サイト内検索
 
書籍に関連した資料!
 
大化け注目株リスト
 
大化け株の発掘!
 
プロフィール

産業・成長企業アナリスト 朝香友博

Author:産業・成長企業アナリスト 朝香友博
産業・成長企業アナリスト

 
株ブログ・ランキング
にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
 
スポンサード リンク
 
カテゴリ
ZEB (1)
 
ブログ村の新着記事など
   
リンク
 
ヤフーカテゴリ・リンク
当ブログはヤフーカテゴリ登録サイト! Yahoo! JAPAN
 
急上昇の検索ワード
 
RSSリンクの表示
 
メールお問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

 
最新コメント
 
月別アーカイブ
 
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 9933

紹介文:<内容>

☆『相場観とポジション』
今週の相場は買いか?売りか?
国内外の140の指標により
ポジションを決定

※原則週末に更新ですが、
相場の変動が激しい場合には、
短期デイリーベースで
相場観とポジションの更新及び
フォローを想定しています

☆注目銘柄リスト
注目ポイントと独自の割安指標を掲載。
中長期成長株を基本に、
短期狙いのテクニカルや市況関連株
を選定。
(3カ月に一度は最低更新)

※その他、随時コメントを掲載
※相場の状況により、注目銘柄の
更新が無い月がある場合もございます
ので予めご了承ください
※有料購読の詳細説明
http://obakekabu.net/blog-category-61.html

☆朝香友博の1%の人とだけ
シェアしたい話(NEW)

なかなか無料記事では
全面的に公開して書けない話を
有料記事にてアップしていきます。

☆大化け株の予備軍
(好チャート株の復活企画)
短中長期テクニカルすべてで上昇基調、
かつ中長期で売り上げを伸ばしている企業の
チャートだけで注目銘柄をラインナップします。
(随時)


◎毎月の購読がお得です

<週毎>
相場観とポジション:2,484円
⇒月に4回で9,936円

<(最低でも)3カ月四半期毎>
注目銘柄リスト:19,800円
⇒1か月あたりで6,600円

なお、入れ替えがそれなりに発生、
あるいは新規注目が増えた時には、
臨時号を発行することがあります。
ただし、その際にも月次読者のみなさまの
9933円よりも高い値段で発行いたします。

<月次コスト比較>
単品購読の場合
9,936+6,600=16,536円
月次購読の場合
9,933円(40%OFF)

なお、相場や企業業績の変化に応じて、
「注目ポイント」や「好チャート株」、
「臨時の注目株リスト」を適宜有料記事にて配信し、

有料読者だけの
こぼれ話などもありますので、
月次購読が更にお得になります!

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

「いま仕込んでおくべき10倍株、教えます」フォロー記事

こんにちは。
朝香です。

本日の日経朝刊に、
直近刊の広告をさせて頂いたので、
そのフォローとして、
10選の最新割安度を公開しておきます。

直近の市場の下落で、
バリュエーションが
出版後の最高値時に比べて改善してますから、
いい時期で広告してくださった出版社さんに感謝!


総合割安度一覧
(2017年4月16日計算)
※P=ページ
※割安度の数字解釈は末文・47P参照

50P銘柄:5.52
54P銘柄:1.28
58P銘柄:0.72
65P銘柄:1.74
69P銘柄:1.53
73P銘柄:0.69
77P銘柄:0.95
81P銘柄:1.67
85P銘柄:-1.82

いくつかフォローしたいのですが、
85Pの銘柄は2月の決算時に割安度がマイナスに。
その後、
ブログでは10選を外しておりました。

さらには、
ポイント事業において、
個人ユーザーに相当の悪評が直近散見されており、
この機会にフォローさせて頂きたい。

私の85Pのコメントも、
他の同業の方がサイト力があるが、
ついで的なコメントになっていた点、
やはり事業定性判断に相当な自信がない限り、
低迷チャートの逆張りは避けるべきの典型例となった。

ただ、
原稿を書いた1月時点では表面上は割安で、
定性判断でネットで見られる悪評も出ていなかったので、
10選に入れたことはご容赦頂きたく。

また、
もっとも値を上げた銘柄は急な上げの為、
割安ではないものの、
過去のテンバガーの割高感の経緯から鑑みて、
許容範囲内。

今後は、
株価が上がりながらバリュエーションを維持もしくは割安になるためには、
これより先の決算で増収増益をしていくことが
必須となる数値でありますので、
引き続きマークしておきたいと思います。
(新商品・海外の拡充が鍵←これだけ主観)


以上、
ほぼすべてが客観的な事実のみを並べたもので、
株価の動き云々に関わりない範囲でフォローさせて頂きました。

最後に全体相場について。

第1章のトランプ氏の経済政策の前提が進んでおらず、
これが進む前提での楽観論でしたので、
この点は悔しい限り。

しかし、
資源価格、電子部品の受注残などを見ても世界景気には弱気になる必要はない。

ただし、
ここから世界一の経済大国米国の利上げ・金融引き締め時に、
良い金利のゆるやかな上昇で、好況感がさらに広がり
最後の長期上昇相場のクライマックスを見れるか、

はたまた、
このまま生産が活況した先に「在庫だけが膨らんで」
しまうようなサインが出れば、
長期的な不穏のサインともなりかねないので、
全く真逆の2015年のような想定に戻るかは経済指標と産業最前線での商談等を鑑み、
今後もチェックを続けていきます。

ご参照まで。

・総合割安度:{(成長割安度×4)+資産割安度+予想PSR)}÷6の値で、
1倍以下は激安、2.5倍以下は中立、5倍以下は割高でない。
10程度以下は許容範囲(超割高とは見なさない)。

※以上は、情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。
株には価格の変動があるため、利益を生むことも損失を生むことも
両面が起こりうることが想定されます。
これらの情報によって生じたいかなる損害・障害等についても、
当方は一切の責任を負いかねます。
くれぐれも最終的な投資のご判断は必ず投資家ご自身にてお願い致します。 


関連記事
コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する