サイト内検索
 
書籍に関連した資料!
 
大化け注目株リスト
 
大化け株の発掘!
 
プロフィール

産業・成長企業アナリスト 朝香友博

Author:産業・成長企業アナリスト 朝香友博
産業・成長企業アナリスト

 
株ブログ・ランキング
にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
 
スポンサード リンク
 
カテゴリ
ZEB (1)
 
ブログ村の新着記事など
   
リンク
 
ヤフーカテゴリ・リンク
当ブログはヤフーカテゴリ登録サイト! Yahoo! JAPAN
 
急上昇の検索ワード
 
RSSリンクの表示
 
メールお問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

 
最新コメント
 
月別アーカイブ
 
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 9933

紹介文:<内容>

☆『相場観とポジション』
今週の相場は買いか?売りか?
国内外の140の指標により
ポジションを決定

※原則週末に更新ですが、
相場の変動が激しい場合には、
短期デイリーベースで
相場観とポジションの更新及び
フォローを想定しています

☆注目銘柄リスト
注目ポイントと独自の割安指標を掲載。
中長期成長株を基本に、
短期狙いのテクニカルや市況関連株
を選定。
(3カ月に一度は最低更新)

※その他、随時コメントを掲載
※相場の状況により、注目銘柄の
更新が無い月がある場合もございます
ので予めご了承ください
※有料購読の詳細説明
http://obakekabu.net/blog-category-61.html

☆朝香友博の1%の人とだけ
シェアしたい話(NEW)

なかなか無料記事では
全面的に公開して書けない話を
有料記事にてアップしていきます。

☆大化け株の予備軍
(好チャート株の復活企画)
短中長期テクニカルすべてで上昇基調、
かつ中長期で売り上げを伸ばしている企業の
チャートだけで注目銘柄をラインナップします。
(随時)


◎毎月の購読がお得です

<週毎>
相場観とポジション:2,484円
⇒月に4回で9,936円

<(最低でも)3カ月四半期毎>
注目銘柄リスト:19,800円
⇒1か月あたりで6,600円

なお、入れ替えがそれなりに発生、
あるいは新規注目が増えた時には、
臨時号を発行することがあります。
ただし、その際にも月次読者のみなさまの
9933円よりも高い値段で発行いたします。

<月次コスト比較>
単品購読の場合
9,936+6,600=16,536円
月次購読の場合
9,933円(40%OFF)

なお、相場や企業業績の変化に応じて、
「注目ポイント」や「好チャート株」、
「臨時の注目株リスト」を適宜有料記事にて配信し、

有料読者だけの
こぼれ話などもありますので、
月次購読が更にお得になります!

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

まずは2倍株!これは毎年起こること


2月の急落、3月の安値圏の際に、
相場観の中で定性ファンダメンタルを簡単に一例として
言及した銘柄が何銘柄かあります。

競合の中でグローバル対応が最も進んでいると
私が評価している
2@@@が昨日上場最高値をつけました。
2@@@2倍 

こちらは先般の決算会見でのM&Aや事業整理を評価しているので、
ロボットの台頭の人材の流動化という長期目線でも、
業績を引き続き注視していきたいと思います。
 

 こちらは定番の社長が好きで法則外でも市場の安値を喜んで拾う志銘柄
2@@@3倍 

先日、嵐の最中から3倍高。
小手先のテクニック、一切なし。
 
志銘柄でいえば、 
電力関連も終値で先日上場最高値を付けましたね。 


 同じ時期に新しく注目した3@@@ 3@@@2倍 
こちらも先般の決算で経営陣の言及した点を評価し、まだまだ先を見据えています


6@@@ 
こちらも前々回の決算発表で社長が述べた一言で短期のアクセルを踏みました。
  6@@@2倍

業績は今後も注目すべきと思います。
が、このアジア旅での日本の錆びつきが思ったより早いと思い始め、
この企業を利すると中国企業を利して日本企業を衰退に追い込みかねないのでは
という疑念も出てきて、
お金よりも大事な想いに反するかもしれないという迷いも出てきていますが、
その辺は精査していきたいと思います。

短期的な局面でも
ファンダメンタルの材料から判断した結果は
まあまあといったところでしょう。

何を買っても報われる局面が木枯らしとともに到来しないか、
首をキリンのように長くしながら待っていたいと思います。

米株高・利上げモード・日本も出遅れて株高=ハッピー利確
米株高・利上げモード・日本は衰退懸念で株上がらず=しぶしぶ売り

長期の見方は変わらず。

いずれにしても、
半値になったら悲しいのではなく
泣いて喜びたくなる銘柄を手元にはおいておきましょう


関連記事
コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する