サイト内検索
 
書籍に関連した資料!
 
大化け注目株リスト
 
大化け株の発掘!
 
プロフィール

朝香友博

Author:朝香友博
産業・成長企業アナリスト

 
株ブログ・ランキング
にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
 
スポンサード リンク
 
カテゴリ
ZEB (1)
 
ブログ村の新着記事など
   
リンク
 
ヤフーカテゴリ・リンク
当ブログはヤフーカテゴリ登録サイト! Yahoo! JAPAN
 
急上昇の検索ワード
 
RSSリンクの表示
 
メールお問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

 
最新コメント
 
月別アーカイブ
 
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 9933

紹介文:<内容>

☆『相場観とポジション』
今週の相場は買いか?売りか?
国内外の140の指標により
ポジションを決定

※原則週末に更新ですが、
相場の変動が激しい場合には、
短期デイリーベースで
相場観とポジションの更新及び
フォローを想定しています

☆注目銘柄リスト
注目ポイントと独自の割安指標を掲載。
中長期成長株を基本に、
短期狙いのテクニカルや市況関連株
を選定。
(3カ月に一度は最低更新)

※その他、随時コメントを掲載
※相場の状況により、注目銘柄の
更新が無い月がある場合もございます
ので予めご了承ください
※有料購読の詳細説明
http://obakekabu.net/blog-category-61.html

☆朝香友博の1%の人とだけ
シェアしたい話(NEW)

なかなか無料記事では
全面的に公開して書けない話を
有料記事にてアップしていきます。

☆大化け株の予備軍
(好チャート株の復活企画)
短中長期テクニカルすべてで上昇基調、
かつ中長期で売り上げを伸ばしている企業の
チャートだけで注目銘柄をラインナップします。
(随時)


◎毎月の購読がお得です

<週毎>
相場観とポジション:2,484円
⇒月に4回で9,936円

<(最低でも)3カ月四半期毎>
注目銘柄リスト:19,800円
⇒1か月あたりで6,600円

なお、入れ替えがそれなりに発生、
あるいは新規注目が増えた時には、
臨時号を発行することがあります。
ただし、その際にも月次読者のみなさまの
9933円よりも高い値段で発行いたします。

<月次コスト比較>
単品購読の場合
9,936+6,600=16,536円
月次購読の場合
9,933円(40%OFF)

なお、相場や企業業績の変化に応じて、
「注目ポイント」や「好チャート株」、
「臨時の注目株リスト」を適宜有料記事にて配信し、

有料読者だけの
こぼれ話などもありますので、
月次購読が更にお得になります!

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

10月7日からのシーテックに注目

2014年度は4Gによる通信環境が整備されてきているのですが、
いよいよ市場では5Gへの関心が高まりそうだ。

2020年のトラフィック1000倍
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1406/03/news133.html

にあったようにドコモは5Gに早くから取り組んでいる。
この展示会の併設展でもドコモのR&D部門が5Gのデモ展示をしていますが、
おそらくシーテックでもう少し踏み込んだ展示があるかもしれない。

NECなどベンダーの具体的な展示は来年か再来年になりそうだと思いますが、
前回の4Gに向けた設備投資では大化け株が生まれているので、
しっかり視察に行きたいと思います。

そのシーテックでもうひとつ見ておきたいのは、トヨタ。
6月末頃でしたか、トヨタはFCVを14年度中に700万円台で発売すると発表しています。
これは発売を前倒しにしており、やる気を感じます。
(ちなみに補助金も入れると実質600万程度で買える見込みで、
水素ステーションの設置も含め、安部内閣の全面サポートプロジェクトとなります)

自動車セクターのアナリストは、
2015年度中に500万程度の普及価格で売れなかったら、
世界の潮流に間に合わないと指摘していました。

私は自動車も液晶テレビ、ケータイ端末の二の舞になると思っていましたので、
あまりこのセクターに注目しておりませんでした。
(自動運転と通信の接点である部品セクターくらいは見てきましたが。)

このトヨタと日本政府の動きで私の関心は高まり、
さらには日本産業振興のために、この動きを支援しなければならないと感じ始めました。

この周辺の関連銘柄は全くのノーマークですので、
これも含めて10月のシーテックではしっかりと関係企業のヒアリングを
行ってきたいと思います。


関連記事
コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する