サイト内検索
 
書籍に関連した資料!
 
大化け注目株リスト
 
大化け株の発掘!
 
プロフィール

産業・成長企業アナリスト 朝香友博

Author:産業・成長企業アナリスト 朝香友博
産業・成長企業アナリスト

 
株ブログ・ランキング
にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
 
スポンサード リンク
 
カテゴリ
ZEB (1)
 
ブログ村の新着記事など
   
リンク
 
ヤフーカテゴリ・リンク
当ブログはヤフーカテゴリ登録サイト! Yahoo! JAPAN
 
急上昇の検索ワード
 
RSSリンクの表示
 
メールお問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

 
最新コメント
 
月別アーカイブ
 
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 9933

紹介文:<内容>

☆『相場観とポジション』
今週の相場は買いか?売りか?
国内外の140の指標により
ポジションを決定

※原則週末に更新ですが、
相場の変動が激しい場合には、
短期デイリーベースで
相場観とポジションの更新及び
フォローを想定しています

☆注目銘柄リスト
注目ポイントと独自の割安指標を掲載。
中長期成長株を基本に、
短期狙いのテクニカルや市況関連株
を選定。
(3カ月に一度は最低更新)

※その他、随時コメントを掲載
※相場の状況により、注目銘柄の
更新が無い月がある場合もございます
ので予めご了承ください
※有料購読の詳細説明
http://obakekabu.net/blog-category-61.html

☆朝香友博の1%の人とだけ
シェアしたい話(NEW)

なかなか無料記事では
全面的に公開して書けない話を
有料記事にてアップしていきます。

☆大化け株の予備軍
(好チャート株の復活企画)
短中長期テクニカルすべてで上昇基調、
かつ中長期で売り上げを伸ばしている企業の
チャートだけで注目銘柄をラインナップします。
(随時)


◎毎月の購読がお得です

<週毎>
相場観とポジション:2,484円
⇒月に4回で9,936円

<(最低でも)3カ月四半期毎>
注目銘柄リスト:19,800円
⇒1か月あたりで6,600円

なお、入れ替えがそれなりに発生、
あるいは新規注目が増えた時には、
臨時号を発行することがあります。
ただし、その際にも月次読者のみなさまの
9933円よりも高い値段で発行いたします。

<月次コスト比較>
単品購読の場合
9,936+6,600=16,536円
月次購読の場合
9,933円(40%OFF)

なお、相場や企業業績の変化に応じて、
「注目ポイント」や「好チャート株」、
「臨時の注目株リスト」を適宜有料記事にて配信し、

有料読者だけの
こぼれ話などもありますので、
月次購読が更にお得になります!

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

大化け株期待の最新注目銘柄20150131

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

【利潤とは後から生じるものなり】今年もお世話になりました

おはようございます。
朝香友博です。

今年も残すところあとわずかですが、みなさんいかがお過ごしですか?
私は本を30冊ほど買いこんで別荘に籠って年越しとなりそうです。

昨日からずっと本を読み続けているので、
少しテニスか、明日から極寒のようなので、
今日のうちにゴルフに出かけて体を動かそうかと思います。

ちなみに、
今読んでいる本は、
こちら。

『藁のハンドル』ヘンリー・フォード著(中公文庫)


20世紀初頭、ベルトコンベアによる大量生産方式を導入した自動車王
ヘンリー・フォードが自ら著した経営思想の本。

100年以上たった今でも、鮮烈な内容に魅せられています。
少し中身を紹介すると、
(第4章の「金は、何のためにあるか」より ※中略含む)

・私たちは、利潤とは仕事が立派に遂行された場合、結果として後から生じるものである
と考えている。お金は石炭や鉄と同じ程度に必要な一商品であるに過ぎない。

・株式市場は取るに足らぬ見世物にすぎない。それは企業の基本的原則には無関係で
あって企業に必要なものを何一つ提供しない余興である。
もし、極端に投機的な要素が除去されるなら、本来の株式売買は銀行の副業に過ぎなくなるであろう。

・産業は金ではない。産業は、理念、労働および経営から成り立つものであり、
そしてこれらに大事なのは、配当ではなく、実用性、品質および入手しやすさである。
こうしたものは決してお金を源泉としない。しかし逆に、こうしたものはお金の源泉になる

いかがでしょうか。
私にはグッときたところである。

私は今、資産が「兆」を超えた人物の本を集中的に読んでいる。
なぜか?
答えは簡単である。

自分自身の成長の行く末を同じ土俵で考えているため、
それを成し遂げた偉人に学ぶためでもある。

もしフォードが現存していたら、
フォードが朝香の資本なら受け入れてくれるような、
私はそんな投資家でありたい。

※今年の年初にはこんな記事も書いていました。
私は物言う株主から、成長を共にする株主の時代が来ると信じている。
来るというよりは、創っていくといった方が正しいだろう。


※以前にはこんな記事もありました。
株価の低迷した新興市場の経営者に贈った安田善次郎の言葉
IT・バイオバブルに怯える経営者よ

私は志のある経営者とともに、
この社会をより良きおもしろい世にするため
これからも投資を行ってまいりたい。

今はまだ資金を大きくする手段として、
投機的な売買を行っているが、
投資の本筋は間違えてはならないと改めて思う。

今後、株式市場にはチーム朝香のベンチャーが徐々に登場してくるだろう。
そして、彼らと力を併せて、私はわたしたちの日本を活気にあふれた社会にしたい。

大きなことは、
小さな事の積み重ねでしかできない。

日々のビジネスの中で独立心と能動性を持った「個」を増やし、
活気ある会社を1社でも増やすことで、底辺から日本を底上げていくのだ。

2015年も今の自分と活動を信じて、
忍耐強くチャレンジしていきたい。

一生に一回しかない人生、お互い好きに有意義に生きましょう!

末筆ながらこのブログを通じて、
私に勇気と希望を与えてくれる読者の皆様に
この1年間の御礼を申し上げます。

読者のみなさまも良いお年をお迎えください。

2014年12月31日
御礼をこめて
朝香 友博

関連記事

相場観とポジションフォロー

おはようございます。
朝香友博です。

いよいよ本日は大納会ですね。
今年最終日の今日のポジションは様子見継続。

私はクリスマスからもうすでに休暇をとっているので、
外出先からフォローできませんでしたが、

昨日の「エボラで売り」には笑止と思い、
下げたところで思いっきり日経平均買いましたので、

その分のポジション調整の売りを個人的には出しますが、
ポジション構成を発表数値に修正するだけのものです。

では、本日も良い一日を!

※昨日のコメントの対応、少しお待ちください。
休暇中の秘書の対応待ちです。



関連記事

相場観とポジションフォロー、4銘柄のコメントつき

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

相場観とポジションフォロー

おはようございます。
アメリカが休みという事で、私も休みモードです。
今日も様子見とさせていただきます。

関連記事

相場観とポジションフォロー


おはようございます。
朝香友博です。

今日は様子見です。

今日はクリスマスですね。
クリスマスというと、
思い出深いのは、

2012年12月25日に1年後の
クリスマスプレゼントになるといいなと、
「アドウェイズ」に注目し20倍株になりましたね。

今ホットな注目銘柄でも大化け株がいずれ出てくることを願っています。

では、素敵なクリスマスを。
そして、今日くらい相場を忘れて過ごしてみてはいかがでしょうか?

関連記事

相場観とポジションフォローと3銘柄の一言コメント

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

相場観とポジション

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

リスクオン、オフの指標として


米国国債利回りへの
注目度を上げるかもしれません。

利上げ期待での金利上昇となるのか、
資源国経済減速懸念から金利低下となるのか、

いつ役立つかはわかりませんが、
毎日見ている懸命な投資家に市場の女神は微笑んでくれると
思いますよ。

関連記事

さあ、期待の2015年へ。日経平均は2万円か14000円か!?


週末のNY市場の株価は堅調に推移し、
日本株も今週は年末週の上昇アノマリーへの期待もあり、
上昇して始まりそうですね。

この時期になると、よく2015年の相場見通しを聞かれます。

本音を言えば、相場は対応するものであって、
予想なんて信じるだけバカを見るといいたい。

そうでなければ、日々大変な数字の集計なんてしませんよ。

その前提で、
2015年の日経平均2万円に期待したい。
あるいは、日経平均14000-15000円にも期待したい。

そう、上がっても期待、下がっても期待。

メインシナリオは、上昇期待。
これは過去の解説により割愛。
今の資産が順当に伸びるのも良し。

そして、
14000円シナリオは、
ロシアの財政危機と資源国の通貨危機が深刻になるなら、である。
いつか来た道を振り返ると、1998年の夏場からがそうだった。
日経平均は20%超の下落を見せた。

もし、こうなったらしめたものだ。
私は短中期で稼いできた資金を長期投資として振向けガンガン買うでしょう。
そして、バラ色の2016年を迎えるのです。

1999年から2000年にかけてITバブルが起きたように、
暴落後の2016年~2017年の相場にはロボット・AIバブルが起きていることでしょう。

その時に役立つ銘柄はここにある。


こうして、上昇しても下落しても市場を味方にするのです。

このシナリオイメージを持つために目を閉じて、
クールに上昇を見ていくのか、
ワクワクして下落で投げ売っている群衆を見ているのか、
どちらもハッピーになることだけを想像するのです。

だから、
期待しかない2015年を迎える事を楽しみにして参りたい。


関連記事