プロフィール

朝香友博

Author:朝香友博
成長企業アナリスト/投資家

 
大化け注目株リスト
 
大化け株の発掘!
 
「10倍株で勝つ」の関連資料!
 
サイト内検索
 
◎お問い合わせ先
 
スポンサード リンク
 
カテゴリ
ZEB (1)
   
リンク
 
RSSリンクの表示
 
最新コメント
 
月別アーカイブ
 
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 9933

紹介文:<内容>

☆『相場観とポジション』
相場のリスクオン・オフや
景気サイクルでの位置づけなどを、
長期、中長期、短中期、短期の視点から
国内外の200以上の金利や株価水準や
経済指標等により分析した記事



原則として
週次更新ですが、
相場の変動が激しい場合には、
短期デイリーベースで
相場観とポジションの更新
もしくはそれに準ずるフォローを
想定しています


なおその場合には、
相場観に付随して
短期相場情勢の「相場概況」や
軽い一言やつぶやきフォローなど、
簡潔にお届けする記事も
並行していくことがあります


当ブログでは、
中期は~3年、中長期は~5(-7)年、
長期は~10年、超長期は~20年、
短中期は~3年、短期は~1年の設定。

これは企業の中期経営計画が
概ね3年後を指す標準的な設定であり、
それと歩調を共にする
至極当然の設定であります。

中長期投資で最も大事な
時間を味方につけるという観点と
不況で買って好況序盤で買い増し、
好況絶頂で売り始めるという
運用サイクルの面からも、
重要な設定だと考えております。

よって、
デイトレ趣向の方や、
超短期トレードでは重要な
買値からたった8%マイナスで損切等の
スタンスの方にとっては
当ブログが馴染めないコンテンツと推察し、
別の参考資料やコンテンツを
お探しになることをお勧めいたします。


☆注目銘柄リスト
中長期成長株を基本に選定した企業の
注目ポイントと独自の割安度指標を掲載。
(不定期ですが原則1カ月に1度は更新予定)


※相場の状況により注目銘柄の更新が
無い月もございますが、
その場合には翌月等に更新した際に、
更新の無かった該当月の購読権利で
その内容をお読みできるような
対応をさせて頂きます。
(具体的には翌月や翌々月の更新時に、該当月の最終日の日付で更新時の記事をアップさせて頂くことで補填をさせていただきます)


☆その他
・チャート解説
・リスクオン・オフの実況解説
・国際見本市や世界での視察のこぼれ話
など、

なかなか無料記事では
全面的に公開して書けない話も
有料記事にてアップしていきます。


◎毎月の購読がお得です
単独記事をすべて別々に購読した場合は、
該当月でばらつきがありますが、
15,000~25,000円程度の価格ボリューム
となることが多く、

<月次購読の場合>
9,933円
とお得になっております。

なお、
通年での
継続読者特典・電撃企画(※)
なども近年行っております。

※どの特別企画も
単体記事を重ねて
購読頂けましたら、
後からでも閲覧自体は
「いつでも、どなたでも可能」
でありますが、
(月刊マガブロもしくは個別の月次該当記事を追ってすべて購入することで、不特定多数のすべての方が購入できる形式の特典であり、非公開・会員限定のようなものではありません)


ご継続いただいた方に
よりメリットが生じるような
企画も行っております。



<留意事項>
※当サイトは不特定多数の方への投資情報提供を目的するメディアであり、個別あるいは相対での投資助言に該当するようなメール等での投資判断に関する個別回答などは一切できませんので予めご了承下さい。また、販売する情報は、投資の勧誘を目的としたものではありません。その情報は利益をもたらすことを保証あるいは示唆するものではありません。株式投資は利益をもたらすこともあれば、逆に、大きな損失をもたらす可能性があります

※当マガブロ(電子雑誌・メディア)の販売はFC2社により行われており、FC2マガブロというブログ媒体で著名な公のサービスを利用して、どなたでも、随時の(継続もしくは単発記事による任意の)利用が可能です。なお、当マガブロは株価・経済・景気の分析手法を公開している著者書籍の袋とじのような延長線上の最新版として更新されており、その手法や内容の大筋などは当マガブロのサンプルという意味合いも兼ねて過去の書籍ですべての方がご参照いただけます
(参照:https://amzn.to/2zbIK6E)

※読者の個人情報や決済に関わるすべての情報はFC2社のみ保有しており、マガブロ発行者である当方は読者の一切の個人情報を保有しておりません。その他の参照:過去作成の有料購読詳細説明(http://obakekabu.net/blog-category-61.html)、FC2マガブロのお問い合わせ(https://form1ssl.fc2.com/form/?id=549552)、当ブログへのお問い合わせ(https://t-asaka.info/contact)


以上、
ご検討のほど
よろしくお願いいたします。

(2020年6月一部改訂・加筆)

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

守破離、業績見通しによる株の売買とシステムトレードによる短期売買を否定してみる

今回の記事も半分は投資会のメンバー向け、
半分は自分の投資史における私的記録ですので、
悪しからず。

「業績見通しによる株の売買とシステムトレードによる短期売買を否定する」

現在の証券業界では、業績見通しによるファンダメンタル分析と、
システムトレードが主流のテクニカル分析があり、
この2大勢力がウォール街や兜町の主流であろう。

これを否定し、新たな境地を開くヒントをバフェットに求めた。

バフェットは師であるグレアムの教えを最初は忠実に守りつつも、
教えを取捨選択し、フィッシャーの考えにも触れ、
最後はオリジナルの投資にたどり着き、巨万の富を得た。

これはまさに手破離である。

「守」は、師についてその流儀を習い、その流儀を守って励むこと、

「破」は、師の流儀を極めた後に他流をも研究すること、

「離」は、自己の研究を集大成し、独自の境地を拓いて一流を編み出すこととされている。

私に置き換えると、
「守」
株人生の4/5をグレアムとバフェットのバリュー投資方法を実践し、
絶望は買いで、熱狂は売りという相場への逆行で
儲かる事を身に染みて体験してきた。
こちらに関しては、価値が価格の2分の1でも、
買った後にさらに半値になった事もあるが、
確かに長期的に儲かった。
半値になっている間は、
まだ若かったこともあり、2001年、2002年
などは本当に本来価値に株価が戻るのか不安で仕方がない時もあったが、
その勇気は確かに報われ、2005年~2007年にかけて、
驚異的な利回りを達成した。

しかし、その後、転機はリーマンショックに訪れた。
バリュー株ファンドの破産を目にして、
PERやファンダメンタル投資のもつ怖さも体感し、
別の方法にも目をむけた。

「破」
そして、空売りやトレードの研究を始め、
株人生の1/5は相場に従う事を身に着け、
そこそこ儲かった。
確かに超長期投資に比べて、損切りもバシバシやっていたので、
あまり不安も感じないし、利益も上がっているから
いいかなと思っていた。

しかし、今のやり方では、
昔のパフォーマンスに勝てないのではと、
先日の投資家との会合で壁にぶつかる。

「離」
そして、今年。
今まで学んだことをすべて活かし、
かつ驚異の資産構築をするために、
自分のやってきた投資感覚をすべて客観的に立証しつつ、
業績見通しによる株の売買とシステムトレードによる短期売買を全否定して出てきたのが、

テクニカル・バフェット理論。
「賢明なるテクニカル投資家」
というコンセプトだ。

バフェットは超偉大だ。
しかし、その投資理論で銘柄選びをするアナリストは多い。
これをすべて出し抜くには?

そして、バフェットの師であり、私の氏の師である片山先生やT氏の
原点でもある、
ベンジャミングレアムを黙らせるテクニカル理論は構築できないか?

それで、出てきた戦略が今検証している「テクニカルバフェット理論」だ。

先日、この理論に基づく過去の検証によれば、
今年一年間で2倍以上の上昇をした銘柄の51銘柄のうち、
70%にあたる35銘柄を見つけ出せたこととなった。
と述べたが、
現在はその10倍にあたる過去大化けした500銘柄でも
その理論で仕込むことの有効性を手にできた。

デフレ前のバブル時代の日本の相場時の銘柄も可能な限りチェックし、
その有効性を検証しています。
ちなみに、
投資期間はグレアムの保有期間の平均であった2年前後を見込んでいます。
これもグレアムが「チャートの売買をやる投機家は1年も待てない」という前提を覆すことで、
賢明なる投資家となるために必要な期間だと判断しました。

そして、見えてきた新手法の「安全域」

その手法で探した注目株を引き続きピックアップしながら、
今月中には投資理論をまとめつつ、
その手法は死ぬまであるいはバフェットのような超高齢になるまで
封印してその優位性が一日でも続くようにしたい。


私は、投機家でもトレーダーでもなく、
投資家に戻ります。
しかも、グレアムやバフェットが否定したテクニカルを使い、
ファンダメンタルの中でも業績による株価予測は一切排除した、
「賢明なるテクニカル投資家」になります。

というわけで、新年ゴルフも休んでいますが、
しばらく週末のゴルフも休止しますので、
こちらも悪しからず。

しかも、永久なる投資の優位性を保持するため、
投資会のみんなにも今回のルールは非公開にします。
先に言っておきますよ。
でも検証結果の1000銘柄(現在やっと500銘柄ね)のチャートは
持っていくので、それでご容赦を。

あと少しだ。
頑張ろう。
関連記事
コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する