サイト内検索
 
書籍に関連した資料!
 
大化け注目株リスト
 
大化け株の発掘!
 
プロフィール

産業・成長企業アナリスト 朝香友博

Author:産業・成長企業アナリスト 朝香友博
産業・成長企業アナリスト

 
株ブログ・ランキング
にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
 
スポンサード リンク
 
カテゴリ
ZEB (1)
 
ブログ村の新着記事など
   
リンク
 
ヤフーカテゴリ・リンク
当ブログはヤフーカテゴリ登録サイト! Yahoo! JAPAN
 
急上昇の検索ワード
 
RSSリンクの表示
 
メールお問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

 
最新コメント
 
月別アーカイブ
 
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 9933

紹介文:<内容>

☆『相場観とポジション』
今週の相場は買いか?売りか?
国内外の140の指標により
ポジションを決定

※原則週末に更新ですが、
相場の変動が激しい場合には、
短期デイリーベースで
相場観とポジションの更新及び
フォローを想定しています

☆注目銘柄リスト
注目ポイントと独自の割安指標を掲載。
中長期成長株を基本に、
短期狙いのテクニカルや市況関連株
を選定。
(3カ月に一度は最低更新)

※その他、随時コメントを掲載
※相場の状況により、注目銘柄の
更新が無い月がある場合もございます
ので予めご了承ください
※有料購読の詳細説明
http://obakekabu.net/blog-category-61.html

☆朝香友博の1%の人とだけ
シェアしたい話(NEW)

なかなか無料記事では
全面的に公開して書けない話を
有料記事にてアップしていきます。

☆大化け株の予備軍
(好チャート株の復活企画)
短中長期テクニカルすべてで上昇基調、
かつ中長期で売り上げを伸ばしている企業の
チャートだけで注目銘柄をラインナップします。
(随時)


◎毎月の購読がお得です

<週毎>
相場観とポジション:2,484円
⇒月に4回で9,936円

<(最低でも)3カ月四半期毎>
注目銘柄リスト:19,800円
⇒1か月あたりで6,600円

なお、入れ替えがそれなりに発生、
あるいは新規注目が増えた時には、
臨時号を発行することがあります。
ただし、その際にも月次読者のみなさまの
9933円よりも高い値段で発行いたします。

<月次コスト比較>
単品購読の場合
9,936+6,600=16,536円
月次購読の場合
9,933円(40%OFF)

なお、相場や企業業績の変化に応じて、
「注目ポイント」や「好チャート株」、
「臨時の注目株リスト」を適宜有料記事にて配信し、

有料読者だけの
こぼれ話などもありますので、
月次購読が更にお得になります!

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

すき家9年ぶり高値圏『街ウォッチングの大切さ』と『あなたにとっての大化け株とは何なのか?』


すき家を運営するゼンショーホールディングスの
株価は9年ぶりの高値圏にあります。
ゼンショー株価急騰20151129


15年4~9月期の最終損益が24億の黒字に転換し、
10月の既存店売上高も前年同月比15%増となったためです。
需給の観点では現在でも0.2倍台の信用倍率が短期急騰を生んでいます。


この業績期間に私はすき家で何度か食事をしました。

4月12日には、
街ウォッチングにて~すき家編~
という記事の中で、

「報道で数字がダメだダメだと言われるような雰囲気でないすき家。
なぜなら、客に若い子が多い。

吉野家はサラリーマンが主体で、
店内の雰囲気が重い。
決して収入の多くないドンヨリしたサラリーマンが顧客。

でも、すき家にはなかなか楽しい話をしている学生が、
テーブルがある事もあって来ている。

落ち目の和民とも違う、
明るい雰囲気が店内にある。

景気の「気」が暖色か寒色か、
私の目に映る色がどちらかなのか、
これはウォッチングで重要な要素だ。

聞く耳を立てて申し訳ないが、
吉野家、松屋、すき家であえていくなら、
私はすき家の空間を選ぶな。

しかも、吉野家と違ってメニューが多かったのに、
これまで利益率も吉野家よりも良かったわけです。

競合よりも客層が広く未来を感じたすき家の
ネガティブニュースの現在の株価需給は逆日歩がついており、
VGSレシオは1.8で割高でないし、考えようによってはいいかもしれない。」


と紹介しておりました。
VGSレシオは割高でないという地味な特典コメントを見逃さなかった読者の方は、
よかったですね。

投資に勝つ最後の決め手は
自分の目、耳、鼻、手、口、そして足を使って、
市場とリアルのギャップを見つけて投資することが大事。

なお、オレンジの移動平均線は200日の移動平均線で、
これを支えに買い増した投資家の方は、
もっと儲けられたことでしょう。

その観点から申し上げれば、
ハイデイ日高、大丈夫かなあ?

※成長ノートに収録
武蔵小山上場小売店の景況感(ハイデイ日高の閑散)

ピーター・リンチはあなたに聞きます。
「自分の身近なもので好調な商品やサービスはありませんか?」
ウォーレン・バフェットはあなたに聞きます。
「その商品やサービスの優位性をあなたは理解できますか?」
続けてピーター・リンチはあなたに聞きます。
「では、それを私に1分で教えることはできますか」
ウォーレン・バフェットも続けて、あなたに聞きます。
「大衆はその会社の価値に気づいてないか、背を向けていますか?」
最後に、朝香友博はあなたにいいます。
「それがすべてイエスなら、その株こそあなたをお金持ちにするチケットです。
さあ、勇気を出すのです。
長期的な莫大な利益はその勇気と合理的かつ現場に基づいた分析が導いてくれるのだから。」


日替わり週替わり月替わりで発生する
大化け株は、
誰のもとにもやってくる。

それを勝ち得る

あなたが手にする
とっておきの大化け株は、
本来あなたの身近にある


に違いない。

関連記事
コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2015-11-29(12:03) [編集]
Re: タイトルなし
> 朝香様
>
> いつも楽しみにブログを拝読させて頂いております。
>
> 昨年 ご著書「10年目線で」がクリスマスに届いた際にコメントさせて頂いたものです。
>
> あの後、熟読してアートスパークHDを購入しました。
朝香さんの仰った「1年後のクリスマスプレゼントになるといいですね」というお言葉が、現実になりそうです。
>
> ご著書「10倍株で勝つ」に出会ったのが、昨年の夏。その時に本の教えに従って、「5997」「3067」他数点を購入。
>
> おかげさまで「5997」では、初めて2倍株を経験出来ました。また「3067」は、自分で購入した後に朝香さんの銘柄リストに登場したので、とても嬉しかったのを覚えています。(今年は、投資額の利回り30%位になりそうです。ありがとうございます。)
>
> 欲を言えば、ご著書やブログにもう少し早く出会えたら良かったのですが、
>
> そこは、教えに従い次のチャンスを待とうと思っています。
>
> さて、そろそろ売りの勉強もしていきたいと考えています。
>
>
> 朝香さんの売買サインが、例えば
>
> 現金:ポジション=30:70
>
> 買 : 売 = 70:30
>
> 資金1000万 の場合
>
> 買いは、1000×70%×70%=490
>
> 売りは、1000×70%×30%=210
>
> (この理解で間違いないでしょうか?)
>
> この場合、210を日経が高くなった時に、490分の上昇に対するヘッジとして例えば、日経ダブルインバース等を購入すれば良いのでしょうか?
>
> ご多忙だと存じます。お時間のある時で結構ですので、ご教授頂ければ幸甚です。宜しくお願い致します。

こんばんは。ご無沙汰しております。
昨年の12月14日の記事(http://obakekabu.net/blog-entry-3445.html)の方ですね。

また、
この1年の利回りがプラスで30%になりそうとのコメントも頂き、
ありがとうございます!

このブログでは株マガジンとして、
月刊週刊で銘柄のリリースをすることがありますが、
ご自身で勝つ方法や銘柄発掘を確立されることが一番です。
このブログはおじいちゃんになった時に、そのまま「伝記」になることが主目的ですが、
やはり書籍やマガジンの購読料が発生している以上、
読者の方の株で資産を増やすという目的に貢献できていることが何よりもうれしく存じます。

さて、ご質問の件でございますが、
売買の計算はそのとおりでございます。


次にP指数がマイナス圏内の時には
日経平均にも個別銘柄にも売りをしています。

なお、これには日経に連動するETFをお使いになるのがまずは基本となります。
2倍の値動きをするものをお選びになるのもいいと思いますが、
同水準で連動するか2倍動くかのどちらにするかは、
固有する銘柄が
大型株=同水準
中小型株か大型だが銀行株などでボラティリティが高い=2倍のダブルインバース等を使う
のがよろしいかと思います。

また、1年の中で、たまに緊急事態的に短期のリスクヘッジをすることがありますが、
そういう稀な時にはオプション取引なども経験を積まれながら加えていかれると
投資の幅が広がるかと存じます。

また、
売りの選定に関しては、

P指数がプラス圏内で売買比の買いが優勢の時には
基本的には超過熱か弱いままのチャートの個別銘柄を売っています。
ただし、全体相場が過熱しているときには過熱銘柄に日経平均を含みます。

あまりにもインバウンドかつ中国の熱がありすぎ、
バリュエーションも超割高だった日本空港ビルディングは4月初旬に注目し、
80万が50万に下落するなどしたのが唯一の公開事例ですが、
過熱銘柄はそこからさらに爆発上昇することもありますので、
長期の買い以外の武器は慎重に慎重を重ねてご検討ください。

また、売りは空売りという性質上、
あまりいいイメージもないので注目コメントを出すことは基本しておらず、
こちらもご理解を賜れますと幸いです。

なお、こちらのコメントは閲覧が管理者だけになっておりましたが、
公開しないとお答えできなかったため、
返信のインラインとなっております点のみご了承くださいませ。

投資作家 朝香友博 | URL | 2015-11-29(17:38) [編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
| | 2015-11-29(18:24) [編集]