サイト内検索
 
書籍に関連した資料!
 
大化け注目株リスト
 
大化け株の発掘!
 
プロフィール

産業・成長企業アナリスト 朝香友博

Author:産業・成長企業アナリスト 朝香友博
産業・成長企業アナリスト

 
株ブログ・ランキング
にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
 
スポンサード リンク
 
カテゴリ
ZEB (1)
 
ブログ村の新着記事など
   
リンク
 
ヤフーカテゴリ・リンク
当ブログはヤフーカテゴリ登録サイト! Yahoo! JAPAN
 
急上昇の検索ワード
 
RSSリンクの表示
 
メールお問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

 
最新コメント
 
月別アーカイブ
 
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 9933

紹介文:<内容>

☆『相場観とポジション』
今週の相場は買いか?売りか?
国内外の140の指標により
ポジションを決定

※原則週末に更新ですが、
相場の変動が激しい場合には、
短期デイリーベースで
相場観とポジションの更新及び
フォローを想定しています

☆注目銘柄リスト
注目ポイントと独自の割安指標を掲載。
中長期成長株を基本に、
短期狙いのテクニカルや市況関連株
を選定。
(3カ月に一度は最低更新)

※その他、随時コメントを掲載
※相場の状況により、注目銘柄の
更新が無い月がある場合もございます
ので予めご了承ください
※有料購読の詳細説明
http://obakekabu.net/blog-category-61.html

☆朝香友博の1%の人とだけ
シェアしたい話(NEW)

なかなか無料記事では
全面的に公開して書けない話を
有料記事にてアップしていきます。

☆大化け株の予備軍
(好チャート株の復活企画)
短中長期テクニカルすべてで上昇基調、
かつ中長期で売り上げを伸ばしている企業の
チャートだけで注目銘柄をラインナップします。
(随時)


◎毎月の購読がお得です

<週毎>
相場観とポジション:2,484円
⇒月に4回で9,936円

<(最低でも)3カ月四半期毎>
注目銘柄リスト:19,800円
⇒1か月あたりで6,600円

なお、入れ替えがそれなりに発生、
あるいは新規注目が増えた時には、
臨時号を発行することがあります。
ただし、その際にも月次読者のみなさまの
9933円よりも高い値段で発行いたします。

<月次コスト比較>
単品購読の場合
9,936+6,600=16,536円
月次購読の場合
9,933円(40%OFF)

なお、相場や企業業績の変化に応じて、
「注目ポイント」や「好チャート株」、
「臨時の注目株リスト」を適宜有料記事にて配信し、

有料読者だけの
こぼれ話などもありますので、
月次購読が更にお得になります!

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

大化け株の長期投資でありえない成果を出したいなら、絶対に忘れてはならない教訓

最近、
マスメディアによるトランプ相場への悲観傾向が見受けられます。

しかし、
これは長期投資家にとって、
決して悪いことだとは思いません。

基本的にマスメディアがアベノミクスだとかトランポノミクスだとか、
小泉郵政相場だとか言って、
相場に好感的な報道をする時は、

仕込んだ後に「大衆パワー」ありがとうと、
一時的に同じ船に乗り少し早めに売るか、
次のネガティブな報道まで買いを控えるかのどちらかだからだ。

投資の世界にもベンチャーの世界にも
大きな成功を収めるのは一握りの人間です。

もしあなたがそういう人になりたいのなら、
中間点では大衆迎合したようにしていても、

始点と終点ではマスとは逆のポジションを
とっていなければならない。

それができて初めて、
あなたは少数の仲間入りができる。

こんなことは投資に限らず、
どんな世界にもいえる歴史の史実で、
合理的な人間社会の生み出す行動様式でもある。

もし、ぼくがTV局を買収したなら、
テレビで聞いてみたいことがある。

今のテレビはEUの極右政党の集会はネガティブに、
そのデモ活動はポジティブに報じていますが、

じゃあ、
日本は積極的に移民を受け入れますか?
北朝鮮でテロがあったら、ロシアや中国の極東で反政府活動が生じたら、
無条件で韓国人、ロシア人、中国人の方々を日本列島に受け入れますか?
(これが良いか悪いか、賛成か反対かは別にして)

こうなると、
おそらく日本の世論はガラリとかわるだろう。
所詮は今の日本の報道や世論は、
ヨーロッパの人たちの「ヒトゴト」にすぎないのだ。

だから、
自分目線、日本目線で考えたら、
マスメディアの報道に違和感を覚える人も少なくはないでしょう。

投資もビジネスも人生も、
他人がどうこうではなくて、自分がどうしたいかが最も重要で、
自分の決断と選択を独立してするために情報取集をするならば、
情報をもっと客観的にみるだろう。

いずれにしても、
長期投資家たるもの、
日本のマスメディアは外野から見ることの必要性を述べておきたい。

今のアメリカは、
野党の大統領と与党の共和党で揉めていて、
重要な経済法案がお蔵入りしていた時よりも、
幾分かは「マシ」だろうと思うのは私だけだろうか・・・

●新刊出ました!

「インド+親日アジアで伸びる日本株100」
 日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ポイント初交換の際に1000ポイント(1000円)入るようです
(17年3月末登録・4月末申請まで)

関連記事
コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2017-01-25(00:45) [編集]
Re: タイトルなし
>NYさま

ありがとうございます。
2015年末ということは、最も全体相場の先行きに弱気だったときですね。
まさかその1年後にその真逆のスタンスに転じるとは全く想像してませんでした。
が、今後も柔軟にやって参りたいと思います。

今朝はナスダックが過去最高値を更新しましたね!
NYさまもどうぞご自愛くださいませ。
投資作家 朝香友博 | URL | 2017-01-25(06:45) [編集]