サイト内検索
 
書籍に関連した資料!
 
大化け注目株リスト
 
大化け株の発掘!
 
プロフィール

産業・成長企業アナリスト 朝香友博

Author:産業・成長企業アナリスト 朝香友博
産業・成長企業アナリスト

 
株ブログ・ランキング
にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
 
スポンサード リンク
 
カテゴリ
ZEB (1)
 
ブログ村の新着記事など
   
リンク
 
ヤフーカテゴリ・リンク
当ブログはヤフーカテゴリ登録サイト! Yahoo! JAPAN
 
急上昇の検索ワード
 
RSSリンクの表示
 
メールお問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

 
最新コメント
 
月別アーカイブ
 
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 9933

紹介文:<内容>

☆『相場観とポジション』
今週の相場は買いか?売りか?
国内外の140の指標により
ポジションを決定

※原則週末に更新ですが、
相場の変動が激しい場合には、
短期デイリーベースで
相場観とポジションの更新及び
フォローを想定しています

☆注目銘柄リスト
注目ポイントと独自の割安指標を掲載。
中長期成長株を基本に、
短期狙いのテクニカルや市況関連株
を選定。
(3カ月に一度は最低更新)

※その他、随時コメントを掲載
※相場の状況により、注目銘柄の
更新が無い月がある場合もございます
ので予めご了承ください
※有料購読の詳細説明
http://obakekabu.net/blog-category-61.html

☆朝香友博の1%の人とだけ
シェアしたい話(NEW)

なかなか無料記事では
全面的に公開して書けない話を
有料記事にてアップしていきます。

☆大化け株の予備軍
(好チャート株の復活企画)
短中長期テクニカルすべてで上昇基調、
かつ中長期で売り上げを伸ばしている企業の
チャートだけで注目銘柄をラインナップします。
(随時)


◎毎月の購読がお得です

<週毎>
相場観とポジション:2,484円
⇒月に4回で9,936円

<(最低でも)3カ月四半期毎>
注目銘柄リスト:19,800円
⇒1か月あたりで6,600円

なお、入れ替えがそれなりに発生、
あるいは新規注目が増えた時には、
臨時号を発行することがあります。
ただし、その際にも月次読者のみなさまの
9933円よりも高い値段で発行いたします。

<月次コスト比較>
単品購読の場合
9,936+6,600=16,536円
月次購読の場合
9,933円(40%OFF)

なお、相場や企業業績の変化に応じて、
「注目ポイント」や「好チャート株」、
「臨時の注目株リスト」を適宜有料記事にて配信し、

有料読者だけの
こぼれ話などもありますので、
月次購読が更にお得になります!

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

ここを割れたら大変を割れた

こんばんは。朝香です。

今週、そして今日もリスクオフを進めて良かったですね。
そして、焦って引けにかけて買いを入れずに、これも良かったですね。

NYダウ、そしてCME日経平均先物は急落しています。

あと13分で2月ですが、
この1月はほとんどがリスクオフの1か月でした。

今年、大丈夫か!?・・・・・・・

関連記事

買いチャンス!?

買いチャンスかもしれませんね。

昨年の6月、8月、11月、12月と、
130日移動平均線を下値支持線にして、
上昇トレンドです。

昨日も今日もそこから堅く頑張っています。

一応、相場観通りに動いて、
そのまま変えませんが、
当面の底値買いになるような位置です。

でも、ここ割れたら大変です。

お、言っているそばから株価が切り返しています。
じっくり週末に分析して、
相場観をリリースしますね。


関連記事

テンバガーの法則発見のポイント「目の前の現象をありのままに解釈した」

STAP細胞発見の小保方さんにちなんだ記事にて掲載
『朝香友博の人生を成功に導く「向上スパイス」』
http://asaka.blog.jp/archives/2886104.html


関連記事

相場観とポジション

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

ロシア中銀の為替介入

トルコでは30日、通貨と株式相場が反発。
シムシェキ財務相が資本規制の可能性を否定したことと、
ロシア中央銀行によるルーブル下落阻止の市場介入表明に反応した。

関連記事

祝!W増刷!!


【テンバガー】10倍株で勝つ


おかげさまで重版4刷決まりました!

東京五輪大化け株BEST10 -テンバガーで10倍儲ける!-


こちらも重版2刷決まりました!

Wで同時に増刷です!!

この場をおかりしてお読みいただいた読者のみなさまに
心より御礼申し上げます。

また、現在、

テンバガー10倍株で勝つ:理論編
=いかに反復可能な形で10倍株を掴むかの理論を学ぶ

東京五輪大化け株BEST10:実践編
=銘柄選びの具体的な選び方、見方


これに続く、
運用入門を現在準備中です。

現在準備をしているテンバガーシリーズ完結編では、
・大化け株加速サイン後の買いの3つのタイミング
・100万円の投資資金なら、本来4万円以下の株を買うべきだ

など本当に利益を手にするための運用の知恵を
体系的に理論的にリリースする予定です。
テンバガー候補を仕掛けた後の売りも徹底的にフォロー致します。

お楽しみに!

関連記事

やっぱし、統計学は最強だ


STAP細胞で話題の小保方さん曰く、
「手相は統計学だから」と。

統計学は強しですね。

テンバガーもそうだが、
100倍株の研究でも、
統計学なくして研究は成り立たないだろう。

さあ、研究だ!
関連記事

1億円一発勝負!朝香がヒラメいた「NISA100万円」の使い方

先ほどテンバガー10倍株で勝つは平穏時のルールだと申し上げました。
要は順張りだからです。

今、朝香は本気で逆張りの科学的、統計学的、合理的な視点で
100倍株
を狙えないか、目下研究中です。

要は、このアベノミクスでも最も良いパフォーマンスを挙げたのは、
やはり逆張りの時に心中を覚悟で買った銘柄でした。


そして、
先日「100倍株の見つけ方」という本をご紹介しましたが、

残念ながら大化け株投資の教科書としては素晴らしいものの、
100倍株をルールを持って手にするというものではありませんでした。

しかし、大変ありがたい事に、
この本のおかげで私は100倍株の研究に目覚めたのです。

現在、大方の100倍株を狙うには、
不景気まっただなかか、
株価の低迷している時に始めなければならないと
感じております。

そこで、
ちょうどNISAの100万枠をそれに使って、
1銘柄に100万円を投資して、
1億円を狙うチャレンジをしてみてはどうかと
考えついたのです。

NISA、NISAと言っていますが、
正直1000万、1億ならまだしも、
たったの100万円しか税の優遇がない。

それなら、
100万円を1億円にして
無税で9900万円を稼いで

みたい。

そんな欲望が生まれたのです。
100万円なら失っても、ラスベガスで大負けしたと思えばよい。

結構スリリングなギャンブルです。

しかし、そこを今後の研究でもってして、
いかに統計学的、科学的、法則的に、
その100倍株を探し出すか。

そうすることで、
それは大いなるギャンブルから、
100倍株を狙う賢明なる投資に変わります。


おもしろい研究テーマでしょ?

「人がやらない事をやって、
しかも有意義な事をやる」


がモットーの私の胸中は、
やる気の炎全開です

仮にこんな難題、もしかしたら挑戦しても意味がないかもしれない。
でも、やってみてダメなら諦めもつくし、
誰にも迷惑を掛けないし、

何よりそのプロセスで違う発見があるかもしれないし、
自分自身、後悔する事はないだろう。

現在、
個人的にはワクワクして研究を続けております。
次の○○ショックや世紀の大暴落までに間に合わせたい!

バカバカしい目標の
真剣な挑戦って、
本当に楽しいな。


トルコには大きなチャンスが眠っている

トルコの通貨安で、一気にトルコリラが有名になりました。

しかし、
トルコには大変申し訳ないが、
もし転がり落ちるような大暴落があれば、

投資家として、
狂って暴落を拾いたい。

心のどこかでそう本音を語る内なる声が聞こえてくる。

リーマンショック後の日本企業の海外投資の主役は
東南アジアでしたが、

インドネシアやマレーシアで成功した日本企業は、
トルコに高い関心を示している。
イスラム圏でのノウハウを蓄積したからだ。

そのベースがあったうえで、
最も儲かるのは、有望トルコの暴落時に投資資産や
技術やノウハウ優良、財務少し不良の企業を買って買って買っておくことだ。

この逆境や絶望に拾った宝の大儲けを知ってしまうと、
平穏時の大儲けも小さく感じてしまう。
(テンバガー10倍株の法則は、あくまでも平穏時のルールです。
今度はこの非常時のルールを合理化できないか、目下研究中であります)

トルコがまさかの大惨事になった場合には、
トルコ資産を買い拾いたい。

関連記事

M2Mの次は地理空間の利活用が来る

最近、M2Mで検索して下さる方が増えている。

M2Mにはだいぶ前から注目してきましたが、
こうなるとようやくビジネスとマーケットがリンクし、
市民権を持ったような感がある。

音声認識の時もそうでしたが、
私の中で少し古さを感じだした時が、
ビジネス上の旬であることが多い。

これは上海市場、インド株、タイ株、瑞光などのテンバガーなど
株式市場での感覚と同様だ。

今度はまだ銘柄研究をスタートする
前にキーワードを出しておきたい。

「地理空間の利活用」

この言葉を覚えておいてほしい。
また先々が楽しみである。

関連記事