サイト内検索
 
書籍に関連した資料!
 
大化け注目株リスト
 
大化け株の発掘!
 
プロフィール

朝香友博

Author:朝香友博
産業・成長企業アナリスト

 
株ブログ・ランキング
にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
 
スポンサード リンク
 
カテゴリ
ZEB (1)
 
ブログ村の新着記事など
   
リンク
 
ヤフーカテゴリ・リンク
当ブログはヤフーカテゴリ登録サイト! Yahoo! JAPAN
 
急上昇の検索ワード
 
RSSリンクの表示
 
メールお問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

 
最新コメント
 
月別アーカイブ
 
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 9933

紹介文:<内容>

☆『相場観とポジション』
今週の相場は買いか?売りか?
国内外の140の指標により
ポジションを決定

※原則週末に更新ですが、
相場の変動が激しい場合には、
短期デイリーベースで
相場観とポジションの更新及び
フォローを想定しています

☆注目銘柄リスト
注目ポイントと独自の割安指標を掲載。
中長期成長株を基本に、
短期狙いのテクニカルや市況関連株
を選定。
(3カ月に一度は最低更新)

※その他、随時コメントを掲載
※相場の状況により、注目銘柄の
更新が無い月がある場合もございます
ので予めご了承ください
※有料購読の詳細説明
http://obakekabu.net/blog-category-61.html

☆朝香友博の1%の人とだけ
シェアしたい話(NEW)

なかなか無料記事では
全面的に公開して書けない話を
有料記事にてアップしていきます。

☆大化け株の予備軍
(好チャート株の復活企画)
短中長期テクニカルすべてで上昇基調、
かつ中長期で売り上げを伸ばしている企業の
チャートだけで注目銘柄をラインナップします。
(随時)


◎毎月の購読がお得です

<週毎>
相場観とポジション:2,484円
⇒月に4回で9,936円

<(最低でも)3カ月四半期毎>
注目銘柄リスト:19,800円
⇒1か月あたりで6,600円

なお、入れ替えがそれなりに発生、
あるいは新規注目が増えた時には、
臨時号を発行することがあります。
ただし、その際にも月次読者のみなさまの
9933円よりも高い値段で発行いたします。

<月次コスト比較>
単品購読の場合
9,936+6,600=16,536円
月次購読の場合
9,933円(40%OFF)

なお、相場や企業業績の変化に応じて、
「注目ポイント」や「好チャート株」、
「臨時の注目株リスト」を適宜有料記事にて配信し、

有料読者だけの
こぼれ話などもありますので、
月次購読が更にお得になります!

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

大化け株はココを狙え!上昇相場での銘柄間の値上がり格差

アベノミクス相場

証券、
金融、
不動産

などの業種は上昇が顕著だが、

一方で、
鉱業、石油、建設は伸び悩むなどの
業種・銘柄間の格差は開く一方だ。

実は、
前回の郵政相場のけん引役は、

不動産、
証券、
銀行


前々回のITバブル相場のけん引役は、

証券、
通信、
電機


であり、

当然と言えば当然だが、
すべて証券株がランクインしている。

次回の大相場の際には、
私も証券株を大きく組み入れたいと思います。


大化け株や割安成長株を探す為のにほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ


大化け株や割安成長株を探す為のにほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

バナークリック後は、
ランキングサイトにて色々な投資家ブログの情報を閲覧できます。

ちなみに、
実はこのバナーをクリック頂けると、私のブログの応援にもなります。
記事が参考になった方の<応援クリック>を頂けたらうれしいです!

騰落レシオ152.15%にワクワク

騰落レシオ152.15%と4か月ぶりの水準となった。

これに対して、日経18面のチャート&データでは、



一般的に数値が120%を超えると「買われすぎ」とされ、
過熱感が高まりやすい。
市場では「目先は株高が一服しそう」(国内証券)との声が出ていた



といつものようなコメントが掲載されていました。

しかし、私は騰落レシオ152.15%にワクワクしています。

これまでも騰落レシオの高い時にこんな記事をリリースしました。

●さらに上昇するための需給の良さ(3月)
http://obakekabu.net/blog-entry-2162.html

●騰落レシオの正しい使い方。とんでもない相場の到来を12月に示唆(2月)
http://obakekabu.net/blog-entry-2000.html

●騰落レシオ160%越え=天井は早計。(12月)
http://obakekabu.net/blog-entry-1851.html

要は、
中長期投資家にとって、
高い騰落レシオは今後の株価上昇のエネルギー
となる事が多い。

それをぜひ覚えておいて頂きたい。




大化け株や割安成長株を探す為のにほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ


大化け株や割安成長株を探す為のにほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

バナークリック後は、
ランキングサイトにて色々な投資家ブログの情報を閲覧できます。

ちなみに、
実はこのバナーをクリック頂けると、私のブログの応援にもなります。
記事が参考になった方の<応援クリック>を頂けたらうれしいです!


成長株投資の保有継続の武器!好決算で一気に割安銘柄へ大変身

現在、注目銘柄の成長株割安度(VGSレシオ)・資産株割安度の
更新を行っております。

その中で、
ある銘柄の割安度が、

1.69(中立) →0.57(割安)

好決算を受けて、
一気に再度割安に
なりました。

10倍株(テンバガー)となった
モノタロウも瑞光もJトラストも
決算のたびに上記のように再度割安か中立になり、

トレンドの継続と並行して、
小型成長株をずっと保有する
根拠となってきました。

戦後のソニー、ホンダもそうですが、
割安成長株の指数化は、
今後も大いなる武器となってくれそうです。

テンバガーに大化け期待の「割安な有望銘柄・成長銘柄」を探すヒント
成長株投資に必要な3つの視点とは?
http://obakekabu.blog118.fc2.com/blog-entry-1908.html
(3種の神器でテンバガーを探せ!)

☆次の2倍・5倍・10倍株を!大化け期待の最新注目銘柄はこちら☆
http://obakekabu.blog118.fc2.com/blog-category-59.html

つなぎ売りのすすめ

2月の初旬に自動車関連の注目株が急騰した際に、
つなぎ売りをおすすめしました。

まさにその日が直近の天井となり、
そこから2割り下げたところで買い戻してからは、
ずっと再度注目を出しておりました。

そして、本日、終値で年初来高値を更新し、
下げて儲け上げてまた儲けました。

小型株では難しいですが、
この銘柄のように大型株は
つなぎ売りを活用すればさらに利益が積み重なります。

これだけ利益が他銘柄でたっぷり乗っていれば、
リスクをとってもいいでしょう。

お試しあれ。

ちなみにこの銘柄はまだつなぎ売りは考えていません。
全体市場が急変すれば、また話は別ですが・・・・

あと、自動車関連で上げている**4*も、
本日2ケタ上昇し、
更なる高みへいい形を整えてきましたね。

テンバガーに大化け期待の「割安な有望銘柄・成長銘柄」を探すヒント
成長株投資に必要な3つの視点とは?
http://obakekabu.blog118.fc2.com/blog-entry-1908.html
(3種の神器でテンバガーを探せ!)

☆次の2倍・5倍・10倍株を!大化け期待の最新注目銘柄はこちら☆
http://obakekabu.blog118.fc2.com/blog-category-59.html

全体相場がわかれば「最終的な勝ち投資家」になれる


レシオ20130218

本日、円安・株高が進みましたが、
あの株高の位置で買い進めるサインを出せたのもP指数のおかげだと思っています。

思えば、
金曜日の14時半には思いっきり切り返しを入れましたが、
G20でのこの展開を見通せた勢力が一斉に動いていたと思います。



週末の記事と本日のGOサインには質問も頂きました。
なぜ、相場がわかるのかと。

その答えは、金融市場の歴史の想定内に従っているからです。

今回の株高も過熱感のルールを超えた異常値と言われていましたが、
異常値の時の状態をルール化すれば、
実は年末から続いたこの過熱相場も、

いつか来た道なのです。

そして、
まだ相場はシナリオ内で収まっています。
それは私が短期過熱でいくつか示唆した記事が示す通りです。



この記事の冒頭ののチャートも
週末に更新したP指数要素の一つのポイント。

需給もマイナス入りするか、ここで当面反発するかのポイントだったとも言え、
本日、0より上で切り返しました。

金利、商品価格、景気敏感株、景気先行指標、株価、需給などの様々な要素を
一つにまとめて数値化するナビゲーションこそ、
私の第一の武器なのです。

全体の相場がこれだけ上がれば、大抵の銘柄は上昇します。
いずれはボロ株だって、目をつぶって注文したって、
何だって上がるようになるでしょう。

個別銘柄も大切ですが、
全体の相場環境に適応していく事こそ、
最も大事です。

金曜日と月曜日の相場から、
それをご理解いただきたいのです。



一攫千金を勘違いしている投資家志望者は、
「どの株が儲かりますか?」しか目を向けてくれないが、

「今日の市場は晴れそうですか?雨になりそうですか?くもりですか?」
から始める事が最も重要である。

金曜日の急落で売って、本日の急上昇にびっくりして慌てて買った人は、
きっとこのアベノミクスでも儲からないでしょう。

全体相場がわかればおのずと儲かる。
急上昇した2005年も下記の通り、大抵の銘柄は上昇したものです。

株の教科書

これは私のテキストの1枚だが、
全体相場に乗る事を分かって頂くためのシートです。

ぜひ、全体環境の把握から相場と向き合って頂きたいのです。





そして、

ある日の何かのきっかけで、明日からニュートラルになって、
明後日から真逆の事を言い出すことも
経験則に従ってあるかもしれません。

また、金融市場の初の異常事態となれば、
私も読めなくなるかもしれません。

そういうときはキャッシュにして眺めていればいいんです。

実際、
今年は全体のポジションが80%の時もあれば、
10%(90%キャッシュ)の時もあり、
大きなキャッシュポジションを取る事もありました。

しかし、こうして
負けないように負けないように
最善を尽くし、その結果として果実を手にしているのです。

思考は柔軟に、行動は確固として行うべきです。

ご参照まで。

テンバガーに大化け期待の「割安な有望銘柄・成長銘柄」を探すヒント
成長株投資に必要な3つの視点とは?
http://obakekabu.blog118.fc2.com/blog-entry-1908.html
(3種の神器でテンバガーを探せ!)

☆次の2倍・5倍・10倍株を!大化け期待の最新注目銘柄はこちら☆
http://obakekabu.blog118.fc2.com/blog-category-59.html

【正しい使い方】騰落レシオは歴史的な過熱継続で

騰落レシオ(25日)は141.14と、
160越えに比べれば落ち着いてきたものの、
まだ依然として高位置で過熱している。

よく、120以上は過熱圏で売りと誤解する人もいますが、
そうではない。

底値の判断ではオンタイムで有効な騰落レシオも、
天井判断では誤った使い方をしてしまうと、
今回のような暴騰相場に全く乗れなくなってします。


天井圏での騰落レシオの見方としてポピュラーなのは、
騰落レシオが高値をつけて、
日経平均の天井は約2か月前後遅れてくることが多い。

という法則。

120越えは売りという認識は捨て、
上記のセオリーを覚えておいた方がよい。

ちなみに、私はさらに違った見方で天井判断をしている。
そして、これが私の相場判断に非常に有益な事は私自身が実感している。

今のところ、同様の使い方を指南する書籍・論文は見当たらない。
さすがにそれは企業秘密であるが、
一般的な天井圏の見方を知っておくだけで、

12月9日の
「騰落レシオ160%越え=とんでもない相場の到来予感」

と判断できたであろう。

それが「正しい使い方」である。

割安成長株投資における銘柄選びのポイント

以前も成長株ジャーナルでは掲載しているのだが、

我々が中長期で投資べき銘柄とは

●伸びている
●儲けている
●安くなっている
●強みがわかる
●これからも伸びる 

銘柄である。

どのような視点で探しているのかというご質問へのご回答まで。

最低PERは、もう一段安の示唆か?

今週はまず、明日のアルコア決算に注目したい。

その前に、明日は9月の景気ウォッチャー調査の発表があり、

11日は9月の豪雇用統計の発表があり、
12日には、10月の米消費者態度指数の速報値が出る。

このあたりの指標には大きな注目をしたい。

また、米国決算は、
第3四半期の事前下方修正社が91社と、
事前上方修正21社を大きく上回っており、
半導体製造装置世界最大手のアプライドマテリアルズも
3日に900~1300人の人員削減を発表しており、
警戒感が強まっている。

そして、不気味なのは、三菱商事・三井物産の予想PER約5倍といったように、
超安PERが出ている事だ。

思い起こせば、
2008年10月27日、日経平均はバブル後の最低PER10.08をつけた。
その後、最終的には企業の業績下方修正が相次ぎ、
決算が赤字でPERは計算不能になった事がある。

この超安PERはこれからの嵐の到来を見越しているのかもしれない。

いずれにしても、今夜の米国市場が荒れなければ、
現段階では、金曜日のままポジションを変更せず、
様子を見る予定だ。

中長期投資で銘柄を狙うなら「重要な2つのポイント」

この1年で株価が2倍以上になった銘柄が増えているということで、
今週のヴェリタスは、
成長株を見つける秘訣を特集している。

正直、目新しい記事もなく、実践的な要素は少なかった。

ただ、1面に掲載された2倍以上になった銘柄が、
遠藤照明、
ジェイアイエヌ、
MonotaRO、
東京デリカ、
フロイント産業である。

それぞれの週足チャートを見ていて、改めて思ったのだが、

遠藤照明
D1


ジェイアイエヌ
D2


MonotaRO、

D3


東京デリカ、

D4


フロイント産業

D5

各大化け株とも、強気のポイントで買った方は、
-20~-40%のドローダウンを受け入れてなければ、
今相場にいないということである。

先ほど、ジェイアイエヌはまだ割高ではない記事を掲載しましたが、
そういった裏付け指標がないと、
-40%の銘柄を買い増しはしにくいだろう。

上記の銘柄の場合は、すべて52週移動平均線の近辺で下げ止まるか、
上方で推移しており、52週移動平均線割れまでのドローダウンを視野に入れた方は、
同じく相場に残っているだろう。

いずれにしても、
トレードで俗にいう7~8%でロスカットなどやっていたら、
成長大化け株を逃すことになる。

一方で、このデフレ、低成長日本の中で、
下げた銘柄を買い増すこともそれ自体はリスクが高い事も事実だ。

よって、

●自分自身の投資期間に見合った移動平均線の選択
●割安判定指標を自分なりに持つこと


この2点の重要性を改めて指摘しておこう。




現在の相場は「リスクオン・オフの見極めがすべて」

今日の日経ヴェリタスはとても興味深いものだった。

高度な金融工学を駆使したリスク管理が全く役に立たなかったリーマンショック以降、
伝統的な投資指標の有効性が下がり、
今この時がオンかオフかの見極めこそが重要になっているとの記事だ。

記事の中では、
HSBCのRORO指数とみずほ証券のリスクアペタイト指数が紹介されている。

なぜこれほどまでに相場環境を見極めようとするのか?

それはいいパフォーマンスを出そうとした際に、
個別銘柄の選別以上に、
全体相場の市場環境の分析が重要だからだ。

機関投資家はその辺のことをよくわかっているが、
個人投資家もそろそろ「どの株が儲かりますか?」を卒業して、
今の相場は、これから「しかけるなら買いが有利か売りが有利か」
を考える事から始めたらどうだろうか?

私も毎日算出しているポジション指数は、
今相場は
・売りなのか買いなのか、
あるいは
・買いが強かったが少しづつ売りが優勢になってきた、
売りが強かったが少しづつ買いが優勢になってきた
などを見極める為に算出している。

さらに景気敏感株優位かディフェンシブ株優位かも、
指数を毎日見ていれば容易にわかるようになるはずです。

ますます私のポジション指数が、投資の役に立つ状況だといえ、
新たな分析指標の取り入れや既存の指標をはずすなど、
さらに精度を上げう為の努力を続けて参りたいと思います。

今、世界経済は大きな大きな不透明な環境下にあります。
その原因は、かつてないほど巨大な金融緩和にあります。

世界のマクロ経済環境に注目し、
その先にいつか来るだろう金融緩和の副作用による惨劇の
歴史の証人になるだけでなく、
それによって大稼ぎできる投資家になるべく、
相場環境の見極めにより力を入れて参ります。