サイト内検索
 
書籍に関連した資料!
 
大化け注目株リスト
 
大化け株の発掘!
 
プロフィール

産業・成長企業アナリスト 朝香友博

Author:産業・成長企業アナリスト 朝香友博
産業・成長企業アナリスト

 
株ブログ・ランキング
にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
 
スポンサード リンク
 
カテゴリ
ZEB (1)
 
ブログ村の新着記事など
   
リンク
 
ヤフーカテゴリ・リンク
当ブログはヤフーカテゴリ登録サイト! Yahoo! JAPAN
 
急上昇の検索ワード
 
RSSリンクの表示
 
メールお問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

 
最新コメント
 
月別アーカイブ
 
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 9933

紹介文:<内容>

☆『相場観とポジション』
今週の相場は買いか?売りか?
国内外の140の指標により
ポジションを決定

※原則週末に更新ですが、
相場の変動が激しい場合には、
短期デイリーベースで
相場観とポジションの更新及び
フォローを想定しています

☆注目銘柄リスト
注目ポイントと独自の割安指標を掲載。
中長期成長株を基本に、
短期狙いのテクニカルや市況関連株
を選定。
(3カ月に一度は最低更新)

※その他、随時コメントを掲載
※相場の状況により、注目銘柄の
更新が無い月がある場合もございます
ので予めご了承ください
※有料購読の詳細説明
http://obakekabu.net/blog-category-61.html

☆朝香友博の1%の人とだけ
シェアしたい話(NEW)

なかなか無料記事では
全面的に公開して書けない話を
有料記事にてアップしていきます。

☆大化け株の予備軍
(好チャート株の復活企画)
短中長期テクニカルすべてで上昇基調、
かつ中長期で売り上げを伸ばしている企業の
チャートだけで注目銘柄をラインナップします。
(随時)


◎毎月の購読がお得です

<週毎>
相場観とポジション:2,484円
⇒月に4回で9,936円

<(最低でも)3カ月四半期毎>
注目銘柄リスト:19,800円
⇒1か月あたりで6,600円

なお、入れ替えがそれなりに発生、
あるいは新規注目が増えた時には、
臨時号を発行することがあります。
ただし、その際にも月次読者のみなさまの
9933円よりも高い値段で発行いたします。

<月次コスト比較>
単品購読の場合
9,936+6,600=16,536円
月次購読の場合
9,933円(40%OFF)

なお、相場や企業業績の変化に応じて、
「注目ポイント」や「好チャート株」、
「臨時の注目株リスト」を適宜有料記事にて配信し、

有料読者だけの
こぼれ話などもありますので、
月次購読が更にお得になります!

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

投資の巨人は皆が怯えるときにキャッシュを動かす


今日の日経ヴェリタス46面にバフェットの記事が。

16日に開示された保有株式によれば、
昨年春の45ドルから15ドルに株価の急落した石油・天然ガスパイプライン大手、
米キンダー株を約450億円。

さらには石油精製のフィリップス66を5000億円投資した後、
さらに買い増していることがあきらかになった。

ここから読み解けるのは、
バフェットが今後10年はまだまだ石油依存が米国で続き、
今の金額なら支払う価格よりも将来得る金額が大きくなるという価値を手にしたと判断したと言える。

資産を大きく伸ばすものは、誰かがキャッシュに困って慌てふためいたときにキャッシュを動かす。
これは過去の歴史から延々と続く原則であり、
そうでなければ年末の化学メーカーの買収劇も成功裏には終わらなかったという実感もあるし、
この原則は真似ていきたい。

しかしながら、
株式市場においては、
バフェットは前回相場でも2007年から逆張りを始めていて、
私がいうのも厚かましいが、いつもちょっと早いんだよね。

彼からすると5000億円はバークシャーの生死に関わるような金額じゃないからできる。
しかし、私のような弱小投資家は、
まだまだ経済指標がマイナスで景気敏感企業の決算が赤字で、
世の中総悲観のようなときに逆場ばりの買いを入れて資産を増やす必要がある。

もっとも、バフェットの場合は動かす資金が大きすぎて、
逆風の序盤から買っていかないと希望の量を保有できないと思いますので、
お金がありすぎるというのも悩みの種なのでしょうが、
はやく投資の巨人になりたいものです。

それにしても先週の日経だったか、
こういう局面になると投資信託のお金は逃げて、
昨年の株高の時に最も流入してくるグラフが掲載されていましたが、
この一般のマネーの愚の骨頂はなんとかならないものだろうか。

「不景気で買って、低迷期で買い増して、好景気で売る」

こんな小学生でもわかる簡単なやり方をどうしてできないんだろう。

こんな偉そうにいってますが、
ITバブルで投資が2倍になってその後9割減を経験した痛い失敗をしたこともあるので、
昨年の夏に買った人は勉強代だと割り切って、投資の巨人の後についていける鍛錬をしていてください。

☆不景気を客観的に判断するための8つの基準を明確に紹介
合理的な逆張りで「安く買って高く売る」朝香式・投資3原則




関連記事
コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する