サイト内検索
 
『短期で狙う2倍株』読者特典
 
「10倍株で勝つ」の関連資料!
 
大化け注目株リスト
 
大化け株の発掘!
 
プロフィール

朝香友博

Author:朝香友博
成長企業アナリスト/投資家

 
◎お問い合わせ先
 
スポンサード リンク
 
カテゴリ
ZEB (1)
   
リンク
 
急上昇の検索ワード
 
RSSリンクの表示
 
最新コメント
 
月別アーカイブ
 
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 9933

紹介文:<内容>

☆『相場観とポジション』
今週の相場は買いか?売りか?
国内外の140の指標により
ポジションを決定

※原則週末に更新ですが、
相場の変動が激しい場合には、
短期デイリーベースで
相場観とポジションの更新及び
フォローを想定しています

☆注目銘柄リスト
注目ポイントと独自の割安指標を掲載。
中長期成長株を基本に、
短期狙いのテクニカルや市況関連株
を選定。
(3カ月に一度は最低更新)

※その他、随時コメントを掲載
※相場の状況により、注目銘柄の
更新が無い月がある場合もございます
ので予めご了承ください
※有料購読の詳細説明
http://obakekabu.net/blog-category-61.html

☆朝香友博の1%の人とだけ
シェアしたい話(NEW)

なかなか無料記事では
全面的に公開して書けない話を
有料記事にてアップしていきます。

☆大化け株の予備軍
(好チャート株の復活企画)
短中長期テクニカルすべてで上昇基調、
かつ中長期で売り上げを伸ばしている企業の
チャートだけで注目銘柄をラインナップします。
(随時)


◎毎月の購読がお得です

<週毎>
相場観とポジション:2,484円
⇒月に4回で9,936円

<(最低でも)3カ月四半期毎>
注目銘柄リスト:19,800円
⇒1か月あたりで6,600円

なお、入れ替えがそれなりに発生、
あるいは新規注目が増えた時には、
臨時号を発行することがあります。
ただし、その際にも月次読者のみなさまの
9933円よりも高い値段で発行いたします。

<月次コスト比較>
単品購読の場合
9,936+6,600=16,536円
月次購読の場合
9,933円(40%OFF)

なお、相場や企業業績の変化に応じて、
「注目ポイント」や「好チャート株」、
「臨時の注目株リスト」を適宜有料記事にて配信し、

有料読者だけの
こぼれ話などもありますので、
月次購読が更にお得になります!

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

守破離、業績見通しによる株の売買とシステムトレードによる短期売買を否定してみる

今回の記事も半分は投資会のメンバー向け、
半分は自分の投資史における私的記録ですので、
悪しからず。

「業績見通しによる株の売買とシステムトレードによる短期売買を否定する」

現在の証券業界では、業績見通しによるファンダメンタル分析と、
システムトレードが主流のテクニカル分析があり、
この2大勢力がウォール街や兜町の主流であろう。

これを否定し、新たな境地を開くヒントをバフェットに求めた。

バフェットは師であるグレアムの教えを最初は忠実に守りつつも、
教えを取捨選択し、フィッシャーの考えにも触れ、
最後はオリジナルの投資にたどり着き、巨万の富を得た。

これはまさに手破離である。

「守」は、師についてその流儀を習い、その流儀を守って励むこと、

「破」は、師の流儀を極めた後に他流をも研究すること、

「離」は、自己の研究を集大成し、独自の境地を拓いて一流を編み出すこととされている。

私に置き換えると、
「守」
株人生の4/5をグレアムとバフェットのバリュー投資方法を実践し、
絶望は買いで、熱狂は売りという相場への逆行で
儲かる事を身に染みて体験してきた。
こちらに関しては、価値が価格の2分の1でも、
買った後にさらに半値になった事もあるが、
確かに長期的に儲かった。
半値になっている間は、
まだ若かったこともあり、2001年、2002年
などは本当に本来価値に株価が戻るのか不安で仕方がない時もあったが、
その勇気は確かに報われ、2005年~2007年にかけて、
驚異的な利回りを達成した。

しかし、その後、転機はリーマンショックに訪れた。
バリュー株ファンドの破産を目にして、
PERやファンダメンタル投資のもつ怖さも体感し、
別の方法にも目をむけた。

「破」
そして、空売りやトレードの研究を始め、
株人生の1/5は相場に従う事を身に着け、
そこそこ儲かった。
確かに超長期投資に比べて、損切りもバシバシやっていたので、
あまり不安も感じないし、利益も上がっているから
いいかなと思っていた。

しかし、今のやり方では、
昔のパフォーマンスに勝てないのではと、
先日の投資家との会合で壁にぶつかる。

「離」
そして、今年。
今まで学んだことをすべて活かし、
かつ驚異の資産構築をするために、
自分のやってきた投資感覚をすべて客観的に立証しつつ、
業績見通しによる株の売買とシステムトレードによる短期売買を全否定して出てきたのが、

テクニカル・バフェット理論。
「賢明なるテクニカル投資家」
というコンセプトだ。

バフェットは超偉大だ。
しかし、その投資理論で銘柄選びをするアナリストは多い。
これをすべて出し抜くには?

そして、バフェットの師であり、私の氏の師である片山先生やT氏の
原点でもある、
ベンジャミングレアムを黙らせるテクニカル理論は構築できないか?

それで、出てきた戦略が今検証している「テクニカルバフェット理論」だ。

先日、この理論に基づく過去の検証によれば、
今年一年間で2倍以上の上昇をした銘柄の51銘柄のうち、
70%にあたる35銘柄を見つけ出せたこととなった。
と述べたが、
現在はその10倍にあたる過去大化けした500銘柄でも
その理論で仕込むことの有効性を手にできた。

デフレ前のバブル時代の日本の相場時の銘柄も可能な限りチェックし、
その有効性を検証しています。
ちなみに、
投資期間はグレアムの保有期間の平均であった2年前後を見込んでいます。
これもグレアムが「チャートの売買をやる投機家は1年も待てない」という前提を覆すことで、
賢明なる投資家となるために必要な期間だと判断しました。

そして、見えてきた新手法の「安全域」

その手法で探した注目株を引き続きピックアップしながら、
今月中には投資理論をまとめつつ、
その手法は死ぬまであるいはバフェットのような超高齢になるまで
封印してその優位性が一日でも続くようにしたい。


私は、投機家でもトレーダーでもなく、
投資家に戻ります。
しかも、グレアムやバフェットが否定したテクニカルを使い、
ファンダメンタルの中でも業績による株価予測は一切排除した、
「賢明なるテクニカル投資家」になります。

というわけで、新年ゴルフも休んでいますが、
しばらく週末のゴルフも休止しますので、
こちらも悪しからず。

しかも、永久なる投資の優位性を保持するため、
投資会のみんなにも今回のルールは非公開にします。
先に言っておきますよ。
でも検証結果の1000銘柄(現在やっと500銘柄ね)のチャートは
持っていくので、それでご容赦を。

あと少しだ。
頑張ろう。
関連記事
コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する