サイト内検索
 
書籍に関連した資料!
 
大化け注目株リスト
 
大化け株の発掘!
 
プロフィール

産業・成長企業アナリスト 朝香友博

Author:産業・成長企業アナリスト 朝香友博
産業・成長企業アナリスト

 
株ブログ・ランキング
にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
 
スポンサード リンク
 
カテゴリ
ZEB (1)
 
ブログ村の新着記事など
   
リンク
 
ヤフーカテゴリ・リンク
当ブログはヤフーカテゴリ登録サイト! Yahoo! JAPAN
 
急上昇の検索ワード
 
RSSリンクの表示
 
メールお問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

 
最新コメント
 
月別アーカイブ
 
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 9933

紹介文:<内容>

☆『相場観とポジション』
今週の相場は買いか?売りか?
国内外の140の指標により
ポジションを決定

※原則週末に更新ですが、
相場の変動が激しい場合には、
短期デイリーベースで
相場観とポジションの更新及び
フォローを想定しています

☆注目銘柄リスト
注目ポイントと独自の割安指標を掲載。
中長期成長株を基本に、
短期狙いのテクニカルや市況関連株
を選定。
(3カ月に一度は最低更新)

※その他、随時コメントを掲載
※相場の状況により、注目銘柄の
更新が無い月がある場合もございます
ので予めご了承ください
※有料購読の詳細説明
http://obakekabu.net/blog-category-61.html

☆朝香友博の1%の人とだけ
シェアしたい話(NEW)

なかなか無料記事では
全面的に公開して書けない話を
有料記事にてアップしていきます。

☆大化け株の予備軍
(好チャート株の復活企画)
短中長期テクニカルすべてで上昇基調、
かつ中長期で売り上げを伸ばしている企業の
チャートだけで注目銘柄をラインナップします。
(随時)


◎毎月の購読がお得です

<週毎>
相場観とポジション:2,484円
⇒月に4回で9,936円

<(最低でも)3カ月四半期毎>
注目銘柄リスト:19,800円
⇒1か月あたりで6,600円

なお、入れ替えがそれなりに発生、
あるいは新規注目が増えた時には、
臨時号を発行することがあります。
ただし、その際にも月次読者のみなさまの
9933円よりも高い値段で発行いたします。

<月次コスト比較>
単品購読の場合
9,936+6,600=16,536円
月次購読の場合
9,933円(40%OFF)

なお、相場や企業業績の変化に応じて、
「注目ポイント」や「好チャート株」、
「臨時の注目株リスト」を適宜有料記事にて配信し、

有料読者だけの
こぼれ話などもありますので、
月次購読が更にお得になります!

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

原油は終値でも34ドル台に


米国原油の海外輸出解禁見込み、
一向に減産のない中東原油で、
リーマン後の最安値を目指す原油。

これが株安にもつながっているようですが、
長期的に見れば何度も言うようですが、
日本や中国などの消費国にとってはこんなありがたいことはない。

中国は4年半ぶりの元安による輸出力の強化、
原油安で為替で上昇する素材コストの相殺、
度重なる金融緩和で、消費主導の内需経済へ向けて歩みだしており、
8月9月にあれだけ世界の金融市場の癌となった中国にとっては長期的に好影響だとみておきたい。

日本も左を向けば中国、右を向けば北米の消費が堅調であれば、
日本経済にとっても恩恵が大きいだろう。

この原油やエネルギー価格の減速で怖いリスクがあるとすれば、
中東や新興国発のテロや紛争といったところはあるだろう。
貧しくなると衝突が多くなるし、やけくそ的な行動も出てくるかもしれない。

中東やロシアなどに限らず、
資源国である南アフリカの通貨ランド安は急速に進んでいるし、
トルコやマレーシアといったイスラム教国家の対外債務が大きいことも
ひょっとしたら何らかの導火線になることもあるかもしれない。

もっとも、
あるかどうかもわからないことが起きれば、
相場は暴落するが、

賢明なる投資家は、
それをリスクではなく、チャンスとして活かす好機にするので、
心配はいらないだろう。

いずれにしても、
今のところエネルギー純輸入国である日本国民の一人として、
この原油安を歓迎し、その気持ちをマネーに託して、
ありがたやありがたやと原油を買いたいと思う。


関連記事
コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
 

原油を買うとは?
朝香さんはじめまして。朝香さんの著書「テンバガー」・「投資3原則」を購読し、それ以来ブログも拝見させてもらっています。物事の本質を捉えたコメント、いつも勉強させてもらっています。

質問がございます。12/18付記事「原油は終値でも34ドル台に」に"原油を買いたい"とございますが、具体的にはどのような投資を指すのでしょうか?
また、原油そのものは商品である以上、ロールオーバーコストの負担を免れる術が無い様に思われますが、たとえ数年間に亘りロールオーバーコストを負担しても"原油を買いたい"という意味でしょうか。現在のコンタンゴ状態という前提での質問です。
DERA | URL | 2015-12-22(22:52) [編集]
Re: 原油を買うとは?
DERAさん、はじめまして。
平素はブログをお読みくださり、ありがとうございます!

さて、原油の取引ですが、
基本的にはご質問の通り、
ロールオーバーコストを負担しても買いたいということです。

ただ、
中小型の1.5~2倍以上を目指す大化け株ではありませんので、
2倍になれば御の字ですが、
最低限利回り8%以上が確実に出せればいいという感覚で見ています。

これは原油に限らず、
不動産でも何でも紙くずにならないものなら年利8%以上ならいっか・・・
という感覚があります。

さて、投資商品としてはETFになるかと思います。
ただし、リーマンショック後の最安値の更新となって、
33ドルから一気に下に暴落するときにはETN、商品先物も
短期での活用を想定して相場を張ってます。

一方で原油に権益を持つ上場企業の長期逆張りの検討も
おもしろいかもしれませんね。

ただ、商品自体はコストが現物株よりも割高な面はあるので、
あくまでも合格点は低く手堅く、
一方でそっから先の売りは散らして利は伸ばす。
売りの設定をどうするかでコスト面は変わってくるかと思いますが、
合格点を手堅くしておけば、案外急な急騰局面に遭遇したりして、
ほんとついてるな、「神様ありがとう」なんて思う局面にしばしば遭遇することがあります。

いずれにしても原油は腐るものでも倒産するものでもないので、
定期預金利回り8%商品として大変魅力に感じている次第です。

なお、フォローまでですが、
関連会社に化学メーカーを抱えていますので、
そちら向けに「今権益を買えよ、買えよ」と
プレッシャーを与える意味合いもあって、投稿回数が増えております。

以上、よろしくお願いいたします。



投資作家 朝香友博 | URL | 2015-12-23(09:18) [編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
| | 2015-12-24(08:39) [編集]