サイト内検索
 
書籍に関連した資料!
 
大化け注目株リスト
 
大化け株の発掘!
 
プロフィール

投資作家 朝香友博

Author:投資作家 朝香友博
産業・成長企業アナリスト

 
株ブログ・ランキング
にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
 
スポンサード リンク
 
カテゴリ
ZEB (1)
 
ブログ村の新着記事など
   
リンク
 
ヤフーカテゴリ・リンク
当ブログはヤフーカテゴリ登録サイト! Yahoo! JAPAN
 
急上昇の検索ワード
 
RSSリンクの表示
 
メールお問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

 
最新コメント
 
月別アーカイブ
 
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 9933

紹介文:<内容>

☆『相場観とポジション』
今週の相場は買いか?売りか?
国内外の140の指標により
ポジションを決定

※原則週末に更新ですが、
相場の変動が激しい場合には、
短期デイリーベースで
相場観とポジションの更新及び
フォローを想定しています

☆注目銘柄リスト
注目ポイントと独自の割安指標を掲載。
中長期成長株を基本に、
短期狙いのテクニカルや市況関連株
を選定。
(3カ月に一度は最低更新)

※その他、随時コメントを掲載
※相場の状況により、注目銘柄の
更新が無い月がある場合もございます
ので予めご了承ください
※有料購読の詳細説明
http://obakekabu.net/blog-category-61.html

☆朝香友博の1%の人とだけ
シェアしたい話(NEW)

なかなか無料記事では
全面的に公開して書けない話を
有料記事にてアップしていきます。

☆大化け株の予備軍
(好チャート株の復活企画)
短中長期テクニカルすべてで上昇基調、
かつ中長期で売り上げを伸ばしている企業の
チャートだけで注目銘柄をラインナップします。
(随時)


◎毎月の購読がお得です

<週毎>
相場観とポジション:2,484円
⇒月に4回で9,936円

<(最低でも)3カ月四半期毎>
注目銘柄リスト:19,800円
⇒1か月あたりで6,600円

なお、入れ替えがそれなりに発生、
あるいは新規注目が増えた時には、
臨時号を発行することがあります。
ただし、その際にも月次読者のみなさまの
9933円よりも高い値段で発行いたします。

<月次コスト比較>
単品購読の場合
9,936+6,600=16,536円
月次購読の場合
9,933円(40%OFF)

なお、相場や企業業績の変化に応じて、
「注目ポイント」や「好チャート株」、
「臨時の注目株リスト」を適宜有料記事にて配信し、

有料読者だけの
こぼれ話などもありますので、
月次購読が更にお得になります!

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

株で大勝するには、「3つの買いチャンス」で買うこと。それさえできれば売りは下手でも、儲かる世界


こんにちは。
朝香です。

本日日経朝刊に新刊の広告が掲載されています。

※暴落時に判別できる「伸びる会社・伸びない会社」
「世界長者番付1位の法則」で、千載一遇の大チャンスをつかめ!
下押したところで狙いたい!これから伸びる日本株(候補)リスト付き
(日経朝刊広告コピーより)


株式投資で大きく勝つためには、
3つの買いのチャンスで拾うしかないと考えています。

①日経平均が〇〇ショック・金融危機・倒産多発のタイミング(逆張り)
②その後の低迷期(打診)
③日経平均が1年半来高値を抜き、株式市場がバブル・ミニバブルに向かう時(順張り)

そして、
会社のバリュエーションの測定のない投資家の方々には、
③以降はまずは2倍株~で徐々に利食いしていくことをおすすめしています。

幾多の大化け株を結果として手にする
「投資」に関しての秘訣はこれしかない。

なお、本でも綴りましたが、
私が短期的に動いてコメントしているのは、「投機」。

ポーカーゲームのようなものです。
(ポーカーゲームの勝つ秘訣は合理的な決断を重ねていけば、
それがない人よりも確実に最終的に勝てるというもの)

よくお読みいただいていない方は、
「投資」と「投機」を明確に使い分けている私の主旨を理解されていない方もおられるため、
念のためここでもフォローさせて頂きます。

ブログのP指数は、
投資と投機の間のようなもので、
それを使ってこのメディアを作っていますが、

長期投資の秘訣は、
新刊に書いたことがすべて。

私はリーマンショック以降は
「合理的なかけひき」も楽しいので投機もやりますが、
長期投資オンリーの方は、
10年で買いが3回、売りが6回くらいでもいいのではないでしょうか。

新刊、お見逃しなく。

なお、
100倍株の5つの条件や2倍株で勝つでご提案した売り条件の修正、
すべての株が下落局面(逆張り)でも、
強い会社と弱い会社が見分けられる実践的テクニックは初公開となっています。

いつもお読みいただきありがとうございます!


関連記事
コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する