プロフィール

朝香友博

Author:朝香友博
成長企業アナリスト/投資家

 
大化け注目株リスト
 
大化け株の発掘!
 
更新通知登録ボタン(要FC2ID)

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします(この機能に関するご質問等はこちら→FC2ブログお問い合わせフォーム

 
「10倍株で勝つ」関連資料
 
◎お問い合わせ先
 
スポンサード リンク
 
カテゴリ
ZEB (1)
   
リンク
 
RSSリンクの表示
 
最新コメント
 
月別アーカイブ
 
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 9933

紹介文:<内容>

☆『相場観とポジション』
相場のリスクオン・オフや
景気サイクルでの位置づけなどを、
長期、中長期、短中期、短期の視点から
国内外の200以上の金利や株価水準や
経済指標等により分析した記事



原則として
週次更新ですが、
相場の変動が激しい場合には、
短期デイリーベースで
相場観とポジションの更新
もしくはそれに準ずるフォローを
想定しています


なおその場合には、
相場観に付随して
短期相場情勢の「相場概況」や
軽い一言やつぶやきフォローなど、
簡潔にお届けする記事も
並行していくことがあります


当ブログでは、
中期は~3年、中長期は~5(-7)年、
長期は~10年、超長期は~20年、
短中期は~3年、短期は~1年の設定。

これは企業の中期経営計画が
概ね3年後を指す標準的な設定であり、
それと歩調を共にする
至極当然の設定であります。

中長期投資で最も大事な
時間を味方につけるという観点と
不況で買って好況序盤で買い増し、
好況絶頂で売り始めるという
運用サイクルの面からも、
重要な設定だと考えております。

よって、
デイトレ趣向の方や、
超短期トレードでは重要な
買値からたった8%マイナスで損切等の
スタンスの方にとっては
当ブログが馴染めないコンテンツと推察し、
別の参考資料やコンテンツを
お探しになることをお勧めいたします。


☆注目銘柄リスト
中長期成長株を基本に選定した企業の
注目ポイントと独自の割安度指標を掲載。
(不定期ですが原則1カ月に1度は更新予定)


※相場の状況により注目銘柄の更新が
無い月もございますが、
その場合には翌月等に更新した際に、
更新の無かった該当月の購読権利で
その内容をお読みできるような
対応をさせて頂きます。
(具体的には翌月や翌々月の更新時に、該当月の最終日の日付で更新時の記事をアップさせて頂くことで補填をさせていただきます)


☆その他
・チャート解説
・リスクオン・オフの実況解説
・国際見本市や世界での視察のこぼれ話
など、

なかなか無料記事では
全面的に公開して書けない話も
有料記事にてアップしていきます。


◎毎月の購読がお得です
単独記事をすべて別々に購読した場合は、
該当月でばらつきがありますが、
15,000~25,000円程度の価格ボリューム
となることが多く、

<月次購読の場合>
9,933円
とお得になっております。

なお、
通年での
継続読者特典・電撃企画(※)
なども近年行っております。

※どの特別企画も
単体記事を重ねて
購読頂けましたら、
後からでも閲覧自体は
「いつでも、どなたでも可能」
でありますが、
(月刊マガブロもしくは個別の月次該当記事を追ってすべて購入することで、不特定多数のすべての方が購入できる形式の特典であり、非公開・会員限定のようなものではありません)


ご継続いただいた方に
よりメリットが生じるような
企画も行っております。



<留意事項>
※当サイトは不特定多数の方への投資情報提供を目的するメディアであり、個別あるいは相対での投資助言に該当するようなメール等での投資判断に関する個別回答などは一切できませんので予めご了承下さい。また、販売する情報は、投資の勧誘を目的としたものではありません。その情報は利益をもたらすことを保証あるいは示唆するものではありません。株式投資は利益をもたらすこともあれば、逆に、大きな損失をもたらす可能性があります

※当マガブロ(電子雑誌・メディア)の販売はFC2社により行われており、FC2マガブロというブログ媒体で著名な公のサービスを利用して、どなたでも、随時の(継続もしくは単発記事による任意の)利用が可能です。なお、当マガブロは株価・経済・景気の分析手法を公開している著者書籍の袋とじのような延長線上の最新版として更新されており、その手法や内容の大筋などは当マガブロのサンプルという意味合いも兼ねて過去の書籍ですべての方がご参照いただけます
(参照:https://amzn.to/2zbIK6E)

※読者の個人情報や決済に関わるすべての情報はFC2社のみ保有しており、マガブロ発行者である当方は読者の一切の個人情報を保有しておりません。その他の参照:過去作成の有料購読詳細説明(http://obakekabu.net/blog-category-61.html)、FC2マガブロのお問い合わせ(https://form1ssl.fc2.com/form/?id=549552)、当ブログへのお問い合わせ(https://t-asaka.info/contact)


以上、
ご検討のほど
よろしくお願いいたします。

(2020年6月一部改訂・加筆)

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

【更新通知】更なるナスダックの下落を見込み


超ハト・ブレイナード次期副議長も
インフレ退治最優先で、

3月利上げシナリオを
市場がさらに織り込むなら、
当面は更なるナスダック下落を想定。

楽観・メイン・悲観の
ナスダック下値目途を
相場観にて更新。

お知らせまで。
(10:36 マザーズ週足チャートなど追記・一部加筆修正,11:02 2000年ジャスダック日足チャート等を追記)


☆大化け株発掘手法の新定番・中長期投資家の道しるべ☆
(2022年現在のハイテクグロース劣勢相場において、保守的グロースPSRの活用記事も参照ください)


関連記事

【更新通知】パウエル議長の素晴らしいハンドリング(議会証言)で


今朝のナスダックは
ひとまず続伸で返ってきましたが、
今年はそれで気楽になるわけには
まだまいりません。

中長期的には
波乱の2022年相場を
合理的に乗り切る準備、
進めたいと思います。

また昨日は、
ナスダック200日線の下げ止まりもありましたが、
完全に個人的な事情で、
日本への寄付・東証への22年間の感謝と思って、

マガブロで書いたように
打診的ではありますが
正念場を迎えたマザーズを
微力ながら支えてみました。

相場観更新のお知らせまで。
(寄付き前にすでに追記は終了しています。お知らせが前場に間に合わないこともありますが、概ね前場前に追記はUPされております。その際にはタイトルの日付が更新になっているのでご参考ください。気ままな更新のためご不便をおかけし恐れ入りますが、よろしくお願いします)


☆大化け株発掘手法の新定番・中長期投資家の道しるべ☆
(2022年現在のハイテクグロース劣勢相場において、保守的グロースPSRの活用記事も参照ください)


関連記事

【更新通知】ナスダックは200日移動平均線でひとまず反発


ナスダックチャートと共に、
相場観を更新。
お知らせまで。


☆大化け株発掘手法の新定番・中長期投資家の道しるべ☆
(2022年現在のハイテクグロース劣勢相場において、保守的グロースPSRの活用記事も参照ください)


関連記事

【グロースPSR】米バリュー株優勢の間、簡易的にできる工夫


・新年から書きたいことが山ほど出てきたので、
マガブロで核心は書かせて頂くにしても、
直近刊を意識して公開ブログ(*1)でも
少しフォロー的に発信していきたいと思います(*2)。


・直近刊で銘柄のバリュエーション分析をされておられる方へ。
米国株のバリュー優勢の間は、
グロースPSR単体でバリュエーション評価するのはリスクが高いので、
色々と工夫を施して環境の変化にご対応下さい。

例えば、
バリュエーション評価指標=
(グロースPSR+(PER÷4か÷5)+PBR)÷3
にするなど。

成長性を半分、
伝統的なバリューを半分ということなら、
((グロースPSR×2)+(PER÷4か÷5)+PBR)÷4
などご自身の投資スタイルも加味して、
色々と変化はつけられます。

手間はかかっても
カンタンに簡易計算できるバリュー寄りの
バリュエーション評価としては、
もう一歩踏み込んで書けなくもないのですが、
次作のお話が来ているので、
それはその際に挿し込めたらと
お待ち頂きご容赦ください

・利益・資産バリューをより加味した新評価指標(*3)を開発しリストを更新(*4)

・「先週のFOMC議事要旨でのFRBタカ寄り思考、
米雇用統計での失業率の大改善と賃金の大上昇、
ならびにナスダック続落とSOXの大きな下落、
FF金利先物での利上げ前倒し・回数増やQT織り込み開始」

逆にようやくこれで中期的な想定は
ほぼほぼクリアになってきたので、
春の新刊もスキップしましたし、
マガブロで予告の通り、
3連休明けの11日から月末にかけて
濃密なコンテンツにしていきたいと思います。



*1
朝香の自由帳のカテゴリを作りました。

*2
FRBの利上げを意識し、22年春に相場本の新刊を想定していたのですが、直近刊の発売が昨年8月にずれ込んだ関係で少し期間が近く、春の新刊リリースを見送っております。そんな中、昨年からブログでは書いてきたとおり、ハイテク株の本格調整がやってきました。秋から年末にかけて米国・香港市場の赤字/財務脆弱なイノベーション株やハイテク株を売り仕掛けてきましたが、グロース部分だけの銘柄評価を見直したことなど、フォローするべき点が多々でてきています。なお、すでにブログでは昨年ドキュサインやアピアンなどの米新興株の超割高を指摘。この辺の警鐘も直近刊の1次下書き原稿で書いたのですが、総数が400ページ超の大作になってしまい、まとめを編集部様で行っていただいた過程でカットとなりこの点は現状から逆算すると残念でしたが、総合的に読みやすくなったアドバンテージに心より感謝で、ブログでフォローして参ります。

*3
これはベースになっているGARPレシオ・財務長期バリューなどがハイテク機で算出しないとでてこないため、余力のある方はご参照ください。ITバブル崩壊に巻き込まれた22年前の大学生だった私の様な方はそんな余力はない方がほとんどだと思いますので、グロースPSRに既存の指標を加味して荒波を乗り切る参考にしてみてください。1mmでもフォローになれば幸いです。

*4
1月号分のお値打ち度更新はFOMC後の波乱/底打ちの両面から株価動意を見込み1月30日に更新予定


☆大化け株発掘手法の新定番・中長期投資家の道しるべ☆
(本を書いたのは21年春~初夏、発売は8月。メインシナリオは04年~、14年~の景気サイクルをベースに書いていますが、ブログで昨年から懸念してきた00-02年のようなIT・テックバブル崩壊第2弾の悲観シナリオとなれば相場想定が変わってきます。そればかりは紙ではどうしようもないですから、日々の相場を注視ください。メインシナリオが変わらなければ、利上げ前後の新興株暴落は最後のバーゲン、利上げ後の調整局面はまだ中期的に買い場になるでしょう。一方で、悲観シナリオがメインに変わればそうとも言えません。ひとつの参照判断としては、例えば230ページの最初の●(黒丸)の数字などを参照ください。それ以外にも多数の指標や状況を判定する必要はあり、既刊でも参考になる相場判定法を出してきましたが、余裕のある方は日々変わる状況をフォローするブログをご参照ください)


【更新通知】IT・ハイテク株バブル崩壊の初期か?はたまた利上げ前の絶好の調整か?


テックバブル崩壊のファンダメンタルや
テクニカルサインが一部に出てきた事で、
12月相場観の悲観シナリオでは
そういう道筋も視野に入れ、

今年は波乱万丈の難しい1年になる、
とは書いてきましたが、
年初からガツンと急落来ましたね。

最高のバーゲンの場と
中長期の初期の逃げ場は表裏一体ですが、
前者になることを祈りつつ、
一昨日のISM・昨日のFOMC議事要旨は
向かい風でした。

相場観更新のお知らせまで。


☆大化け株発掘手法の新定番・中長期投資家の道しるべ☆
(本を書いたのは21年春~初夏、発売は8月。メインシナリオは04年~、14年~の景気サイクルをベースに書いていますが、ブログで昨年から懸念してきた00-02年のようなIT・テックバブル崩壊第2弾の悲観シナリオとなれば相場想定が変わってきます。そればかりは紙ではどうしようもないですから、日々の相場を注視ください。メインシナリオが変わらなければ、利上げ前後の新興株暴落は最後のバーゲン、利上げ後の調整局面はまだ中期的に買い場になるでしょうが、悲観シナリオがメインに変わればそうとも言えません。ひとつの参照判断としては、例えば230ページの最初の●(黒丸)の数字などを参照ください。それ以外にも多数の指標や状況を判定する必要はあり、既刊でも参考になる相場判定法を出してきましたが、余裕のある方は日々変わる状況をフォローするブログをご参照ください)


関連記事

【更新通知】鮮明なハイテク売りバリュー優位で返ってきた米国市場


赤字企業・財務脆弱企業・高PER株など
割高グロースが売られた米国市場を受け、
相場観更新のお知らせまで。


☆大化け株発掘手法の新定番・中長期投資家の道しるべ☆
関連記事

【更新通知】米国市場、幸先の良い3つのこと


このいい流れを、
今年は日本株も受け継げる年になりますように。
相場観更新のお知らせまで。


☆大化け株発掘手法の新定番・中長期投資家の道しるべ☆
関連記事

【1/31まで追記更新】相場観とポジション&フォロー  1/14追記 11:02



当記事は
「朝香の相場観分析」の単体記事です。

月例の注目株割安度更新コンテンツや、
臨時の企画コンテンツなどを含めて
該当月のすべてのコンテンツ
(年間特典を除く)をお読みになる方は
月刊マガブロをご選択ください。
(単体のみをお読みになる方は月刊がお得なプライシングになること、選択ミスによる変更はできないことを予めご了承ください。なお、先に単体記事、その下に月刊マガブロの選択が表示されます)


どうぞよろしくお願い致します。


Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?
関連記事

【新年のご挨拶】2022年も賢明なる知恵と工夫でより良き年に!


新年あけましておめでとうございます!

今年もますます良い年にするため、
みなさまの投資で勝つための
知恵の深みと幅を拡げることに
少しでも貢献できるよう励む所存です。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。


☆大化け株発掘手法の新定番・中長期投資家の道しるべ☆

関連記事

【利益と資産バリューを強めた新指標参陣!】最新大化け注目株・割安/お値打ち度(2021年12月号分)※22年1月10日更新



当記事は
単体記事です。

月例の相場観・注目株割安度更新・パスコードなど、
該当月のすべてのコンテンツをお読みになる方は
月刊マガブロをご選択ください。
(単体のみをお読みになる方は月刊がお得なプライシングになること、選択ミスによる変更はできないことを予めご了承ください。なお、先に単体記事、その下に月刊マガブロの選択が表示されます)


どうぞよろしくお願い致します。


Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?
関連記事