サイト内検索
 
書籍に関連した資料!
 
大化け注目株リスト
 
大化け株の発掘!
 
プロフィール

産業・成長企業アナリスト 朝香友博

Author:産業・成長企業アナリスト 朝香友博
産業・成長企業アナリスト

 
株ブログ・ランキング
にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
 
スポンサード リンク
 
カテゴリ
ZEB (1)
 
ブログ村の新着記事など
   
リンク
 
ヤフーカテゴリ・リンク
当ブログはヤフーカテゴリ登録サイト! Yahoo! JAPAN
 
急上昇の検索ワード
 
RSSリンクの表示
 
メールお問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

 
最新コメント
 
月別アーカイブ
 
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 9933

紹介文:<内容>

☆『相場観とポジション』
今週の相場は買いか?売りか?
国内外の140の指標により
ポジションを決定

※原則週末に更新ですが、
相場の変動が激しい場合には、
短期デイリーベースで
相場観とポジションの更新及び
フォローを想定しています

☆注目銘柄リスト
注目ポイントと独自の割安指標を掲載。
中長期成長株を基本に、
短期狙いのテクニカルや市況関連株
を選定。
(3カ月に一度は最低更新)

※その他、随時コメントを掲載
※相場の状況により、注目銘柄の
更新が無い月がある場合もございます
ので予めご了承ください
※有料購読の詳細説明
http://obakekabu.net/blog-category-61.html

☆朝香友博の1%の人とだけ
シェアしたい話(NEW)

なかなか無料記事では
全面的に公開して書けない話を
有料記事にてアップしていきます。

☆大化け株の予備軍
(好チャート株の復活企画)
短中長期テクニカルすべてで上昇基調、
かつ中長期で売り上げを伸ばしている企業の
チャートだけで注目銘柄をラインナップします。
(随時)


◎毎月の購読がお得です

<週毎>
相場観とポジション:2,484円
⇒月に4回で9,936円

<(最低でも)3カ月四半期毎>
注目銘柄リスト:19,800円
⇒1か月あたりで6,600円

なお、入れ替えがそれなりに発生、
あるいは新規注目が増えた時には、
臨時号を発行することがあります。
ただし、その際にも月次読者のみなさまの
9933円よりも高い値段で発行いたします。

<月次コスト比較>
単品購読の場合
9,936+6,600=16,536円
月次購読の場合
9,933円(40%OFF)

なお、相場や企業業績の変化に応じて、
「注目ポイント」や「好チャート株」、
「臨時の注目株リスト」を適宜有料記事にて配信し、

有料読者だけの
こぼれ話などもありますので、
月次購読が更にお得になります!

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

合理的な逆張りで「不景気」で買って「好景気」で売る!朝香式投資3原則のフォロー記事


合理的な逆張りで「安く買って高く売る」朝香式・投資3原則


>株初心者Tさま

【テンバガー】10倍株運用入門 まずは2倍株で勝つ
を新たにお買い求め下さり誠にありがとうございました。


このブログのコア読者の方々からは、
10倍株で勝つよりも
買いの対象と売り時がわかりやすい・運用面で活かせる・見直しやすい
との声を頂いておりますが、類書であることは違いありません。
私の本棚の目線上にあるのがこちらの2倍株の方なので、
こちらのほうが実用的であるかとは思います。

さて、3原則へのコメントを
こちらでフォローをさせて頂き、コメントの返信とさせて頂きます。

日銀の利上げがない以上、
それがおこなわれた後でなければ、
原則①の長期買いサインが点灯することはありません。
このままずるずるそれがないまま、金利は下げていきそうです。

実際に、
原則の①も91年~00年の金利が9年にも渡ってずるずる下げていく中では、
66年の検証期間で唯一のマイナスの成績となっております。
今後、マイナス金利がずるずる下げるようであれば、
原則①の2回目の有効でない期間に突入するのかもしれません。

なお、現在は武器①、④にて売りサインが2015年4月に点灯済みですので、
8つのルールのうち2つが売りという事で、
この本だけでも25%のキャッシュポジションが最低限あればと願っております。
この武器①は原則①に利回りで劣るものの、過去外れなしの優れものなので、
Tさまの運用に少しでも活かされて頂けますと幸いです。
なお、武器①による買いはまだ到来しておりません。

また、
この本では超長期の売買ルールに関して、
米国の金利の読み解くルールだけ、
私の競争優位を保つために割愛したことは申し訳ございませんが、
そのサインが出たことは米利上げ後フォローさせて頂きましたし、
私のP指数(相場の体温計)から
それ以外の超長期の高確率なものを8つ抜粋してご紹介しております。

私がいち読者に回った時に、
「これで株はすべてうまくいく」とか
「全部教えます」というのが死ぬ前の人以外は、
うそくさいと思いながら読んでいたので、
ご理解を賜れますと幸いです。

また、実際には、
短期・中期・長期・超長期の150程度の売買ルールを
コンピューターに勘案させ、
日々の相場の体温を計測しております。

リーマン・ショック前は超長期の売買ルールしかなかったので、
今は日々P指数が次の底までに
機能し続けるかテスト・研究しているような段階です。
(cf:相場の体温計P指数 http://obakekabu.net/blog-entry-4356.html)

まだ私自身がプレイヤーなので、
すべてを公開することはできませんが、
この本をむしろ起点にして、
ご自身で色々と相場を研究されると
これからの相場人生が楽しくなると思います。
株人生のご武運を祈っております。
関連記事
コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2016-02-09(22:16) [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2016-02-09(23:29) [編集]
Re: フォロー記事をありがとうございました。
>株初心者Tさま

コメント拝読させて頂きました。
私も12月1月で保有銘柄の1/3を処分しました。
もし、再度の株高シナリオと転じそうな仕込みの際には、
残りを買い増しして臨むか、
これを機会に全上場企業の決算書を見直しているので、
新たな銘柄群に対象が変わる可能性もありますが、
応援している企業への投資は不変でしょう。

市場は楽しく魅力的なものなので、
そうではないときはお休みし、
不景気・悲観まっただなかで、拾う合理的な勇気を持ってみてください。

当たり前ですが、買値が安いと、暴落も楽しめるものです。
いつかその日が来るまでぜひ諦めずに学習を続け、
チャンスをうかがってみてください。


投資作家 朝香友博 | URL | 2016-02-10(08:13) [編集]
Re: ありがとうございます
>大きな目標のもと株式取引を勉強されておられる経営者様

「おかげさまで株式投資の最高の勉強になっています」
とのコメントありがとうございます。
また、志に共感下さりうれしく存じます。

朝起きて朝日と共にコメント拝読させて頂いたのですが、
「よし、株式投資社会の役に立つよう何を言われてもがんばるか」
と思い、いつも以上に朝日が気持ちよく感じた次第です。
どうやら、私はAIでなく、全うな人間のようです!

やっぱり応援コメントや有益性を評価いただけると
張り合いが出てうれしいものです。

激励と応援に心より御礼申し上げます。

投資作家 朝香友博 | URL | 2016-02-10(08:21) [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2016-02-12(14:09) [編集]
Re: タイトルなし

ご丁寧にありがとうございます。
管理人にのみのメッセージで頂戴しておりましたが、
下記オープンにてご返信させて頂きましたことをご了承ください。

理由は、
どうしても10倍株の方が売れるのが世の習いですが、
私も浅はかに出してしまったので、
それを緊急フォローする形で出したのが2倍株で勝つで、
T様のご感想をほかの方もご拝読頂きたいなと思いまして。

相場の格言なんてものは無責任で、
利食い千人力というくせに、
一方ではできるだけ利を伸ばせという。

私はそういう矛盾に悩まされた時代があるので、
長期投資も日々のポジションも淡々と合理性に従って動いており、
2倍株で勝つの方がわかりやすいかと著者自身は思っております。

なお、後半のストーリーは、
ごく一部の方以外には不評で、
いかに私に文才がないかよくわかったのですが、
リアルをもとに作っているので、笑ってお読みいただけますと幸いです。
うれしいメッセージありがとうございました!

> お世話になっております。
>
> 昨日、2倍株が届きました(^_^)
>
> まだ、目次と一章のあたりまでしか読んでませんが、今私が直面している疑問や仮説に対する知見がふんだんに盛り込まれており、もっと早く購入しておくべきだったと、正直、思いました。
>
> 幸い、来週は緩めの海外出張で、本を読む時間がいつもより採れそうですので、熟読させていただきたいと思います。
>
> よろしくお願いします。
投資作家 朝香友博 | URL | 2016-02-12(14:26) [編集]