サイト内検索
 
書籍に関連した資料!
 
大化け注目株リスト
 
大化け株の発掘!
 
プロフィール

投資作家 朝香友博

Author:投資作家 朝香友博
産業・成長企業アナリスト

 
株ブログ・ランキング
にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
 
スポンサード リンク
 
カテゴリ
ZEB (1)
 
ブログ村の新着記事など
   
リンク
 
ヤフーカテゴリ・リンク
当ブログはヤフーカテゴリ登録サイト! Yahoo! JAPAN
 
急上昇の検索ワード
 
RSSリンクの表示
 
メールお問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

 
最新コメント
 
月別アーカイブ
 
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 9933

紹介文:<内容>

☆『相場観とポジション』
今週の相場は買いか?売りか?
国内外の140の指標により
ポジションを決定

※原則週末に更新ですが、
相場の変動が激しい場合には、
短期デイリーベースで
相場観とポジションの更新及び
フォローを想定しています

☆注目銘柄リスト
注目ポイントと独自の割安指標を掲載。
中長期成長株を基本に、
短期狙いのテクニカルや市況関連株
を選定。
(3カ月に一度は最低更新)

※その他、随時コメントを掲載
※相場の状況により、注目銘柄の
更新が無い月がある場合もございます
ので予めご了承ください
※有料購読の詳細説明
http://obakekabu.net/blog-category-61.html

☆朝香友博の1%の人とだけ
シェアしたい話(NEW)

なかなか無料記事では
全面的に公開して書けない話を
有料記事にてアップしていきます。

☆大化け株の予備軍
(好チャート株の復活企画)
短中長期テクニカルすべてで上昇基調、
かつ中長期で売り上げを伸ばしている企業の
チャートだけで注目銘柄をラインナップします。
(随時)


◎毎月の購読がお得です

<週毎>
相場観とポジション:2,484円
⇒月に4回で9,936円

<(最低でも)3カ月四半期毎>
注目銘柄リスト:19,800円
⇒1か月あたりで6,600円

なお、入れ替えがそれなりに発生、
あるいは新規注目が増えた時には、
臨時号を発行することがあります。
ただし、その際にも月次読者のみなさまの
9933円よりも高い値段で発行いたします。

<月次コスト比較>
単品購読の場合
9,936+6,600=16,536円
月次購読の場合
9,933円(40%OFF)

なお、相場や企業業績の変化に応じて、
「注目ポイント」や「好チャート株」、
「臨時の注目株リスト」を適宜有料記事にて配信し、

有料読者だけの
こぼれ話などもありますので、
月次購読が更にお得になります!

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

本日の相場観とポジションフォローに追記


本日の相場観とポジションフォローに追記をいれましたので、
ご参照いただける方はご参照下さい。

関連記事

日経平均500円高!


こんにちは。
朝香です。

気持ちの良い天気、
気持ちの良い株価上昇です。

日経平均は500円以上の上げ幅をキープ。

今日は寄付きから買いを仕掛け、
引けにかけて株価が上がれば、
デイトレになるかもとのスタンスであると述べました。

これから引けにかけて想定ポジションを解消することといたします。

それにしても波乱相場でのトレードはうまくいきますね。

こう短期でうまくいくと必ず
目先のお金を追う金の亡者となる投機家になってしまう人が出てきますが、
しかしこんな機会はそうそうないので、基本はじっとじっとの長期投資。

お忘れなく。

関連記事

大化け注目銘柄リスト2015年11月号

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

相場観とポジションフォロー

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

日経PERが割安!?笑止。あえてPERだけで投資するなら、PER10倍割れか、条件付き100倍越えだよ


おはようございます。
朝香です。

朝からなんですが、
投資という観点からは、
市場がどうなろうと構わない。

なぜなら、起こってから対処しても機動性の確保、
すなわち流動資金と統計・行動ファイナンスに基いたルールさえあれば、
他の投資家よりは優位に立てることができ、

その危機を
無知から知恵のあるものにマネーが移動する
ビッグチャンスにすることができる。

明日10月1日に日銀短観がありますが、
12月の日銀短観のほうが楽しみだな。

もしかすると、早くて12月や来年4月の日銀短観で、
長期で逆張りの買いサインが出るかもしれません。

社会が悲観に染まる経済指標が出るまで、
PERが割安だとか2007年に株を買って損した人々みたいなことを
してはなりませんよ。

ちなみに戦後のすべての株価の天底のPERを新刊に乗せました。
確かにPERは理論上では割安?なのかもしれないが、
理論と現実は違うんだな。

私は現実に起きている事が真実だと受け止めて投資をするので、
過去の相場で買ってよい低PERは10倍以下だけ、
あるいはPER100倍を超えテクニカルでの底サインのあるときだけと言いたい。

もちろん、未来では過去の統計値は役に立たないかもしれない。
それでも私は過去の相場の歴史で勝つ確率が相対的に非常に高い選択肢に
インベストし続ける。

焦らず、
ひきつけてひきつけて、
千載一遇のチャンスを待つことが肝要。

ささいな事を言えば、
自分が飲みたいお酒を我慢して、周りについで自分は最後に飲むという我慢ができる人、
と同時に
そういった行動の積み重ねが、自分を良くするリターンとして返ってくると過去の経験から認識している人、
故にまた色んな局面で我慢できる人、
そんな人が長い投資活動で楽せずだが、確実に勝つ人だろう。

価値あるものを激安で仕入れられれば、
売値を間違っても多少の儲けにはなるでしょう。

売りは難しい、買いは簡単。
その買い、特に長期での買いつけに成功しなければ、
ストックで儲けるのは厳しいかもしれない。

これからもっともおいしい局面を迎えるかもしれない
可能性の出てきた中で、
どうかそれまでみなさんが市場に残っている事を願いたい。

関連記事

FRB、利上げも地獄、利下げも地獄局面か


こんばんは。
朝香です。

今日のWBS、
みなさんご覧になりましたか?

アメリカの住宅価格の高騰を伝えていましたね。
今やアメリカの1/4の世帯が所得の半分を住宅費に充てており、
NYでも所得の40%が住宅費に消えているとか。

このブログでも、
春先から再三、

利上げなし→米国の資産バブル加速→住宅・車の融資の焦げ付き急増→世界経済の軸がなくなり、株急落

利上げあり→短期的には世界同時株安→不透明感の払しょくと米国の株・住宅価格の鎮静化→
ソフトランディング→底堅い米国経済、それに安心感の出た日欧の最後の資産上昇局面
(→もちろん、その後いつかは株急落・不景気の始まりは来るが)

というシナリオを述べ、
さっさと利上げして!
そうしないと中国バブル崩壊で利上げできなくなるかもしれないことにも触れてきました。

もはや、

利上げの可能性がないことをFRBが発言訂正する→短期的な安心感で世界中のリスク資産が買われる
→過熱していた米国の住宅市場が爆発する→もはや市場のコントロールは効かないハードランディング
→世界恐慌へ

強行して利上げを実施→短気では終わらない世界同時株安の引き金へ→日欧の緩和むなしく株急落

といった
進むも地獄、進まぬも地獄のような状態にFRBも陥ったのでは
と感じている。

こないだのイエレン議長の講演で、
脱水で顔色の冴えない言葉に詰まった状態が20秒も続いたと報道があったが、
脱水でなく進むも留まるも地獄の米国ならびに世界情勢への心労ではないかと思っている。

ここ最近まで表舞台に出ないで引き籠り、
出てきたと思えば弱弱しい姿と慎重な言い回しを考えているような発言と表情、
就任直後のイキイキした議長の姿はどこえやら。

まあ、外野なので好き勝手言って申し訳ないのだが、
金融世界の、しかも全世界の頂点に立つものなのだから、
しっかりドンっとドスを効かせて物言ってもしいものである。

※イエレン議長、今日の講演どうなりますことやら。


関連記事

チャイナショックはアラブショックまでの引き金になった「日経平均、700円を超える暴落」


こんにちは。
朝香です。

一時、日経平均は700円を超える急落となりました。

上海株の下げにつられたのですが、
サウジの資金引き揚げのニュース
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NVDQKU6S972A01.html
は世界の市場に悪影響を与えたものと思います。

この記事を参考に先に動いた人はよかったですね。
『アラブの富豪は言いました。「原油安でキャッシュ欲しくてさ」』
http://obakekabu.net/blog-entry-3881.html

投資の基本は
客観的な判断のできる数字を見る事ですが、

それに加えて、
情報の風上に立つことができれば、
より有利な投資判断ができるものと思います。

それにしても、
今の株価ボードを
笑顔で見ている人はどれほどいるでしょうか。

このままずるずる秋の大暴落となり、
不景気に突入してくれれば、
7年ぶりのバーゲンセールが訪れことになるかもしれませんね。

楽しみですね!

関連記事

お宝になる100円割れ企業、昨日の破たんした第一中央汽船のような紙くずになる株価100円割れ企業


おはようございます。
朝香友博です。

欧州市場でスイス資源大手のグレンコアが
商品安による今後の経営改善見込みが立たない中で、
高い債務懸念となり約30%の暴落しました。

日本は石炭などの海運、
東証1部の第一中央汽船が経営破たん。

キャタピラやコマツなどの決算をみていて、
十分に事前に予想できたことです。

また、株価は昨日の終値で28円でした。

前にも書きましたが、
確信のない100円以下企業への投資は
ギャンブルです。

もちろん、一方で100円割れ銘柄は
テンバガー、ハンドレッドバガ―になる銘柄を獲得する
チャンスでもあります。

そういうときは、
業界でほぼ絶対につぶれることはないとの
お墨付きがあるような企業ならいいでしょう。

しかし、それをわかるのは、
ご自身の業務に関連する業界か、
ある産業全体の企業関係像を業界関係者から学んで知っておく事が大事。

これがあるので、産業をそれぞれのテーマごとに開催し、
業界関係者が一堂に集う国際見本市のアドバイザーの仕事は抜けられません。
情報の宝庫ですからね。

いずれにしても、
業界の中で優位性のない100円割れ銘柄に投資するのはやめましょう。

逆に業界で商売ベタで財務悪いが、
地味にその企業の商品を社団法人の理事会社のほぼすべてが買っているなど
取引先の質と安定感の高さがある100円割れ企業をみつければ、

それは、お宝になる可能性が高いでしょう。
関連記事

相場観とポジションフォロー

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

相場観とポジションフォロー

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?