サイト内検索
 
書籍に関連した資料!
 
大化け注目株リスト
 
大化け株の発掘!
 
プロフィール

投資作家 朝香友博

Author:投資作家 朝香友博
産業・成長企業アナリスト

 
株ブログ・ランキング
にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
 
スポンサード リンク
 
カテゴリ
ZEB (1)
 
ブログ村の新着記事など
   
リンク
 
ヤフーカテゴリ・リンク
当ブログはヤフーカテゴリ登録サイト! Yahoo! JAPAN
 
急上昇の検索ワード
 
RSSリンクの表示
 
メールお問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

 
最新コメント
 
月別アーカイブ
 
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 9933

紹介文:<内容>

☆『相場観とポジション』
今週の相場は買いか?売りか?
国内外の140の指標により
ポジションを決定

※原則週末に更新ですが、
相場の変動が激しい場合には、
短期デイリーベースで
相場観とポジションの更新及び
フォローを想定しています

☆注目銘柄リスト
注目ポイントと独自の割安指標を掲載。
中長期成長株を基本に、
短期狙いのテクニカルや市況関連株
を選定。
(3カ月に一度は最低更新)

※その他、随時コメントを掲載
※相場の状況により、注目銘柄の
更新が無い月がある場合もございます
ので予めご了承ください
※有料購読の詳細説明
http://obakekabu.net/blog-category-61.html

☆朝香友博の1%の人とだけ
シェアしたい話(NEW)

なかなか無料記事では
全面的に公開して書けない話を
有料記事にてアップしていきます。

☆大化け株の予備軍
(好チャート株の復活企画)
短中長期テクニカルすべてで上昇基調、
かつ中長期で売り上げを伸ばしている企業の
チャートだけで注目銘柄をラインナップします。
(随時)


◎毎月の購読がお得です

<週毎>
相場観とポジション:2,484円
⇒月に4回で9,936円

<(最低でも)3カ月四半期毎>
注目銘柄リスト:19,800円
⇒1か月あたりで6,600円

なお、入れ替えがそれなりに発生、
あるいは新規注目が増えた時には、
臨時号を発行することがあります。
ただし、その際にも月次読者のみなさまの
9933円よりも高い値段で発行いたします。

<月次コスト比較>
単品購読の場合
9,936+6,600=16,536円
月次購読の場合
9,933円(40%OFF)

なお、相場や企業業績の変化に応じて、
「注目ポイント」や「好チャート株」、
「臨時の注目株リスト」を適宜有料記事にて配信し、

有料読者だけの
こぼれ話などもありますので、
月次購読が更にお得になります!

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

【暴落の使い方】先物続落。先週の日経平均高値から1753円安だが、まだ焦る水準ではない


おはようございます。
朝香です。

昨日は為替が一時106円をつけ、
その後107円に回復するも日付が変わった頃に再び106円をつけ、
それから105円にも突入しようかという展開になりました。

おかげさまで、
せっかくのGWですが、
寝不足です。

CME日経平均先物終値も先週の高値から1753円、
先週の終値から806円安い15860円と
急落して引けました。

なんだか1月15日・2月5日の週足で、
中長期下落トレンド入りを解説した際の
イメージ通りの展開になってきました。

相場は2月12日にいったん底をつけ、
新興株ではそこから2倍株なども続出しましたので、
昨年末のメリーウリキリマスで利確できなかった投資家に、
ありがたい利食いの期間を提供してくれたのではないでしょうか。

年明けには近年にないほど
中期リスクオフ・勝負は短期でというスタンスを打ち出していましたし、
それを継続しながら予想ではなくずっと対応をしてきました。

相場というのは怖いものです。
先週の金曜日にもし上昇して終わっていたら、
長期月足で上昇トレンド回復していた可能性すらあったのです。

この数日の急落は、
いかに相場の予想が無意味で、

上善如水で即座に後出しじゃんけんで
相場の変化にあわせて自らを変化させて、
市場で生き残るのが大事かを痛感させられるいい教訓にもなるのではないでしょうか。

ただ、2月からのリバウンド上昇で買い過ぎて、
週末明けの急落が怖くて眠れないという人は、
ここの読者にはいらっしゃらないと思いたい。

これから成長していく会社・衰退していく会社の見定め、
ひいてはより良い会社が残り、新たな時代の主役が生まれるのに、
暴落相場も必要です。

人類が苦境に立たされるたびに、
賢明なる会社は、
知恵と勇気で文明を進化させてきましたが、

苦境は
われわれ投資家に勇気と知恵ある会社に
投資する一大チャンスをもたらします。

焦らずその時を待ちましょう。

その時、
この本があなたの5~10年後の繁栄をお手伝いさせていただけるものと
信じております。

大化け株(テンバガー)サイクル投資術 -暴落時に判別できる「伸びる会社・伸びない会社」-


※この本の原稿を書いたのは、
2月5日の週足を見てワードを立ち上げました。
1章で2月から相場のリバウンドについてもYくんとの会話で触れていますが、
短期になりそうな点も指摘しています。
その後は1章でYくんが過去の日経新聞を持ってきたような
「経済指標」の到来を今はひたすら待機している。
そんな感じです。

これはそのような苦境でこそ株を買えと教えてくれた
ウォーレンバフェットやカルロス・スリム、
不景気で事業を拡大しなさいと教えてくれた
堤義明(・堤康次郎)、森泰吉郎という歴代の世界長者番付1位に学ぶ教訓なのです。

私は今回も素直に従い、
明日に向けて進んでいこうと思う。
世界長者番付1位の法則の収録された第3章こそ、しっかりと身につけて頂きたい。

関連記事
コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する