サイト内検索
 
書籍に関連した資料!
 
大化け注目株リスト
 
大化け株の発掘!
 
プロフィール

朝香友博

Author:朝香友博
産業・成長企業アナリスト

 
株ブログ・ランキング
にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
 
スポンサード リンク
 
カテゴリ
ZEB (1)
 
ブログ村の新着記事など
   
リンク
 
ヤフーカテゴリ・リンク
当ブログはヤフーカテゴリ登録サイト! Yahoo! JAPAN
 
急上昇の検索ワード
 
RSSリンクの表示
 
メールお問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

 
最新コメント
 
月別アーカイブ
 
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 9933

紹介文:<内容>

☆『相場観とポジション』
今週の相場は買いか?売りか?
国内外の140の指標により
ポジションを決定

※原則週末に更新ですが、
相場の変動が激しい場合には、
短期デイリーベースで
相場観とポジションの更新及び
フォローを想定しています

☆注目銘柄リスト
注目ポイントと独自の割安指標を掲載。
中長期成長株を基本に、
短期狙いのテクニカルや市況関連株
を選定。
(3カ月に一度は最低更新)

※その他、随時コメントを掲載
※相場の状況により、注目銘柄の
更新が無い月がある場合もございます
ので予めご了承ください
※有料購読の詳細説明
http://obakekabu.net/blog-category-61.html

☆朝香友博の1%の人とだけ
シェアしたい話(NEW)

なかなか無料記事では
全面的に公開して書けない話を
有料記事にてアップしていきます。

☆大化け株の予備軍
(好チャート株の復活企画)
短中長期テクニカルすべてで上昇基調、
かつ中長期で売り上げを伸ばしている企業の
チャートだけで注目銘柄をラインナップします。
(随時)


◎毎月の購読がお得です

<週毎>
相場観とポジション:2,484円
⇒月に4回で9,936円

<(最低でも)3カ月四半期毎>
注目銘柄リスト:19,800円
⇒1か月あたりで6,600円

なお、入れ替えがそれなりに発生、
あるいは新規注目が増えた時には、
臨時号を発行することがあります。
ただし、その際にも月次読者のみなさまの
9933円よりも高い値段で発行いたします。

<月次コスト比較>
単品購読の場合
9,936+6,600=16,536円
月次購読の場合
9,933円(40%OFF)

なお、相場や企業業績の変化に応じて、
「注目ポイント」や「好チャート株」、
「臨時の注目株リスト」を適宜有料記事にて配信し、

有料読者だけの
こぼれ話などもありますので、
月次購読が更にお得になります!

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

10年前の日本、今の日本

10年以上前。
「トモ、日本企業をパビリオンにしてなんとしてでも
(上海・香港・ソウル・シンガ・バンコク・クアラルンプール)に引っ張ってくれないか」

今。
「トモ、もういい加減、国なんてほっといたらどうなの?
うちの国で活動したら破格の環境を用意されると思うよ」

ここ数年。
うすうす感じてはいたが、
こうして一人でふらふらとアジアを回らず、
例えばかの国のお役人に飛行機のタラップから外交ルートで入国させてもらって、
日本を持ち上げられて・・・・なんて訪問をしていたので
鮮明に気付けなかったが、

クアラルンプールのオートメーション・自動製造化の国際見本市、
シンガポールの動画・通信・放送の国際見本市での
「ちっぽけな日本の存在感」を突き付けられ、

その感想を漏らしていたら、
10年前に日本の企業たちを
何としてでも引っ張ってほしいと言っていた人々に

冒頭のような本音をぶつけられて、
思い出すとチャンギ空港に向かう途中、
涙がでてきそうなほど歯がゆい気持ちがこみ上げてくる。

さらに、
今のシンガポールや上海やバンガロールと日本の小学校教育を比べた時、
逆転された後に日本がそれを抜き返すような教育環境にもないとも
思うのだ。

私も娘の将来を考えて、国を移すか相当悩んだ。
(悩んだ末に最悪シンガにもUSにも転入できる学校を選んだ。
愛国心と日本への愛着心、故郷という感情。
これがわが家にとってなににも代えがたく、
国語をしっかり根付かせ、
移るならもう少しもの心ついてからでも遅くないように、
本で書いたように習い事や実践を徹底して積ませている)

はっきり言って、
今日の現場で日本の高等教育などほとんど役に立っていないだろう。
しかし彼らは役に立つ人材を育てている。
だから、新卒でもスタートから年収1000万以上の人材がごまんといる。

どうやったら、
平和ボケ、日本はリッチだぜボケした
国民の意識を変えられるのだろうか。

今日、どれだけ歯がゆい思いをしたか。
クアラルンプールでも同じ気持ちを感じたが、
今日は昔なじみが色々いたからこそ、
その何倍もの想いがこみ上げる。

政治の力を使わずして、
ミクロからマクロを変えるのも
そろそろ限界かもしれない。

自分が深い気持ちを感じ、
見えてきたイメージが
3~10年後くらいにマジョリティーリアルになる。

でもそうならないように、
今はまだミクロでできることを積み重ねるしかない。

そう、できることをやるしかない。
ちょっと強行日程になったが、
これから台北へ向かってやれることをやるしかない!


日経平均株価、今年初の5日続伸来た!しかし、一方でシンガポールでは下り坂の日本産業界・・・

20160531_111820917.jpg 

昨日からそんなにおいを感じていましたが、
日経平均、来ましたね。

さて、短期的には盛り上がる市場に一言。

先ほど会議とランチを終えて、今マリーナベイサンズの展示会場を回っていますが、
が、
が、
が、
「日本パビリオンが無い!」

今回は動画(今後ますます重要な事は少年にだってわかるテーマ)・通信・放送の展示会・会議。

中国は5つ、
韓国は3つ、
台湾は1つの大きなパビリオンと点在する各社のブース。

さらには、
マレーシア、インドネシア、タイ、シンガポール、ベトナムのパビリオン。
(※追記 インドもありました。ほんと各国勢ぞろい。)

欧米勢にも、
大きな大きな各フロアに中国と激突するUSAパビリオン、
ドイツ、フランス、イギリスのパビリオン。
加えてルーマニア、イスラエルのパビリオン。
(※さらに追記。カナダ、イタリア、スペインもありました)

というか、
アジアや世界の全製造業の主要国・新興国の中で
パビリオンがないのは日本だけ。

今日も現地の展示関係者に、
「まじで日本は国にお金が無いのか?そんなに不景気なのか?」
と聞かれました。

わかります?
この虚しさ。

SONYやCANONやパナソニックはそんな中、奮闘してましたよ。
特にパナの展開には拍手を送りたい。

だが、私は前にこの業界のアジアの統括責任者だったからわかるんですよ。
ブースやプライベート展示の場所が明らかに不遇されている。

オーガナイザーからしてみたら、
華のある場所、隅っこにも人が行くような強力な企業をどこに配置したいかが、
手に取るようにわかる。

だから、
私は展示会場の図面を見るだけで、
「どの企業が産業界で王様なのか、新興勢力の王子様なのか」が理解できる。

そして、
それをそのまま来期・展示会なので3年くらい先の業績に結び付けて考えるのだが、
各企業はともかく、

「おーい、霞が関や永田町の方々。日本が孤立していっているのがわかりますか?」
といいたい。

実はクアラルンプールの国際見本市でも、
主要製造業国でパビリオンがなかったのは日本だけだった。

あんなにキーエンスやDMG森精機はがんばっていたのに・・・

後方支援しろよ、日本政府と霞が関。

もう10年以上前のアジアの見本市と全く違う景色が拡がっているのが、
10年後の日本の未来を暗示しているように思えてならない。

ここに来る道中に、ホリエモンの「どこにでもいける?」的な本を読んで、
別に海外に無理して出る必要なんてないと書いてありましたが、

ありえない。

だから、今ここの会場で商談が活発な企業の部材は日本製なのに、
エンドマーケットが取れないのは、
グイグイ図々しく入り込んでいくグローバル人材が少ないからだ。

ユニクロの柳井さんの「日本を出よ」「現実を視よ」で展開されている危機感を、
私はこの展示フロアから同意して伝えたい。

どんどん小さな存在感になる日本。

私の未来観や数年先のアウトルックが当たるのは、
単純に何百人・何十か国の人々と話した感想のサマリーや
こういうフィーリングを積み重ねているだけで、予想しているからではない。

時には日本人ではないふりをしてでも本音を探って、
明日の未来をイメージしている。

だから、
日経平均が5日続伸したよ~という日本からの電話はうれしかったが、
ちょうどアメリカの商務省の人と
薄れゆく日本について話をしていたときだったので、
なんか複雑な気持ち。

備忘録を兼ねて、オンタイム更新。

あー、
もっと僕に国の予算を動かす力があれば・・・
社会保障費なんて削っていいから、
未来の富のために予算を使わないと日本の優位性が浸食されていく・・・

総論的に言うと大先輩方に失礼だが、
お孫さんのためならと資産をあてたり我慢できるという先輩方への厚生費を我慢頂き、
未来を生きるわれわれの暮らしや給与を考えて、
産業のビジネスを拡げる予算を国にさけるような世論に賛成してほしい・・・

このブログを読んでる若い人がいたら、
表層的に考えないで、もっとよく世界の現実を視ないと、
みんな食べれなくなるぞってほんと言いたい。

全製造業国の揃った中で、
マレーシアでもシンガポールにおいてもいなかった「日本」の
相対的でゆっくりとした衰退を止めようよ。

賛同する議員を集めて、若いもんに選挙に行くようにケツをたたく。
最終的にはそれしかない。

まとまりのない長文をお読み下さりありがとうございました。


ユニクロに売りを仕掛けるということは、日本を潰すという事とニアリ―イコールだな


私はいま5日ほどクアラルンプールでとても濃い時間を過ごしています。
明日からシンガポールに戻り、ICT展示会に参加し、
その日の夜からさらに国際会議に参加するため台北に移動します。

クアラルンプールでは色々な事を肌で感じています。
新幹線、また中国に負けるかもしれませんね。
そして、私はアジア4か国の訪問を終えようとしている中で、
「ユニクロをつぶすという事は日本をつぶすに等しい」
とまで感じています。

たまたま柳井さんのインタビューを昨日の日経で拝読し、
私はこの旅での移動中はずっと柳井さんの「1勝9敗」を再読し、
現場を見ながらユニクロの成長する未来を模索してきました。
(この本にある週刊誌を買う感覚で買う服=ユニクロで国内を作ってきたから、
アジアでのブランド感、日本でのNotブランドは柳井さんのまねいた失政だろう)

実際に、
もう50名を超えたであろうアジアのユニクロスタッフとの会話、
大衆社会へのユニクロの影響力と今後のアジアの成長を考えた時に、
国内のイメージとのギャップをどうするかが問題だと感じている。

一方で4か国のユニクロを回っていたら、
「値上げして当然」という「ブランド」勘違いは仕方がなかったと思う。
インフレを仕掛けることは国益にも叶うと思いますしね。

しかし、日本国民にはあくまでも消耗品ユニクロのブランド化は受け入れられなかった。
このままではGAPのようにH&Mなどにやられる会社になるとも思います。

さあ、どうする柳井さん。
僕なら国内のユニクロを縮小して、
その分のスタッフをアジアに回す。

どうしてもブランド化したいなら
レクサスのような別のものを国内では作ったらどうだろうか?
そして、そのブランドをアジアに展開するときは、
青山や西麻布のクラブの中で
買い物してるような店舗にしておしゃれ感を出してほしい。
(あの「いらっしゃいませ、ユニクロ」はあんまりかっこよくないから
上位ブランドでは止めてほしい。今のユニクロの位置づけならなしではないけど)

柳井さんならそのくらいの大胆なことができると思う。
日本ではGUの拡大、新ブランドの立ち上げ。
国内のふつうのユニクロの余剰人員は
成長市場にどんどん出しちゃう。

その際にスタッフが嫌がって辞めるなら辞めればいい。
止まらない成長。
それが柳井さんの真骨頂。

今年の2月に「ユニクロ黄信号」の原稿を書いたが、
その後に国内での急減速を受けて、
柳井さんは素直に「失敗」とお認めになっていた。

私はその潔さ、
さらにファンになってしまいます。

クアラルンプールでユニクロで働くことに誇りを持ち、
日本が大好きで、
ユニクロは「もっと伸びる」と信じて一生懸命働くスタッフ。

このことの詳細は書かないと約束したので詳細は書かないが、
ここ現地でユニクロのリクルーティングまで受けてみた。
途中で事情は話しましたが。

もはや私の気持ちは固まった。
国益に叶う企業が黄信号なら、思いっきり支えるまで。

これは投機のマネーゲームやポーカーと違う。
お金のための金融市場でなく、
繁栄をつくるための金融市場であり、お金である。
この気持ちで投資をすることこそが、私にとっての投資だ。

メディアで紹介を頂くような投資の結果はただの結果。
ずっと私はこうして生きたし、投資をしてきた。
私の真の姿はここにある。


この際SonyとAsusのスマホ事業が合併しないかなあ。歓迎!蔡英文総統。


成長ノートを久々更新。

この際、SonyとAsusのスマホ事業が合併しないかなあ。
その液晶は、シャープ製。

個人的にはいい落としどころ。
この想いの背景は

投資は未来への想いを叶えるツール。

 
いずれ必ず巨大な構想の要になってみせる。

その志を堅持しながら、
インドネシアをあとにしてシンガポールに向かう。

【常識を疑え】ウォーレン・バフェットを超えるには何ができるか?


利下げの淡い期待は打ち砕かれました。

かといって、
利上げを緩やかでも続けた場合、
昨年想定していたような
米利上げ>米経済に超強気(ここが現在違う状況)>
ドル高円安>日本大企業の利益も絶頂>株バブルのフォナーレ
というシナリオにも期待できない。

日本市場はより一層の混乱は避けられまい。

しかし、混乱こそ富の源泉。

私はP指数で
この波も次の不況大人買いの原資にできるよう市場変化に併せて稼ぎ続けたい。

上善如水。
市場の変化に対応するとはまさにこういうことかと感じている。
蒸気になったり、氷になったり。
しかし、H20であるという信念は不変である。

前回のサブプライム以降の下げは、
すべてをキャッシュにしたのちにただただ酷い下げだなあと見守ったが、
今回はP指数を相棒に稼いで大底を迎えたい。

横ばいで稼ぐことは難しいが、
上昇トレンドも下落トレンドもトレンドはトレンド。
週足チャートの分析で1月に中期下落トレンドと申し上げたように、
トレンドが分かれば上がろうが下がろうが儲けられる。

10年目線のあとがきで触れた羽生結弦くんが限界を設定せずに挑戦しているように、
私も限界は設定しないで、
簡単な長期投資はバフェットやリンチを参考に、
難しい短中期投資は空売り王を参考に、
知る限り誰もできない投資家の道に挑戦したい。

だから、
バフェットやリンチには否定されそうだが、
彼らも全体市場はわからないというから、このP指数の開発に挑戦してみた。

長期のファンダメンタル投資家があまりチャートをみないから、
だましの少ない長期こそチャートを活用し、短期チャートなんてほぼ無視。
短期のトレーダーがチャートばっかりみてトレードしてるから、
短期の急落ポイントこそファンダメンタル分析を重視する。

ベンジャミングレアムの言う
「一般的ではないが、人と違う理に適う定石のルール」
を自分なりに構築して今の市場に臨み、
リーマンショック以降のほぼすべての急落前に買いポジションのキャッシュオンに成功してきた。

この基本的な考え方が
今の私の競争優位を生み出してくれている。
人と同じ事やっても大きく稼げないのは、
株の世界だけでなく、
ケータイでも家電でもアパレルでも自動車でも同じで、
これはビジネスの当然の常識なのに、
株の世界では本に書いてあることを同じようにみんなやろうとする。

でも、
ユニクロのフリースやヒートテック、
ピジョンの哺乳瓶、
スバルのアイサイトなども、
他にないユニークで価値ある商品だったから、
企業の評価もうなぎ登りになったでしょ。

私には企業にそれを求めるのくせに、
投資家の自分は大学の教科書や市販の株本以外の事は非常識だと
昔の誰かのやり方にしがみついている投資家の方の姿勢は不可解に映る。

ところで、
うちの娘が最近フィギアスケートを習い始めたのですが、
一生懸命練習している子の中に、
羽生結弦くんを超えたいという男の子がいて、
「いつか僕は5回転を飛びたい」と無邪気に言っている。

この子のような無邪気な気持ち・向上心を私も死ぬまで忘れたくない。
そして、おじいちゃんになってもフーリッシュでありたい。
「無理だからやめておけ」という言葉をかけられることこそ、
挑戦し甲斐のあることって感じます。
きっと、イノベーションはそこからしか生まれない。

こんな気持ちが、
結果としてクモの糸や自動折り畳み機や世界最先端の遺伝子編集といった
ベンチャーの評価を先んじてできた事につながったのだと感じています。

バフェットを超えていくにはどうすればいいか、
こういう気持ちも自己成長のために大事にしながら、
市場と産業界と一緒にダンスを踊っていきたい。

そうすると失敗も成功のもととしか感じず、
楽しい株式投資も続いているのかもしれません。

究極のリフレ策?日本の構造大転換のためのマイナス金利3%


究極のリフレ策?日本の構造大転換のためのマイナス金利3%

※成長ノートにて更新

あまりに痛い甘利大臣の辞任


Blow for Shinzo Abe as Japan economy minister Akira Amari resigns
(FT)

Akira Amari, Japan’s Economic Revitalization Minister, Resigns Amid Scandal
(NY Times)

Japan's Economy Minister Amari to Resign Over Graft Scandal
(bloomberg)

財政再建派の麻生大臣と成長重視の甘利大臣の均衡バランス崩壊。
相場に与える影響は限定的だろうが、
少なくとも産業・貿易関係者はそう見てくるだろう。
石原新大臣には申し訳ないが、調整力や大胆さの点で物足りなさは否めない。
(※Sさま、表現の間違いを指摘くださりありがとうございました)

あれだけいろいろな産業に目配りしながら、
日本の国益を考えた産業型大臣はそうそう現れないかもしれない。

そして、インバウンド関連でのイニシアティブも発揮していただき、
実際にお会いした時の印象で言えば、
なかなか肝の据わった方で頼もしいという、
最近の政治家には珍しく好印象を持った経験もあり、
本当に口惜しい。

オーストラリアのTPP関係者からも辞任残念との声が上がっている。
帰国後は早速、米国大使館にも訪問することにした。

政策や政局の荒さがしをするワイドショーはいいとしても、
そのワイドショーのような政治活動ばかりをしている政治家などは、
政治にそんなにお金がかからないかもしれないが、

日本の枠を超えて、
世界の中の日本を強めていくんだという動きをしている、
政治にはカネがかかる。

このブログの読者だけでもそのことをご理解いただき、
政治とカネをクリーンにするなら、
政治家にもっと活動資金をあげるか、
企業との行き過ぎない癒着を許容すべきだ。

きれいごとばかり言っていると、
最後のつけは国民に返ってくると思うのだが・・・

①金融>黒田OK、②財政>安倍・麻生OK、しかし③成長戦略構造改革>日本の政治家よ、さようなら?


びっくりニュースが入ってきた。
英バークレイズ:日本の現物株取引業務から撤退、約80人を削減
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-O1A2F26S973M01.html

これは短期的な底入れサインになる可能性がある。
欧州の証券会社経由のオイルマネーも相当額、引き上げたと見る。

しかし、これは本当に短期的な影響で済むのだろうか?

もし、ここに短期的な資金ショート売り以外に、
あれだけ期待した日本の構造改革がちっとも進まないという
失望が交じっていたら、ちょっとたちが悪い。

みなさんは、
じりじりと日本のCDSが上昇していることに
気づいているだろうか?

私はこの指数の上昇が不気味に思っていたので、
上記のような事も考えなくないわけです。

私は安倍内閣、
というよりは安倍総理は比較的よくやっているので、
(あの低所得高齢者向け3万円給付というのだけは、納得できないが)

どちらかといえば
日本の政治家のすべてが国民に聞こえの悪い改革を本気でしないため、
長期マネーもいつかはそっぽを向くと思っている。

今回はまだ日本の悲惨はないと思うが、
長期マネーがどんどん外から入らなくなり、
いつの日か株安円安、日本列島沈没にならないか、
一抹の不安を覚える。

追記
撤退は日本だけじゃないので、
この心配はないようだが、
最近まわりでちょいちょい言われるので。念のため



世界で輝く日本にするため!人の一歩先に進んで調査し、半歩先で投資し、追いつかれたらバトンを渡す事を繰り返し、私は力をつけていく

【ネット証券】「自動運転車」でわかる“大化け株”の探し方!
こんな記事を見つけた。
https://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=147488

本当に今年は自動運転が一般のビジネスマンにも浸透した年となった。
あとは、訪日外国人消費の経済効果について中国人の「爆買い」で浸透した年でもあった。

2013年末には東京五輪大化け株で訪日外国人の経済効果を、
2014年末には自動運転に向けた産業界の動向を本にしてリリースし半歩先を提示しましたが、
みなの情報偏差値との格差がなくなって、
横並びになったとは思わないだろうか?

そんなときに賢明なる投資家は、
そのバトンを並みのビジネスマンに渡してしまって、
また次の大いなる可能性を探る大化け株発掘の旅に出かけよう。

長期投資の醍醐味はこの繰り返しであるし、
最近はエンジェル税制という制度も充実し、
この社会、そしてこの国を利する技術やサービスに遭遇した時に
投資しやすい環境も整っている。

そして、その企業たちの研究進捗をヒアリングすることで、
結果として人の1歩先を調査して、半歩先で投資の大砲を打ち、
時代がそこに横並びしてくれる大波が来た時に一気にバトンを受け渡す。

2016年も自分の望むべきこの国の未来を創造するために、
このゴールデンサイクルを強化していきたい。

12月26日の読売新聞に
次世代国産エネルギーとして期待の集まるメタンハイドレートを研究する
専門コースを鳥取大が初めて大学院に開設する記事を見ましたが、
その教授に就任される海老沼孝郎教授の研究には十分な資金はあるのだろうか?

国産エネルギーで日本経済の安定と発展を図ることは、
私、いや私だけでなく同志や
この世にその想いを託し先立たれた日本人の悲願でもあり、
ただただ単純にこの研究を応援したい。

こういう想いやおせっかいが
先々の株投資につながる原点でもある。

農業輸出の投資も
始まりは北海道の熱い志を持った
たった一人の人との出会いから始まった。

インバウンド投資も
始まりは私の企画していた国際展示会並びにアジアで汗を流す
一人の特許の神様との出会いからだった。

自動運転への投資も、
私の母や弟が過失なく車にひかれ、
妻の祖母が車に生命を奪われた悲劇を繰り返したくないという想いから始まった。

すべてはこの社会の未来をどうしたいか。
投資はこの想いをカタチにする手段に過ぎない。

この想いの種がなんとか芽を出し、
どうにかして花を開かせることだけを考えた延長線上に、
それを達成する救世主としての会社すなわち関連銘柄が出現してくる。

営業でいえば確度を上げるために、
やれ株価分析やら、経済指標分析やらやっているが、
最も大事なのはこの「想い」だ。

私にこの想いがつきなければ、
私は大損して丸裸になっても、
私は私の地毛を売ってでも、
この想いの実現の為に投資を再び始めるだろう。

われわれの日本は、
昨年一人あたりのGDPがついに
1970年以来最低のOECD20位にまで転落してしまい、
円安の影響があるにしろ長期的には
世界で相対的に衰退の一途を辿っており、
立ち止まっている時間はない。

もうやがて2015年は終わり2016年がやってくるが、
私はこの想いを胸に年越しをし、
新年に新たな成長をできるように歩みたい。
私は私のできる範囲でささやかでもいいから、
この国の未来を創ることに貢献してまいりたい。

最後に12月27日日経の
「日曜に考える~研究者、世界に目を向けよ~」
で掲載された和田東大名誉教授の言葉(中略あり)で、
今年のブログを締めくくりたい。

「日本の優れたコンピューターや半導体技術と生物科学を組み合わせて
世界のトップに出ようとしたが、共鳴してくれた人はごくわずかだった。
知り合いの米エネルギー省の局長が来日し、ホテルでともに朝食をとった
時の言葉が忘れられない。
『あなたも私もこれでお金もうけができるぞ』
『一緒にやろう』と言ってきた。
日本は学問の境界を超えるとすぐに足の引っ張り合いになる。
計測装置を日本が押さえられなかったのは悔いても悔やみきれない。
日本の存在は消し飛んでしまっている。
(記者:先行きは明るくないと?)
日本の若い研究者が外国に友達を持っていないのが気になる。
今や韓国や中国に比べても海外に研究に行く人は非常に少ない。
日本は将来を見据え、戦略を組み立てるのが苦手だ。
人間には知識と知恵の両方がバランス良く必要だが、
受験で問われる知識ばかりが積みあがっている。
ただ、文部科学省も問題に気づきスーパーサイエンスハイスクールなどを
指定しているのは良い動きだ。
失敗を恐れない人材が育ちつつあり、希望が持てる」

この人生の偉大な大先輩の提言をわれわれは重く受け止めようではないか。

日本の根深いこの体質をより良くすべく、
日本を世界のトップに押し上げようとする大志を抱く研究者の方に
悔しい思いをさせないためにも、
私は2016年という時を全力で生きる。

最後にそんな私をこのサイトを通じて支えてくださっている読者の皆様。
2015年も本当にありがとうございました。
どうぞ、良いお年をお迎えください!

◎米利上げ後、必ずあなたの役に立つ年末年始必読の一冊
合理的な逆張りで「安く買って高く売る」朝香式・投資3原則


◎2016年の相場大局観はこちら
http://obakekabu.net/blog-entry-4189.html

農業維新の実現へ!2015年、日本の農産物輸出が注目されたのはよかった

農業維新の実現へ!2015年、日本の農産物輸出がに注目されたのはよかった
※成長ノートにて更新