サイト内検索
 
書籍に関連した資料!
 
大化け注目株リスト
 
大化け株の発掘!
 
プロフィール

投資作家 朝香友博

Author:投資作家 朝香友博
産業・成長企業アナリスト

 
株ブログ・ランキング
にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
 
スポンサード リンク
 
カテゴリ
ZEB (1)
 
ブログ村の新着記事など
   
リンク
 
ヤフーカテゴリ・リンク
当ブログはヤフーカテゴリ登録サイト! Yahoo! JAPAN
 
急上昇の検索ワード
 
RSSリンクの表示
 
メールお問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

 
最新コメント
 
月別アーカイブ
 
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 9933

紹介文:<内容>

☆『相場観とポジション』
今週の相場は買いか?売りか?
国内外の140の指標により
ポジションを決定

※原則週末に更新ですが、
相場の変動が激しい場合には、
短期デイリーベースで
相場観とポジションの更新及び
フォローを想定しています

☆注目銘柄リスト
注目ポイントと独自の割安指標を掲載。
中長期成長株を基本に、
短期狙いのテクニカルや市況関連株
を選定。
(3カ月に一度は最低更新)

※その他、随時コメントを掲載
※相場の状況により、注目銘柄の
更新が無い月がある場合もございます
ので予めご了承ください
※有料購読の詳細説明
http://obakekabu.net/blog-category-61.html

☆朝香友博の1%の人とだけ
シェアしたい話(NEW)

なかなか無料記事では
全面的に公開して書けない話を
有料記事にてアップしていきます。

☆大化け株の予備軍
(好チャート株の復活企画)
短中長期テクニカルすべてで上昇基調、
かつ中長期で売り上げを伸ばしている企業の
チャートだけで注目銘柄をラインナップします。
(随時)


◎毎月の購読がお得です

<週毎>
相場観とポジション:2,484円
⇒月に4回で9,936円

<(最低でも)3カ月四半期毎>
注目銘柄リスト:19,800円
⇒1か月あたりで6,600円

なお、入れ替えがそれなりに発生、
あるいは新規注目が増えた時には、
臨時号を発行することがあります。
ただし、その際にも月次読者のみなさまの
9933円よりも高い値段で発行いたします。

<月次コスト比較>
単品購読の場合
9,936+6,600=16,536円
月次購読の場合
9,933円(40%OFF)

なお、相場や企業業績の変化に応じて、
「注目ポイント」や「好チャート株」、
「臨時の注目株リスト」を適宜有料記事にて配信し、

有料読者だけの
こぼれ話などもありますので、
月次購読が更にお得になります!

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

円安株高!

こんばんは。
朝香友博です。

東京は桜がきれいで、
相場の上昇機運に花を添えてくれました。

相場は想定通りの展開が続いておりますので、
しっかり引き付けていきましょう。

明日は、
日銀短観、中国PMI、夜はISM製造業景況感指数
の発表がありますので、

一両日は相場の変動が大きくなるかもしれませんね!

関連記事

相場観とポジションフォロー

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

バイオ株下落に注目

今日の日経12面の見出しです。

これまで相場の上げを先導してきたバイオテクノロジー株に売り圧力が強まり、
その比率が大きいナスダック市場が3%近く先週下落した事が
記載されています。

日本市場でも近年の上げ相場で、数々のテンバガーを生み出したバイオ株。
バイオバブルの崩壊ってシナリオでもおもしろい。

2000年のITバブル崩壊のように。

そして、
2020年への長期成長シナリオに向けて、
恵みの雨といわんばかりの量の株を買いたい!

関連記事

100倍株の法則~逆張り富豪投資と順張り成長株投資~

100倍株となったフージャースもジェイアイエヌも、
スタートは時価総額10億円未満。

市場の大暴落時の合理的逆張りに向けて、
着々と準備を進めています。

大暴落で合理的な逆張り富豪投資を実施し、
景気回復局面で合理的な順張り成長株投資を実施し、
過熱局面では両方とも売る。

今後、
私はこの投資スタンスを明確にしていこうと
考えている。

今、ガタガタになりつつある新興国は、
その経済シェアが90年代の通貨危機時の20%に比べ、
2倍の40%の経済シェアを占めている。

高インフレや多額の債務に苦しむインド、ブラジル、インドネシア、
政治の混乱と通貨安のトルコ、

その状態で中国の金融危機が起きれば、
世界市場の暴落は計り知れない。

現在、中国では、
銀行への取り付け騒ぎや

香港の不動産会社が
「今後大きく値下がりするかもしれない」(九龍倉集団、呉天海副主席)
とのコメントを発表するなど、

煙が立ちつつある。
先般の銅価格の急落もリスク警戒に拍車をかけている。

しかし、
もし新興国ショックによる大きな暴落があれば
合理的な逆張り投資をしかけるメガチャンスとなると私は考えている。

今、このメガチャンスに向けて着々と準備をしている。

私も国家と張り合える資産を築く為には、
どこかで狂ったような逆張りをしかけなければならない。

そのチャンスは、
次なるクライシスにある。

それに向けた研究の日々が続いているところである。

関連記事

相場観とポジションフォロー

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

政治資金

この国の政治は5000万とか8億円とかで
自治体や政党のトップがヨロヨロするほど弱体化してしまった。

今夜は流通業界の名誉会長が
「この国の総理はアメリカの保護者に連れられないと韓国のトップにも会えないほど、
その地位が弱くなった」と嘆いていた。

安倍総理は精力的にやっていると私は感じているが、
元陸軍将校である流通企業の創業者の目には「気概がない」と映っているようです。

日本は平和ボケ、間違ったキレイごとが普通になっていますが、

政治に金はかかるんです。

私は政治家が利権誘導しまくってもいいと思いますし、
国会で利権と利権が激突して、
非公開の場でなら取っ組み合いのけんかをしたっていいと思う。

仲良しクラブなんてやる必要はないし、
そのくらいの気概がある議員に汗を流して稼いだ資金を、
この国の未来の為に託したい。

党の党首が8億円くらいでガタガタしてどうする。

私がこれに風穴を空けたいが、
ロックフェラーやソロスのような権力も財力もまだない。
それでも、いずれこの窮屈な日本の政治に一石を投じたい。
関連記事

日本の農業法人が富豪になる時代を創りたい

今日はパリのスイーツの大会で準優勝したシェフと
こだわりの栗のために、山ごと買う話をしていました。

そういえば、東京駅と渋谷にあるビロンというベーカリーレストランも
こだわりのミルクの為に北海道に牧場を買っている。

そういった中で知り合う農業法人には、
世界への農産物の輸出に意欲を燃やす人が多い。

食べ物の作り手で高価格帯のものを量産・輸出する農業法人トップを、
成り手が憧れる大富豪にしたい。
そこにワクワクする農業の未来があると私は信じている。

2020、
世界は東京で口にする日本食のおいしさに驚く、
(もちろん、素晴らしいお店に限るが・・)
そして、そのお店で口にした「素材」を自国でも食べたい、売りたいと考える。

こういった事を思い描いて、
関係者を支援している私の元に、
最近は県庁関係者も多く来てくれるようになった。

日本の新しい農業の時代は、
ゆっくりとしかし着実に訪れようとしている。

今の日本のシステムでは、
もはやこのグローバルの時代に日本が元気で豊かでいれなくなってしまう。

今日の日経には私が何度も警笛を鳴らしてきたトラック不足が深刻化している
記事が掲載されていました。

早く規制緩和を進めて、社会システムの一新をせねば、
アベノミクスのカンフル剤が切れた後に、
日本は大変なことになるだろう。

しかし、それを止めるのも一人一人の大きな覚悟の小さな力の積み重ねなのです。
この危機感を多くの読者のみまさまが共有していただけましたら幸いです。
関連記事

市場は

予想通り、地合いが強く上げてきましたね。
週明け一気に売りを減らし、買いの割合を一気に引き上げて
正解でした。

弱気なのか強気なのか意味不明かもしれませんが、
超重要な相場観を一読頂いた方はご理解を頂けるはずです!
関連記事

相場観とポジションフォロー

おはようございます。
今日はNY市場も軟調でしたので、
配当落ち以上に下げるかもしれませんね。

私はポジションは様子見継続。

昨日記載した銘柄ですが、
まだビジネスモデルの優位性の芽は出ていません。
一昨日の新聞記事とフェアで会社と話した際の事業構想とを鑑みると、
「伸びそうだ」と感じただけのまだ初期段階です。

もう少しその後の進捗を確認しながら、
しかるべき時に公開できればと考えております!

関連記事

逆風の会社の新しい未来に投資をする

今日、とある企業に一番最初の投資をした。

減収減益予想であり、法則外なので、リストには掲載してない。

しかし、1年後、2年後には
注目銘柄に上がって来そうな気がするので、
記録だけ残しておく。

まず最初にこの企業を知ったのは、2月の東証フェア。
ワコムを除いて、私がたった1社だけビジネスモデルに興味を持った会社。

もっとも、足元では業績が良くなく株価は暴落気味だが、
ある大手小売りチェーンと展開するビッグデータビジネスに、
私の感覚がビビっと反応。

その後、
その企業のWEBで創業社長の減収減益に対する
すごく人間臭いコメントがなかなか気に入っていた。

そして、昨日の日経の記事を読んで、
フェアで説明されたビジネスモデルが伸びそうな社会背景、
これからの未来が見えた気がして今日投資をしてみました。

ワコムもZOZOTOWNもアドウェイズもクルーズも
すべて最初は直感だったんだ。
難しいことは抜きにして、
「なんかうまくいくんじゃないか」という直感と、
「あ、この人たちに頑張ってほしい」という想い。

そんな1社だったので、少しだけ応援させて頂いた。

これから少し長いおつきあいになるかどうか、
逆境をどう捉え、どう向き合い、どうチャンスに変えるのか、
真に強い成長をするかどうか、

それにはもう少し時間をかけて吟味したいですが、
それを楽しみにしていきたいと思います。


関連記事