サイト内検索
 
書籍に関連した資料!
 
大化け注目株リスト
 
大化け株の発掘!
 
プロフィール

朝香友博

Author:朝香友博
産業・成長企業アナリスト

 
株ブログ・ランキング
にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
 
スポンサード リンク
 
カテゴリ
ZEB (1)
 
ブログ村の新着記事など
   
リンク
 
ヤフーカテゴリ・リンク
当ブログはヤフーカテゴリ登録サイト! Yahoo! JAPAN
 
急上昇の検索ワード
 
RSSリンクの表示
 
メールお問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

 
最新コメント
 
月別アーカイブ
 
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 9933

紹介文:<内容>

☆『相場観とポジション』
今週の相場は買いか?売りか?
国内外の140の指標により
ポジションを決定

※原則週末に更新ですが、
相場の変動が激しい場合には、
短期デイリーベースで
相場観とポジションの更新及び
フォローを想定しています

☆注目銘柄リスト
注目ポイントと独自の割安指標を掲載。
中長期成長株を基本に、
短期狙いのテクニカルや市況関連株
を選定。
(3カ月に一度は最低更新)

※その他、随時コメントを掲載
※相場の状況により、注目銘柄の
更新が無い月がある場合もございます
ので予めご了承ください
※有料購読の詳細説明
http://obakekabu.net/blog-category-61.html

☆朝香友博の1%の人とだけ
シェアしたい話(NEW)

なかなか無料記事では
全面的に公開して書けない話を
有料記事にてアップしていきます。

☆大化け株の予備軍
(好チャート株の復活企画)
短中長期テクニカルすべてで上昇基調、
かつ中長期で売り上げを伸ばしている企業の
チャートだけで注目銘柄をラインナップします。
(随時)


◎毎月の購読がお得です

<週毎>
相場観とポジション:2,484円
⇒月に4回で9,936円

<(最低でも)3カ月四半期毎>
注目銘柄リスト:19,800円
⇒1か月あたりで6,600円

なお、入れ替えがそれなりに発生、
あるいは新規注目が増えた時には、
臨時号を発行することがあります。
ただし、その際にも月次読者のみなさまの
9933円よりも高い値段で発行いたします。

<月次コスト比較>
単品購読の場合
9,936+6,600=16,536円
月次購読の場合
9,933円(40%OFF)

なお、相場や企業業績の変化に応じて、
「注目ポイント」や「好チャート株」、
「臨時の注目株リスト」を適宜有料記事にて配信し、

有料読者だけの
こぼれ話などもありますので、
月次購読が更にお得になります!

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

【人生をマジョリティで終えないために】ユニ・チャームのインドネシアでの失速とこれから10年の間違いない成長市場など

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

相場観とポジションフォロー

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

2015年8月25日の暴落の真っただ中に

こういう時には
狂って迷わず自分の志銘柄を思いっきり拾う好機!

と述べたことがありましたが、
当時のイチオシ注目銘柄が5倍株に。

5倍まで来れば、
ここから2倍になればテンバガー・・・
ということになる。

時は金なり。


関連記事

バブル経済が崩壊した直後の水準を回復!

日経ジャスダック平均株価、
25年半ぶり高値

という文字が大きく日経19面に出ています。
いいですね、
こういうムード!

関連記事

フリン大統領補佐官の問題に関して

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

最終的には事業の将来性を見極める自分目線が、新たなテンバガーへの未来を導く!

こんばんは。
朝香です。

今日、
数多くない「志」銘柄の決算発表がありました。

親日アジアで、
ロボットフードで期待しておりますが、
両方ともに100点満点!

夜間PTSで10~20%上昇しています。

比較的近刊で
2つとも取り上げておりますし、
IPO以来、
下がっても調整しても、
ありがたやと述べてきました。

ギャンブルや投機をしている方を除き、
株を投資として捉えて長期で結果を待った方は、
PTS価格の4~5倍株
でワクワクして頂けているのではないかと思います。

仕込み値にもよりますが、
ここから2倍で両銘柄ともにテンバガーを視野に入れました。

私は占い師でもなんでもないので、
損する会社ももちろんありますが、
一押し銘柄での結果実績だけを見て頂けましたら、
トランプ相場に対する楽観論も
それなりに耳を傾けて頂けましたらうれしいです。

もっとも、
99%が敵に回っても、
私は私の道を行きますけれど。

次の未来はこの2冊に詰めました。
それでも鵜呑みにはせず、
あくまで
「ここは朝香は違うんでは・・・」
(いいと思います!)
「これはわたしも共感できる」
(ぜひあなた目線でお願いします)
という会社があれば、
成功すれば1~2年、失敗しても10年のスパンで
長期投資にチャレンジしてみてください。


最高のバレンタインデイになりました。

これに満足することなく、
企業経営者に飽くなき成長を求めるように、
自分自身の成長にも限界を設けず、
これからも精進して参ります!


関連記事

相場観とポジションフォロー

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

NY市場、ダウ・ナスダック・S&P500の市場最高値更新続く

おはようございます。
朝香です。

今朝の米市場も続伸で返ってきました。
史上最高値、更新です。

日本市場も続きたいですね!


※おかげさまで無事に発売され、
ご丁寧にお便りを下さった方で、
コンビニ受取りで
今日からお読みいただく方もいらっしゃるようです。
ありがとうございます。

投機でないですし、
ギャンブルでもないですので、
焦らずじっくり自分目線で分析し
投資にご活用ください。


関連記事

いよいよ米国での勝負が始まる

こんにちは。
朝香です。

こちらのP188のフォローです。


やっといよいよ2月23日NY店がオープンします。
リリースには決算に与える影響は軽微となりますが、
米国での事業の成功が、
この会社のテンバガーの命運を握っていると、
約30Pに及ぶ分析で結論付けました。

直近の決算への影響は軽微でも、
10年目線での経営に与える影響は甚大なものになる、
とても重要な一歩です。

無印良品のインド1号店2号店に昨年フラッと行った折には、
大至急の待遇をいただき感謝しておりますが、
今回はNYですし、
本当にフラッと立ち寄ろうと思います。

まあ、
オープン当初では実態が透けてこないので、
しばらくしてからのほうがいいと思います。

無印良品も帽子×メガネをつけて
お忍びチェックもちゃんとしたので、
本で綴った温度感は実態を示していますのでフォローまで。

日経平均は19500円前後ではなかなか伸びてきませんね。
もし、
今日売りに回っている邦系の金融機関があれば、
私はそこをトランプ風に言えば、
売国奴としてみなしたいですね。
もっとも、
日経平均2万円までが仕込み時と考えると、
急騰しない方がチャンスが続いていいとも言えますが。

引き続き今後も花見の宴会の席で、
株高の美酒に多くの人が酔えるようなイメージを、
じっと待ちたいと思います。


関連記事

【いま仕込んでおくべき10倍株発売記念】日米同盟・経済新時代!日経平均もさっさと2万円を取り戻そう!そして、その先へ☆

こんばんは。
朝香です。

注目の日米首脳会談の中で起きた
北朝鮮のミサイルは日米の安保筋を強固にするプラスを生みましたし、
(共和党のほうが安保では日本にメリットが大きい)
私の好きな麻生先生とペンス副大統領との経済対話にも
これから期待したいところです。

そんな大きなニュースの中、
金融規制緩和に反対していたFRBのタルーロ理事が
辞任をすることになりました。

これは私の投資イメージには
大変喜ばしいニュースであります。

明日発売される新刊の2017年以降の投資戦略の
イメージに沿った動きに着々となっているかと思います。

・・・そういえば新刊ですが、
今日は所用で東京駅周辺にいましたが、
ほとんどの書店で目にしました。
ありがたいことに読者のみなさまより
うちの近所の書店にもありました!との
声も頂きありがとうございました。

いつもはアマゾンが早いのですが、
今回は本屋さんが早かったですね。
(知らなくて失礼しました)
アマゾン経由の方、あと数時間お待ちを。

さて、
詳しくは本の中身を
お読みいただきたいが、

そこまで円安が進まなくても、
フランスがEUから離脱することになっても、
最強のアメリカとそれと組む日本経済などの
親・自国ファースト市場(日本は事実上そうでしょうよ)の
先進国中間層を主役とした
バブっちゃおうぜ!の相場に向けて、
一歩一歩、
歩みを進めていると感じています。


こちらの35ページに強気な長期チャート分析がありますが、
日経平均の月足チャートの最新状況でも、
その上方レンジにきれいに乗っており、
37ページの想定に向けて気流の流れは変わらず。

金曜日に出来高を伴って上昇した日足も、
強気のサインを示している。

そして、
週足チャートは13週移動平均線に支えられ、
われらが日本株を買ってくださいよ,
と言わんばかりの好チャート!

キャプチャ4 

月・週・日足のすべてが整った今、
アクセルを踏まないわけがない。

2015年6月に跳ね返された日経平均21000円の壁。
むしろ、春の桜吹雪でこの壁をぶち壊す、
そんな相場を待望しようではないですか!

明日2万円をつけて世間が大騒ぎしても、
それは到達点でなく、ただの通過点。

それからが勝負!

世界の多くの知人から
Your Prime Minister Shinzo Abeの日米首脳会談は
素晴らしかったと
言わしめるトップがいる間に、
もう一度、
この国が産業用ロボット・AIを駆使してでも再び成長国となり、
日経平均2万円が激安だったと振り返ることのできる未来を、
われわれの未来を創造する好機を活かしたい。

出版の記念まで。

関連記事