サイト内検索
 
書籍に関連した資料!
 
大化け注目株リスト
 
大化け株の発掘!
 
プロフィール

産業・成長企業アナリスト 朝香友博

Author:産業・成長企業アナリスト 朝香友博
産業・成長企業アナリスト

 
株ブログ・ランキング
にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
 
スポンサード リンク
 
カテゴリ
ZEB (1)
 
ブログ村の新着記事など
   
リンク
 
ヤフーカテゴリ・リンク
当ブログはヤフーカテゴリ登録サイト! Yahoo! JAPAN
 
急上昇の検索ワード
 
RSSリンクの表示
 
メールお問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

 
最新コメント
 
月別アーカイブ
 
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 9933

紹介文:<内容>

☆『相場観とポジション』
今週の相場は買いか?売りか?
国内外の140の指標により
ポジションを決定

※原則週末に更新ですが、
相場の変動が激しい場合には、
短期デイリーベースで
相場観とポジションの更新及び
フォローを想定しています

☆注目銘柄リスト
注目ポイントと独自の割安指標を掲載。
中長期成長株を基本に、
短期狙いのテクニカルや市況関連株
を選定。
(3カ月に一度は最低更新)

※その他、随時コメントを掲載
※相場の状況により、注目銘柄の
更新が無い月がある場合もございます
ので予めご了承ください
※有料購読の詳細説明
http://obakekabu.net/blog-category-61.html

☆朝香友博の1%の人とだけ
シェアしたい話(NEW)

なかなか無料記事では
全面的に公開して書けない話を
有料記事にてアップしていきます。

☆大化け株の予備軍
(好チャート株の復活企画)
短中長期テクニカルすべてで上昇基調、
かつ中長期で売り上げを伸ばしている企業の
チャートだけで注目銘柄をラインナップします。
(随時)


◎毎月の購読がお得です

<週毎>
相場観とポジション:2,484円
⇒月に4回で9,936円

<(最低でも)3カ月四半期毎>
注目銘柄リスト:19,800円
⇒1か月あたりで6,600円

なお、入れ替えがそれなりに発生、
あるいは新規注目が増えた時には、
臨時号を発行することがあります。
ただし、その際にも月次読者のみなさまの
9933円よりも高い値段で発行いたします。

<月次コスト比較>
単品購読の場合
9,936+6,600=16,536円
月次購読の場合
9,933円(40%OFF)

なお、相場や企業業績の変化に応じて、
「注目ポイント」や「好チャート株」、
「臨時の注目株リスト」を適宜有料記事にて配信し、

有料読者だけの
こぼれ話などもありますので、
月次購読が更にお得になります!

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

黒田総裁の判断は英断だよ(続編)


土曜日の午前中に、そう言い切った続編。
http://obakekabu.net/blog-entry-4166.html

以下の点で私は黒田総裁の英断を支持する

・これは、賃上げへケツの重いトヨタへのケツたたきである。
前に東京五輪大化け株で書いたように、今回のアベノミクス最大の使命は、
「日本経済のデフレ脱却」であり、それには余剰資金による賃上げが欠かせない。
政府与党が産業界に要求している「賃上げ」を
中央銀行も促したことが私は日本経済の未来にとって、最も効果があると期待したい。

・市場が売り浴びせた補完的な緩和がむしろ私はよかったと思っている。
というのは、現在の日本市場に市場が期待していたバズーカ的な追加緩和を打つのは、
今ではないと考えていたからだ。
米利上げが行われた以上、日本は相対的に緩和の意味合いが強まっており、
本格的な追加緩和は次なる窮地に温存しておくべきだ。
これはEUのドラギ総裁のかじ取りと同じとみておいたほうがよい。
こんなタイミングで追加緩和を期待するのは、
給与をもらって運営しているサラリーマン金融関係者の利益から見た
勝手なポジショントークにすぎない

・私は黒田総裁は追加緩和も緩和補完もしないと考えていた。
追加緩和が12月にないと考えていた市場関係者の多くもそうでしょうし、
だからこそ中途半端との声が上がっているのだろう。
しかし、これが政府与党からのプレッシャーに押されてなされたと考えれば、
このアベノミクス相場は実質アベクロ連動相場であり、
来年夏の参院選を控えたアベノミクスの後方支援策として支持したい。
個別の株式を16年4月から売却するものの、
その売却期限を21年9月から26年3月に延長して実質緩和寄りの姿勢にしたことも
よかったと思っている。

・債券市場を中心にあった日銀限界説の払しょくを意図したこと。
より期間の長い国債の買いを対象とすることで大規模な買いを維持、
日本の長期金利の一段の低下期待や
REITに関しても買い入れ上限が発行済投資口の5%から10%に上がれば、
更なる金融相場への期待につながる。
(最も不動産価格は十分に上昇しており、春の賃上げが不発に終われば、
逆にバブル懸念になりかねないが)

・ISMの好不況の分岐点である50を割り込み、商品価格激安の中での米利上げが、
世界経済を不況に追い込む可能性
を皆さんは考えたことがあるだろうか?
もしそうなった場合に、
次のバズーカ緩和を打つための前段の準備として今回の補完は意味のあることだと受け止めている。
その時には、ドラギ総裁が導入したマイナス金利の異次元に日銀も足を踏み入れるかもしれない。

いずれにしても、
今回の金融市場にとっては中途半端な緩和補完措置でも、
実業界・産業界にとっては、来春の「賃上げへのケツたたき」につながると願いたい。

今回の日銀の補完で
政府・日銀一体による実業・産業界へ「賃上げ」の圧力をかけている事が、
最も私が黒田総裁の判断を英断と断言した理由だ。

関連記事
コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する