サイト内検索
 
書籍に関連した資料!
 
大化け注目株リスト
 
大化け株の発掘!
 
プロフィール

産業・成長企業アナリスト 朝香友博

Author:産業・成長企業アナリスト 朝香友博
産業・成長企業アナリスト

 
株ブログ・ランキング
にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
 
スポンサード リンク
 
カテゴリ
ZEB (1)
 
ブログ村の新着記事など
   
リンク
 
ヤフーカテゴリ・リンク
当ブログはヤフーカテゴリ登録サイト! Yahoo! JAPAN
 
急上昇の検索ワード
 
RSSリンクの表示
 
メールお問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

 
最新コメント
 
月別アーカイブ
 
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 9933

紹介文:<内容>

☆『相場観とポジション』
今週の相場は買いか?売りか?
国内外の140の指標により
ポジションを決定

※原則週末に更新ですが、
相場の変動が激しい場合には、
短期デイリーベースで
相場観とポジションの更新及び
フォローを想定しています

☆注目銘柄リスト
注目ポイントと独自の割安指標を掲載。
中長期成長株を基本に、
短期狙いのテクニカルや市況関連株
を選定。
(3カ月に一度は最低更新)

※その他、随時コメントを掲載
※相場の状況により、注目銘柄の
更新が無い月がある場合もございます
ので予めご了承ください
※有料購読の詳細説明
http://obakekabu.net/blog-category-61.html

☆朝香友博の1%の人とだけ
シェアしたい話(NEW)

なかなか無料記事では
全面的に公開して書けない話を
有料記事にてアップしていきます。

☆大化け株の予備軍
(好チャート株の復活企画)
短中長期テクニカルすべてで上昇基調、
かつ中長期で売り上げを伸ばしている企業の
チャートだけで注目銘柄をラインナップします。
(随時)


◎毎月の購読がお得です

<週毎>
相場観とポジション:2,484円
⇒月に4回で9,936円

<(最低でも)3カ月四半期毎>
注目銘柄リスト:19,800円
⇒1か月あたりで6,600円

なお、入れ替えがそれなりに発生、
あるいは新規注目が増えた時には、
臨時号を発行することがあります。
ただし、その際にも月次読者のみなさまの
9933円よりも高い値段で発行いたします。

<月次コスト比較>
単品購読の場合
9,936+6,600=16,536円
月次購読の場合
9,933円(40%OFF)

なお、相場や企業業績の変化に応じて、
「注目ポイント」や「好チャート株」、
「臨時の注目株リスト」を適宜有料記事にて配信し、

有料読者だけの
こぼれ話などもありますので、
月次購読が更にお得になります!

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

【今日は日経平均1000円高いくといいですね】前引け前に16600円台回復し、高値で引けた日経平均


最近、
前場に日経平均が上昇し、
後場に下落という流れが続いていますから、

メディアに出ているアナリストたちも、
この下げ相場の前場で「これが反転サインになりそう」と言って、
ここまで散々下げてきたわけですが、

今日は
「前場で上げて後場に失望というのがありますから、
注意は必要だとも思いますが」
とさすがに慎重コメント

こういうコメントを聞いていると、
1000円高で引けたりしてと思ったりしてしまいます。

株は総悲観の底値でみんなが投げ売りしてるときに買う時や
アベノミクス開始時のような順張りでみんなで買いましょうって時には、
コメントが好感されるのですが、

株の暴落局面で少数派コメントになると、
コメントへの反感が怖いが、
株のルールである「安く買って、高く売る」
の安く買うの好機をくれるわけですから、
下がれ下がれと願う事もまた一理ありかと思います。

株という市場の競技場では、
最後は少数しか勝たないで
富が上位で加速する資本主義という仕組みに生きてるんだから、
それは私のせいではない。

前回の相場時には、
そんな外野の声にも嫌気が指したので、
長期売りサインの初期点灯で
今よりアクセスあるブログをさっさとやめてしまったが、

今回はP指数という無機質な相棒がいるので、
相場の底まで歩んでみる過程を
綴っていきたいとは思っています。

後世、
読み物としてはおもしろくなるような展開に
できるよう頑張りたい。

ちなみに、
私の予測は諸々の説明から
中長期の暗い暗い下落トレンド入りとの判断ですが、

予測なんてものは重要でなく、
相場が動いた1秒後の
相場のありのままを測ってどう対処するかだけが重要。

先日も日経平均上昇に転じるサインのチェック点なども
お伝えした通り、
日経平均2万円が起こりうることだってしっかり視野に入れてますよ。

今はまだ2つの武器の長期売りサインと
公開していない米国金利売りサインの点灯などで、
下落優位と見ていますが、
できれば、
そりゃ上昇フィナーレだと強く認識した局面(投資原則売りサイン点灯)
でまだまだ売りたいですよ。

ここまでテンバガーも続いてくれて、
そこそこの美人投票で美人とダンスをしてきたが、
日経平均が22000円とか23000円とか30000円とかになってくれれば、
最後のダンスをミス・ワールドと情熱的に踊り切った気分で終われるだろう。

ただ、
上がっても売り下がっても「2016年は売りの年」
と有料でも無料記事でもこれだけは明確に言ってきましたから、
今年は「どこでいかに売っていくか」、
これを見定め続けることに尽きると思っています。

今はその大局観(大局観は主観ではなく、様々な指標の分析値)に従って、
踊りたくない相手ともダンスをしているわけです。
踊り続けていれば、
その先の先の先の先でドストライクの美人が現れると信じているから。

それにしても、
こういう難しい相場になると、
断面的にしか相場を見れない方の質問が大変なので、
そういった方は不景気に買って十分利が乗っている株を売るか、
長期上昇後に買った方はさっさと損切って、
次の不景気のどん底買いを待っていれば、
次の上昇相場でそんな損あっさり取り戻しますから!
もっとも、この前提として長期投資ですから、
それまで生きていればという話だと思いますが、シビアに見れば。

さて、そうではなくて、
あくまでこの難局を挑もうという人は
豊臣秀吉の二枚舌外交のような思考・行動のできる方
でなければなりません。

昨日、底値で日経平均を少し拾い、
今日も寄付きから動いていますので、
今日は「いけいけ、ゴーゴー、日経平均!」と応援している訳です。

といっても、キャッシュポジションを崩してまで
リスクも取っていませんが。
真意はすべてを読んでいる読者の方のみぞ知る。

株という資本主義の典型的な世界に生きている方で、
無料の情報だけを見て判断している方というのは、
よっぽど公開記事の裏まで読み切れる切れ者か
その矛盾に気付かない方かなのだろう。
(私が投資を始めた頃を考え、
学生さんに考慮して公開記事もあげていきたいと思いますよ。
時間はあると思いますから更新後早く読んでくださいね。
下落トレンドは好感されないので、
公開後にクローズしていってますから)

今日は1000円高まで突き抜けないかなあ、
日経平均。

我々は稼ぐために市場にいる。
そして、
もっと先にある暴落相場で大人買いする資金を増殖させ、
日本の未来を創ってほしい会社を応援する。

ただ、それだけだ。

関連記事
コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する