サイト内検索
 
書籍に関連した資料!
 
大化け注目株リスト
 
大化け株の発掘!
 
プロフィール

朝香友博

Author:朝香友博
産業・成長企業アナリスト

 
株ブログ・ランキング
にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
 
スポンサード リンク
 
カテゴリ
ZEB (1)
 
ブログ村の新着記事など
   
リンク
 
ヤフーカテゴリ・リンク
当ブログはヤフーカテゴリ登録サイト! Yahoo! JAPAN
 
急上昇の検索ワード
 
RSSリンクの表示
 
メールお問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

 
最新コメント
 
月別アーカイブ
 
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 9933

紹介文:<内容>

☆『相場観とポジション』
今週の相場は買いか?売りか?
国内外の140の指標により
ポジションを決定

※原則週末に更新ですが、
相場の変動が激しい場合には、
短期デイリーベースで
相場観とポジションの更新及び
フォローを想定しています

☆注目銘柄リスト
注目ポイントと独自の割安指標を掲載。
中長期成長株を基本に、
短期狙いのテクニカルや市況関連株
を選定。
(3カ月に一度は最低更新)

※その他、随時コメントを掲載
※相場の状況により、注目銘柄の
更新が無い月がある場合もございます
ので予めご了承ください
※有料購読の詳細説明
http://obakekabu.net/blog-category-61.html

☆朝香友博の1%の人とだけ
シェアしたい話(NEW)

なかなか無料記事では
全面的に公開して書けない話を
有料記事にてアップしていきます。

☆大化け株の予備軍
(好チャート株の復活企画)
短中長期テクニカルすべてで上昇基調、
かつ中長期で売り上げを伸ばしている企業の
チャートだけで注目銘柄をラインナップします。
(随時)


◎毎月の購読がお得です

<週毎>
相場観とポジション:2,484円
⇒月に4回で9,936円

<(最低でも)3カ月四半期毎>
注目銘柄リスト:19,800円
⇒1か月あたりで6,600円

なお、入れ替えがそれなりに発生、
あるいは新規注目が増えた時には、
臨時号を発行することがあります。
ただし、その際にも月次読者のみなさまの
9933円よりも高い値段で発行いたします。

<月次コスト比較>
単品購読の場合
9,936+6,600=16,536円
月次購読の場合
9,933円(40%OFF)

なお、相場や企業業績の変化に応じて、
「注目ポイント」や「好チャート株」、
「臨時の注目株リスト」を適宜有料記事にて配信し、

有料読者だけの
こぼれ話などもありますので、
月次購読が更にお得になります!

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

<朝香式投資3原則>書評掲載誌「投資手帖」・「ZAi」のご紹介

投資手帖 2016年 01 月号 [雑誌]


新年1月号に私の新刊「合理的な逆張りで「安く買って高く売る」朝香式・投資3原則」の
書評を取り上げていただいております。

週明けに発売されるZAiさんも10倍株で勝つ以来に、
新刊の「合理的な逆張りで「安く買って高く売る」朝香式・投資3原則

の書評があります。

ありがたいことです。
その掲載のほんのお礼として、少しご紹介を。

Zaiさんに関連して、
なんといっても私はこの本のバランスはよく、
株関連本を500冊以上見てきた私のベスト10に入る良書を出されています。


そして、投資手帖さんは、
なんとこれまで私の本のすべてを書評で取り上げていただいております。

実はこういった活動のすべてを私の投資先のPR会社にお任せしているのですが、
そこの社員の方から聞いた話。

最初に出した10倍株の法則(【テンバガー】10倍株で勝つ)を日本株式新聞社の社長さんが
「これは何十年と株を見てきたが、こんなにすごい法則はない」と
絶賛してくださっていたというエピソードを伺いました。

その印象もおありになってか(これはPR会社の感想)、
毎回の書評の掲載となっているようです。

そういうわけで心を込めてお返しです。

私の手元にはPR会社経由で、
本日発売の投資手帖
投資手帖 2016年 01 月号 [雑誌])がすでに手元にあります。

この中のご紹介を。

まず、62ページに次世代技術の話がありますが、
この関連銘柄は私もマークしています。

この技術は昨年に大阪であった繊維産業の国際会議で、
日本側が国内はもとより、米国、EU、中国、台湾、インドの協会会長に売り込んでいた技術。
会議ではユニ・チャームなどのユーザーの開発動向が注目を浴びたが、
この技術に関しても非常に高い関心が寄せられていた。

この会議はまだ外資系の産業PR支援会社にいた2006年当時に
東京で開かれた時の会長企業(非上場)のオーナーさんと交友があったので、
昨年オブザーバーとして参加させて頂いたのだが、
この62ページの技術は専門詩誌の記者懇親会でも話題になっており、
今年は業界的には常識、株式市場では新参者としてご紹介があり、
経済産業省も力を入れているので、チラ見しておくといいかもしれません。

11ページの新年の有望株、
下から4行目の漢字とカタカナの銘柄。
これはどこかのタイミングでご紹介しようと思っていたのですが、
この会社、ノーベル賞関連銘柄。
化学メーカーのそれなりの技術開発畑出身の人たちが、
『「漢字とカタカナの銘柄」はいつも必ずノーベル賞の授賞式に招待される
唯一の上場企業ではないでしょうか』
とおっしゃっている日本を支える優良株。次の暴落局面で買い入れるリストに入れています。

39ページのテーマ設定はおもしろい。
米利上げが正当化されるほど景気が本当に強ければという前提付きですが、
その前提が現実となればこの最後のテーマから大化け株が来年は続出するでしょう。

投資手帖 2016年 01 月号 [雑誌]手にしたものしかわからない朝香の特別解説でした!

※今回は出版社さんへ感謝の気持ちを込めた記事ですので、
読者の方にはご不便をおかけいたしますがご容赦を。

関連記事
コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する