サイト内検索
 
書籍に関連した資料!
 
大化け注目株リスト
 
大化け株の発掘!
 
プロフィール

朝香友博

Author:朝香友博
産業・成長企業アナリスト

 
株ブログ・ランキング
にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
 
スポンサード リンク
 
カテゴリ
ZEB (1)
 
ブログ村の新着記事など
   
リンク
 
ヤフーカテゴリ・リンク
当ブログはヤフーカテゴリ登録サイト! Yahoo! JAPAN
 
急上昇の検索ワード
 
RSSリンクの表示
 
メールお問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

 
最新コメント
 
月別アーカイブ
 
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 9933

紹介文:<内容>

☆『相場観とポジション』
今週の相場は買いか?売りか?
国内外の140の指標により
ポジションを決定

※原則週末に更新ですが、
相場の変動が激しい場合には、
短期デイリーベースで
相場観とポジションの更新及び
フォローを想定しています

☆注目銘柄リスト
注目ポイントと独自の割安指標を掲載。
中長期成長株を基本に、
短期狙いのテクニカルや市況関連株
を選定。
(3カ月に一度は最低更新)

※その他、随時コメントを掲載
※相場の状況により、注目銘柄の
更新が無い月がある場合もございます
ので予めご了承ください
※有料購読の詳細説明
http://obakekabu.net/blog-category-61.html

☆朝香友博の1%の人とだけ
シェアしたい話(NEW)

なかなか無料記事では
全面的に公開して書けない話を
有料記事にてアップしていきます。

☆大化け株の予備軍
(好チャート株の復活企画)
短中長期テクニカルすべてで上昇基調、
かつ中長期で売り上げを伸ばしている企業の
チャートだけで注目銘柄をラインナップします。
(随時)


◎毎月の購読がお得です

<週毎>
相場観とポジション:2,484円
⇒月に4回で9,936円

<(最低でも)3カ月四半期毎>
注目銘柄リスト:19,800円
⇒1か月あたりで6,600円

なお、入れ替えがそれなりに発生、
あるいは新規注目が増えた時には、
臨時号を発行することがあります。
ただし、その際にも月次読者のみなさまの
9933円よりも高い値段で発行いたします。

<月次コスト比較>
単品購読の場合
9,936+6,600=16,536円
月次購読の場合
9,933円(40%OFF)

なお、相場や企業業績の変化に応じて、
「注目ポイント」や「好チャート株」、
「臨時の注目株リスト」を適宜有料記事にて配信し、

有料読者だけの
こぼれ話などもありますので、
月次購読が更にお得になります!

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

こんな中でも今年の数少ない注目株は高値更新中

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

まずは2倍株!これは毎年起こること


2月の急落、3月の安値圏の際に、
相場観の中で定性ファンダメンタルを簡単に一例として
言及した銘柄が何銘柄かあります。

競合の中でグローバル対応が最も進んでいると
私が評価している
2@@@が昨日上場最高値をつけました。
2@@@2倍 

こちらは先般の決算会見でのM&Aや事業整理を評価しているので、
ロボットの台頭の人材の流動化という長期目線でも、
業績を引き続き注視していきたいと思います。
 

 こちらは定番の社長が好きで法則外でも市場の安値を喜んで拾う志銘柄
2@@@3倍 

先日、嵐の最中から3倍高。
小手先のテクニック、一切なし。
 
志銘柄でいえば、 
電力関連も終値で先日上場最高値を付けましたね。 


 同じ時期に新しく注目した3@@@ 3@@@2倍 
こちらも先般の決算で経営陣の言及した点を評価し、まだまだ先を見据えています


6@@@ 
こちらも前々回の決算発表で社長が述べた一言で短期のアクセルを踏みました。
  6@@@2倍

業績は今後も注目すべきと思います。
が、このアジア旅での日本の錆びつきが思ったより早いと思い始め、
この企業を利すると中国企業を利して日本企業を衰退に追い込みかねないのでは
という疑念も出てきて、
お金よりも大事な想いに反するかもしれないという迷いも出てきていますが、
その辺は精査していきたいと思います。

短期的な局面でも
ファンダメンタルの材料から判断した結果は
まあまあといったところでしょう。

何を買っても報われる局面が木枯らしとともに到来しないか、
首をキリンのように長くしながら待っていたいと思います。

米株高・利上げモード・日本も出遅れて株高=ハッピー利確
米株高・利上げモード・日本は衰退懸念で株上がらず=しぶしぶ売り

長期の見方は変わらず。

いずれにしても、
半値になったら悲しいのではなく
泣いて喜びたくなる銘柄を手元にはおいておきましょう


9つ目のテンバガー(8つ目の法則テンバガー)を達成

リロ10倍達成 

ついにリロ・ホールディングスが8つ目の法則テンバガー、
累計9つの目のテンバガー・10倍大化け株になりました!

この銘柄は何度か
「チャートが長期でずっと右肩上がり、
それでもバリエーションがほとんど割高にならずに、
株価は上がる、しかしそれ以上に業績が好調で割安・中立水準をキープ」
というコメントを続けてきた超優等生でした。

新刊の著書でも


236ページでVGSレシオは1.04と割安で、
総合割安度も1.64と割安でした。
84-86ページで、
このリロがあと650円で10倍でまだまだ成長を見守るとして、
ビジネスモデルの生まれた背景を記載しました。

また、先日更新したバリエーションでも、
VGSレシオが1.45、総合割安度が1.91と
同じくまだ割安の域にありましたので、

株価は過熱しておりますが、
まだ上昇しても何ら不思議ではない業績です。

PER30倍台、PBR7倍台となっていますが、
私のオリジナルのバリュエーションが活きています。
この計算は、
過去のテンバガーをはじめ何十年と右肩上がりの企業だけに研究対象を絞って、
それらに共通した数字の経緯だけを研究して生み出したオリジナルツール。

今後も活用していきたい。

アベノミクス相場、私の大化け株。ありがとう、アベノミクス。


アベノミクス相場 私の大化け株

7年数か月もやっていれば、
それなりになります。

この秘訣を
第2章「自分目線で探せば「大化け株」はすぐそばにある」
にて徹底紹介。
大化け株(テンバガー)サイクル投資術 -暴落時に判別できる「伸びる会社・伸びない会社」-



今回の相場では小泉相場よりも大きな果実を得ましたが、
次の相場では、
これ以上の果実が得られるよう精進したい。

フィスコ、最高。志銘柄はストップ高に、2倍高。


本日も日経平均は急落。

しかし、私が注目していた銘柄はストップ高。

フィスコからコメント出てました。
ケータイからなので詳しくは見てませんが、
新年もおかげで私は好調。

新電力関連銘柄の時も
フィスコレポートから株価は跳ね、
こちらも年末年始で2倍株で勝つとなりましたし、
フィスコとは相性がいいかもしれませんね。


ただ、今日のストップ高は短期の思惑買い。
あくまで私は年末にコメントしたように
昨年秋の展示会で出ていたソリューションの成果が身になってくる
2年後前後での大化けを視野に逆張りを想定していますので、
今回は騒ぐ材料ではないが、
こういう日のストップ高は気持ちのいいものです。

なお、土曜日の朝に東京に戻ります。

11月に注目銘柄リストを更新し、
次回の更新は3か月後の2月に予定しておりましたが、
自動運転関連銘柄の急騰による利確、
テンバガー発生による利確、
大化け株予備軍からの新規採用銘柄の増加と
完全なる失敗とコメントした損切り銘柄(これは臨時コメント済み)など、
リスト内の割合変化が激しいこと、
騰落レシオからみると短期逆張り買いの局面を想定できそうなことから
3連休最終日の11日(予定)にリストの更新をしたいと思います。

8月9月の暴落時もそうですが、
今回もキャッシュポジションを年末の株高で作り
砲撃体制を整えているので、ワクワクしますね。

今度は桜が満開になった時に美酒が飲めるかな。
楽しみです。

(cf:2倍株の出現に際して、
利食い千人力と利を伸ばせの矛盾した投資格言にお悩みの方は、
こちらの書籍が役に立つでしょう
【テンバガー】10倍株運用入門 まずは2倍株で勝つ

このブログを立ち上げたときより同じメッセージを繰り返しますが、
重要なのは10倍株より2~4倍株。
ここでしっかり利食いする事が全体の戦況を好転させるキーであり、
資金額が大きく大型株をそれなりに仕込んでいる方は
1.5倍からの利食いでもいいくらい。
10倍株や20倍株は売れないアイドル時代を支えた投資家への
神様からのおまけくらいに考えたい。)


ついに7つ目の法則テンバガーを達成☆☆☆☆☆☆☆

ついにファンコミュニケーションズ以来、
7つ目の法則テンバガーを
ラクーン(3031・2012年12月注目)にて達成!

年末は自動運転関連銘柄と電力自由化銘柄が爆上げしたし、
いい年末年始になりました。

また、
昨日は取引初日だったので「悪くない大発会」という
表現にしましたが、

今日のテンバガーの達成が見えていたのと、
初日の大暴落で短期買いのトレードチャンスかとワクワクして
最高の大発会となりました。

これ、わざわざ法則テンバガーと呼んでいるのは、
【テンバガー】10倍株で勝つ

こちらの書籍で紹介した誰でも真似できる新高値を買う
順張りのテンバガーの法則による7つ目のテンバガー達成となったためです。
(20倍株など逆張り投資によるテンバガーと区別し、あくまでこの本の法則に従った
テンバガーが7つ目ということ)

もっとも、
今年2016年に関しては、下記の本の主旨理解のほうが
10倍株を狙うよりも大事になる。
合理的な逆張りで「安く買って高く売る」朝香式・投資3原則


極論、10倍株の法則(ミクロ)をわからなくてもいいから、
好景気(楽観)・不景気(悲観)の相場の大局(マクロ)で有利な戦いを
展開できるようにこれだけは絶対に読んでほしい。

なぜなら、10倍株(テンバガー)を量産するには、
全体市場が低迷し、猫も杓子も割安株だらけの時に大化け株の種を仕込むことが
最重要だからだ。

ちなみに、
「いつも優良銘柄に投資しているのに、
結局日経平均の暴落で持ち株も一緒に下がってしまう」
という苦い経験を重ねておられる方は、
日経平均のレンジが22000~28000円なら、
本に記載された原則①~③を、
日経平均のレンジが1年半来安値を更新するなら、
武器③のサインが出ないかを
チェックしておくといいだろう。

※成長ノートを更新。
私は大晦日に初詣することで、投資の鍛錬にもつながっている・・・
(大晦日と元旦の2日間で投資の秘訣を体感できます)

日替わりで2桁高


こんばんは。
朝香です。

最近は中小型株の値動きがいいですね。
今日も3***の銘柄が2桁高で、
8月の暴落時からやがて3倍高。

しかも上昇の加速に合わせて、
VGSレシオが好業績で安くなるいい循環をみせています。

しかし、それにしてもこのカテゴリ、
最近触っていませんでした。

本を出すようになって
小型銘柄への影響も短期的にはあったりするので、
静かにやっています。

どこかの仕手さまと違い、
テクニカルにもファンダメンタルにも、
客観的な指標を取り入れて合理的に銘柄分析をしておりますので、
念のためフォローまで。

今日は週刊ダイヤモンドが、


株特集していました。
8月の急落相場で大損した投資家の記事が2名分載っておりますが、

8月の暴落、9月の続落で仕込んで、
大儲けしている現状を考えると、
こんな好機を逃してもったいない・・・と個人的には思いました。

これはもちろん、
客観的な指数による売買ができる武器あってこそですが。

いずれにしてもこの時期、
日替わり急騰相場が到来していますね。

まずは2倍株の3***。そしてラクーンはテンバガー目前、8倍超高へ


今日は日経平均下げましたね。
20500円近辺で相場を固められるかどうか、
引き続き見ていきたいと思います。

たまたま年末に食事をして安い割にはと、
コスパに注目した東証1部の3***。

本日、まずは2倍高。

まずは2倍株で勝つ

昨日の翻訳センターは本日小幅安ですが、
あせらずじっくりと上昇していけばいいのでは。
3***もそうですが、慌てない慌てない。
その方が息の長い相場になりますし。
それでも、50万+αあたりの壁をキレイに溶かしたら、
そこからさらに上昇がグンと来そうな気配は変わりないかと思います。

そうこうしているうちに、
ラクーンは強くギアを入れて約2年で5倍高となりました。
また、最初の打診(2012年12月のクリスマス注目)から8倍高を超えて来て、
わずかながらテンバガーを視野に入れてきました。

良い企業の成長をじっくりとワインが熟成するかのように待つ。

今いくつか7つ目の法則テンバガーにリーチしていますが、
逆張りを入れると10の10倍株になりそうな気配。

相場の大崩れ後の逆張り注目銘柄のリリースがいつになるかわかりませんが、
いつかその企画も時代がそうなれば、ダブルリリースしていきますので、
今は次のテンバガーの出現をじっっくり待ちましょう。

日経225銘柄でまだ割安な銘柄は?あの優良銘柄はもう割高か?


おはようございます。
朝香です。

本日は久しぶりの雨で、
市場にも久しぶりに雨が降るかもしれませんね。

それでも12連騰という超強気サインが出てきたことを
本当に喜んでおきたいと思います。

ただ、東証1部の代表銘柄では、
私の独自割安指標であるVGSレシオで割高なものが目立ってきました。

例えば、TDKは8.4、キャノン9、東レ18.1、トヨタ20.5、
京セラ94.3、資生堂211.1といった具合です。
(2.5以下が割高でないという判断)

また、225銘柄ではないですが、
東証1部の私のイチオシ優良銘柄である
ピジョンも4.3、村田製作所も5.5と割高感が高まってきました。
(これだけ大化け株として上昇を続け、VGSが一桁台というのも優秀な銘柄ではありますが)

これまでは気になった銘柄のVGSレシオを計算していましたが、
このように割高な銘柄が増えてきましたので、
思い立って日経225全銘柄のVGSレシオを現在計算しております。

1銘柄につき7年分の財務情報を入力しなければならないのですが、
現在150銘柄ほど計算を終え、7銘柄が数字上はまだ割安なものがありました。

今後あと75銘柄の計算を終え、割安なものに関しては定性分析をその後進めて、
1種間程度を目途に次回の注目銘柄の更新時に加えたいと思います。

現在の7銘柄の中で、
自動運転社会のインフラ製品で先日の展示会で気になった会社の名前がありましたので、
そのあたりも拾っていきたいと思います。

3年前の展示会で長期的な有望性を感じた
インフォコムのように先々の上昇を期待したいものです。
ちなみにインフォコムは現在も注目を続けております。

インフォコム 仕込みから現在の株価チャート


【株の醍醐味】20倍高を超えて、どこまで上がる?


リーマンショック後の2009~11年と
全体相場低迷期にイチオシだったMonotaROも、
上げて、なお上げています。

しかもVGSレシオがこれもまた2倍を切り、
割高感もなく、
業績を伴って株価が長い年月をかけて上がっていく。

これが株の醍醐味でしょう。