サイト内検索
 
書籍に関連した資料!
 
大化け注目株リスト
 
大化け株の発掘!
 
プロフィール

投資作家 朝香友博

Author:投資作家 朝香友博
産業・成長企業アナリスト

 
株ブログ・ランキング
にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
 
スポンサード リンク
 
カテゴリ
ZEB (1)
 
ブログ村の新着記事など
   
リンク
 
ヤフーカテゴリ・リンク
当ブログはヤフーカテゴリ登録サイト! Yahoo! JAPAN
 
急上昇の検索ワード
 
RSSリンクの表示
 
メールお問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

 
最新コメント
 
月別アーカイブ
 
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 9933

紹介文:<内容>

☆『相場観とポジション』
今週の相場は買いか?売りか?
国内外の140の指標により
ポジションを決定

※原則週末に更新ですが、
相場の変動が激しい場合には、
短期デイリーベースで
相場観とポジションの更新及び
フォローを想定しています

☆注目銘柄リスト
注目ポイントと独自の割安指標を掲載。
中長期成長株を基本に、
短期狙いのテクニカルや市況関連株
を選定。
(3カ月に一度は最低更新)

※その他、随時コメントを掲載
※相場の状況により、注目銘柄の
更新が無い月がある場合もございます
ので予めご了承ください
※有料購読の詳細説明
http://obakekabu.net/blog-category-61.html

☆朝香友博の1%の人とだけ
シェアしたい話(NEW)

なかなか無料記事では
全面的に公開して書けない話を
有料記事にてアップしていきます。

☆大化け株の予備軍
(好チャート株の復活企画)
短中長期テクニカルすべてで上昇基調、
かつ中長期で売り上げを伸ばしている企業の
チャートだけで注目銘柄をラインナップします。
(随時)


◎毎月の購読がお得です

<週毎>
相場観とポジション:2,484円
⇒月に4回で9,936円

<(最低でも)3カ月四半期毎>
注目銘柄リスト:19,800円
⇒1か月あたりで6,600円

なお、入れ替えがそれなりに発生、
あるいは新規注目が増えた時には、
臨時号を発行することがあります。
ただし、その際にも月次読者のみなさまの
9933円よりも高い値段で発行いたします。

<月次コスト比較>
単品購読の場合
9,936+6,600=16,536円
月次購読の場合
9,933円(40%OFF)

なお、相場や企業業績の変化に応じて、
「注目ポイント」や「好チャート株」、
「臨時の注目株リスト」を適宜有料記事にて配信し、

有料読者だけの
こぼれ話などもありますので、
月次購読が更にお得になります!

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

大化け株の変化の最前線!「化学各社、紙おむつ材増産」記事で思うこと


アジアでの紙おむつ需要増を背景に、
リーマン後の相場で、
私はこの「紙おむつ」需要を見据え、
投資をしてきました。

ユニ・チャームの連想銘柄となった
「瑞光」でのテンバガーは想いで深き出来事でした。

さて、
日経15面が報じたように、
「化学各社、紙おむつ材増産」とのこと。

しかし、
見逃してはいけない東レ幹部の
「紙おむつ部材は中国メーカーも台頭。
もっと違いを出さないと生き残れない」
というコメント。

このアベノミクス相場の第一陣で、
中国人の爆買い=紙おむつ・高級家電という図式がありましたが、
それを見た中国メーカーがここに投資をしないはずがない。

一昨年に国際不織布会議の紙おむつ関連のセクションに
参加した折、

とにかく中国からの研究者の参加が多かったこと、
意外にインドからの参加者も多かったこと、
を書きましたが、

競争激化の中では、
消費者には高性能・低価格という恩恵がいきますが、
産業界的には各社の体力消耗が激しくなり、

こうなると
投資先は
競争優位企業に絞る必要性がさらに高まります。

危機感をコメントで述べた
東レに関しては、
国際会議での傍聴者も多く、

詳しいことはわからなくても、
傍聴者が多い間は学びたい点が多い=優位性があると
判断していいだろう。

ただ、それが今年も続くのか、
2018年での東京開催の大規模大会でも続くのか、
じっとその趨勢を線で見続ける必要性があります。

産業界の地殻変動は突如やってきますからね。

やはり商談の起点となる国際見本市・会議の
現場を見ることは、
3年先までの株価の見通しを持つのに非常に優位性がある。

また、
このおむつ市場に関しては、
新刊で黄信号と述べたメーカーのアジアでの現場視察を通じ、
決算資料で感じたその信号が、
やはり正しかったと確信するに至っている。

これを知るのは簡単だ。

バンコクやジャカルタや上海で、
「今、一番人気のあるおむつはこの中でどれですか?」

この質問を売り場の担当者にすることを
何十店舗と繰り返すだけで、
なぜ黄信号の会社の決算書からシェア率が抜けたのか、」
自ずと答えは出てくる。

ショッピングモールの売り場の担当者が
国際株投資に目覚めたら、
良い運用ができるんだろうに・・・
もったいない。

産業のパワーバランスや消費市場は
常に変化をしているので、

その芽をはやく掴むことが大事でもあるし、
ここに大化け株の素になる
ストーリー発掘のおもしろさがあるんだとも思います。

おむつに関して思った雑談まで。


関連記事
コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する