プロフィール

朝香友博

Author:朝香友博
成長企業アナリスト/投資家

 
大化け注目株リスト
 
大化け株の発掘!
 
「10倍株で勝つ」の関連資料!
 
サイト内検索
 
◎お問い合わせ先
 
スポンサード リンク
 
カテゴリ
ZEB (1)
   
リンク
 
RSSリンクの表示
 
最新コメント
 
月別アーカイブ
 
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 9933

紹介文:<内容>

☆『相場観とポジション』
相場のリスクオン・オフや
景気サイクルでの位置づけなどを、
長期、中長期、短中期、短期の視点から
国内外の200以上の金利や株価水準や
経済指標等により分析した記事



原則として
週次更新ですが、
相場の変動が激しい場合には、
短期デイリーベースで
相場観とポジションの更新
もしくはそれに準ずるフォローを
想定しています


なおその場合には、
相場観に付随して
短期相場情勢の「相場概況」や
軽い一言やつぶやきフォローなど、
簡潔にお届けする記事も
並行していくことがあります


当ブログでは、
中期は~3年、中長期は~5(-7)年、
長期は~10年、超長期は~20年、
短中期は~3年、短期は~1年の設定。

これは企業の中期経営計画が
概ね3年後を指す標準的な設定であり、
それと歩調を共にする
至極当然の設定であります。

中長期投資で最も大事な
時間を味方につけるという観点と
不況で買って好況序盤で買い増し、
好況絶頂で売り始めるという
運用サイクルの面からも、
重要な設定だと考えております。

よって、
デイトレ趣向の方や、
超短期トレードでは重要な
買値からたった8%マイナスで損切等の
スタンスの方にとっては
当ブログが馴染めないコンテンツと推察し、
別の参考資料やコンテンツを
お探しになることをお勧めいたします。


☆注目銘柄リスト
中長期成長株を基本に選定した企業の
注目ポイントと独自の割安度指標を掲載。
(不定期ですが原則1カ月に1度は更新予定)


※相場の状況により注目銘柄の更新が
無い月もございますが、
その場合には翌月等に更新した際に、
更新の無かった該当月の購読権利で
その内容をお読みできるような
対応をさせて頂きます。
(具体的には翌月や翌々月の更新時に、該当月の最終日の日付で更新時の記事をアップさせて頂くことで補填をさせていただきます)


☆その他
・チャート解説
・リスクオン・オフの実況解説
・国際見本市や世界での視察のこぼれ話
など、

なかなか無料記事では
全面的に公開して書けない話も
有料記事にてアップしていきます。


◎毎月の購読がお得です
単独記事をすべて別々に購読した場合は、
該当月でばらつきがありますが、
15,000~25,000円程度の価格ボリューム
となることが多く、

<月次購読の場合>
9,933円
とお得になっております。

なお、
通年での
継続読者特典・電撃企画(※)
なども近年行っております。

※どの特別企画も
単体記事を重ねて
購読頂けましたら、
後からでも閲覧自体は
「いつでも、どなたでも可能」
でありますが、
(月刊マガブロもしくは個別の月次該当記事を追ってすべて購入することで、不特定多数のすべての方が購入できる形式の特典であり、非公開・会員限定のようなものではありません)


ご継続いただいた方に
よりメリットが生じるような
企画も行っております。



<留意事項>
※当サイトは不特定多数の方への投資情報提供を目的するメディアであり、個別あるいは相対での投資助言に該当するようなメール等での投資判断に関する個別回答などは一切できませんので予めご了承下さい。また、販売する情報は、投資の勧誘を目的としたものではありません。その情報は利益をもたらすことを保証あるいは示唆するものではありません。株式投資は利益をもたらすこともあれば、逆に、大きな損失をもたらす可能性があります

※当マガブロ(電子雑誌・メディア)の販売はFC2社により行われており、FC2マガブロというブログ媒体で著名な公のサービスを利用して、どなたでも、随時の(継続もしくは単発記事による任意の)利用が可能です。なお、当マガブロは株価・経済・景気の分析手法を公開している著者書籍の袋とじのような延長線上の最新版として更新されており、その手法や内容の大筋などは当マガブロのサンプルという意味合いも兼ねて過去の書籍ですべての方がご参照いただけます
(参照:https://amzn.to/2zbIK6E)

※読者の個人情報や決済に関わるすべての情報はFC2社のみ保有しており、マガブロ発行者である当方は読者の一切の個人情報を保有しておりません。その他の参照:過去作成の有料購読詳細説明(http://obakekabu.net/blog-category-61.html)、FC2マガブロのお問い合わせ(https://form1ssl.fc2.com/form/?id=549552)、当ブログへのお問い合わせ(https://t-asaka.info/contact)


以上、
ご検討のほど
よろしくお願いいたします。

(2020年6月一部改訂・加筆)

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

アップルのソニー化


今日の日経ヴェリタス19面に
「米アップル成長減速
iPhone頼み限界
13年ぶり減収で株価軟調」
との記事があった。

なんだか最近のアップル見ていると、
ジョブズ氏の尊敬した井深・盛田両氏亡き後のソニーに
革新的な商品が出なくなったのと同じものを感じるのは私だけだろうか。

低価格帯やサービス課金で儲けるにしても、
それもジョブズ氏の遺産。

新世代のソフトスマホか自動運転自動車かVR端末辺りで
度肝を抜くイノベーションを期待したいところではありますが・・・

関連記事

注目継続36銘柄、注目除外18銘柄(11月リストのフォローとして銘柄名のみ)

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?
関連記事

相場観とポジション

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?
関連記事

今週のドル円チャートの攻防は重要

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?
関連記事

「金利」を見れば「景気」がわかる。「景気」がわかれば「投資」は成功する


金利を見れば投資はうまくいく


先ほど紹介したこちらの書籍。

214ページの
長短金利差、社債スプレッド、スワップスプレッド
をP指数に組み込み、

さらにその視点を応用して、
合理的な逆張りで「安く買って高く売る」朝香式・投資3原則

のように、
もっとストライクゾーンが明確になるよう、
かつ、本での検証が2000年以降と短かったため、
骨の折れる作業ですが
戦後のレートを突き合わせて研究中です。

また、74・75ページにあった銀行決算における
引当金も私の検証だと本書のとおりで売買すると
効果的かは疑問もありますが
(なので、214ページの投資環境スコアに入れてないのでしょう)、

同じ引当金を全く違う視点でリーチすると
興味深い結果を取れました。
まだ日米ともに2行ずつの決算しか追っていないので、
こちらはもう少し検証をしてみます。

株の全体市場での売買タイミングの見極めこそ、
債券やクレジットアナリストの意見を参考に行った方が、
手堅いような気もします。

いずれにしてもいいヒントをくれた良書に感謝したい。
ただし、これでマイナス金利の時代を読めるかどうか、
そればかりは先々でしかわからないでしょうね・・・

関連記事

金利を見れば投資はうまくいく


金利を見れば投資はうまくいく


おはようございます。
朝香です。

今朝はアマゾンにて頼んでおいた本書に目を通すことから始めました。
現在のP指数には本書でいう「長短金利差」は統計に組み込んでいないので、
今日はこのあたりの研究時間を頂ければと思います。

本書は最初のとっかかりは金利や景気の解説が容易で、

私の著書
合理的な逆張りで「安く買って高く売る」朝香式・投資3原則

と合わせてお読みいただけると相互補完する良書だと感じました。

自著でも、
金利が経済のすべてを動かす、
そして金利によってキャッシュポジションがバフェットの投資においても左右されることなどを
紹介したように、
金利を見ていれば相場から退場を迫られることはないでしょう。
(第1章 中学社会とバフェットでわかる金利の重要性などご参照ください)

帰りの機内で、
2012年のアベノミクス開始時に、
それまで世界指数と国内指数が半々であったP指数の算出割合を
国内要因を2/3に引き上げた事を反省しておりました。

半々のままなら、
現在のキャッシュポジションを12月中に実現することが
できていたからです。

一方で、
国内要因を上げたからこそ、
相場に乗ってこれたこともあり、
そこも譲れません。

機内で検討した結果としては、
リスクポジションの要因を世界市場と国内市場の半々に設定し、
売買比は国内要因を重視ということでバランスを取るP指数の改定を検討したいと思います。

そのうえで、
相場観とポジションを更新したいと思います。


関連記事

相場観とポジションフォロー③


17638円から1000円近く下げ、
再び値を戻してあげましたので
追記前の相場観フォロー②のポジションに戻しました。

今日は日銀政策決定会合があり、
わざわざ1日相場に張り付いてよかったと思います。

上がって売って、
下がって買って、
また上がって売って、

これは投資ではなく、トレードなので、
先日申し上げた通り、
一般の方は手出し無用だと思います。

手元にトラブルでPCがないため、
タブレットでうちのP指数くんならこう読むだろうと
推測しながらの売買を行ったわけですが、
そもそも生みの親は私ですから、
うまくいってよかったと思います。

しかし、
いずれ私のP指数も
AIが自分で改良してしまい、
今日のように私の脳みそで短期の荒波を乗りることができなくなるでしょうね。

その時代が到来するまでは、
それまで荒稼ぎしなければ!

そして、一方で
物事の本質を見極めて行う
長期投資を重視していかねば。

黒田総裁の会見を見る時間はないので、
そのあたりは日曜日に。

今日は最高の一日でした!

関連記事

冴えないモス、栄えるマック・ケンタッキー


※成長ノートで更新

オーストラリア・ゴールドコーストのモール内で
冴えないモス、それよりは栄えるマックを見た。
いずれにしても、
まだ街中をドローンが飛び回っていない限り、
このような現場調査などをしてAIに長期で勝っていきたいと思います。


関連記事

もはや市場はAIたちのやりたい放題時代を予感させる

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?
関連記事

先ほどの記事のフォロー

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?
関連記事