プロフィール

朝香友博

Author:朝香友博
成長企業アナリスト/投資家

 
大化け注目株リスト
 
大化け株の発掘!
 
「10倍株で勝つ」の関連資料!
 
サイト内検索
 
◎お問い合わせ先
 
スポンサード リンク
 
カテゴリ
ZEB (1)
   
リンク
 
RSSリンクの表示
 
最新コメント
 
月別アーカイブ
 
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 9933

紹介文:<内容>

☆『相場観とポジション』
相場のリスクオン・オフや
景気サイクルでの位置づけなどを、
長期、中長期、短中期、短期の視点から
国内外の200以上の金利や株価水準や
経済指標等により分析した記事



原則として
週次更新ですが、
相場の変動が激しい場合には、
短期デイリーベースで
相場観とポジションの更新
もしくはそれに準ずるフォローを
想定しています


なおその場合には、
相場観に付随して
短期相場情勢の「相場概況」や
軽い一言やつぶやきフォローなど、
簡潔にお届けする記事も
並行していくことがあります


当ブログでは、
中期は~3年、中長期は~5(-7)年、
長期は~10年、超長期は~20年、
短中期は~3年、短期は~1年の設定。

これは企業の中期経営計画が
概ね3年後を指す標準的な設定であり、
それと歩調を共にする
至極当然の設定であります。

中長期投資で最も大事な
時間を味方につけるという観点と
不況で買って好況序盤で買い増し、
好況絶頂で売り始めるという
運用サイクルの面からも、
重要な設定だと考えております。

よって、
デイトレ趣向の方や、
超短期トレードでは重要な
買値からたった8%マイナスで損切等の
スタンスの方にとっては
当ブログが馴染めないコンテンツと推察し、
別の参考資料やコンテンツを
お探しになることをお勧めいたします。


☆注目銘柄リスト
中長期成長株を基本に選定した企業の
注目ポイントと独自の割安度指標を掲載。
(不定期ですが原則1カ月に1度は更新予定)


※相場の状況により注目銘柄の更新が
無い月もございますが、
その場合には翌月等に更新した際に、
更新の無かった該当月の購読権利で
その内容をお読みできるような
対応をさせて頂きます。
(具体的には翌月や翌々月の更新時に、該当月の最終日の日付で更新時の記事をアップさせて頂くことで補填をさせていただきます)


☆その他
・チャート解説
・リスクオン・オフの実況解説
・国際見本市や世界での視察のこぼれ話
など、

なかなか無料記事では
全面的に公開して書けない話も
有料記事にてアップしていきます。


◎毎月の購読がお得です
単独記事をすべて別々に購読した場合は、
該当月でばらつきがありますが、
15,000~25,000円程度の価格ボリューム
となることが多く、

<月次購読の場合>
9,933円
とお得になっております。

なお、
通年での
継続読者特典・電撃企画(※)
なども近年行っております。

※どの特別企画も
単体記事を重ねて
購読頂けましたら、
後からでも閲覧自体は
「いつでも、どなたでも可能」
でありますが、
(月刊マガブロもしくは個別の月次該当記事を追ってすべて購入することで、不特定多数のすべての方が購入できる形式の特典であり、非公開・会員限定のようなものではありません)


ご継続いただいた方に
よりメリットが生じるような
企画も行っております。



<留意事項>
※当サイトは不特定多数の方への投資情報提供を目的するメディアであり、個別あるいは相対での投資助言に該当するようなメール等での投資判断に関する個別回答などは一切できませんので予めご了承下さい。また、販売する情報は、投資の勧誘を目的としたものではありません。その情報は利益をもたらすことを保証あるいは示唆するものではありません。株式投資は利益をもたらすこともあれば、逆に、大きな損失をもたらす可能性があります

※当マガブロ(電子雑誌・メディア)の販売はFC2社により行われており、FC2マガブロというブログ媒体で著名な公のサービスを利用して、どなたでも、随時の(継続もしくは単発記事による任意の)利用が可能です。なお、当マガブロは株価・経済・景気の分析手法を公開している著者書籍の袋とじのような延長線上の最新版として更新されており、その手法や内容の大筋などは当マガブロのサンプルという意味合いも兼ねて過去の書籍ですべての方がご参照いただけます
(参照:https://amzn.to/2zbIK6E)

※読者の個人情報や決済に関わるすべての情報はFC2社のみ保有しており、マガブロ発行者である当方は読者の一切の個人情報を保有しておりません。その他の参照:過去作成の有料購読詳細説明(http://obakekabu.net/blog-category-61.html)、FC2マガブロのお問い合わせ(https://form1ssl.fc2.com/form/?id=549552)、当ブログへのお問い合わせ(https://t-asaka.info/contact)


以上、
ご検討のほど
よろしくお願いいたします。

(2020年6月一部改訂・加筆)

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

大化け注目株20150831

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?
関連記事

相場観とポジションフォロー

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?
関連記事

相場観とポジションフォロー

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?
関連記事

相場観とポジションフォロー

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?
関連記事

相場観とポジションフォロー

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?
関連記事

相場観とポジション~要因コメントに海外の長期投資指標を添えて~

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?
関連記事

世界景気の減速はそんなにヒドイのか?


引き続き。
今度は世界の化学大手、米デュポンの騰落レシオまでマイナスになってしまった。

米商務省は今月の30日に4-6月期のGDP速報値を出します。
事前予想は潜在成長率並みの2%半ばと予想されていますが、
またこれも悪かったりすれば、いよいよ世界景気の減速が懸念されます。

株価がこれを先行していなければ、いいのですが。

また、このような景気減速が懸念されても、
一方で年内の利上げ観測が消え去り、
中国はたまた日本までもが追加緩和に動けば話は変わります。

相場は多面的に見なければなりませんね。

しかし、あほみたいな単純な長期投資原則では、
まだ売りサインは点灯していませんので念のため。
(もちろん、天井で点灯する売りサインではないですが)

関連記事

上昇相場第3弾を見込む一方で、今度はキャタピラの


上昇相場第3弾を見込む一方で、
今度はキャタピラなど米景気敏感株のチャートを見ていると、
短期的にはまた急落相場もありうると感じます。

P指数の計算途中に感じた事です。

関連記事

P指数の改訂


P指数の構成要素のうち、
銅価格のデイリーなどを連動指数消去、
Dailyの数値配分を落とし、
中長期金利やCDSなどの数値配分を上げることにしました。

取り急ぎお知らせまで。

関連記事

恵みの原油安、そして上昇相場第3弾へ


こんにちは。
朝香です。

東京は猛暑が続いて、今日も暑いですね。
昨日は有楽町で所用があったので、久しぶりに八重洲ブックセンターの
投資書籍でお世話になっている方にお会いしてきました。

日経平均が2万円を超えてから、
関連書籍は思ったほど好調でないとの事。

ここまで株入門書のラッシュがあったので、
ここで相場が終わってもおかしくはない。

ただ、
書籍コーナーだけで相場を判断するなら、
まだ、もう一回くらい「バスに乗り遅れるな」買いがあっても良い。

ここに来て、
原油がまた1バレル50ドルを割ってきました。

物価は引き続き低インフレで、
中国景気の減速による非原油の商品安と、
原油安は継続してその傾向を強めるだろう。

そうすると何が起こるか。

また、金融相場による株高である。

私が最も重要視している長期相場を読むための
「金利」だけを読み解けば、
中国株は買い増し局面にある。

日本でも3カ月~半年程度の調整か横ばいを経て、
この金利局面と商品安が続くのであれば、
アベノミクス相場第3弾の上昇局面が来るだろう。

さらには、
年内・年明けの米利上げが万が一なければ、
上昇どころかバブル相場すら期待できる。

いずれにしても、
予想は意味が無いので、
最終的には起こった事を素直に受け入れて反応していくしかないのだが、

商品安・低インフレ・中国による更なる利上げと日銀の追加緩和期待が協奏すれば、
ワクワクする上昇局面をもう一度われわれ投資家は味わう事ができるだろう。

個人的には、個人投資家の7~9割くらいが退場するほどの絶望的な暴落が起きて、
リーマン後のようなバーゲンが起きて欲しいとも思います。
それがまたテンバガーを生む原動力になりますからね。

公益と私欲、難しいところですな。
ただ、どんな暴落局面でも応援して成長してほしい企業だけは支え続ける。
その姿勢だけは変わりませんが。

関連記事