サイト内検索
 
書籍に関連した資料!
 
大化け注目株リスト
 
大化け株の発掘!
 
プロフィール

朝香友博

Author:朝香友博
産業・成長企業アナリスト

 
株ブログ・ランキング
にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
 
スポンサード リンク
 
カテゴリ
ZEB (1)
 
ブログ村の新着記事など
   
リンク
 
ヤフーカテゴリ・リンク
当ブログはヤフーカテゴリ登録サイト! Yahoo! JAPAN
 
急上昇の検索ワード
 
RSSリンクの表示
 
メールお問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

 
最新コメント
 
月別アーカイブ
 
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 9933

紹介文:<内容>

☆『相場観とポジション』
今週の相場は買いか?売りか?
国内外の140の指標により
ポジションを決定

※原則週末に更新ですが、
相場の変動が激しい場合には、
短期デイリーベースで
相場観とポジションの更新及び
フォローを想定しています

☆注目銘柄リスト
注目ポイントと独自の割安指標を掲載。
中長期成長株を基本に、
短期狙いのテクニカルや市況関連株
を選定。
(3カ月に一度は最低更新)

※その他、随時コメントを掲載
※相場の状況により、注目銘柄の
更新が無い月がある場合もございます
ので予めご了承ください
※有料購読の詳細説明
http://obakekabu.net/blog-category-61.html

☆朝香友博の1%の人とだけ
シェアしたい話(NEW)

なかなか無料記事では
全面的に公開して書けない話を
有料記事にてアップしていきます。

☆大化け株の予備軍
(好チャート株の復活企画)
短中長期テクニカルすべてで上昇基調、
かつ中長期で売り上げを伸ばしている企業の
チャートだけで注目銘柄をラインナップします。
(随時)


◎毎月の購読がお得です

<週毎>
相場観とポジション:2,484円
⇒月に4回で9,936円

<(最低でも)3カ月四半期毎>
注目銘柄リスト:19,800円
⇒1か月あたりで6,600円

なお、入れ替えがそれなりに発生、
あるいは新規注目が増えた時には、
臨時号を発行することがあります。
ただし、その際にも月次読者のみなさまの
9933円よりも高い値段で発行いたします。

<月次コスト比較>
単品購読の場合
9,936+6,600=16,536円
月次購読の場合
9,933円(40%OFF)

なお、相場や企業業績の変化に応じて、
「注目ポイント」や「好チャート株」、
「臨時の注目株リスト」を適宜有料記事にて配信し、

有料読者だけの
こぼれ話などもありますので、
月次購読が更にお得になります!

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

フュートレック技術の搭載スマートフォン、通訳電話、体験させてもらいました

昨日のフュートレックはストップ高。
材料は同社の「しゃべってカンタン操作」が富士通の夏モデル
に搭載とのニュースで上げてきました。

とりあえず上昇は何より。

そして、この機能、
実は一昨日、
富士通の担当者より説明を受けてきました。

「マナーモード、解除」
とスマフォに言えば、マナーモードが解除されます。
需要は中高年のスマフォは操作が煩雑そう・・・・というユーザーには最適そうだ。

同日、アドバンストメディアやHOYAの技術を使った
「翻訳電話」も実際にトライさせてもらったきた。

山田社長によると、
11月から試用と日経にも載りましたが、
11月からモニタリングを始め、商用モデルを考えていくようですが、
これの収益化はだいぶ先?かもしれません。

実感と本音はさておき、
両技術共に「音声」がキーワードで、
スマートフォンの重要な要素技術として、今後開発が過熱していく事は間違いなく、
未来にワクワクしてきました。

両者の認識の精度や今後の収益などに関して思った事は、
週末にでも。

にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ
←応援クリックを宜しくお願いします!

ドコモ:言語の壁を越える「通訳電話」を実現!

ドコモスペシャルサイトに、
通訳電話のページが出てきました。
http://docomo-exhibition.jp/wj2011/pc/exhibition/exhibition02.html

通話とネットワークの機能(通話録音、音声認識、機械翻訳、音声合成、音声挿入)
を組み合わせることにより実現しているとのこと。

先日のバルセロナでの発表と変わりないですが、
国内でのPRを盛んに始めた模様で、フュートレックに思惑買いが向かっていると思います。

もちろん、数社の要素技術が組み合わさっているのだと思いますが、
今後の同社に引き続き注目してまいります!

にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ
←応援クリックを宜しくお願いします!

スマートフォン最大の大化け株、フュートレックが動いた!

にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ
←応援クリックを宜しくお願いします!

本日、2468フュートレックがS高でした。

私はこの銘柄を年始のブログで、
スマートフォン最大の大化け株=未来の横綱と呼び、
紹介しました。
(詳細は1月6日のブログ:http://obakekabu.blog118.fc2.com/blog-entry-259.html

私の都合でいえば、もうちょっとS高は待って欲しかったが、
良い事なので、喜んでいます。

本当であれば、
ブログ第2弾、
「これぞ、日本の成長株」
英文名「JAPANESE DREAM IN STOCKS」
の紹介第一号の企業として、最有力候補にしていただけに、
まだまだ急騰しないで欲しかったというのが本音です。


しかし、これも市場と相場の都合で仕方ないので、
ちょっとコメントしておきます。

今回のS高は、先週にバルセロナで行われたモバイル・ワールド・コングレス
のドコモ出展に関連して、
土曜日の日経に音声自動翻訳の記事が載ったことが思惑買いを誘った模様。

ただ、このぐらいの事はフュートレックのWEBを見ていたら、
総務省の音声翻訳プロジェクトのレポートも載っているし、
ドコモとは資本関係があるし、
事前に推測できたはずで、こんな材料でよくS高になるなあと、
改めて「市場モメンタム」のある意味おそろしさを感じました。

よく噂で買って、ニュースで売れとの格言がありますが、
やはり大衆投資家の方は、ニュースで買いを入れるようです。

私なんかは、
今回のバルセロナのモバイル・ワールド・コングレス
では、これもブログに記載したとおり、
ACCESSあたりが注目を浴びるのでは?なんて思っていましたので、
この材料がこれだけのインパクトを及ぼすなど、
考えていませんでした。

じゃあ、私はこの銘柄のどこに目をつけているか?

それは、音声対話です。
今日の株式新聞ニュースで音声認識技術を取り上げていますが、
今後の未来を大きく変えるのに必須な音声対話技術に私は注目しています。

実はアドバンスメディアや日立系列、その他もろもろ、
音声認識はどこの企業もやっているとの印象を持ち始めています。

フュートレックがすごいのは、
国内勢で先行して音声対話ソリューションを
すでにドコモ端末に提供して実現している事です。

その技術が私の未来への想像力をかきたて、ワクワクさせてくれるのです。

2020年、私の想像する未来にこの技術は欠かせません。
(スマートグリッドのように規模は大きいが顧客の狭い市場でなく、
社会を根本から変革するスマートソサエティにおける
ソリューションの中心デバイスに、
ここの技術が搭載されることを想像しています)

本来、有料サイトで私のイマジネーションとロジックを紹介する予定でしたが、
急に訪れたS高と、
普段であれば3ヶ月で1.5倍になれば利益確定するところを、
この銘柄は売るつもりは今のところないので、
コメントを出しました。

ただ、無料なので、
これ以上、踏み込むとその時に書くことがなくなるので、
ここでこの記事は止めさせて頂きます。
アシカラズ・・・

余談ですが、国内の某案件さえなければ、
モバイル・ワールド・コングレスは出席したかった。
私の代わりに出席いただいた方に聞いたのは、
中国ブース、ZTEや華為なんかは事前のアポがなければ、
まったくブースに入れなかったそうで、
ここでも中国勢の勢いを感じます。

負けるな、NIPPON!

私のできるササヤカな事は、
日本の有望な技術や企業を世の中にPRし、
少しでもその企業活動、ひいてはNIPPONを影ながら支援すること。

週末の日経新聞で、
セールスフォースが日本新興企業のシンフォニーに投資する記事があり、
グーグルが注目する企業などのコメントもありましたが、
日本の中小企業になかなか世界の目は向いていないのが現実です。

私が英文株サイトを今年中に始めると決めたのも、
そのサイトがきっかけで、
そんな有望な中小企業に世界から一筋の脚光が
当たるようになるよう頑張りたいと思っているからなのです。

私自身も活動の拠点を、
香港、マカオ、シンガポール、NY、ロンドン
と少しずつ金融シティーにリンクさせて行きたいと思います。

先日のモバイル・ワールド・コングレスでも、
本当はそこに参加したマカオの知人と
日本の有望企業やアジアの有望企業について意見交換したかった。

ああ、ほんと行きたかったバルセロナ・・・・

ネットではやりとりをしたが、やはり生は違う。

熱気と臨場感を持って、
フュートレックやその他の有望企業について
意見交換したかった。

今日のS高は、
市場が本当にフュートレックの成長力を評価したなら歓迎するし、
そうでなければ急落の際に支えたいと思います。

この企業が投資家の期待を裏切らず、戦略的でも誠実にビジネスを展開して、
成長し、10年後に日本を支える一角の企業となって欲しいと願っています。

少しでも参考になった方は、励みとさせて頂きますので、
にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ
↑「銘柄」バナーのクリックを宜しくお願いします!

第2版 スマートフォン・タブレット 部材・装置・製造技術関連銘柄

にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ
←応援クリックを宜しくお願いします!

スマートフォン・タブレット 部材・装置・製造技術関連銘柄(第2版)

更新版です

<タッチパネル>
3002 グンゼ(※増産)
5201 旭硝子
6513 オリジン電気
6770 アルプス電気(※増産)
6798 SMK(コネクタ・タッチパネル)
6807 日本航空電子工業(コネクタ・タッチパネル)
7915 日本写真印刷
1964 中外炉工業(製造装置)
6885 ミヤチテクノス(製造装置)
6954 ファナック(製造装置)
6590 芝浦メカトロニクス(張り合わせ装置)

<電子部品・装置>
3407 旭化成(電子コンパス)
5482 愛知製鋼(電子コンパス)
5809 タツタ電線
6667 シコー(モーター)
6762 TDK(総合)
6907 ジオマテック(基板)
6958 日本CMK
7240 NOK(フレキシブル基板)
6384 昭和真空(水晶デバイス装置)
6666 リバーエレテック(水晶)
6779 日本電波工業(水晶)
6900 東京電波(水晶)
6962 大真空(水晶)
6971 京セラ
6981 村田製作所
7911 凸版印刷
7912 大日本印刷 

<半導体・装置>
6665 エルピーダメモリ
6723 ルネサスエレクトロニクス
6963 ローム
8035 東京エレクトロン(装置)
7729 東京精密(装置・計測)
6146 ディスコ(切断・研磨装置)
6857 アドバンテスト(テスター ※前・後の両工程)

<材料>
3402 東レ
4004 昭和電工
4186 東京応化工業
4203 住友ベークライト
4626 太陽インキ製造
4973 日本高純度化学
6988 日東電工
7908 KIMOTO
7966 リンテック


<その他>
3441 山王
6727 ワコム(ノートPC向けタッチパネル)

にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ
←応援クリックを宜しくお願いします!

スマートフォン、ACCESSとピクセラ

にほんブログ村 株ブログ 株 信用取引へ
にほんブログ村←応援クリックを宜しくお願いします!

http://jp.access-company.com/news/press/2010/2535.html

ACCESSの12月17日のニュースリリース。
あまり株ニュース(銘柄コメント)では、取り上げられなかったようだ。

先日、ドコモショップに立ち寄った先、
「REGZAフォンが完売&在庫待ち」
のニュースをお届けしましたが、

きっとその好調ニュースがでれば、
レグザフォン向けにワンセグ放送向けソリューションを提供
しているACCESSとピクセラにはロイヤリティが順調に入ってくるでしょう。

また、ACCESSは2月にバルセロナで開かれる
Mobile World Congress 2010
(2010年2月15日~18日)への出展と
スマートグリッド展2010
(2010年6月16日(水)~18日(金)、東京ビッグサイト )
への出展を決めており、
どちらかのタイミングで何らかのニュースが出てくるかもしれない。

一時期持てはやされたACCESSですが、
スマートフォン向け、
スマートメーター向け、
さらには去年だったかジェトロの中南米ビジネスレポートの
ワンセグ参入関連でACCESSの推奨を読んだ記憶があり、
今回のレグザフォンへのワンセグソリューションに留まらず、
南米やアフリカでもワンセグ関連銘柄としても期待が持てるかもしれません。

ブラジルのオリンピック、ワールドカップのワンセグ放送銘柄・・・・
なんてそんな時期のZaiや日経マネーの雑誌記事が目に浮かんだりしています。

ちょっと仕込んでもおもしろいと思いますね。
ACCESSついでにピクセラの大化けに期待しましょう。

にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ
←応援クリックを宜しくお願いします!


日産「リーフ」、高機能携帯で遠隔操作=スマフォ期待

にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ
←応援クリックを宜しくお願いします!

日産自動車は電気自動車「リーフ」の充電などの遠隔操作を
高機能携帯電話「アイフォーン」で可能にするソフトウエアを開発、
無料配信を始めた。

端末上でリーフのバッテリー残量をグラフで表示したり、
充電完了までの残り時間を示したりできる。
使い勝手を高めて、新たなカーライフを提供する狙い。

 アプリをダウンロードし、家にいながらにして充電を指示したり、
リーフに乗り込む前にエアコンを入れることが可能。
充電しながらエアコンを使うことで、乗車時に快適な室温にすることができ、
走行中に必要以上にエアコンを使わなくて済む。

リーフはネットを介して、
日産が設けたデータセンターで1台1台を管理する仕組みを導入している。
携帯端末などを通じてデータセンターに接続すれば、
リーフに対して様々な指示を出すことが可能。

日産では今後もネットと情報技術(IT)を活用する考えだ。

米国では、GMもフォードもすでにスマートフォンで操作できる
アプリを導入済み。
トヨタは2012年のプリウスから対応。
KDDI研究所がすでにその技術的発表もされている。

ここに、これからのスマートフォンと車の新しい関係があり、
ハンズフリー=音声操作の莫大な市場があり、
音声認識のどこの会社が伸びるかわからないが、
専門性の高いフュートレックが本命、
アドバンスト・メディアが次点として
注目している。


にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ
←応援クリックを宜しくお願いします!

NTTドコモに注目、12月の携帯電話純増数16万9600件

にほんブログ村 株ブログ 株 信用取引へ
にほんブログ村←応援クリックを宜しくお願いします!

NTTドコモ(9437)が11日に発表した
2010年12月の新規契約から解約数を引いた純増数は
16万9600件(11月は8万8100件)となった。

11月に比べると倍。
もちろん新規モデルのスマートフォンが主な好調の要因だろう。

先週末、都内のドコモショップに寄って気になった現象があります。

レグザスマートフォンの予約が絶好調の為、
入荷未定の札が貼ってありました。

それから推測するに、1月の契約件数も期待できそうです。
また、レグザフォンはレグザなので東芝?と思いがちですが、
富士通東芝モバイルコミュニケーションズ株式会社の製品で、
出資比率: 富士通80.1%、東芝19.9% となっています。

レグザフォンの予約完売=ドコモ、富士通、富士通の関連会社に
良い状況ですね。


ちなみに、
ソフトバンク(9984)傘下のソフトバンクモバイルが11日に発表した
2010年12月の新規契約から解約数を引いた純増数は
32万4900件(11月は27万6600件)となった。
KDDI(9433)が11日に発表した2010年12月の
新規契約から解約数を引いた純増数は9万5400件(11月は8万2300件)となった。

相変わらずソフトバンク、強いです。

にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ
←応援クリックを宜しくお願いします!

スマートフォン、最大の大化け株

にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ
←応援クリックを宜しくお願いします!

今夜は報道ステーションでスマートフォンの
特集(リバーエレテックなどの水晶振動子等)が、
WBSでもスマートフォンが特集されていましたね。

当ブログでは、
アルプス電気、
東京電波、
日本電波工業など、
秋からずっとスマートフォン電子部品銘柄を注目し、
発信してきました。

お陰さまで、昨年末から年始にかけて、
ブログのアクセスが大きく伸びています。

そんな私が実はスマートフォン関連銘柄の未来の横綱として
仕込んでいる銘柄があります。
まさに、『スマートフォン最大の大化け株』と言っていいでしょう。

それは、2468フュートレック(http://www.fuetrek.co.jp/)です。
今年来るかもしれません。
来年になるかもしれません。
5年後かもしれません。

しかし、上海株、インド株、サイバー、インデックス、DeNA、アドウェイズ、
スタートトゥデイ(ZOZOTOWN)に続く、

ビビビと来た銘柄です。

なぜビビビと来たかは、後づけで成長性の分析を終えています。

2468フュートレックが2020年には有名なインフラ企業になっている事でしょう。

分析はこれから展開する有料ブログで掲載をさせて下さい。

長期で応援していきます!

にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ
←応援クリックを宜しくお願いします!



米インテル、携帯向け半導体買収

半導体最大手の米インテルは、
同業の独インフィニオン・テクノロジーズから
携帯電話用の半導体事業を14億ドル(約1190億円)で買収すると発表した。

インテルはパソコンのMPU(超小型演算処理装置)で
約8割のシェアを握る最大手だが携帯用では存在感が薄い。

インテルのポール・オッテリーニ最高経営責任者(CEO)は声明で
「携帯機器向けの半導体需要は世界的に驚異的な勢いで伸びており、
今回の買収を通じてパソコンから携帯機器まで幅広く対応していきたい」と狙いを説明した。

 インフィニオンは携帯の通話機能を担う「ベースバンドプロセッサー」などが主力。
アップルの高機能携帯電話(スマートフォン)「iPhone(アイフォーン)」などに供給し、
この分野の09年の世界シェアは14%で3位。
ただ競争激化により他事業より利益水準が低く、
09年9月期通期の部門営業損益は3600万ユーロ(約39億円)の赤字だった。
 インテルは企業買収などを通じて携帯用分野への参入を目指してきたが、
米クアルコムなどとの競合で苦戦。
近年では多機能携帯端末にも携帯用の技術が使われることが多く、
この分野の強化が不可欠と判断したという。

確かにこの分野は世界中で端末メーカーの参入増加に伴い、
競争が激化してきた。
素材メーカーとして強化しないのはビジネスチャンスを失いかねず、
インテルの動きは少し遅いかもしれない。

アジア携帯、日本を開拓

アジアの携帯電話大手が日本市場の開拓を本格化する。
韓国LG電子は2011年春にもスマートフォン(高機能携帯電話)市場に参入し、
中国の中興通訊(ZTE)は今秋に低価格の端末を発売する計画。
日本は独自仕様の端末が主流だったが、世界共通の基本ソフト(OS)を採用するスマートフォンが普及し、
海外勢が製品を投入しやすくなっている。競争激化が価格低下を促しそうだ。

スマートフォン競争により、端末開発のスピードが増し、
日本の電子部品・部材企業にはいいことだ。

また、香港に上場するZTEは世界でもシェア拡大を続け、
世界中でのBtoBプロモーションを大々的に行っており、
投資先として有望だろう。

続きを読む »