サイト内検索
 
書籍に関連した資料!
 
大化け注目株リスト
 
大化け株の発掘!
 
プロフィール

産業・成長企業アナリスト 朝香友博

Author:産業・成長企業アナリスト 朝香友博
産業・成長企業アナリスト

 
株ブログ・ランキング
にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
 
スポンサード リンク
 
カテゴリ
ZEB (1)
 
ブログ村の新着記事など
   
リンク
 
ヤフーカテゴリ・リンク
当ブログはヤフーカテゴリ登録サイト! Yahoo! JAPAN
 
急上昇の検索ワード
 
RSSリンクの表示
 
メールお問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

 
最新コメント
 
月別アーカイブ
 
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 9933

紹介文:<内容>

☆『相場観とポジション』
今週の相場は買いか?売りか?
国内外の140の指標により
ポジションを決定

※原則週末に更新ですが、
相場の変動が激しい場合には、
短期デイリーベースで
相場観とポジションの更新及び
フォローを想定しています

☆注目銘柄リスト
注目ポイントと独自の割安指標を掲載。
中長期成長株を基本に、
短期狙いのテクニカルや市況関連株
を選定。
(3カ月に一度は最低更新)

※その他、随時コメントを掲載
※相場の状況により、注目銘柄の
更新が無い月がある場合もございます
ので予めご了承ください
※有料購読の詳細説明
http://obakekabu.net/blog-category-61.html

☆朝香友博の1%の人とだけ
シェアしたい話(NEW)

なかなか無料記事では
全面的に公開して書けない話を
有料記事にてアップしていきます。

☆大化け株の予備軍
(好チャート株の復活企画)
短中長期テクニカルすべてで上昇基調、
かつ中長期で売り上げを伸ばしている企業の
チャートだけで注目銘柄をラインナップします。
(随時)


◎毎月の購読がお得です

<週毎>
相場観とポジション:2,484円
⇒月に4回で9,936円

<(最低でも)3カ月四半期毎>
注目銘柄リスト:19,800円
⇒1か月あたりで6,600円

なお、入れ替えがそれなりに発生、
あるいは新規注目が増えた時には、
臨時号を発行することがあります。
ただし、その際にも月次読者のみなさまの
9933円よりも高い値段で発行いたします。

<月次コスト比較>
単品購読の場合
9,936+6,600=16,536円
月次購読の場合
9,933円(40%OFF)

なお、相場や企業業績の変化に応じて、
「注目ポイント」や「好チャート株」、
「臨時の注目株リスト」を適宜有料記事にて配信し、

有料読者だけの
こぼれ話などもありますので、
月次購読が更にお得になります!

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

3日連続のチャンギ空港・・・いざ、ムンバイへ

こんばんは。
一応、夏休み中の朝香@チャンギ空港です。

これで3日連続のチャンギ空港となりました。

木曜:マニラ>羽田
金曜:羽田>シンガポール
土曜:シンガポール⇔クアラルンプール
(強行のDay Trip)
日曜:シンガポール→ムンバイ

という感じで、
さすがに少し疲れてきました・・・

昨日はクアラルンプールで、
娘の関係の友達で現在現地で暮らしているファミリーと
クアラルンプール観光を楽しみました。

6歳で2年ぶりに海外で旧友との再会をして満面の笑みの娘を
見ていて、こちらも心があたたくなりました。

観光も終わって、
空港に向かう前に、
今度は現地の証券会社社長とその家族と最後のお茶をして、
ここはパパ同志は半分以上は「株と投資融資先企業」の話をして、
有意義な時間を過ごしました。

そして、
帰える間際に立ち寄っていたホテルのトイレで、
インド人に
「どこからこの会議に参加しているのか?」
と聞かれたので、
「何の会議?ちなみに来たのはシンガポールで住んでいるのは東京だけど」
と返したこの方!

なんどインドの某有名大学で
製造業のエンジニアを育てる学科の教授でした。

そして、
私が明日からムンバイに乗り込んで、
オートメーションとインドの製造業の最前線を見に行く

と伝えたところ、
なんとこの教授も行くとのこと。
なんという偶然!

この間、
家族はシンガポールを満喫。

私はしばしアジア第2位の規模を誇るまでに
巨大になりつつあるこの国際見本市で
大きな果実を持ち帰りたいと思います。

同じくムンバイにオープンした無印良品には、
来月にいく予定にしています。

初めて乗るインドのエアーラインが大きく遅延しており、
ちょっとPCを立ち上げて、
近況を書いてみました。

それにしても、2年ぶりにシンガポールを訪れた妻が一言
「パパ、異様にインド人が多くなったね」

この大きな時代の波をしっかりと先頭を切って乗りこなしたいですね!
では。
関連記事
コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する