サイト内検索
 
書籍に関連した資料!
 
大化け注目株リスト
 
大化け株の発掘!
 
プロフィール

産業・成長企業アナリスト 朝香友博

Author:産業・成長企業アナリスト 朝香友博
産業・成長企業アナリスト

 
株ブログ・ランキング
にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
 
スポンサード リンク
 
カテゴリ
ZEB (1)
 
ブログ村の新着記事など
   
リンク
 
ヤフーカテゴリ・リンク
当ブログはヤフーカテゴリ登録サイト! Yahoo! JAPAN
 
急上昇の検索ワード
 
RSSリンクの表示
 
メールお問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

 
最新コメント
 
月別アーカイブ
 
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 9933

紹介文:<内容>

☆『相場観とポジション』
今週の相場は買いか?売りか?
国内外の140の指標により
ポジションを決定

※原則週末に更新ですが、
相場の変動が激しい場合には、
短期デイリーベースで
相場観とポジションの更新及び
フォローを想定しています

☆注目銘柄リスト
注目ポイントと独自の割安指標を掲載。
中長期成長株を基本に、
短期狙いのテクニカルや市況関連株
を選定。
(3カ月に一度は最低更新)

※その他、随時コメントを掲載
※相場の状況により、注目銘柄の
更新が無い月がある場合もございます
ので予めご了承ください
※有料購読の詳細説明
http://obakekabu.net/blog-category-61.html

☆朝香友博の1%の人とだけ
シェアしたい話(NEW)

なかなか無料記事では
全面的に公開して書けない話を
有料記事にてアップしていきます。

☆大化け株の予備軍
(好チャート株の復活企画)
短中長期テクニカルすべてで上昇基調、
かつ中長期で売り上げを伸ばしている企業の
チャートだけで注目銘柄をラインナップします。
(随時)


◎毎月の購読がお得です

<週毎>
相場観とポジション:2,484円
⇒月に4回で9,936円

<(最低でも)3カ月四半期毎>
注目銘柄リスト:19,800円
⇒1か月あたりで6,600円

なお、入れ替えがそれなりに発生、
あるいは新規注目が増えた時には、
臨時号を発行することがあります。
ただし、その際にも月次読者のみなさまの
9933円よりも高い値段で発行いたします。

<月次コスト比較>
単品購読の場合
9,936+6,600=16,536円
月次購読の場合
9,933円(40%OFF)

なお、相場や企業業績の変化に応じて、
「注目ポイント」や「好チャート株」、
「臨時の注目株リスト」を適宜有料記事にて配信し、

有料読者だけの
こぼれ話などもありますので、
月次購読が更にお得になります!

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

どうしても株を買わなくてもいい人は、もう逃げた方がいい(日経CNBCコメンテーター)


先ほど日経CNBCの岡村さんが、
そのようにおっしゃいました。

1月は割安とか市場がおかしいとか
出演している証券会社の人たちと合唱して
あれだけおっしゃってましたやん。

まだ日経平均は16000円以上でリーマン・ショック後の2倍程度の利回りがとれる時期に、
岡村さんがそこまでおっしゃったことは評価には値するとは思いますが、
メディアでさらっと発言修正することは簡単かもしれません・・・
しかし、
1月のご意見を参考に
売らないでいた個人投資家は大変な状況だと思いますよ。

私だって相場で負けることもあるし、失敗もする。
でも、そんなときは「ごめんなさい」ってお伝えさせていただきますし、
そうしないと信じてついてきた方に失礼だと個人的には思います。
(もっとも、投資は自己責任なので、すべて最後は決断した投資家の責任で、
人のせいにばかりにする独立独歩でなく投資家に値しないような人も
どうかとも思いますが)

これは07年から08年にかけて
私がメディアに出ている証券アナリストやコメンテーターに抱いた単純な印象と
同じことが今年もまた繰り返されています。

間違うことは当然仕方がないとしても、
そのあとに何事もなかったかのように振る舞えば、
そこにはペッパーが座ることになるのでは。

ここ数年、移動中にCNBCを見ることもなかったですが、
今年は昨年末に大局観を出してからは、
どこに個人投資家のマジョリティが方向づけされているのかを確認するために、
移動中の車内でもCNBCをつけてチェックしてきました。

フィンテックの登場で、
金融業界でも危機感をもった正常な感覚の方も魅力的な方も大勢います。
そのような方がメディアに出てくれるとうれしいのですが、
そのような方だからメディアに出ないのでしょう。
特に電波には。
難しいところです・・・


関連記事
コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する