サイト内検索
 
書籍に関連した資料!
 
大化け注目株リスト
 
大化け株の発掘!
 
プロフィール

投資作家 朝香友博

Author:投資作家 朝香友博
産業・成長企業アナリスト

 
株ブログ・ランキング
にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
 
スポンサード リンク
 
カテゴリ
ZEB (1)
 
ブログ村の新着記事など
   
リンク
 
ヤフーカテゴリ・リンク
当ブログはヤフーカテゴリ登録サイト! Yahoo! JAPAN
 
急上昇の検索ワード
 
RSSリンクの表示
 
メールお問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

 
最新コメント
 
月別アーカイブ
 
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 9933

紹介文:<内容>

☆『相場観とポジション』
今週の相場は買いか?売りか?
国内外の140の指標により
ポジションを決定

※原則週末に更新ですが、
相場の変動が激しい場合には、
短期デイリーベースで
相場観とポジションの更新及び
フォローを想定しています

☆注目銘柄リスト
注目ポイントと独自の割安指標を掲載。
中長期成長株を基本に、
短期狙いのテクニカルや市況関連株
を選定。
(3カ月に一度は最低更新)

※その他、随時コメントを掲載
※相場の状況により、注目銘柄の
更新が無い月がある場合もございます
ので予めご了承ください
※有料購読の詳細説明
http://obakekabu.net/blog-category-61.html

☆朝香友博の1%の人とだけ
シェアしたい話(NEW)

なかなか無料記事では
全面的に公開して書けない話を
有料記事にてアップしていきます。

☆大化け株の予備軍
(好チャート株の復活企画)
短中長期テクニカルすべてで上昇基調、
かつ中長期で売り上げを伸ばしている企業の
チャートだけで注目銘柄をラインナップします。
(随時)


◎毎月の購読がお得です

<週毎>
相場観とポジション:2,484円
⇒月に4回で9,936円

<(最低でも)3カ月四半期毎>
注目銘柄リスト:19,800円
⇒1か月あたりで6,600円

なお、入れ替えがそれなりに発生、
あるいは新規注目が増えた時には、
臨時号を発行することがあります。
ただし、その際にも月次読者のみなさまの
9933円よりも高い値段で発行いたします。

<月次コスト比較>
単品購読の場合
9,936+6,600=16,536円
月次購読の場合
9,933円(40%OFF)

なお、相場や企業業績の変化に応じて、
「注目ポイント」や「好チャート株」、
「臨時の注目株リスト」を適宜有料記事にて配信し、

有料読者だけの
こぼれ話などもありますので、
月次購読が更にお得になります!

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

【トランプ新大統領記念号】ブレグジットも米大統領選もマスメディアは一体何を取材して予想しているのか・・・・?

こんばんは。
朝香です。

トランプさま、
大統領就任決定おめでとうございます。

さて、
ブレグジットの時も思いましたが、
マスメディアは一体どこで、何を取材しているのだろうか。

そもそも世間よりも年収の高い方々なので、
(支持率低迷のフジ:四季報掲載の年収1430万円也)

社会の底辺の人たちの報道をしているふりをして、
実際にはあまりお話していないのが原因か?

事前の予想でジャーナリストの木村太郎さんだけは、
「トランプ勝利」を前面予想にされておられましたが、

なんで彼の予想が当たったと思いますか?

それは実際に米社会に普通に溶け込み入り込んで、
たくさんの種類の人と
バイアスなしで話を一杯重ねただけ。

最初から方向性を考えて下請けに
「こんなネタを探して・・・」
ときれいなオフィスで指示だししてる人とはわけが違う。
(そんな人ばかりでもないと思いますが、少数派か)

圧倒的に数多く、
現場で結論ありきの質問でなく、
真っ白なキャンパスで質問を投げることを繰り返せば、
自ずと未来は見えてくる。

この有用性は、
私が身をもって実感し、
それを背景に成長株の投資で大いに果実を手にしてきた。

ピーターリンチは、
河原の現場で石ころをひっくり返すように有望株を探すと言い、
バフェットは、
アメックスの不祥事時にレストランの会計現場を見て回り、
F・フィッシャーは、
国際見本市の企業ブースで探偵並みの聞き込み調査をして、

みなさんがご存じのように成功している。

私は頭が単純だから、
彼らのマネをして、
これまで投資の道をあるいてきた。

つまり、
現場に触れて圧倒的に
普通に現場の人の多くの声と接していると、

トヨタが燃料電池自動車をぶち上げた年に、
「なんで自動運転×電気自動車じゃないのよ!」
とか、

オバマがきれいごと言ったら、
「ドゥテルテ大統領がそっぽ向いて、中国有利の秩序にしかならない」
とか、

思うわけですよ。

予想でなくて、主観でなくて、
客観的・統計的に。

マスメディアとの温度感というか、
なんというか。

ブレグジットの時には「声」「統計」が取れて、
ちょっといい思いをさせて頂いたが、
もし木村太郎さんとお友達なら、
今回もいい思いをできたかもしれません。

今年はブレグジット、米大統領選、
こんな大きなイベントで予想を外したマスメディア・・・

関係者の皆様は、
一度取材や出演される上級会社員の背景を
しっかり見直して、

もう少し複眼思考での論調展開と
番組の作成をお願いさせて頂きたいところです・・・

少なくとも現場をさらっとインタビューするだけでなくて、
その現場で知り合った人とウイスキーでも飲んで、
「本当はどう思っているの?」と
100人でも10人でもいいから、
現場の本音を拾うような報道をしてほしいものです。
(製作費が削られているのは承知していますが、
肉食ビジネスマンなら、
自腹で安い飲み代くらい払って情報収集しよう!
あとで巨大に帰ってくるから・・・)

例えば、
私が今年半年かけて回りに回って聞き込みした
アジアのユニクロのスタッフだって、

最初は「うちが一番」というけど、
お酒が入ると本音を教えてくれたりする。

社長室にインタビューに行くよりも、
ハッピを着て汗をかいて服を売っている
お姉さんお兄さん100人と話した方が、
日本のユニクロが、
どのくらい世界のユニクロかが見えてくる。

ここには、
CMもない、やらせもない。
あるのは本音という真実だけだ。

大きなマネーを動かすのに、
必要なのは

たくさんの現場の声と
小さな費用と
統計的分析で済むし、
これが最も有益だと信じている。

ネットが勢力を伸ばしているこの時代だからこそ、
本や雑誌でありきたりに読めない
隅々まで取材した番組をみたいものです。

ちょっと木村太郎さんのファンになりそうです・・・

関連記事
コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2016-11-10(09:24) [編集]
Re: 変革期
Tさま


いつもコメントをありがとうございます。
トランプ当選後の株価急騰も事前のメディア予想とは逆でしたね。
トランプで為替95円と書いてあった先週の日経ヴェリタス登場の
アナリストたちはどういう心境なのでしょうか。

いずれにしても何十年もそんなことの繰り返しが相場なので、
企業業績や金利、ビジネスモデルなどを基軸に、
たんたんと投資に臨むのが改めて王道だなあと思った次第です。

急に寒くなってまいりましたので、
Tさまもどうぞご自愛くださいませ。
投資作家 朝香友博 | URL | 2016-11-12(20:06) [編集]