京オリンピックを背景に、
もっとその数を増やすお手伝いがしたい。

人口の減りゆく日本経済のカンフル剤として、
日本人の人口減を移民政策等で補えないのなら、
テンポラリーの滞在者も含めて人口増にして消費を生み出し、
日本を活性化する。

これが国際会議・見本市を誘致、
あるいは創りだす、私の志なのです。


関連記事

相場観とポジション

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?