サイト内検索
 
書籍に関連した資料!
 
大化け注目株リスト
 
大化け株の発掘!
 
プロフィール

投資作家 朝香友博

Author:投資作家 朝香友博
産業・成長企業アナリスト

 
株ブログ・ランキング
にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
 
スポンサード リンク
 
カテゴリ
ZEB (1)
 
ブログ村の新着記事など
   
リンク
 
ヤフーカテゴリ・リンク
当ブログはヤフーカテゴリ登録サイト! Yahoo! JAPAN
 
急上昇の検索ワード
 
RSSリンクの表示
 
メールお問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

 
最新コメント
 
月別アーカイブ
 
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 9933

紹介文:<内容>

☆『相場観とポジション』
今週の相場は買いか?売りか?
国内外の140の指標により
ポジションを決定

※原則週末に更新ですが、
相場の変動が激しい場合には、
短期デイリーベースで
相場観とポジションの更新及び
フォローを想定しています

☆注目銘柄リスト
注目ポイントと独自の割安指標を掲載。
中長期成長株を基本に、
短期狙いのテクニカルや市況関連株
を選定。
(3カ月に一度は最低更新)

※その他、随時コメントを掲載
※相場の状況により、注目銘柄の
更新が無い月がある場合もございます
ので予めご了承ください
※有料購読の詳細説明
http://obakekabu.net/blog-category-61.html

☆朝香友博の1%の人とだけ
シェアしたい話(NEW)

なかなか無料記事では
全面的に公開して書けない話を
有料記事にてアップしていきます。

☆大化け株の予備軍
(好チャート株の復活企画)
短中長期テクニカルすべてで上昇基調、
かつ中長期で売り上げを伸ばしている企業の
チャートだけで注目銘柄をラインナップします。
(随時)


◎毎月の購読がお得です

<週毎>
相場観とポジション:2,484円
⇒月に4回で9,936円

<(最低でも)3カ月四半期毎>
注目銘柄リスト:19,800円
⇒1か月あたりで6,600円

なお、入れ替えがそれなりに発生、
あるいは新規注目が増えた時には、
臨時号を発行することがあります。
ただし、その際にも月次読者のみなさまの
9933円よりも高い値段で発行いたします。

<月次コスト比較>
単品購読の場合
9,936+6,600=16,536円
月次購読の場合
9,933円(40%OFF)

なお、相場や企業業績の変化に応じて、
「注目ポイント」や「好チャート株」、
「臨時の注目株リスト」を適宜有料記事にて配信し、

有料読者だけの
こぼれ話などもありますので、
月次購読が更にお得になります!

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

2016年のアジアショッピングモールの視察旅で最も未来を感じた会社

読者の方へのフォローです。
単体での閲覧は想定しておりませんが、
メディアのルール故。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

10倍株の新法則①

読者へのシェアです。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

【新版・テンバガーの卵】10倍株法則の再研究に入りました

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

久しぶりの日経平均下落

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

やはり来た、中小型株祭り

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

政府「正社員の副業後押し」容認で

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

Have a good Merry Christmas to everyone

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

ゆっくりと

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

相場観とポジションフォロー

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

自動車業界が日本の衰退したモバイル・家電業界化、着々と

米グーグルが最新型の自動運転車を公開 FCAと共同開発、「完全自動運転」が売り


いよいよ2017年は

EV×自動運転×サービス=自動車業界の付加価値

時代がより鮮明となるだろう。

グーグルから独立した事業会社同様に、
Uberとボルボの展開も本格化しそうだし、
テスラの開発も加速化してワクワクする状況になってきている。
日本にテスラ乗っていてもつまんないからと
オランダに住み着いてしまった投資仲間の話は以前紹介したとおり。

日本はZMPの上場が延期されてしまったが、
もはやこの分野で日本が先行していくことはほぼないだろうな。
そして、スマホのように
日本がサービスモデルを後手後手で踏んでいく。

14年に懸念した未来へ、
また一歩近づいている。
一応、日本人なので嬉しくはないが、
変化に鈍感な日本企業が残念でならない。

一方でEV・自動運転車になっても残る部分を積極的にM&Aしている
慧眼を感じる企業のニュースも新聞で書かれていることもあるので、
全滅しているわけではないし、そのような企業を支援すればよい。

少し話はずれて申し訳ないが、
マニラから先ほど戻ってきた。

そのマニラで、
現地の経済界ジュニアたちと今度はパタンガスに遊びに行こうと
いう話をした時に、
マニラから2時間内のリゾート地と高速ウェイを結んで、
そこは自動運転車(まだ完全ではないもの)専用レーンにして、
宴会しながら行きたいねという話で盛り上がった。

彼らはみな、
運転手を雇っているが、
渋滞のヒドイ、
マニラが嫌で嫌で仕方の無いようで、
せめて遊びに行く時には渋滞は嫌だねって話になるとともに、
現段階では小型機でいくのがベストだねって話にまとまったので、
やはりこっちの需要も伸びていくだろう。

いずれにしても何のための車か、
その意義を突き詰めていくと、
運転の楽しみではないと思うし、
納車まで2カ月かかるプロダクトより、
2時間で済む方を考えないと。

圧倒的に日本車の強いマーケットである
東南アジアですら、
超富裕層でなく、
一般の国民ばかりをみて商売をしていると、
競合と比べた時代感覚の差がますます広がるんだろうと危惧している。

その点、
従来の自動車メーカーの中では、
ダイムラーなども客の利便性を考えて合理的に開発した結果、
運転の自動化の試みを積極化できたのだろう。

いよいよ米では、
西海岸の先行するEV・自動運転に
懐疑的だった重厚長大的なイメージの車の街
デトロイトもいよいよ自動運転のテスト走行を認めた。

もはや、
もうこの流れは止まらない。
日本の自動車産業は世界の中軸から外れつつある。


関連記事