サイト内検索
 
書籍に関連した資料!
 
大化け注目株リスト
 
大化け株の発掘!
 
プロフィール

産業・成長企業アナリスト 朝香友博

Author:産業・成長企業アナリスト 朝香友博
産業・成長企業アナリスト

 
株ブログ・ランキング
にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
 
スポンサード リンク
 
カテゴリ
ZEB (1)
 
ブログ村の新着記事など
   
リンク
 
ヤフーカテゴリ・リンク
当ブログはヤフーカテゴリ登録サイト! Yahoo! JAPAN
 
急上昇の検索ワード
 
RSSリンクの表示
 
メールお問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

 
最新コメント
 
月別アーカイブ
 
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 9933

紹介文:<内容>

☆『相場観とポジション』
今週の相場は買いか?売りか?
国内外の140の指標により
ポジションを決定

※原則週末に更新ですが、
相場の変動が激しい場合には、
短期デイリーベースで
相場観とポジションの更新及び
フォローを想定しています

☆注目銘柄リスト
注目ポイントと独自の割安指標を掲載。
中長期成長株を基本に、
短期狙いのテクニカルや市況関連株
を選定。
(3カ月に一度は最低更新)

※その他、随時コメントを掲載
※相場の状況により、注目銘柄の
更新が無い月がある場合もございます
ので予めご了承ください
※有料購読の詳細説明
http://obakekabu.net/blog-category-61.html

☆朝香友博の1%の人とだけ
シェアしたい話(NEW)

なかなか無料記事では
全面的に公開して書けない話を
有料記事にてアップしていきます。

☆大化け株の予備軍
(好チャート株の復活企画)
短中長期テクニカルすべてで上昇基調、
かつ中長期で売り上げを伸ばしている企業の
チャートだけで注目銘柄をラインナップします。
(随時)


◎毎月の購読がお得です

<週毎>
相場観とポジション:2,484円
⇒月に4回で9,936円

<(最低でも)3カ月四半期毎>
注目銘柄リスト:19,800円
⇒1か月あたりで6,600円

なお、入れ替えがそれなりに発生、
あるいは新規注目が増えた時には、
臨時号を発行することがあります。
ただし、その際にも月次読者のみなさまの
9933円よりも高い値段で発行いたします。

<月次コスト比較>
単品購読の場合
9,936+6,600=16,536円
月次購読の場合
9,933円(40%OFF)

なお、相場や企業業績の変化に応じて、
「注目ポイント」や「好チャート株」、
「臨時の注目株リスト」を適宜有料記事にて配信し、

有料読者だけの
こぼれ話などもありますので、
月次購読が更にお得になります!

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

相場観とポジションフォロー

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

素晴らしき中間管理職のビジネスパーソンたち


先ほどの記事でのX社で社長を業界団体の会長職に押し込むきっかけを作った
やり手の部下の中間管理職の男がいる。

最近、その方に限らず、
魅力的な中間管理職のビジネスパーソンに出会う。

私が知り合った魅力あるこの方々を
それぞれの会社のトップに押し上げたい。
私はそう考えるようになった。

昨日もインドや中国や台湾などの企業を
そう考える方に積極的にご紹介をした。

10年先を見据えて、企業を応援するだけでなく、
魅力のあるビジネスパーソンがトップに立てるような支援も
していきたい。

私もそれに見合う
今までに存在しなかった異次元の投資家として
己を磨いて参りたい。

みなでこの国を支える日を楽しみにして。

関連記事

株価が100円しないということ


今週はこれまで馴染みのなかった業界の方々と行動を供にさせて頂いている。
また、その業界を代表する団体の次の会長が決まった。

その会社は老舗の東証1部企業で、
その社長のX氏が業界団体の会長ポストに就任されたのだが、
なかなかおもしろい話を伺った。

リーマン後の2009年年初、
その会社の株価は100円を割り込んでいた際、

「当時は本当に潰れると思ってましたよ。
株価が100円割り込むのも当然で、
その時にいっぱい買っておけば良かったのにと
アベノミクスの今は言われるが、
その当時のわが社を考えると、まったくそんな気になれはしないかったですよ」
との事だった。
これは、同行していた役員、事業部長ともに同意見でした。

また、同業界の名門中の名門Y社が現在の株価は100円割れだが、
X社に限らず、同業者の先行きの見方はやはり厳しい。

中にはY社は倒産するのではという意見もあったのだが、
銀行の資金注入とその取引先の手堅さから息を吹き返したX社曰く、
「Y社も相当銀行から役員が乗り込んで、倒産はさせないで
事業を選んで廃業や事業売却をどんどん進めているので、
会社がスリムになった時に株価が100円割れなら私は狙ってもおもしろいと
思いますが」と新会長の意見であった。

いずれの会社にしても、
感じたことは株価が100円割れするという事は、
その会社の中で尋常でない事が起こっているということである。

株価が100円割れした会社の経営者と話すのは初めてだったので、
新鮮であった。

また、X社の社長の株の経験則は私の知らない法則で、
なおかつ書籍ではお目にかかれない面白い視点をお持ちで、
なかなかおもしろいお話を伺えました。
これで四季報を開くのがまた一段と楽しみになった。

他にも今や日本の代表企業となったT1社と、
元トップ企業のT2社との企業体質の違いなどの話も
非常に興味深く拝聴した。

株価100円割れ企業には、
その背景やその会社のブランド力が分からない限り、
近づかない方が良さそうである。

新しい業界の方と触れ合うのも、
非常に有意義で勉強になり、
この場を借りて御礼申し上げます。

関連記事

原油価格、急落


OPEC減産でWTI原油先物は、
電子取引ではありますが1バレル70ドルを割り込んで、
60ドル台についに突入しましたね。

関連記事

相場観とポジションフォロー

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

相場感とポジションフォロー

おはようございます。

今日は様子見です。
関連記事

相場観とポジション

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

ドイツ企業景気指数、7か月ぶり改善


104.7と今年の4月以来の上昇。

Ifo経済研究所によると、
「ドイツの景気悪化は少なくとも今は止まっている」とのこと。

関連記事

ファーマフーズが飛躍のステージへ


先日株価が最大20倍になったファーマフーズの記事を書きました。
(来たよ、ロマン!株価20倍のファーマフーズ。現在でも13倍超
http://obakekabu.net/blog-entry-3396.html)


市場では医薬分野での今後の飛躍が期待されているようだが、
少し補足しておこう。

ファーマフーズは、
2007年からロート製薬と共同研究を行っている。
http://www.pharmafoods.co.jp/news/070316.html

つい先日の11月4日も京都女子大学で、
第11回たまご研究会が開かれ、
この場でもファーマフーズはロート製薬とコラボしている。

このロート製薬株式会社 取締役 副社長 ジュネジャ・レカ 氏
に私は注目したい。

ジュネジャ・レカ 氏は今年の6月まで名証に上場する太陽化学で
副社長を務めたやり手のインド人だ。
米国の機能性食品の学会でもその功績が認められた、
この業界では世界で著名なビジネスマンだ。
http://www.taiyokagaku.com/img/technology/awards_2013_ift_fellow.pdf

その食と医をつなぐ知見に富んだ人物をロート製薬は役員に迎え入れた。
これは2015年4月から始まる機能性表示制度の改訂を踏まえたものだが、
ジュネジャ氏がロート製薬にいる事で、
ファーマフーズはビジネスの提案を以前よりもやりやすくなるはずである。

氏との連携したインドや米国などでの海外ビジネスにも自然と期待が集まる。

さらに、このブログでも何度かお名前を掲載したことのある
京都府立医大の吉川先生がこの研究会をとりまとめておられる。
吉川先生は、現在学長をお勤めですが、
出世レースからは出遅れた中でトップに立った知略に富んだ先生だ。
敵にはしたくない先生ですが、味方にすれば強い先生であろう。

今、ファーマフーズには大手製薬会社、医大学長の大きなルートを活かし、
いよいよフーズに加えて「ファーマ」での成長を加速させる滑走路を離陸したのである。

株価急騰の今は放置し、
熱狂が去った後の超長期でのますますの成長を楽しみにしていきたい。

関連記事

世界株高協奏曲


米国のISM製造業盛況感指数、住宅着工は好調。
先日のフィラデルフィア連銀指数は想像を超えた活況で
多少の利上げに耐えられることを示しつつある好調な米国経済。

ここに来て、ドイツや中国の指標もわずかながら改善を示し、
何より中国は景気の浮上策として利下げをし、
EUもドラギ総裁が緩和姿勢を強めている。

わが日本も先般の日銀の予想外の緩和に、
今回の増税見送り。
さらには、選挙戦で熱を帯びるであろう追加景気策。

昨年の東京五輪大化け株で記載した、
2007年の18300円越えを視野に入れてきました。

もはや、世界は株高協奏曲を奏でているようだ。

関連記事